今からでも間に合う?!YouTubeを使って稼ぐ方法【2017年版】

YouTube 稼ぐ 方法

「好きなことで、生きていく」

あなたもCM等でこの魅力的なフレーズを
目にしたことがあるのではないでしょうか?

今、YouTube(ユーチューブ)は
世界的なメディアとして注目を集めています。
そして、YouTubeでお金を稼ぐことが出来ることも
多くの人に知られるところとなりました。

「ユーチューバー」という言葉も生まれて久しく、
ヒカキン氏やはじめしゃちょーといった
トップ・ユーチューバーともなると、
YouTubeの動画投稿だけで
莫大な収入を得ているということも有名な話です。

ちなみに、2016年度における両氏の
YouTube動画投稿による推定収入は

ヒキカン…1億1041万円
はじめしゃちょー…1億6440万円
(いずれも動画再生回数×0.11円より算出された参考値)

とも言われており、
YouTubeには、動画を投稿するだけで、
億を超える収入を得られるポテンシャルが
あるということになります。

「だけど、彼らみたいな有名なユーチューバー達は
別格で、ある意味芸能人のようなもんだし、
そうじゃない一般のユーチューバーなんて
ほとんどお金なんて稼げないんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、
実はそうではない、ごくごく一般的な方でも、
人知れずYouTubeを使ってお金を稼いでいます。

その稼ぎ方は、お小遣い稼ぎレベルから、
副業として月数万~十数万を稼がれている方、
本業として生計を立てている方まで様々です。

人に必要とされ、再生回数を稼げる
動画さえ投稿することが出来れば、
実は誰でもYouTubeを使って
お金を稼ぐことは可能なのです。

では一体、どのようにして
YouTubeを使ってお金を稼ぐことができるのか…

初心者が今から後発で参入した場合でも、
稼げる見込みはあるのか…

この記事では、そんな疑問に答えながら、
YouTubeによりお金を稼ぐ方法について
一から解説していきます。

目次

1:そもそもYouTubeとは何か?~その現状と今後の可能性~
2:なぜYouTubeの動画投稿でお金が稼げるのか?~収益につなげる2つの方法~
3:YouTubeで稼ぐために準備するもの
4:YouTube動画投稿で効率良く稼ぐための8つのポイント
5:稼ぎやすい6つの動画ジャンル
6:注意事項~著作権の壁~
7:まとめ

1: そもそもYouTubeとは何か?~その現状と今後の可能性~

YouTubeで稼ぐ方法を知る前段階として、
なぜYouTubeというメディアが
ここまで急速に普及していったのか、

そして、どういった可能性があるのかについて
お話ししていきたいと思います。

私達の生活には「Facebook」や
「Twitter」「LINE」など、

様々なソーシャルメディアが
浸透してきていますが、

動画サイトとしては
YouTubeがその筆頭に挙がります。

YouTubeは2006年にペイパルの従業員によって作られた
動画配信サイトでしたが、

同年12月にGoogleによって買収され、
現在では世界最大級の動画配信サイトとなっています。

YouTubeは誰でも簡単に
全世界へ向けて動画の投稿が出来、

また、全世界から投稿された動画を
誰でも無料で閲覧することができるため、
日本国内だけでなく世界中の人たちに
「動画」という形で情報を発信することができます。

通常これまでのインターネット上での情報発信といえば、
「ブログ」や「サイト」が一般的でしたが、

これらのコンテンツは当然ながら、
「言語」で構成されるため、

インターネットが世界に公開されているとはいえ、
そこには「言語」の壁がありました。

しかし、YouTubeで扱う「動画」は、
その内容にもよりますが、言語が通じなくても
理解や共感、楽しみを提供するコンテンツを
発信できる可能性を秘めています。

更には、スマートフォンの普及により、
外出先など、どこからでも閲覧できる
手軽さ・便利さが人気の後押しとなり、
現在、国内だけでも利用者は
5000万人を超える数となり、

全世界の利用者数を考えた場合、
その数はインターネット人口の1/3を占める
約10億人以上と言われています。

そして、今後もユーザー数は
増加していくことが予想されています。

さらには、現在、YouTubeは
今やGoogle検索に次ぐ検索数を誇るなど
検索サイトとしての役割も担っています

特に、ノウハウ関連の情報に関して、
例えばエクササイズやクッキングなどは、
書籍やインターネットサイト等、
従来の媒体において文章や画像でしか
表現されなかったものが、

YouTubeの登場により、手軽に且つ無料で
「動画」という形での情報を得ることが可能となり、

私たちの日々の生活においても、
恩恵を受ける場面が増えたのでは無いでしょうか。

ここまで聞くと確かにYouTubeは
ものすごく巨大な「市場(マーケット)」でもあり、
莫大な可能性を秘めていることは
容易に理解出来ます。

しかしながら、
顧客であるはずのほとんどのYouTube利用者は
「無料」でサービスを受けています。

お客様からお金を頂けるわけでも無いにも関わらず、
なぜYouTubeへ動画を投稿した人は
報酬が受け取ることが出来るのでしょうか?

