WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

最近はサービス停止のリスクがある
無料ブログからワードプレスに
切り替える人が増えてきています。

ただ、ワードプレスのプラグインに
おいては数ではなく質がとても大切です。

しかし、本当に役立つプラグインというのは
意外に存在しないというのが現実です。

そして結局、ワードプレスのプラグインを
大量にインストールしてしまいブログの
動きが鈍くなったり、最悪のケースだと
ブログが停止して動かなくなる場合も
少なくありません。

実際、初めてワードプレスの構築に
取り組んた方はどのようなプラグインを
インストールすればサイトの質が高まるか
分からないと思います。

あなたは、余計なことを考える
必要はありません。

これで具体的にどのようなプラグインを
インストールすればいいのかが
分かりますので時間の節約になります。

ここでは、あなたがサイトでの集客や
見やすさを高める上で、
こちらで必須と考えるプラグインと
試す価値のあるプラグインと分けて
ご紹介致します。

ワードプレスの「プラグイン」とは?

基本的には、ニーズに合わせて
「スパムコメントのブロック」
「SEO(検索エンジン最適化)」
「サイト高速化」といった機能を
拡張させるための仕組みのことです。

もっと細かく言うと、ブログに様々な機能を
追加するための小さなプログラムだと言えるでしょう。

導入必須のおすすめのプラグイン

それでは、ワードプレスに必ず入れて
おくべきと感じたプラグインを12個に
厳選して以下にご紹介します。

サイトの集客効果に役立つプラグイン

・All in One SEO Pack

これは要するに一通りのWordPressによる
SEO対策を施すことが可能なプラグイン
になります。

さらに、サイトマップの更新やGoogle
アナリティクスのコード設置をすることも
できます。

例えば、これによって細かいアクセス数の
解析をすることも可能になります。

サイトを検索結果の上位に表示させる為に
必要不可欠となるメタディスクリプション、
メタタイトル、noindexなどもあります。

これも現時点で設定することができるように
なります。

さらにメタ情報を記事ごとに編集可能に
なりますのでニーズに沿ったSEO対策が
実現します。

難しいソースコードを編集する必要もなく
検索エンジンの最適化ができますので、
まずは最初にインストールしておくことを
お勧め致します。

これは、最も手軽でシンプルなSEO対策
として物凄く重要なプラグインになります。

詳しい解説と設定方法は
【保存版】All in One SEO Pack の設定方法と使い方
を読めば、初心者の方でもスムーズに
All in One SEO Packの設定ができます。

・WP Social Bookmarking Light

ありとあらゆるSNSボタンをスムーズに
設置することができます。

もし、通常のワードプレスのテーマを
使用するとなると、ソーシャルメディアの
ボタンに関しては自分で設置しなければ
ならないものが大半を占めています。

つまり、
ワードプレスにソーシャルメディアのシェア
(いいね、ツイート、ブックマークなど)
ボタンを設置する場合はこれらの面倒な
動作をしていく必要があります。

・CSSでスタイリングする

・テンプレートタグで
ソースコードを編集する

しかし、このプラグインを使用することに
よって上記のような複雑な設定や
編集は不要になります。

つまりこれは簡単に言うと、

「WP Social Bookmarking Lightを使えば、
すぐに大半のソーシャルメディアの
ボタンを設置できる」

という事になります。

そういう意味ではこのプラグインの使用が
とても重要なのです。

実は、SEO(検索上位表示最適化)は
シェア、いいね、RT、ブックマーク
などのSNS上の拡散と深い関わりが
あります。

実際にソーシャルメディアで拡散された
記事の方が、検索された時に上位に
表示されやすいというあるネット起業家の
研究結果もあります。

そう考えると、Facebook、twitter、
グーグルプラス、はてなブックマークなど
といったソーシャルメディアのボタン設置は
SEOで有利になり多くの集客につながります。

言い換えれば、
WP Social BookmarkingLight
を設置しないということはSNS上での
拡散の可能性と検索上位表示による
望みを捨て去るということになります。

twitter上では日々、リアルタイムで話題の
記事や気になったツイートなどが日々、
拡散(リツイート)されています。

2万リツイートを超えているものも
複数実在しています。

(リツイートの仕組みはご存知の方が
多いと思いますが、自分のフォロワー
さんにお気に入りのツイートを広める
拡散機能のことを指します。)

