フットインザドアとは?5分で分かる!3つの事例と2つの対処法

フットインザドアとは

「フットインザドア」という言葉を知っていますか?

ビジネス・恋愛・人間関係など
あらゆる場面で役に立つ
人間心理を利用したテクニックです。

気づかぬうちに使っている人も多い
このテクニックですが、

  • フットインザドアとはどんなものか?
  • フットインザドアの実例
  • フットインザドアを効果的に使うコツ

などを理解すれば、

あなたの人生の大事な場面で
相手から望む反応を引き出せる可能性が
グンと上がります!

さらに今回は
逆に相手からフットインザドアを
仕掛けられたときはどうしたらいいのか?

この対処法についてもご紹介します!

目次

1:フットインザドアとは?
2.フットインザドア3つの事例
3.フットインザドアをより効果的に使う3つのコツ
4.フットインザドアを仕掛けられた!?回避するための2つの裏技
5.まとめ

1.フットインザドアとは?

「フットインザドア」とは、
段階的要請法とも呼ばれ、

依頼や交渉・商品やサービスの営業などで
用いられる人間の心理を利用した
テクニックです。

頼みにくいお願いや交渉を
いきなり持ちかけると警戒されてしまうため、

「話だけでも聞いてください」
「無料のプレゼンだけでももらってください」など、

相手が受け入れやすい要求から始め、
どんどん真の要求へとステップアップしていく
セールステクニックのことです。

人間は基本的に

  • 頼まれたことはなるべく断りたくないという心理
  • 一度引き受けたら途中で断りにくくなる一貫性の原理

などを持っていることを利用したテクニックです。

フットインザドアという名称は、
セールスマンが訪問先で
ドアに片足を突っ込んで
追い返しにくくする動作が由来です。

ビジネスや営業の場面ではもちろんですが、
プライベートなお願いや恋愛でも
役立つテクニックです。

2.フットインザドア3つの事例

知らないうちに意外と使っていることもある
フットインザドアテクニック

その事例をまとめてみました。

2-1.アパレルショップにて

おシャレな服を売っている
アパレルショップにてありがちな出来事

なんとなく服を探していると、
店員さんがやってきて、

  • 「なにかお探しですか?
    お手伝いいたしましょうか?」
  • 「一度試着してみませんか?」
  • 「すごくお似合いですよ!
    いまだけ30%OFFの商品なんです。
    良かったらお買い求めされませんか?」

などと案内されたことはありませんか?

手伝ってもらった上に試着までしてしまうと、
なんとなく断りにくくなってしまいますよね。

これは立派なフットインザドアテクニックです。

2-2.好きな人をデートに誘いたい

いきなり好きな人をデートに誘っても
断れる可能性が大ですよね。

こんなときにも
フットインザドアは効果を発揮します。

  • 「ちょっと仕事の大事な話があるんだけど、ご飯食べながら話さない?」
  • 「高いワインを買ったんだけどウチに飲みにこない?」

二人きりになってしまえば、
その後につながる可能性も
格段に高くなりますよね。

相手の罪悪感を軽くしてあげる面でも
有効なテクニックと言えるでしょう。

2-3.久しぶりに会う友人を勧誘したい

こんな経験はありませんか?

学校を卒業して
全然連絡をとっていなかった友人から
突然のお誘い。

「久しぶりだね。今度飲みに行かない?」

昔話に華が咲き
ほどよく酔いが回ったころに切り出されるのが…

「大事な話があるんだけど聞いてくれる?」

という一言。

内容としては、

  • 借金のお願い
  • ちょっと怪しげな勧誘
  • 保険のセールス

などが定番でしょうか。

「せっかく会ったのにそんな話か…」
と、あなたは思うかもしれませんが、

相手は最初からこういったお願いが目的で
フットインザドアテクニックを使っているんですね。

3.フットインザドアをより効果的に使う3つのコツ

3-1.お願いは徐々に大きなものに

本当のお願いと前段階のお願いに
あまりにも大きな差があると

受け入れてもらえる確率が
低くなってしまいます。

例えば、叶えたいゴールが
100万円の商品を買って欲しいだった場合、

  1. まずは数百円のお試しセットを提供
  2. 直後に100万円の商品をセールス

こんな流れでは誰も100万円の商品なんて
買ってくれませんよね?

