YouTubeで稼ぐために著作権に引っかからず生き残れる方法!

YouTube 稼ぐ 著作権

YouTubeの総再生数は1兆回を超え
動画配信サイトでは世界1位です。

検索サイトに関しても
Googleに続き世界2位になっています。

それに伴いインターネット広告が増え
動画を見てもらえる数に対しての
広告収入が得られるようになりました。

その収入で稼いでいる人はYouTuberと呼ばれ
中には高額収入を得ている人もいます。

その人達は、有名人などではなく、
ごく一般人、普通の人達です。

そのことから、多くの一攫千金を狙う人達の間で
YouTubeはとても注目を集めています。

しかし近年、トラブルも
多く発生しており問題になっています。
特に著作権の侵害による被害は深刻です。

そこで、YouTubeで稼ぐために
気を付けなければならないこと、
注意点を分かりやすく解説していきます。

これからYouTube動画を配信しようと思っている方の
参考になれば幸いです。

目次

1:YouTubeで稼ぐために
2:YouTube著作権の侵害
3:YouTubeアクセス数を増やすには
4:まとめ

1:YouTubeで稼ぐために

まず、世界1位の動画配信サイトYouTubeとは
どういったものなのでしょう。
そして、YouTubeで稼ぐとはどういうことなのでしょう。

1-1:YouTubeとは

今や全世界で一人平均150回以上は見ているとされる
動画配信サイトYouTubeです。

これからの視聴回数もまだまだ増え続けるでしょう。

YouTubeの特徴は

普通の人、大人から子どもまで誰でも
動画を配信することが出来ることです。

特別な機材は必要なく、スマートフォンや
ビデオカメラからの撮影で簡単に始めることが出来ます。

その一個人が作った動画は
世界中の人に見てもらえる可能性があります。

そして、「ピコ太郎さん」のように一発当たれば
世界中の人々から何回も繰り返し見てもらえるようになり

視聴回数はうなぎのぼりに増え
とんでもない大金が手に入ると言う夢のような話もあり、
余計にYouTubeは誰にとっても
大きな関心を寄せるところとなりました。

1-2:YouTubeアドセンスとは

自分の動画やブログに
広告を掲載することによって広告主から
お金をもらうことが出来る仕組みをアドセンスと言います。

広告主は費用を払って
広告を動画やブログに掲載してもらい、

その動画やブログを見に来た人に
広告を見せることにより、
商品やサービスを購入してもらうと言うシステムです。

広告の収益を受け取るためには
Googleのアカウント(使用する権利)の登録が必要です。

その後、YouTubeで稼ぐための権利の
YouTubeアドセンスアカウントに登録します。

YouTubeの場合は
動画の流れる前に広告が流れます。

動画の配信時間が10分を超えるものには
途中で広告が表示されます。

世界中の人が見ていて
しかも、世界1位の動画サイトとあって

広告主はより多くの人の目に止まる
インターネット広告にさっ到しました。

アドワーズ広告と言って

Googleを始めとする検索サイトの
検索結果に表示されるインターネット広告で

利用者が検索する際に
打ち込んだキーワードに関連する広告が
自動的に表示される仕組みになっています。

そのため、「検索連動型広告」「リスティング広告」
または「キーワード広告」と呼ばれています。

YouTubeアドセンスはこの広告収入が
報酬になるため

多くの人が、手っ取り早く稼げ、
一度動画を作ると何回も再生されるたびに
報酬が発生すると言うジャパニーズドリームに

一攫千金を求め 押し寄せました。

しかし、
そのためにトラブルも多く発生し
その中でも著作権の侵害はとても大きな問題になりました。

2:YouTubeの著作権の侵害

多くの人が簡単に配信できてしまい、
しかも、動画を配信すればするだけ
お金になるということで

人気のテレビ番組や音楽、映画の録画を配信したり
他の人の作った動画を配信して
視聴回数を上げてお金儲けをする人がいます。

当然、著作権が存在しますので違法行為なのです。

著作権とは
「思想や感情を独創的に表現しているもの」

となっており
音楽、映画、ドラマ、演劇などは
著作権の対象です。

2-1:YouTube著作権侵害に対してのペナルティ

YouTube側も見過ごしているわけではなく
違法行為が認められた場合には、

動画の削除が行われ
悪質な場合はアカウント(使用する権利)
まで削除されてしまいます。

ところが、
現状はあまりにも著作権を侵害する
違法動画の数が多いため

また、削除しても
次から次へと大量に出回るので
削除が追いつかない状態です。

そこで「コンテンツID」により
自動管理されるようになりました。

コンテンツIDとは
著作権者が自分のコンテンツ(情報の中身)を特定し
管理することが出来るものです。

大量に出回る動画の中で
自分の作品と一致するものを見分け、
対処する方法を決定することができます。

コンテンツIDは
一定基準を満たす所有者のみに
利用資格が与えられます。

頻繁に動画配信しており
大量コンテンツを持っている
独占的権利の所有者です。

音楽、映画、テレビ番組、
