リスティング広告とは?少ない予算で見込客を集める方法

リスティング広告とは

パソコンや携帯電話向けのインターネット広告は
今やテレビ、新聞についで第三の広告メディアです。

その中でも費用対効果が高く
比較的始めやすいとされているリスティング広告は
企業に限らず ウェブサイトを持っている方なら
自宅でいつでも、広告の掲載ができます。

2002年にGoogleアドワーズ、
2003年にYahoo!プロモーション広告が
日本でのサービスを開始しました。

たくさんのお客様にタイミングよく
広告を届けられるリスティング広告は
今や多くの企業や店舗が活用しています。

あなたの商品やサービスもリスティング広告を使って
売上を伸ばしてみませんか。

目次

1:リスティング広告とは
2:リスティング広告仕組み
3:リスティング広告の事例
4:リスティング広告やり方と運用方法
5:まとめ

1:リスティング広告とは

Googleを始めとする検索サイトの
検索結果に表示されるインターネット広告で

利用者が検索する際に
打ち込んだキーワードに関連する広告が
自動的に表示される仕組みになっています。

そのため、「検索連動型広告」
または「キーワード広告」と呼ばれています。

ユーザーが広告をクリックし
広告主のホームページに誘導された時点で
料金が発生する仕組みになっています。

さらに、専用の管理画面より

  • いつクリックされたか
  • 何回クリックされたか
  • クリックした人が商品を購入したか

などの情報を知ることができます。

リスティング広告での見込み客は
自分の興味のあることを検索してくるので
商品やサービスに関心の高い
購入に繋がるお客様であることが多いのです。

しかも、広告は
いつでも自分の都合で
掲載を止めることができます。

料金の上限を設定することもできます。

設定した料金に達した時点で
自動的に掲載を止め
予算超過を防ぐことができます。

多くのネット広告は
広告文をすぐには変更できないのに対し

リスティング広告はユーザーの反応を見ながら
いつでもより効果の高い広告文に変更でき
すぐに反映されます。

2:リスティング広告仕組み

クリック数で広告の料金が決まるシステムです。

リスティング広告を利用する場合は
キーワード料金を支払い登録します。

広告料金の設定は入札形式で行われ
入札価格と広告の品質(良い情報の提供)
でランク付けされ利用者が検索した時に、

登録したキーワードに合致すると
検索結果の上位ランク順に広告が表示されます。

リスティング広告はその表示された広告が
クリックされることにより料金が発生します。

3:リスティング広告の事例

3-1:ターゲットを絞る

リスティング広告は必要とされているお客様に
ピンポイントで広告を出せることが最大の特徴です。

それにはターゲットを絞ることが重要になります。

キーワード、広告文でターゲットを絞ります。

例えば
「ワンピース」 ではキーワード範囲が広すぎで
コンバージョン率(獲得出来る最終的な成果)が下がります。

「春」「30才」「ワンピース」と絞っていくことにより

春の落ち着いたワンピースを求めているお客様に
ピンポイントで届くので
結果的に精度が上がりコンバージョン率も上がるのです。

3-2:独自の強みをアピール

独自の強みを積極的にアピールしていくことが重要です。

リスティング広告は常に比較されることが特徴です。
価格、品質など独自の強みがないと
比較検討で負けるため 強みを広告でアピールしましょう。

「自ら縫製しているからこそ実現出来る高品質と低価格」
「日本人の体型に合ったデザイン」などです。

広告文に検索キーワードを入れることや
広告文をクリックした時の移動先もトップページではなく
販売しているページ内にURLを設定するなど

細やかな設定をすることにより
効果に繋がりやすくなります。

3-3:ランディングページの改善

ランディングページ
(広告をクリックしたユーザーに表示されるページ)
の改善で効果のアップが見込まれます。

リスティング広告は最適なランディングページを
作成することで成果を得られます。

そのために、

  • 商品の特徴を徹底的に調べる
  • 第三者の意見を必ず聞く
  • 競合を徹底的に分析
  • 過去の「売れたキーワード」を分析して
    ランディングページに反映させる
  • 過去のGoogleのアナリティクス(アクセス解析ツール)
    の管理画面などで良いキーワードを活かしていく

