集客を10倍ラクにする!0円から始めるwebサイト作成のすべて

集客 webサイト作成

「webサイトを作っても
仕事につながらない」

多くの事業主と、
webサイトについて話すと
そういった返答が返ってきます。

このような事業主に
抜けているのは、
集客の目的はなんなのか?
という考えです。

現在は無料でパズルのように
自分でwebサイトを作成できる
サービスもあります。

サービスを使うことで誰でも簡単に
webサイトを作れますが、
多くの方がwebサイトの本質について
考えていないのが現状です。

今回は、「作るだけで終わり」
と考えているweb制作の事業者が
あまり話したくない
webサイト作成の考え方、

考えをすぐに形にできる
webサイト作成方法を
全てお伝えします。

目次

1.webサイト集客に必要な考え方
2.webサイト作成に必要なもの
3.webサイトを自分で作成する方法
4.webサイト作成業者に依頼する
5.まとめ

1.webサイト集客に必要な考え方

はじめに、webサイト集客に
必要な考え方について
お話しします。

1-1.webサイト作成の目的

「なぜwebサイトを制作するのか」
を明確にするのは非常に重要です。

webサイトで実現したいことを
決めなければ、
「全く仕事につながらない」
という結果にもなりかねません。

あなたの貴重な時間とお金を
無駄にしないためにも、
目的をしっかりと持ちましょう。

まずは、あなたのサイトに訪れる
見込み客は何を求めているのかを
見ることから始めましょう。

見込み客がどのような
キーワードで検索しているかを
分析することでリアルな声がわかります。

キーワード分析に関しては、
Googleキーワードプランナー
で無料で調べることができます。

集客 webサイト作成

上記の画像は
「webサイト 制作」
で検索した結果です。

webサイト 制作の場合は
月間平均検索ボリュームが
100〜1000ですが、

関連度の高いキーワードによると、

  • 「ホームページ 作成」
  • 「ホームページ 制作」

であれば1万〜10万回
月間で検索されているので、
(*現在はGoogle AdWordsに広告費をいれないと
 詳細な数字を読めないようになっております。)