保護されたビデオゲームなど

素材の著作権を保有している法人が
コンテンツIDを使って照合された動画で

悪質と思われるものに関しては

動画を閲覧できない状態にしたり
音楽なら音の出ない状態にしたり
することができます。

その範囲は全世界、
特定の国のみなど選択もできます。

しかし、お金が絡むとあって
違法行為をする人は後を絶ちません。

あの手この手で、コンテンツIDに
引っかからないようにするための
対策をとっています。

倍速でテンポをずらしたり
音声を別の吹き替えにしたり
枠で囲む、左右逆にするなど

ありとあらゆる手を使い
毎日大量に配信されるため

イタチごっこで、
コンテンツIDをもってしても
なかなか管理が行き届かないのが現状です。

広告主は広告費を払っている以上、
商品やサービスが売れないと
効果を得られません。

再生回数が多いと
広告の効果も高いかと言うと

そうでもなく、
最近は動画の質の悪いものが
多くなってきていて

視聴者や広告主のことを全く考えていない
お金儲け主義の動画が多いため
広告の効果も落ちてきているのです。

そのため広告主は
人気のある動画に
広告を載せたがります。

人気のある動画は質がよく、
見ている人達の広告の効果も
期待できるものとなるからです。

一方で、質の悪い動画の広告費は
どんどん値段が下がっています。

これからは安易な方法では
稼ぐことは難しいでしょう。

そして、今後はより厳しい管理体制になり、
お金儲け主義の動画は消えて行くことが予想されます。

3:YouTubeアクセス数を増やすには

では、今後YouTubeで稼ぐために
生き残れる方法はあるのでしょうか。

YouTubeで稼ぐには
アクセス(操作、接続)数を
増やさなければなりません。

著作権に触れないよう、
自分独自のものを
作成するのはもちろんのこと

人々に愛される動画を
たくさん配信して行くことです。

YouTubeには「チャンネル登録」と言うものがあって
動画の下に出ている「チャンネル登録」ボタンを押すと
その人が配信している動画が優先的に表示されます。

配信が更新されるとお知らせが届きます。
要するにその人の「ファン」になるということです。

アクセス数を増やすには、そう言った
自分の「ファン」を作ることで、
繰り返し見てもらえるようになり、

自分の作った他の動画のアクセス数も
上がることになります。

はじめの段階で視聴再生回数が上がれば
人気動画として話題になり、

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
で紹介されやすくなり
更に再生回数が上がって行きます。

アクセス数を増やすために
目を引く過激なタイトルを付ける人も多くいます。

タイトルも確かに大事なことではありますが
中身がない動画では「ファン」は付きません。

そして、もう一つ重要なことは
視聴者は始めの数秒で
中身を判断するということです。

僅かな時間でインパクトを与えかつ、
視聴者がその先も見たいと
思える内容でなければなりません。

インターネットだから、
顔が分からなければ、

名前が出なければ
何をやってもいいと言う考えではなく

「これを見る人はどんな人で
どんな悩みを持っているのだろう。」

と見る人の立場に立って
制作することが大事です。

またYouTube、Googleは
アメリカのネット企業なので
英語圏の利用者が圧倒的に多くいます。

そこで、
海外英語圏の視聴者を意識した
動画の配信も考えましょう。

世界中の人に自分の動画を
見てもらえるチャンスですし、

海外で自分の動画が紹介され、
人気になると一気にアクセス数が増えます。

そのために、タイトル、説明文など
英語の字幕を付けて世界に向けての
配信を意識するのもいいでしょう。

内容はペットや子どもの面白い動画なら
あまり言葉の影響がなく世界共通の話題だと思います。

また、日本のYouTubeのアクセス数の多いジャンルは
ゲームの攻略、実況動画などです。

あと、子育て世代が多く利用しているので
出かけた先で 子どもが退屈しないように見せる
動画なども人気があります。

4:まとめ

YouTubeで著作権に引っかからず
稼ぐためには 必要なことは何か。

相手の顔が見えない、自分の顔も名前も
相手に分からないインターネットの世界でも、

商売の基本は昔も今も変わらず
あくどい手法は流行らない。ということ

例え一時期出回ったとしても
自然に淘汰(とうた)され、消えて行くと言うことです。

どうですか?少しがっかりしましたか?

「楽をして稼ぐ」ことは誰しも憧れていることです。
しかし、あまりにも稼ぐことが先行し過ぎると

相手を思いやる気持ちを全く持たない
自分本位の行動に走りがちです。

でもそんなことは長くは続かないし
残って行かないのです。

「相手の立場に立って」
「自分はどんな価値を提供出来るのか」

と言う考えから出発している人しか
稼ぐことはできないのです。

なぜなら、商売の相手は人間だからです。
自分と同じ。感情や良心を持っているからです。
長く稼ぐには、地道な努力の上での信頼、
信用が不可欠なのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!