ジョハリの窓とは?自分を深く知るための4つの窓の活用法

もしも、あなたが

  • スムーズな人間関係を築きたい
  • 共に成長してゆく仲間が欲しい
  • リーダーになりたい

とお考えなら、
自分という「道具」を
正しく使いこなす必要があります。

そのためには、
「自分」について、
深く知らなければなりません。

なぜなら、道具について深く知らなければ、
正しく使いこなすことなどできないからです。

この記事で私は、
「自分自身をより深く知り、
人間関係をスムーズにする」
ためのヒントをあなたにご紹介します。

そのヒントとは
「ジョハリの窓」です。

この方法に取り組んだあなたは、
自分自身を誰よりも深く知り、

自分という「道具」を
効果的に使いこなすためのアイディアが
たくさん浮かんでくるようになるでしょう。

それでは
「ジョハリの窓」をご紹介します。

目次

1:ジョハリの窓とは
2:ジョハリの窓のゲームのやり方と診断方法
3:ジョハリの窓の分析と活かし方
4:ジョハリの窓は自己理解に使える
5:ジョハリの窓を学べるオススメ本の紹介
6:まとめ

1:ジョハリの窓とは

この「窓」は、一言で言えば
「人間関係をスムーズにする
ヒントを得るため」のものです。

アメリカの心理学者の
ジョセフ・ルフトさんと
ハリー・インガムさんが
研究した「気づきのグラフモデル」です。

グラフモデル、ということは、
あなたの心を「可視化=見える化」する、
ということです。

具体的には、
あなたの心を4つのエリアに仕切って、
4つの角度から「あなた」を見つめ、
自分をより深く知ろうとするものです。

  • 開放の窓-あなた自身にも、他人にも見えている「あなた」
  • 盲点の窓-あなた自身には見えていないが、他人には見えている「あなた」
  • 秘密の窓-あなた自身には見えているが、他人には見えていない「あなた」
  • 未知の窓-あなた自身にも、他人にも見えていない「あなた」

 

ジョハリの窓

画像元:ジョハリの窓の図

自分を深く知り、
スムーズな人間関係を
築いてゆきたいあなたの目標は、
「開放の窓」の面積を広くしてゆくことです。

それは、
「あなた自身」をシェアする、
という感覚です。

2:ジョハリの窓のゲームのやり方と診断方法

では、このジョハリの窓のやり方について
簡単にご説明します。

【参加者】

会社の同僚や友人、家族など

【準備】

人の特質を表す言葉(頭がいい、積極的、など)を30個ほど挙げておく

【実施の手順】

  1. 参加者に実施シートを配る
  2. 【準備】で挙げておいた特質の中から自分に当てはまると思う項目をシートに書き込む
  3. 【準備】で挙げておいた特質の中から相手に当てはまると思う項目をシートに書き込み、その相手に渡す
  4. 参加者全員の記入が完了したら、(2)(3)のうちの各項目について

A:自分も他人も記入している項目を「開放の窓」欄に書き込む
B:他人のみが記入している項目を「盲点の窓」欄に書き込む
C:自分のみが記入している項目を「秘密の窓」欄に書き込む
D:自分も他人も記入していない項目を「未知の窓」欄に書き込む

これで終了です。
シートには、あなたの姿が「見える化」されています。

 