間に100万円の商品ほどではないが、
良質な数万円の商品などを挟めば、

満足したお客様が
さらに凄いであろう100万円の商品を
購入してくれる可能性も高くなるはずです。

「階段を飛ばすことなく、一段ずつ着実に」
これがフットインザドアの基本です。

3-2.報酬を与えない

フットインザドアでやりがちなミスが
「報酬を与えてしまう」ことです。

例えば、

  • 残業してくれたら飲みに連れて行ってあげる
  • 宿題できたらおもちゃを買ってあげる

などと報酬をチラつかせて

相手に自分の要求を叶えてもらう行為です。

これはフットインザドアの力ではなく、
報酬(ご褒美)に釣られただけですので、

次回も報酬がないと
要求を聞き入れてもらえなくなります。
(相手がやりたくないことは特に、ですね。)

報酬(ご褒美)をあげること自体は悪くありませんが、
最初からチラつかせるのではなく、
「やってくれてありがとう。お礼にどうぞ!」
というやり方のほうがお互いにとっても良いはずです。

3-3.効かない相手を見極める

当然の話ですが、
このテクニックが通用しにくい相手もいます。

例えば、

  • 我が強く、自分の意志をしっかり持っている人
  • このテクニックのことを知っている人

などです。

効かない相手に
テクニックを使い続けることは

余計な不信感を招き、
逆効果でしかありません。

このテクニックを使う時には
相手の反応を注意深く
伺うように気をつけましょう。

4.フットインザドアを仕掛けられた!?回避するための2つの裏技

人間心理を利用したフットインザドアですが、
逆に相手からこのテクニックを使われて、

  • 望まない契約をさせられそうになった
  • 高額な商品を買わされそうになった

というような経験はありませんか?

そこでこのフットインザドアを
破るための2つの方法もご紹介します。

4-1.軽い要求をシャットアウトする

フットインザドアを成功させるには
まず軽い要求を受け入れてもらうことが
必要になります。

つまり、裏を返せば
フットインザドアに引っかからないためには

「スタート段階である軽い要求を受け入れない」

ということでもありますね。

例えば、

  • お話だけでも聞いてもらえませんか?
  • 無料期間だけでも登録してもらえませんか?
  • 試しに味見してみませんか?

などの要求です。

「それくらいならいっか」

と軽く受け入れた段階で

フットインザドアの手法に
飲まれつつあるかもしれないことを
意識しておきましょう。

4-2.断る理由をいちいち言わない

軽い要求を受け入れないとはいえ、
気づいたらフットインザドアを
仕掛けられていた!

というケースもあることでしょう。

なんとなく断りづらくなってしまったけど、
断らなければならない。

こんな時にやってはいけないのが、
「断る理由をいちいち言ってしまう」
ことです。

  • 私にはできないと思うし…
  • 今、給料日前でお金がないから…
  • そもそもあまり興味がなくて…

フット・イン・ザ・ドアを使ってくる相手は
断り文句に対する返しも
あらかじめシュミレートしているもので、

  • 小学生でもできるほど簡単だから大丈夫ですよ!
  • 月々○円の分割でも可能です!
  • 興味がなくても家族や将来のためには大切なことですよ!

など、断る理由を潰されて

余計に断りにくい状況を
作り出されてしまいます。

こんな墓穴を掘らないために有効なのが、
この一言。

「何となく嫌なのでお断りします」

「何となく」というところがポイントで、
こんな言い方をされれば
相手は断る理由を潰すことができません。

しつこいセールスや頼み事をされた時は
是非、試してみてください。

またフット・イン・ザ・ドアと合わせて
下記2つの心理テクニックを知っておくと
あなたの人生に役立つ思います。

ドアインザフェイスとは?要求を確実に成功させる心理テクニック!
ビジネスでの交渉や、異性とのデートの約束など、どうしても通したい要求は誰しも持っているでしょう。ドアインザフェイスという人間心理を利用したテクニックを使うこ...
ローボールテクニックとは?身を守り仕事に役立つ心理学のテクニック
行動心理学で証明されている「一貫性の原理」と「返報性の原理」を使ったテクニック3種、 「ローボールテクニック」 「フット・イン・ザ・ドア」 「ドア・イン・ザ・...

5.まとめ

最後に記事の内容をまとめておきます。

・フットインザドアとは軽い要求から始め、
真の要求へと徐々にステップアップしていくテクニック

・セールスマンが訪問先でドアに片足を突っ込んで
追い返しにくくする動作が由来

・フットインザドアを使う3つのコツ

  1. 「お願いは徐々に大きなものに」
  2. 「報酬を与えない」
  3. 「効かない相手を見極める」

・逆にフットインザドアを仕掛けられたら

  1. 「軽い要求をシャットアウトする」
  2. 「断る理由をいちいち言わない」

ビジネス、恋愛、人間関係と
あらゆることに効果的な
フットインザドアテクニックですが、

多用・悪用することで
一番大事な「信頼」を失う可能性も
あることを理解しておく必要があります。

自分の要求を叶えながら、
相手のためにもつながる
真のwin-winを目指していきましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!