そして、そもそもその元となるお金は
どこから来ているのでしょうか…?

2:なぜYouTubeの動画投稿でお金が稼げるのか?

~収益につなげる2つの方法~

2-1:広告収入で稼ぐ ~YouTubeアドセンス~

YouTube動画投稿からなぜ収益を得られるのか…
その理由について知るには、
まずYouTubeそのもののビジネスモデルについて
理解しておく必要があります。

YouTubeのビジネスモデルは
「第三者課金」と言われるタイプのものです。

「第三者課金」とは、わかりやすく説明すると、
民放のテレビ番組と同様のビジネスモデルです。

テレビ番組の場合、視聴者を顧客と捉えたとすると、
顧客である視聴者は、TV局に一切お金を払わず、
タダでサービス(=番組の視聴)を受けることが出来ます。

そのかわりTV局は、顧客である視聴者に
宣伝(売り込み)をしたい企業に対して、
CMを放映する権利を売ることで利益を得ます。

このように顧客(この場合は視聴者)以外から
収益を発生させるタイプのビジネスモデルのことを
「第三者課金」と言います。

YouTubeに関しても、TVと同様に、
スポンサーである企業にお金を支払ってもらうかわりに、
動画コンテンツ中にその企業の広告を表示させるなどの
宣伝活動を行います。

YouTubeを見ていて、
動画再生前に5秒~30秒程のCMが流れたり、

YouTube 稼ぐ 方法

映像下部に広告バナー等が表示されるのを
見たことがあると思いますが、

YouTube 稼ぐ 方法

これらは、TVでのCMと同様に、
企業がYouTubeにスポンサー料を支払うことで
宣伝を出しているというわけです。

そして、私たちが投稿した動画に対して、
広告の表示を許可した場合には、

スポンサーが支払ったお金を原資として、
YouTube側から動画投稿者に対しても
報酬が支払われるかたちとなります。

ちなみに広告が一定時間視聴されたり、
クリックされたりすることで、広告収入が発生するため、
再生回数が多ければ多いほど収入も大きくなります。

つまり、私たちがYouTubeから得られるのは、
スポンサーからの「広告収入」である
ということになります。

具体的には、
「YouTubeアドセンス」という、
動画をアップロードした人が広告収益を
受け取るためのシステムを利用します。

但し、「YouTubeアドセンス」を利用するためには、
審査を通過する必要があります。
(内容の詳細については後述いたします。)

広告収入で稼ぐ「YouTubeアドセンス」の
利点として挙げられるのは、
一度動画をアップしてしまえば、
投稿した動画は半永久的に再生され続け、

なおかつ動画をアップしたり、維持したりすること
による費用も一切かからないため、
アップした動画がヒットし、再生回数を稼げれば、
一種の不労所得のような状態になり、
非常に低リスク・高リターンな状況となります。

とはいったものの、
まとまった収益につながるような
再生回数を稼げる動画を作成するのは
決して簡単では無く、
ある程度のコツを要すること、

「YouTubeアドセンス」に参加するためには
承認をクリアしなければならないなどの
壁もあるため、稼げるようになるにはやはり
ある程度の労力やスキルが必要になるということも
頭に入れておいて下さい。

2-2:YouTube動画を使って集客・販売につなげる ~YouTubeマーケティング~

ユーチューバーをはじめとして、
「YouTubeで稼ぐ」といえば、前述の広告収入、

「YouTubeアドセンス」で稼ぐことを
表すことが一般的ですが、
YouTubeを使ってマネタイズする方法は
他にもあります。

それは、YouTubeから直接収益をあげるのではなく、
YouTubeを集客(マーケティング)のツールとして
用いるという方法です。

具体的にどういうことかというと、
あなたが自分の売りたい商品やサービス
例えば、教材・セミナーまたは個別コンサル、
又は紹介(アフィリエイト)したい商品がある場合、