これは、2万人に見られているという
わけではなく、大半のユーザーは
フォロワーが50人を超えています。

例えば、1つの記事が拡散されたとすると、
まず、50人のフォロワー同士で記事が
広まります。

次に、見ているけれど拡散しない人も
いればフォロワーさんにシェアをする
ケースもあります。

だいたい10分の1から50分の1ぐらいの
確率で本当に有益な記事や面白いものは
twitterユーザーに拡散をされます。

その場合はまた、一定の確率で
リツイート(RT)され50人の人に
メッセージが届きます。

そしてまた、
一定の割合でシェアをされます。

つまり、本当に良いコンテンツならば
上記のように拡散され2万人を超える人に
見てもらえる可能性があるということです。

しかし、ロボットによって作り出された
人間が見ていないアカウントも
数多く存在しますので、

2万リツイートをされた場合は
最低でも4万人にそのツイート(記事)
を見られることを期待することができます。

下手に広告を出して広告費を投じるよりも、
知り合いに広めてもらった方が
コストは掛かりませんし、

フォロワー同士で信頼関係が
築かれているので広告を出すよりも
高い集客効果を見込む事が出来ます。

しかも、リツイートは止まることなく
連鎖していきます。

例えば、沖縄県でネットを観覧している人が
twitterのアカウントを保有していて
活動をしていた場合はシェアされると
隣町の知り合いにその記事が届く可能性があります。