ホームページを作りたい人は
このようなキーワードで
検索していることがわかります。

あなたの提供したい商品や
サービスが提供できる
キーワードを入力して
月間で1万件以上検索されていれば、
webサイトで集客できる目安になります。

結果を見て、検索している人が
どんな悩みを持って
検索しているか想像しながら、

「その悩みをあなたの商品や
サービスが解決できる」

ということをwebサイトで
発信すれば、web集客から
お客様を獲得できます。

webサイト作成が無駄な時間にならないよう、
見込み客のニーズと

あなたの商品・サービスが持つ強みが
合致するキーワードを探しましょう。

1-2.自作か制作業者に依頼するか

次に、

  • webサイトを自作するか
  • web制作業者に依頼するか

について解説します。

自作する場合は、
サーバーやドメインを自分で
取得して、そこから
webサイトを作る方法と、

パズルのように組み立てられる
webサービスを使う方法の
2つがあります。

制作業者に依頼する場合は、
制作費用がかかる代わりに、
プロの目線で作られた
webサイトを作成できます。

デザインも綺麗に作ってもらえるので、
美しいイメージもコンセプトの
1つになっているwebサイトを
作るのであれば、
業者に頼むのが良いでしょう。

ただし、業者によっても
良い悪いがありますので、
webサイト作成業者の
選び方を後述します。

2.webサイト作成に必要なもの

webサイト作成に必要な考え方を
ご理解いただけたところで、
実際にwebサイト作成をするときに
必要なものを紹介します。

2-1.サーバー

サーバーは、インターネットに
接続するときに必ず必要です。

この世にあるwebサイト全てが
地球に置かれているとすると、
サーバーは「土地」になります。

土地がなければ、
インターネットを使っている人は
やってこれません。

その土地に置く「お店」が
webサイトになります。
設計して、デザインを行うことで
オリジナルの家が出来上がるのです。

webサイトを簡単に作れる
サービスを利用する場合は、
そのサービス自体がサーバーを
無料で用意してくれることが多いです。

その場合はサーバーを意識
しなくても良くなっています。

しかし、webサイトを自作するときには
自分でサーバーを用意しなければいけません。

レンタルサーバーといって、
ロリポップ、さくらサーバー、Xserverなどの
レンタルサーバー業者と契約することで
月額約1000円程度で借りることができます。

サーバーにも土地と同じように
良い立地、悪い立地があり、
それによって金額が変わります。

これからwebサイトを立ち上げる場合は
アクセス数も大きくならないため、
月額1000円程度のサーバーでも十分です。

アクセス数が増加してきたら、
良いサーバーに引越しすることができます。

2-2.ドメイン

もう1つ必要なのがドメインです。
サーバーが土地だとすると、
ドメインは「住所」です。

せっかくお店を建てても、
どこにあるかが分からなければ、
お客さんがやってこれません。

「yahoo.co.jp」「google.co.jp」
がドメインでと呼ばれるもので、
世界に同じものは存在しません。

「yahoo.co.jp」をブラウザに
入力すると、必ずYahoo! JAPANの
webサイトが表示されます。

webサイトを簡単に作れる
サービスを利用すれば、
無料でドメインを持てる仕組みがあるので、
意識せずにwebサイトを持つことができます。

ただし、ドメインだけは
自分が決めたオリジナルの
ものを取得しておくのが
オススメです。

わかりやすいドメインや、
自分で決めたドメインだと
愛着が湧きますし、

万が一、webサイト作成サービスの
提供が終了しても、ずっとドメインだけは
持っておくことができます。

ドメインを取るサイトは、
お名前.com
が有名です。

サーバーに関しても
ドメインに関しても、
意識しなくてもwebサイトを
作れる仕組みはありますが、

本格的にネット集客を行う場合は
知っておいた方が確実に
うまく運用できますので、
この2つだけは押さえておきましょう。

3.webサイトを自分で作成する方法

webサイトを自作する場合、
どんな方法があるのかを紹介します。

3-1.HTMLを自分で入力する

こちらは最も難易度が高い方法です。

HTMLといって、
プログラミングのような言語を使って
webサイトを組み立てていきます。

このやり方はweb制作業者が行う方法で、
HTMLやCSSというプログラミング言語が
わかるようになれば、webサイトを
0から自分で作れるようになります。

難易度は高く、あまりオススメしませんが、
自分の好きなようにデザインできるので
自由度は一番高いです。

3-2.WordPressを立ち上げる

少し難易度が下がる方法が、
WordPressを立ち上げる方法です。

WordPressとは、
ブログがメインになっている
webサイトのことです。

カスタマイズが必要ですが、
普通のホームページのような
見せ方も可能です。

最近では、サーバーを契約すると
ボタン1つでWordPressを
使えるようになるサービスも多いので、

作るだけであれば
とても簡単になってきています。

3-3.無料ブログサービスを使う

webサイトではなく、
商品・サービスの魅力を
文字にして継続的に伝えていきたい
という方は、無料ブログサービスを
利用する方法があります。

メールアドレスを入力して
パスワードを設定するだけで、
簡単にブログが開始できますので
パソコンの操作が不得意な方でも
すぐに使い始められます。

「livedoorブログ」であれば
無料でオリジナルドメインの
設定ができますし、

「はてなブログ」も
年間約10,000円でドメインの設定や
カスタマイズが可能です。

【参考】
livedoorブログ

はてなブログ

3-4.ペライチ

集客 webサイト作成

1ページ完結型ではありますが、
無料で誰でも簡単にパズルを
組み立てるようにwebサイトが
作れるサービスが「ペライチ」です。

イベントや店舗用など、
用途に応じたテンプレートも
充実していますので、
1時間もあれば簡単な
ページが完成します。

商品・サービスのセールスページを
ランディングページとして作成し、
広告で集客するという
テスト的な使い方も可能です。

別料金でネット決済にも対応しており、
ペライチ1つで集客から
販売までを完結させられます。

無料で作成できるのは
1つのwebサイトだけですが、
有料会員になることで
3つのランディングページの
作成が可能になります。

(追加支払いでいくつでも作成できます)

サーバーの契約は不要で、
ドメインは、peraichi.com
が使われます。

オリジナルのドメインも
使用できますので、
簡単なwebサイトが欲しい
という方にぴったりです。

【参考】ペライチ

3-5.Goope(グーペ)