動画広告のように用いることで
販売したい商品やサービスをPRしたり、

商品を購入しそうな客層が
関心を抱きそうなテーマの動画を作成し、
見込み客を集めるためのコンテンツとして
利用するという方法です。

動画の説明欄や動画上から目的サイトへ
直接リンクさせる「アノテーション」という機能
を用いて、商品を直接販売するやり方もあれば、

ブログやサイトに誘導し、
そこで商品を販売していく方法、
もしくはメルマガに登録してもらい、
メルマガ内で商品を販売していくという
方法もあります。

いずれにしても、動画そのものから
収益を得ていくというスタイルではなく、

別に売りたい商品・サービスを持っている場合に
集客の間口として、YouTubeを活用していく
というスタイルになるため、

既に何らかの売りたい商品・サービスを
持っていることが前提となる、
比較的高度な方法と言えます。

ちなみに、前述の
「YouTubeアドセンス」と併用し、
収益化した動画でこの方法を行うことも
可能ではありますが、

一般的には、自分の紹介したい商品の情報や
提供するコンテンツに集中してもらうために
他広告が表示されてしまうYouTubeアドセンスとの
併用はあえてしないという方が多いようです。

3:YouTubeで稼ぐために準備するもの

YouTubeへ動画投稿する為に必要なものは以下のとおりです。

  1. YouTubeアカウント
  2. Google AdSense(グーグルアドセンス)のアカウント
  3. 広告収入を受け取る為の銀行口座

ちなみに②、③はYouTubeアドセンスで
広告収入を得たい場合にのみ必要になります。
(マーケティング目的のみで使用する場合は不要)

YouTubeで広告収入を得るためには、
まずは以上の3つを準備することになります。

3-1:YouTubeアカウント取得とマイチャンネルの作成

YouTubeにログインするには、
Googleアカウントを取得します。

YouTubeはGoogleのサービスの中の一つですので、
YouTubeアカウント=Googleアカウントと
捉えてもらって問題ありません。

ですので、Googleアカウントを既に取得済みの方は、
既存のアカウントでログインすることが出来ます。

もしGoogleアカウントをお持ちでない場合は
ほんの数分間の作業で取得することができます。

もしアカウント作成方法がわからない場合は
下記のサイトに詳細が説明されていますので
ご参照下さい。
(参考)口笛情報サイト くちぶえ音楽院

アカウントを作成し、YouTubeにログインしたら、
次に「マイチャンネル」を作成します。

YouTubeを視聴するだけであれば、
「マイチャンネル」を作成する必要はありませんが、
動画を投稿するためには、アカウントの中に
「マイチャンネル」を作成する必要があります。

1:右メニューの「マイチャンネル」をクリック

YouTube 稼ぐ 方法

2:「チャンネルを作成」ボタンをクリック

YouTube 稼ぐ 方法

これで「マイチャンネル」の作成は完了です。
とりあえずこれで動画を投稿できる状態になりました。

YouTube 稼ぐ 方法

次の画面で、チャンネルの説明や
チャンネルアイコン・チャンネルアート(壁紙)などを
編集することが出来ます。

もしもあなたの動画を見て、気に入った方は
あなたの「マイチャンネル」をお気に入りとして
「登録チャンネル」に追加してもらえる可能性があります。

そうすることで、あなたのチャンネルに登録されている
他の動画を視聴してもらえるチャンスが増え、
さらには、新たな動画を投稿した際には、
チャンネル登録者に通知される機能があります。

