SIPS理論とは?PPAPに学ぶ!ソーシャルメディア時代の拡散法

SIPS理論

PPAP(ピコ太郎)の大ヒットは、
ソーシャルメディア時代のSIPS理論で
考えるとワクワクを共感したくなる。

なんかバカバカしいけどワクワクして、
俺(私)も、これならできるんじゃないかなぁ…
って感じた人が多かったのでしょう!

あの有名人みたいに共感したり、
共有&拡散したりを、繰り返して
世界に広がった。

このソーシャルメディア時代のSIPS理論は、
これから有名になりたい

ヒットさせたいと思っている人達へ
勇気や爆発的なパワーを持っている。

そんな方達へ少しでもヒントになれば、
幸いです。

目次

1:SIPS理論とは
2:SIPS理論の分類
3:SIPS理論を使った事例
4:まとめ

1:SIPS理論とは

2011年1月時点に、

電通 コミュニケーション・デザイン・センター
サトナオ・オープン・ラボ
シニア・クリエーティブ・ディレクター
佐藤尚之 氏が提唱した、

「来るべきソーシャルメディア時代の
新しい生活者消費行動モデル概念」

として、

  • S(Sympathize : 共感する)
  • I(Identify : 確認する)
  • P(Participate : 参加する)
  • S(Share & Spread : 共有・拡散する)

頭文字をとってSIPS(シップス)と名付けられました。

SIPS理論

参考:dentsu(SIPS〜来るべきソーシャルメディア時代の新しい生活者消費行動モデル概念〜)

2:SIPS理論の分類

SIPS理論のそれぞれに
意味を解説していきます。

2-1:S(Sympathize : 共感する)

まずSIPS理論のSは、
「Sympathize」のS=共感するです。

マスメディア時代からインターネットが登場し、

*マスメディア=新聞・雑誌・ラジオ
・テレビに加えて屋外交通広告・チラシ・店頭媒体など)

そして、
ソーシャルメディアが生まれました。

マスメディアは一方通行の情報の流れに対し、
ソーシャルメディアは双方向の情報が流れる
仕組みになっており、それが「人と人とのつながり」
を維持できるネット上の共感できる場所となりました。

2-2:I(Identify : 確認する)

次にSIPS理論のIは、
「Identify」のI =確認するです。

インターネットが登場して、
どの情報が正しくて、どの情報が偽物なのか
本当に判りにくくなりました。

が、情報がたくさん入るとしても確認する方法は、
昔と変わらない状態です。

友人知人からの情報で嘘は少ないと思いますが、
あくまで意見と受け取ったり、マスメディアから
の情報を元に判断するとか、または専門家の意見を
聞いたりとかで確認します。

2-3:P(Participate : 参加する)

次にSIPS理論のPは、
「Participate」のP=参加するです。

共感→確認→参加に移るまでに、
私は時間をかけない方だったので、
よく嘘の情報に騙されましたが、

最近はちょっと待てよと学習するようになり、
確認するようになりました。

ただ、FacebookやTwitter、mixiなどの「イイネ」
は簡単に参加することが可能になり、
下記の図のような参加レベルがあります。

SIPS理論

2-4:S(Share & Spread : 共有・拡散する)

次にSIPS理論のSは、
「Share & Spread」のS= 共有・拡散するです。

SIPS理論

参考:PPAPへジャスティンビーバーのツィート

これが、あのツィートです。

もうあなたはすでにご存知だと思いますが、
あのPPAP(ピコ太郎)を一気に世界へ拡げた
ジャスティンビーバーのツィートです。

どのようにして、 広まっていったのか、
詳しいことは、次の事例でお伝えします。

3:SIPS理論を使った事例

では、PPAP(ピコ太郎)をもしかして知らない方が
いるかもしれませんので、参考までにこちらの
YouTube(ユーチューブ)をご覧ください!

この方がペンパイナッポーアッポーペンのピコ太郎さんです。

Sympathize : 共感する

まずはPPAPを音楽として、
ピコ太郎さんのプロデューサーである、
古坂大魔王さんがユーチューブに配信しました。

そして、音楽仲間がその楽曲に共感し
応援してくれるようになり、中高生に
少しづつ人気が出だして、

ある海外のサイト(9GAG)やTIME
という雑誌にも注目され始めました。

参考:古坂大魔王(ウィキペディア)

参考:9GAG

参考:TIME(雑誌)

Identify : 確認する

海外サイト(9GAG)やTIME(雑誌)に注目されると
ほぼ同時期に日本国内でもアイドル(NMB48)や
女子高生などに人気の盛り上がりを見せた。

このように、国内外で注目するほどの
人気の確認ができこの後にあの現象が起きました。

Participate : 参加する

あの現象とは、あのフォーチュンクッキー(AKB48)や
最近では恋ダンス(逃げるは恥だが役に立つ)テレビドラマ
のエンディングで踊っていたのを、やって見た動画で
参加する人が急激に増えました。

参考:【MV full】 恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式]

参考:【公式】「恋ダンス」日野+やっさん+ナツキ+柚ver &
第8話予告 1129火『逃げるは恥だが役に立つ TBS

Share & Spread : 共有・拡散する

そして、今までふつふつと湧いてきた人気が
あのジャスティンビーバーのツィートで、
一気に世界へ拡がりました。

そして2016年10月28日、記者会見がなされ、
『ペンパイナッポーアッポーペン』がギネス世界記録に
「全米ビルボードトップ100に入った世界最短曲」として
認定されたことが発表されました。

参考:ビルボード(ウィキペディア)

参考: billboard(全米ビルボード・チャート・100)

記者会見動画:[PPAP]ピコ太郎FCCJ会見(会見ノーカット)

4:まとめ

それでは、SIPS理論とは、

つまり
「仲間と創る人と人とのつながり」
と考えます。

PPAPに例えると、プロデューサーや
音楽仲間に支えられ、そして、ファンや
国内外のメディア

さらには、ジャスティンビーバーさん
のような有名人に支えられて、

このような、
「仲間と創る人と人とのつながり」
これからの人は参考にして、

まだまだ未知なる世界の扉を、
拓いて観て欲しいです。

では、あなたのこれからに
参考になれば幸いに思います♪

お読みいただきまして
本当にありがとうございました。

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。