集客 webサイト作成

「会社やお店のwebサイトを
低予算で自分で作りたい」

という方には「Goope」がオススメです。
ペライチと違い、複数のページを
作成できるのがGoopeの特徴です。

事業主に特化した作り
となっており、簡単に
会社案内などが作れます。

別でサーバーの契約は不要で、
独自でドメインも設定可能です。

お試し期間が15日間あるものの、
月額1000円(税抜)がかかります。

一般的なwebサイト制作ですと
高いものだと50万円近く
かかってしまうこともあるので、
かなり格安です。

サービス元である
GMOから営業電話が
定期的にかかってくるようですが、

それを考えてもランニングコストが
非常に安くなっています。

【参考】Goope

3-6.Jimdo

集客 webサイト作成

Jimdoは、複数ページのwebサイトを
作成できるwebサービスです。
サーバーの契約は不要です。

イメージとしてはペライチの
複数ページ版です。

無料で使えるプランの他に、

  • 月額945円のプラン
  • 月額2415円のプラン

の2種類があり、

高額のプランを使えば、
ネットショップの機能が
付いているため、

オンラインショップを
自作することができます。

無料版は設定できる範囲が少なく、
広告も出てしまうため、
ビジネスとして利用する場合は
有料プラン契約は必須でしょう。

ドメインの設定も可能ですが、
いくつか制限があるため、
長期間webサイトで集客を
行おうとしているのであれば、

制作業者に頼む方が
メリットが多い場合もあります。

【参考】Jimdo

3-7.BASE

集客 webサイト作成

無料でネットショップに特化した
webサイトが作れるのが
BASEです。

在庫設定や入金管理にも
標準で対応しており、
使い勝手が非常に良いのが特徴です。

ただし、販売ページが
メインとなっているため、

ホームページとしてではなく、
ネットショップに特化した
使い方が想定されています。

別でwebページや
ペライチなどでランディングページを作り、
そこからBASEにリンクさせる
という作り方が良いと考えます。

【参考】BASE

4.webサイト作成業者に依頼する

ここからは、webサイト作成業者に
本格的なwebサイトの制作を
依頼するためのポイントをお伝えします。

4-1.作成業者の選び方

現在、webサイト作成業者は数多くあり、
「どこを選んだら良いのかわからない」
と迷ってしまう方が多いです。

外してはいけないポイントとしては、
その制作会社がどのような方針で
webサイト制作を行なっているかを
知り、合っているところを選ぶことです。

集客を目的としたwebサイトを
依頼しようと考えているにも関わらず、

あなたの商品・サービスの特徴を
ヒアリングせずにデザインばかりに
こだわる業者を選択した場合、

かっこいいwebサイトができあがる
かもしれませんが、集客に関しては
全く成果が上がらないという
結果になってしまいます。

どのような考えで
webサイトを作るのか、
どんな打ち合わせを行うのかなどを
比較し、納得できる業者を選択しましょう。

あなたが一番webサイトで
達成したい目標が具体的に
イメージできているはずなので、

全てを業者に委ねるのではなく、
共同作業でwebサイトを作成する
目的を達成できるような
業者を選択しましょう。

4-2.安すぎ厳禁?!妥当な制作金額

「同じものができるなら
できるだけ安い方がいい」

そう考えるのは当然のように
思いますが、安い制作会社に
依頼するのは得策ではありません。

そういった制作業者は
手間暇をかけずに
webサイトを作成するため、

サイト作成で最も重要な打ち合わせや
アフターフォローが手薄になります。

webサイトをリニューアルしようと
連絡を取っても繋がらず、

自分でなんとかしようとしても
パスワードがわからないという方も
実際にいました。

業者を選択する時は
技術力が重要だと思う方もいますが、

本当に重要なのは、
あなたがwebサイトを通じて
達成したい目的を
理解し、形にすることです。

いざ出来上がったwebサイトを見ると
想像と全く違ったという
結果にならないためにも、
真剣に業者を選びましょう。

4-3.ずっと付き合える業者を選ぶ

webサイトは作って終わり。

業者だけでなく依頼する側も
そう考えている方が多いです。

運用している中で改善すべき部分、
変更したい部分が少なからず出てきます。

そういった場合にも
真摯に対応してもらえる
業者選びが必要です。

自社の利益だけを
追求している業者ではなく、

あなたの利益を最大化してくれる
業者を選択して、
長期間付き合える業者を選択しましょう。

一時的な制作費用だけを考えて
なんの結果も残らないwebサイトは、

少額であったとしても
無駄な投資に終わってしまいます。

「webサイトを作ればなんとかなるかも」

ではなく、webサイトの目的を
明確にすることで、

そういった間違いを
防ぐことができます。

まずはあなたがwebサイトで
どういう結果を望むのかを
言語化することが重要です。

5.まとめ

今やwebサイトは
パソコンに詳しくない方でも
簡単に作れるようになっています。

しかし、結果にフォーカスすると、
ほんの一握りのwebサイトしか
達成できていないでしょう。

大切なのは見た目や
今風の動きのあるwebサイトではなく、
訪問者の悩みや欲求を満たすwebサイトです。

自分で作るにしても
業者に頼むとしても、

まずはwebサイトで
残したい結果を明確にすること。

そのためにどのような価値を
訪問者に提供し、
顧客になっていただくかを
真剣に考えることです。

それが決まり、
webサイトを作る段階になったとき、

この記事があなたの役に
立つものになれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!