チャンネル登録数が増えていけばいくほど、
あなたの動画を見てもらえる可能性は高まり、
閲覧数が増えるということは、当然ながら
収益アップにもつながります。

ですので、動画投稿に慣れ、余裕が出てきたら、
視聴者に対するチャンネル登録へのアピールにもなりますので、
「マイチャンネル」の編集にも是非力を注いでみて下さい。

また、ひとつのアカウントに
複数のチャンネルを
持つことも出来ます。

複数チャンネルを持つことのメリットとしては、
投稿する動画のジャンル(これについても後述します)によって
チャンネルを使い分ける事ができるという点です。

例えば、料理の動画を集めたチャンネルと
サッカーの動画を集めたチャンネルといったように
ジャンルごとに特化したチャンネルを作っていきます。

ユーザーは大抵、特定のジャンルを検索して
動画を視聴しますので、それに特化したチャンネルを
作っておけば、チャンネル登録をしてくれる可能性が
上がります。

逆に、統一性の無い雑多な動画で
構成されたチャンネルだと、

対象ユーザーを絞り込めないため、
チャンネル登録をしてもらえる
可能性も低くなります。

ですので、「マイチャンネル」の登録は、
慣れてきたら複数作っておくことと、
チャンネルごとにジャンルを特化させていくことが
ポイントになります。

3-2:Google AdSense(グーグルアドセンス)のアカウント

YouTubeアカウント開設とマイチャンネルの登録だけでは、
いくら動画を投稿したとしても、収益を発生させることは
出来ません。

YouTubeの動画投稿を収益化させるには、
「収益受け取り」のための設定が必要になります。

1:右上のマイチャンネルのアイコンをクリック
⇒メニュー内の「クリエーターツール」をクリック

YouTube 稼ぐ 方法

2:「動画の管理」に移動すると、写真のように
「収益受け取り」のタブがあります。
その下にある「AdSenseを設定する」の部分をクリックします。

YouTube 稼ぐ 方法

3:その後も順に進めていくと、次の画面にたどり着くはずです

YouTube 稼ぐ 方法

これはどういうことかというと、
YouTubeの動画投稿で収益化を行うには、
「Google AdSense(グーグルアドセンス)」という
プログラムに参加する必要がある
ということを意味しています。

「Google AdSense(グーグルアドセンス)」とは、
自身のWebサイトに広告を掲載することで
収益を得ることができる、サイト運営者向けの
広告配信サービスです。

(ちなみに年齢制限が設けられており、
18歳未満の方はプログラムに参加出来ません。)

「クリック課金型」のアフィリエイトで活用される
プログラムになります。

「クリック課金型」のアフィリエイトについては
下記の記事も併せてご参照下さい。
(参考)ゼロスタート!副業アフィリエイトで稼ぐための具体的5ステップ

ゼロスタート!副業アフィリエイトで稼ぐための具体的5ステップ
『サラリーマンをやってるが、なかなか給料も上がらないし、生活を少しでも良くしていくために副収入を得たい…。』『時間や場所にとらわれない自由な働き方でお金を稼ぎ...

既に「Google AdSense(グーグルアドセンス)」に
参加している方以外は、YouTubeアドセンスを
スタートするためには、新たに
「Google AdSense(グーグルアドセンス)」の
審査を受ける必要があります。

審査を受けるにあたっては、

  1. YouTube限定で使用できるアドセンスアカウントの取得
  2. ブログやサイトでの「クリック課金型アフィリエイト」にも
    活用できるアカウントの取得

の2通りの方法があります。

一見して、②の方がお得に見えますし、
長い目で見れば、そのとおりなのですが、
もし仮に②の方法を選ぶ場合、

『「Google AdSense(グーグルアドセンス)」
の審査をパスすること』

自体が、YouTubeを収益化するにあたっての
最初にして最大の難関となります。

数年前までは比較的気軽に承認をうけることが出来た
「Google AdSense(グーグルアドセンス)」でしたが、
2016年・2017年と年を追うごとに基準が厳格化し、
承認のハードルが着実に上がってきているため、
審査に臨むにあたっては、それなりの準備が必要になります。

下記の記事では、
「Google AdSense(グーグルアドセンス)」における
最新の審査事情やその対策について纏めていますので
アドセンスの取得が未だの方は是非ご一読下さい。

(参考)グーグルアドセンス審査2017年は初心者に厳しいのか?

グーグルアドセンス審査2017年は初心者に厳しいのか?
2016年から2017年にかけてグーグルアドセンスの審査基準が変更になり、 無料ブログがダメ 日記ブログがNG 記事数は30記事以上 文字数は1000文字以上という条件がつ...

①のYouTube限定のアドセンスの場合、
②の場合においては、「広告掲載先のURL」が
あなたの運営するブログ・サイトのURLだったものを、
あなたのYouTubeマイチャンネルのURLにして
申し込むイメージになります。

YouTubeでの動画投稿での収益化のみを考えているのであれば、
この方法のほうが簡単で手っ取り早く承認を受けることが出来ます。

(参考) Googleアドセンスアカウントを取得する(Youtube限定の簡単に取れる版)

①、②のいずれかの審査をパスすることが出来れば、
晴れてYouTubeの動画投稿により収益をあげることが
可能になります。

しかしながら、
「Google AdSense(グーグルアドセンス)」
規約も厳格化してきていますので、
内容をよく確認しておく必要があります。

規約違反と見なされた場合、
苦労して取得したアカウントが凍結されたり、
収益が無効化される恐れもあります。

Googleの規約基準についての
おおまかな捉え方としては、
「ファミリーセーフ」の考え方に
基づくものとなっています。

「ファミリーセーフ」とは、
『小さな子供がいるような家族でも
みんなで安心して見れるような
内容のコンテンツであること』
を表しています。

具体的には、

  • アダルト コンテンツ
  • 個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
  • アルコールに関連したコンテンツ
  • タバコに関連したコンテンツ
  • ヘルスケアに関連したコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するページ
  • 不適切な表示に関連したコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連したコンテンツ
  • 不正行為を可能にするコンテンツ
  • 違法なコンテンツ