その知り合いが北海道に家族がいたのなら、
遥か彼方までツイートを通じて拡散されます。

最終的には日本全国をグルグルと記事が
巡ることになり、twitterがサービスを
停止するまでは半永久的にシェアと集客が
続くということになります。

これは長期的に考えるとYouTubeやPPC
などの広告を出すよりかは、結果的に良い
結果を出せるようになると確信しています。

病気が感染したかのように日本中に作成した
記事を広めていきたいなら以下のプラグイン
を強くお勧めします。

WordPressの高速化に必須のプラグイン

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_m

・Head Cleaner

ソースコード(JavaScriptやCSS)を
最適化する事により、サイトの表示速度を
高めてくれるプラグインです。

ワードプレスで使用しているテーマにより
不具合が発生する可能性がありますので、
設定する前にバックアップしておくことを
お勧めします。

・Lazy Load

Lazy Loadはサイトにアクセスした時に
画像の読み込みを後回しにしてくれる
プラグインになります。

画像の表示を少し後回しにすることで、
サイトの表示速度をアップさせる
SEO対策にもなります。

インストールして有効化をするだけで
機能しますので、とても便利です。

・EWWW Image Optimizer

画像の画質を落とすことなく圧縮して
くれるプラグインです。

画像ファイルの容量を軽くしますので
サイトを表示する速度を高速化します。

WordPressの利便性を高めるプラグイン

810593401bba9ebdccbc270e0363a5d0_m

・Table of Contents Plus

記事内に目次を設置した上で、求めている
項目への移動をスムーズにできます。

そして上位表示された場合に一部の目次を
表示できるようになります。

・TinyMCE Advanced

ワードプレスで記事を投稿する際に
太文字や文字の色、文字の大きさ等を
設定する際には、HTMLの知識が必要となるが、

このプラグインを導入することで、
クリック操作だけで、記事の編集や投稿が
出来るようになります。

・WordPress Popular Posts

このプラグインは、サイドバーに人気記事を
掲載出来るプラグインになります。

ユーザーが訪れたページの訪問数によって
人気記事ランキングを自動で作ってくれ、
初めてサイトに訪れたユーザーに
興味をもたらします。

人は、アクセス数の多い人気記事を
読んでみたくなるものだからです。

・Google XML Sitemaps

検索エンジン対策用のXMLサイトマップを
自動で生成出来るプラグインになります。

検索エンジンのクロール対策用に
必要なプラグインとなります。

All in One SEO Packにも似たような機能が
ありますが、こちらのプラグインをいれた方が
スムーズに作業を進めることが出来ます。

・PS Auto Sitemap

サイト全体の構成が一目出来るページが
あるとユーザーが迷うこと無く興味のある
記事にアクセス出来るようになります。

PS Auto Sitemapはこのサイトマップページを
自動で作ってくれるプラグインになります。

またあなたが新しい記事を公開する度に
自動でその記事をサイトマップに反映してくれますので
仕事の手間や余計な時間を奪われなくて済みます。

・RealFaviconGenerator

こちらは、ファビコンの設定が
カンタンに出来るプラグインになります。

ファビコンとはブラウザ上に
表示されるアイコンのことで、

ファビコンを設置しているのと
設置していないのでは、
ユーザーに目に留まる確率が変わってきます。

また大手サイトが必ずファビコンがあるように
サイトの信頼度や運営者の信頼度を
大きく高めてくれるようになります。

その他試す価値のあるプラグイン一覧

・Multi Device Switcher

スマホ、タブレット、PCで観覧した際の
テーマを切り替えることが
可能なプラグインです。

PC版をスマホユーザーに
見せたい場合に有効です。

・Subscribe2

メール配信機能・多機能なメールマガジンを
WordPressに追加可能なプラグインです。

登録者一覧をCSVでダウンロードしたり、
メールを一斉送信したりできます。

・WP-PostViews

人気の記事をサイト内に設置できる
プラグインです。

もちろん、タイトルやPV数、サムネイル
といった項目も任意で出力が可能です。

・WP-PageNavi

前の10件・次の10件のように記事一覧の
移動ではなく、 1 、2 … 10といった、
ナビゲーションなどを表記できる
プラグインです。

つまり、10ページごとの移動の手間が
省けるという事になります。

・Video Thumbnails

Vimeo、YouTubeといった
動画配信サービスのサムネイル画像を取得し、
ブログのサムネイルに登録してくれる
プラグインです。

よくビデオを記事で紹介している場合は、
サムネイルを設定する時間を短縮できます。

・Auto Post Thumbnail

記事の本文の先頭へ設置している画像を
自動的にサムネイル(記事一覧に表示されて
いる画像)へ設定してくれます。

・WP Multibyte Patch
(最初からインストールされている)

ワードプレスは本来は英語圏で
開発されたブログシステムとなりますので
日本語の環境では正常に動作をしない
ケースがあります。

しかし、このWP Multibyte Patchを
使わずとも動きますが、

・トラックバック・ピンバック受信時に
エラーが発生する
・抜粋文字数が異常にカウントされる

といった問題が生じることがあります。

そういったトラブルを解消することが
このプラグインで可能になります。

・Akismet
(最初からインストールされている)

このプラグインを使うことでスパムコメント
をガードしてくれます。

最初にアカウント登録(ユーザー登録)する
ことで使うことができます。

ブログの運営を開始してからいきなりスパム
コメントが来る可能性は低いですが、長期に
渡って運営をしていると数千単位の迷惑な
コメントがつくようになります。

万が一、フィルターをくぐり抜けたとしても
管理画面へ行き、コメントに移動して
一覧を開き「スパム」と選択すれば
除外されますので安心して下さい。

・WordPress SEO by Yoast

これは、先ほどご紹介したAll in One
SEO Packの高機能バージョンです。

構造化されたパンくずリストの設置や
category、スラッグ削除、noindex,
follow設定、各ページのタグ設定などを
このプラグインで行えます。

・WP To Top

「ページのトップへ戻るボタン」を
表示してくれるプラグインです。

記事を一定のラインまでスクロールすると
下部にボタンが表示されます。

そして、クリックするとスクロールし
上部へ戻ることが可能です。

・WP Browsing History

以前に読んだ記事をサイトへ訪問した際に
表示できるようになるプラグインです。

・Jetpack *コメント

ユーザーがTwitterアカウント、
Facebookアカウント、WordPress.comで
ログインをすることによりコメントを
残すことができるプラグインです。

・Breadcrumb NavXT

サイトにパンくずリスト(タグ、カテゴリ―、
日付など)を表示したり生成できる
プラグインです。

SEO内部対策で必須項目と言えます。

・Contact Form 7

お問い合わせフォームをサイトに
設置できるようになります。

シンプルな操作でメニュー、
チェックボックスなどといった
フォームタグを追加することが可能です。

まとめ

a43c687fa366307245ea35b52846fd6b_m

最後に今回紹介したプラグイン一覧を
こちらにまとめておきます。

絶対の導入しておいて欲しいものと
試す価値のあるプラグインと分けておきます。

絶対に導入すべきプラグイン一覧
(最初からインストールされているものは省きます。)

・All in One SEO Pack
・WP Social Bookmarking Light
・Contact Form 7
・Table of Contents Plus
・EWWW Image Optimizer
・Head Cleaner
・TinyMCE Advanced
・WordPress Popular Posts
・Google XML Sitemaps
・PS Auto Sitemap
・RealFaviconGenerator
・Lazy Load

試す価値のあるプラグイン一覧

・WordPress SEO by Coast
・WP To Top
・WP Browsing History
・Jetpack コメント
・WP Total Hacks
・Jetpack パブリサイズ共有
・Yet Another Related Posts Plugin
・WP Total Hacks
・Jetpack パブリサイズ共有
・Yet Another Related Posts Plugin
・Breadcrumb NavXT
・Multi Device Switcher
・Subscribe2
・WP-PostViews
・WP-PageNavi
・Video Thumbnails
・Auto Post Thumbnail

このようにプラグインには便利そうなものが
たくさんありますので、積極的にテストを行い
よりユーザーの役に立つサイト作成や
ビジネスを展開する上で参考になれば幸いです。

 


あわせて読みたい


 

フロントエンドマーケティングを導入するメリットと4つの事例とは

0から学ぶダイレクトレスポンスマーケティングを始めるための基礎知識

ネット不労所得の作り方18のポイントをプロが徹底解説!

【保存版】All in One SEO Pack の設定方法と使い方

かなり参考になる企業のキャッチコピーの7選と5つの作り方

WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

【保存版】Tiny MCE Advanced の設定方法と使い方

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。