3:ジョハリの窓の分析と活かし方

せっかく「見える化」されても
「ふーん、そうなんだー」
で終わってしまっては意味がありません。

そうならないために
各項目を分析し、その「活かし方」について
考えてみましょう。

3-1:開放の窓

この項目が多いあなたは、
自分を歪めず表現していて、
他人と上手に関われている、といえます。

なぜなら、
あなたというキャラクターが
相手と上手に共有されている、
と言えるからです。

「開放の窓」を広げるとは要するに、
あなた自身を素直にシェアする、
ということなのです。

3-2:盲点の窓

この項目が多いあなたは、
自分に対する思い込みが強すぎたり、
誤解を受けやすいのかもしれません。

そのために、
主観的な自分と客観的な自分に
「ズレ」が生まれてしまっているのです。

「ジョハリの窓」を分析する上で
この「ズレ」をはっきりと知るために

最も大切なポイントは
「フィードバック」です。

これについては、第4項で
突っ込んでお話します。

3-3:秘密の窓

この項目が多いあなたは、
他人に遠慮ばかりして

自分をひたすら隠し続けている
のかもしれません。

もしかしたら、過去に
自分を素直に表したことで
辛い経験をしてしまったのかもしれませんね。

私も同じような経験があるので
その気持ちはよくわかります。

しかし、

あなたが自分を隠せば隠すほど
あなたは「忘れられた存在」になってしまいます。

なぜなら、隠すと見えなくなってしまうので、
「その他大勢」の仲間入りをしてしまうからです。

とても、もったいないです。

もっと「あなた全開」で生きてみましょう。

そして、

せめて自分が関わった人たちにとってだけでも
「記憶に残る存在」になることを目指しましょう。

3-4:未知の窓

この項目は、
「これから伸ばすべき特質」と捉えるといいでしょう。

書き込んだ項目の中から
「こうなりたい」と思う項目を
「自分の新しい特質」にしてしまうことをオススメします。

参考サイト:フランクリンが実践した良い習慣の作り方と続け方──『フランクリン自伝』

それがあなたの「可能性」です。

4:ジョハリの窓は自己理解に使える

ここでは、
この「ジョハリの窓」を使って
自分を深く知る、ということについて
お話します。

4-1:見える化

自分が見ている自分と
他人が見ている自分。

この2つを
はっきりと見ることによって
自分を深く知ることができます。

そして自分をより深く知っている方が
色々な面で「有利」です。

なぜなら、効果的な「使い方」のアイデアが
より多く浮かんでくるからです。

ジョハリの窓とは、ある意味
あなたの心の「トリセツ」のようなものなのです。

4-2:他人のフィードバック

もしあなたが、
「盲点の窓」の面積を少しでも狭めて
より自分を理解したい、とお考えなら、
他人のフィードバックを素直に受け入れることです。

なぜなら、あなたが気づいていない部分なので、
指摘してもらわない限り永遠にわからないからです。

「盲点の窓」は、あなたの知らないあなたです。

もしかしたら、あなたが知っているあなたと
全く別の人間のように感じるかもしれません。

しかし、それもまぎれもなくあなたなのです。

  • もしも良い特質であれば、そこを意識し、伸ばすことによって
  • もしも悪い特質であれば、素直に受け止め、矯正してゆくことによって

今までとは全く違う世界が開けてくるかもしれません。

それがまさに「開放の窓」が広がった時です。

5:ジョハリの窓を学べるオススメ本の紹介

ジョハリの窓について
更に深く知りたい、というあなたに
おススメの本をご紹介しておきます。

・「ジョハリの窓」についてより知りたいあなたは
「ジョハリの窓―人間関係がよくなる心の法則 」久瑠 あさ美_著  朝日出版社

・「自己理解」についてより知りたいあなたは
「人生の悩みが消える自問力」 堀江 信宏_著 ダイヤモンド社

・「フィードバック」についてより知りたいあなたは
「ハーバード あなたを成長させるフィードバックの授業」 ダグラス・ストーン著/シーラ・ヒーン著/花塚 恵訳著 東洋経済新報社

6:まとめ

以上、「ジョハリの窓」について
お話してきました。

多くの人と関わっていく必要がある世の中では
自分の「立ち位置」を知ることはとても重要です。

自分はどんな人間で
どんなふうに人と関わっているのか?

それをより詳しく知っていれば、
自分の強みも意識できるので、
より堂々と自分をオープンにできます。

それがスムーズな人間関係を創り、
チームや組織を大きく成長させる
「良い循環」を生むのです。

まずはあなたが
窓を覗いてみましょう。

最後までありがとうございました。

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!