などが、「ファミリーセーフ」の基準を
満たさない内容として規約違反とされます。

この概念は、「Google AdSense(グーグルアドセンス)」
の審査のためのサイト作りはもちろん
投稿する動画も含めた全てのコンテンツに
適用される基準となります。

今回のYouTubeアドセンスを含め、
これからGoogleの提供するサービスを利用して
ビジネスを行っていくのであれば、
「ファミリーセーフ」の概念は
必ず抑えておいて下さい。

3-3:広告収入を受け取る為の銀行口座

Googleより収益を受け取る方法は
原則、銀行振込になりますので、
銀行口座を一つ用意する必要があります。

ちなみに、実際に報酬の振込が開始されるのは
収益が10,000円を超えた段階からになります。
(収益額が10,000円以下の場合は、翌月に繰り越されます。)

  1. YouTubeアカウントとマイチャンネル
  2. Google AdSense(グーグルアドセンス)のアカウント
  3. 銀行口座

以上の3つを揃えることが出来れば、
いよいよYouTubeへの動画投稿により、
お金を稼ぎ始めることが出来ます。

4: YouTube動画投稿で効率良く稼ぐための8つのポイント

収益化のための準備が整ったら、
早速動画を作成し、投稿していくわけですが、
ただ漫然と動画を撮ってアップロードしていくだけでは、
思うように再生回数が伸びず、
なかなか収益化に結びつきません。

YouTubeで再生回数を効率良く伸ばすためには、
以下の8つのポイントを押さえておく必要があります。

意識的に練習や訓練を重ねることが必要なものもありますが、
知っているだけで使える即効性のあるテクニックもありますので、
是非ともマスターし、実践してみて下さい。

4-1:タイトルに力を注ぐ

あなたがユーザーとして動画を閲覧するとき、
まずはじめにどのような行動を取るのか想像してみて下さい。

見たい動画に関連するキーワードを入れて
検索することがほとんどではないかと思います。

YouTubeでの動画投稿においても、
ブログ記事などと同様に、タイトルや文章面における
SEO(Search Engine Optimization検索エンジン最適化)対策を
意識する必要があります。

まずタイトルが動画の内容を
適切に反映したものでなければ、
せっかく素晴らしい動画をアップしたとしても、
ユーザーはあなたの投稿したお目当ての動画に
辿り着くことが出来ません。

更に、タイトルの付け方について、
ユーザーの興味性を引き出し、
「見たい」と思わせるようなタイトルを
考案します。

例えば、

  1. タイトルに数字を入れて具体性を出す
  2. 「〇〇過ぎる」、「保存版」など興味をそそる表現を加える
  3. 「マジギレ」、「爆笑」など、感情を表現する単語を入れる
  4. 内容を端的に表現する。まとめ動画なら「まとめ」と明記する
  5. 旬の有名人・芸能人や流行語などをキーワードに織り交ぜる

などの方法があります。

同じような内容の動画であっても、
タイトルの付け方次第で、
人気動画に仕立て上げることが出来ます。

4-2:サムネイルに力を注ぐ

次に重要な要素となるのが、
「サムネイル」です。

「サムネイル」とは、
動画の内容を表す1コマのサンプル画像で
動画を検索した際に最初に目に留まるもの
になります。

あなた自身も、お目当ての動画を検索した際、
ぱっと見たサムネイルの印象で
その動画を見たいか、見たくないか
判断することがかなり多いのではないでしょうか?