などが重要です。

4:リスティング広告やり方と運用方法

リスティング広告を始めるにはまず
アカウントの登録が必要です。

Yahoo!の場合
Yahoo!ビジネスIDを取得

IDからYahooプロモーション広告の
広告管理ツールより手続きを行います。

Googleの場合
Googleアドワーズから
メールアドレスとパスワードで
アカウントの登録を行います。

リスティング広告のアカウントは

  1. キャンペーン(広告予算、掲載先を設定)
  2. 広告グループ(同じテーマ、キーワードをまとめたもの)
  3. 広告
  4. キーワード

の4つからできています。

リスティング広告は、広告を入稿(登録する作業)
すれば終了ではなく、効果により
入稿し直すことができます。

リスティング広告のアカウント構成
アカウント構成の良し悪しでその後の
運用管理のしやすさや費用対効果に影響が出ます。

4-1:キャンペーン作成

日予算、曜日、時間帯、地域、デバイス
(機器、装置、パーツ)毎の入札の設定ができます。

キーワードごとに設定する場合は
キャンペーンを細かく分ける必要があります。

4-2:広告グループ

お客様に見て頂ける広告は最も重要な部分といえます。
商品に合わせて広告文も変えていく必要があり、
商品ページが広告グループになります。

4-3:広告文

キーワードからリンク先URLに導く
とても重要な部分です。

キーワードを検索され訪れるお客様の
ニーズに合わせた広告を作成しましょう。

4-4:キーワード作成

どのようなキーワードを検索した場合に
あなたのページに来られ、成果を得られるかを
考えてキーワードを作成しましょう。

キーワード作成のお助けツール
「Googleキーワードプランナー」
「Yahoo!キーワードアドバイスツール」
などを活用するのもいいでしょう。

Yahoo!の入稿(登録する作業)
Yahoo!の入稿は管理画面よりテンプレートに沿って
ファイルを作成することができます。

4-5:Googleの入稿

Googleの入稿はアドワーズ エディターと言う
ツールより入稿します。

入稿内容のルールが定められていて
度々変更されるため 確認が必要です。

入稿する時、予算の設定も必要になります。

4-6:予算

・媒体申請予算(Yahoo!)
1ヶ月の予算額が決まっている場合

・キャンペーン予算
キャンペーンで1日あたりいくら費用が
かかるか目安の予算

運用が始まって一番の不安要素は予算管理です。
Yahoo!なら媒体申請予算を設定する、
Googleなら共有予算を活用して超過を防ぐといいでしょう。

4-7:審査

広告が掲載されるには審査に通らなければなりません。

あらかじめ設定されているガイドラインに
沿っているかが判断されます。

リスティング広告の周囲は常に変化しています。
そのため情報の収集がとても重要になります。

便利サイトを定期的に
チェックすることをおすすめします。

リスティング広告はクリック単価と
品質スコアとの掛け算で順位が決まる仕組みです。

品質スコアを上げるためには

  • 広告のクリック率を上げる
  • キーワードとサイトの関連性を向上させること

が重要です。

除外キーワードの設定
(重要なキーワードだけにターゲットを絞り込む)

やマッチタイプの使い分け

  • 完全一致
  • フレーズ一致
  • 絞り込み部分一致
  • 部分一致

はアカウントのクリック率やクリック単価の改善に
欠かせない重要な要素です。

また、運用だけの視点では限界があります。

4-8:サイトの改善にも目を向けましょう。

最近ではスマートフォンからのアクセスも
多くなってきているので
スマートフォン向け、スマートフォン専用サイト
の設置も考えましょう。

リスティング広告が集客なら
接客がサイトという考えです。

リスティング広告のやり方、
運用方法を述べてきましたが
代理店に委託するのもいいでしょう。

しかし、代理店に委託する場合も
リスティング広告の仕組みを
理解していることで
丸投げを防ぐことになります。

5:まとめ

あなたがリスティング広告を
出そうと思った目的は何ですか?

お店、会社の名前の知名度を
上げることですか?

あなたの商品やサービスを
たくさんの人に知ってもらうことですか?
問い合わせ数を増やすことですか?

あなたのリスティング広告の目的をはっきりさせて
その目的に合った広告の効果を考えましょう。

あなたのお客様は男性ですか?
それとも女性でしょうか?

年齢はいくつくらいで
仕事は何をしている人でしょう。

そのお客様の家族構成、興味のあること、
悩みは何でしょう。

そしてあなたの商品やサービスは
どういうお客様に必要とされているのでしょうか?

お客様の立場に立って深く掘り下げることにより
広告の表現もおのずと決まってきます。

しかし、あまり色々と考え込まないで
まずはリスティング広告を始めてみましょう。

リスティング広告は何度でもやり直しが
できますから、まずは思い切ってトライしてみましょう。
始めることにより見えてくることがあるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!