このサムネイルはデフォルトでは
動画の中の任意の1コマを設定しますが、
用意した画像を編集して、
それをサムネイルとすることも出来ます。

画像編集ソフトで作成した専用のサムネイルを用意し、
上手くユーザーの興味性を引く事ができれば、
動画の再生率を大幅に向上させることも可能です。

雑誌の見出しや自分が実際に興味をそそられた
動画のサムネイルなどを参考にしながら、
「つい再生したくなるサムネイル」
を狙っていきましょう。

4-3:動画説明文におけるマル秘テクニックの活用

加えて、動画説明文についても
ちょっとしたコツがあります。

YouTubeにおける動画説明文は、
全文がどんな長さであったとしても、
ファーストビューの画面上では、
実質は冒頭の2行分しか表示されません。

逆に言うと、このはじめの2行に
その動画について、最も伝えるべき情報を
凝縮させておく必要があります。

この考え方は、動画説明文中に
誘導先のURL等を表記する必要のある
「YouTubeアフィリエイト」の際には
特に重要となってきます。

また動画説明欄には、
同ジャンルの人気動画のリンクを貼っておくことで

あなたの動画と人気動画との間に関連性が生まれ、
人気動画側の関連動画に上がりやすくなる
という特性もあります。

この特性を利用することで、
他の人気動画に便乗して再生回数を
増やすという裏ワザ的なことが出来ます。

知っているだけで手軽に実践出来る
テクニックですので、是非試してみて下さい

4-4:キーワードに英語を織り交ぜる

動画コンテンツの特徴として、
扱うジャンルによっては言語の壁を超え、
外国圏からのアクセスに期待できる
という側面があります。

そこで、タイトルや動画説明文のキーワードに、
積極的に英語を織り交ぜることで、
海外からのアクセスの可能性を狙います。

2017年現在、日本語を母国語とする人口は
1.2億人ですが、一方で英語圏の人口は
17.5億人と桁違いの数です。

英語圏のユーザーを意識した
英語のキーワードを入れるという
わずかな工夫だけでも、
アクセスアップには大きな効果があります。

4-5:投稿するジャンルに一貫性を持たせる

これはウェブサイトやブログの運営と同様です。
ビジネスならビジネス、芸能ネタなら芸能ネタ、
料理なら料理、トレーニングならトレーニングと、
投稿する動画のジャンルを絞り込むことで、
一貫性を持たせるようにします。

ジャンルを一貫することで、

  • 「あの人はゲーム実況の人だ」
  • 「この人は筋トレの人だ」

と覚えてもらえやすくなり、
チャンネル登録にもより結びつきやすくなります。

どうしても複数のジャンルを扱いたい場合は、
チャンネルやアカウントをジャンル別に使い分ける
などの工夫をしていくと良いでしょう。

4-6:シリーズ動画を作る

上記に関連しますが、絞り込んだテーマで
シリーズものの動画を作成すると、
固定ファンが付き、安定して再生回数を
増やすことが出来るようになります。

また関連動画同士の相互作用により
アクセスを集めやすくなる効果もあります。

とにかく一度呼び込んだユーザーを、
逃がさないことが肝心ですので、
シリーズ動画を継続的に投稿していくことが
長期的な再生数アップを図るコツです。

4-7:定期的に投稿する

毎日、もしくは毎週・毎月でも良いので
決まった時間に投稿していくようにします。

ちなみに、月額課金の有料チャンネルでは、
これが必須になりますが、

通常の無料チャンネルであっても、
登録ユーザー数や再生数を安定させ、
しっかりとアクセス数上昇を狙っていく場合は、
かなり重要な要素になります。

その場合は「毎日18時放送」というふうに、
テレビ番組のように決めておくことが肝心です。

このノウハウは、特にゲーム実況やエンタメ系
で有効となります。

参考までに、ヒカキン氏は毎日19時に
動画を投稿しています。

4-8:動画のクオリティをアップさせる

最後に、根本的なことになりますが、
コンテンツとしての質が極めて重要です。

無編集でポンと動画をアップするよりも、
文字入れ・カット編集など、
丁寧に編集を加えた動画の方が、
アクセス数を集められる可能性が高くなります。

また、編集だけでなく、
撮影時の環境や、被写体の動きや声も
コンテンツのクオリティに大きな影響を与えます。

映像の見栄えに最も大きく影響を与えるのは
ライティングだと言われています。

同じ性能のビデオカメラを使用していたとしても、
ライティングに気を遣うか遣わないかでは
映像の出来栄えには大きな差が出ます。

高いグレードのカメラで撮影する、
三脚を準備するなど、機材にこだわるのも
良いですが、何より適切なライティングを
意識することがポイントになります。

次に被写体についてですが、
基本的に動画は動きを要求されます。
例えばペットを扱った動画であれば、
何かペットに芸をさせたり、
ペット同士を戯れさせたりなどの工夫が必要です。

被写体が人である場合には、
ボディランゲージを意識すると効果的です。

セミナー講師などでは良く言われる話ですが、
他にもゲーム実況・エンタメ系においては、
ボディランゲージを活用した遊びの要素が
重要視されます。

ヒカキン氏やマックスむらい氏などを
見ていればわかるように、
目を見開く、口を大きく開くなど、
いわゆる「顔芸」が豊富です。

ボディランゲージを用いて
視聴者に飽きさせない工夫を
随所に入れ込むことが出来れば、
動画が最後まで再生される確率が
向上することになります。

上記のボディランゲージとも連動しますが、
声のトーンや聞き取りやすさも
コンテンツのクオリティに大きく影響します。

  • 口をはっきり開け、大きめな声で話す。
  • 聞き取りやすいよう、ゆっくりめに話す。

などが基本になります。

また、声を反響させる身体の部位によって、
声色は大きく変化します。

実際に自身の声で試してみると

  • 口で反響させた場合
  • 喉で反響させた場合
  • 胸で反響させた場合
  • 腹で反響させた場合

それぞれで、
声の「質」が大きく変化するのが
わかるかと思います。

声の反響は身体の奥になればなるほど
大きくなるため、
よく響き、通りやすくなります。

つまり、
声を腹で反響させるように意識することで、
最も声の通りが良くなり、
声色に影響力を持たせることが出来ます。

動画撮影だけでなく、
パブリック・スピーキングの場面等でも
活用できるテクニックなので、
是非練習してコツを掴んでみて下さい。

5:稼ぎやすい6つの動画ジャンル

再生数を稼ぎやすい動画ジャンルを選定することが
収益化を狙う際の秘訣になります。
以下6つのジャンルは、安定したニーズを誇り
再生数を稼ぎやすいといわれています。

5-1:ペット系・動物系動画

ペット系・動物系の動画は王道のジャンルです。
特に犬・猫の需要は、世界共通で高いと言えます。

まず言語に頼る必要がないため、
海外からのアクセスがかなり狙えます。
顔出し不要なのも利点と言えます。

ペットを飼っている人であれば、
間違いなく一番稼ぎやすいジャンルと言えるでしょう。

5-2:ベビー・キッズ系動画

子供や赤ちゃんを扱った動画だけでなく、
特に子供向けのおもちゃ等を扱った動画や
子供向けの歌やダンスを扱った動画は
リピートも多いため、再生数を稼ぎやすい
ジャンルのひとつです。

おもちゃで遊んでいる子供を
ただ写しているだけの動画でも
かなりの再生数を稼いでいます。

その際にはキャラクター選びも
ポイントです。
鉄板で再生数を稼げるのは
何と言っても
「アンパンマン」シリーズです。

小さな子供のいる家庭ならば、
子供も楽しみながら稼ぐことができる
一石二鳥のジャンルと言えます。

5-3:ノウハウ系動画

人の悩みや欲望にフォーカスしたテーマは
どんな媒体でも人を集めることができます。
YouTube動画であっても、その原則は変わりません。

ビジネス・お金稼ぎや恋愛、健康といった
需要のあるノウハウをはじめ、
様々なノウハウを動画内で提供することで
集客と収益化を狙います。

専門分野やネットビジネスの知識、
コンサルやセミナー講師の経験がある方は
自分のスキルを存分に活かすことができます。

アドセンス広告で稼ぐというよりも、
動画を集客のためのツールとして捉え、
外部リンクでブログやメルマガなどの
自分の媒体に誘導していく活用法が
メインとなります。

また動画コンテンツという性質を活かした、
美容系・運動系・料理系などのジャンルも人気です。
美容系であれば、化粧や整髪のビフォー・アフター動画、
運動であれば筋トレのやり方などが代表的です。

5-4:ゲーム実況・エンタメ系動画

動画作成・投稿系では、
国内外問わず活気のあるジャンルです。

海外で有名なピューディパイ氏や
ヒカキン氏の例もあるとおり、

パートナー企業による広告収益も
非常に活発に行われています。

5-5:音楽・ダンス系動画

自分の歌や曲、ダンスの動画を投稿します。
人気が出れば、アドセンス広告による収益も狙えますが、

芸能プロダクションのスカウトなどの
ビッグチャンスの可能性もあります。

歌手やアイドル、タレント、ダンサーの卵達にとって、
稼ぎながらメジャーデビューを目指せるYouTubeは
まさに一石二鳥です。

単体動画での再生数は、
音楽ジャンルがダントツでトップです。

2016年の段階で、
世界で一番再生されているYouTube動画は、
PSY氏の「GANGNAM STYLE」で、
再生回数25億回と言われており、

1再生0.1円の単純計算でも、
2億5000万円の広告収益になります。

2位はジャスティン・ビーバー氏の「Baby ft. Ludacris」で、
再生回数14億回。推定1億4000万円のアドセンス広告収益となります。

また、国内で記憶に新しいのは、何と言っても
ピコ太郎氏の「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」
でしょう。

かなり才能や運も必要なジャンルになりますが、
当たれば一攫千金で時の人になれる可能性を秘めた
ジャンルであると言えます。

5-6:ニュース・トレンド系動画

時事問題・ニュースに関するトレンド系動画は、
通常のニュースサイト作り同様、
毎日更新を継続すればそれなりの収益となるため、

コツコツ継続出来る人であれば、
地道に稼ぐことが出来る上、
ブームに上手く乗れれば大きく再生回数を
稼げる可能性も秘めています。

また、旅行によく行く人は、
旅先の珍しい風景を配信するのも
思わぬ人気動画になる可能性があり、

旅先での動画は一定の需要もあるので
おすすめのジャンルになります。

ジャンル選定は、自身の置かれた環境や
得意分野・趣味嗜好によっても大きく
左右される部分になるかと思いますが、

まずは自分が無理なく・楽しみながら
継続できるジャンルを選ぶことが
ポイントになります。

6:注意事項~著作権の壁~

動画投稿で稼ぐ場合は、著作権については
敏感になっておく必要があります。

著作権の問題は非常に奥が深く、
難しいテーマですが、
それに加えて、YouTubeでは
Google独自の解釈基準から
アカウント停止などの
ペナルティを受けるリスクもあるため
継続的に稼いでいくためには
より慎重になる必要があります。

何より重要となるのは、
禁止事項とグレーゾーンの境界線を
正しく理解しておくことです。

《問題のある動画の一例》

  • コンテンツとして販売されている映像や楽曲
    (但し著作権の期限が切れているものを除く)
  • テレビ番組などの映像・音楽をそのまま使った動画
    (但し、ニュース報道などは著作物にはあたらない)
  • 商用使用許諾のないゲームの実況

動画・音源・ゲームなど、他者のコンテンツを
一部でもそのまま使うことを
「二次使用・二次利用」と言います。
原則YouTubeでは、そうした二次利用の動画を
収益化することを禁じています。

但し例外として、そのコンテンツの製作者が
ウェブサイト上で「商用利用可能」と謳っていれば、
そのリンクを動画説明文内に貼ることで、
二次利用・収益化が可能です。

一方、他者のコンテンツをネタに
動画を作ることを「二次創作」といいます。

例えば、他者コンテンツの動画・音源をそのまま使わず、
自分で演奏しなおして動画にしてアップする場合は、
「二次創作」にあたります。

「二次創作は認めても二次利用は認めない」
というケースもありますが、原則としては
「使用許諾・商用利用許諾のないコンテンツの
二次利用・二次創作は、収益化に使うことは不可能」
となるのが一般的ですので注意しましょう。

これは音楽・動画・ゲームに限らず、
他の文章・芸術品など、
あらゆる著作物にも言えることです。

実例を挙げると、
ある子供向けの絵本の読み聞かせ動画が
一斉に削除され、アップしていたアカウントが
一律にペナルティを受けたという事例があります。

基本的に二次利用をする場合は、
直接自分から権利者に使用許諾・商用利用許諾の
確認を行う必要がありますので注意して下さい。

一方で、著作物を著作権者以外が
使用できるケースも存在します。

例えば「引用としての一部抜粋」
などのケースが挙げられます。

但し、引用については、

  • 必然性
  • 主従の関係(コンテンツ内における引用部分の質・量)
  • 引用部分を明確にし、引用先を明示する

などの条件を満たすことが必要となります。

しかしながら、前述のとおり、
著作権法的には問題がなかったとしても、
Google独自の判断基準により、
ペナルティを受ける可能性はあります。

また、著作権法にもGoogleの基準にも
抵触していなかったとしても、
権利者からの要請により、
コンテンツの公開停止などの
措置が取られる場合も多々あります。

これらのことを踏まえた上で、
YouTubeで長期的に稼いでいくには、
『危うきには近寄らない』姿勢が
肝心であると言えるでしょう。

7:まとめ

YouTubeで稼ぐ方法を
一通りご紹介してきましたが
いかがだったでしょうか?

YouTubeをはじめとした動画コンテンツは
今後も需要が大幅に伸びていくことが予想され

今からでも積極的に参入していく価値は
十分にある媒体だと思います。

様々なテクニックの話なども登場しましたが、
動画投稿に限らず、どのようなコンテンツであれ、
ユーザーに「価値を提供する」姿勢で情報を
発信していくことこそが、何よりも本質的で
重要なことだと思います。

「YouTubeで不労所得」といった
魅力的なフレーズで一世を風靡し、

また現在では「単価が下がった」
「もう稼げる時代は終わった」
とも言われることもある
YouTubeアドセンスですが、

今回学んだ本質を理解し、
継続していくことさえ出来れば、
2017年の今からでも充分に
稼いでいくことは可能だと思います。

あなたがこの記事との出会いをきっかけに
稼げるユーチューバーとなることが出来たら
大変嬉しく思います。

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。