コンサルタントとは?仕事内容・年収・業界・顧客獲得の仕方

コンサルタントとは

あなたは「コンサルタント」という職業に
どのようなイメージをお持ちでしょうか。

  • 知的生産能力が高い
  • 高収入
  • 胡散臭い
  • 口先だけはうまい

様々なイメージをお持ちだと思います。

何をやっているのか、なんとなくわかるようで、
その実態に疑問・興味を持っている人も
少なくないのではないでしょうか。

本記事では、
コンサルタントの仕事内容、年収、業界、
仕事の獲得の仕方、就職・転職までの道のりなど、

コンサルタントという職業に関して、
様々な角度から解説しております。

目次

 

1:コンサルタントとは
2:コンサルタントってどんな仕事
3:コンサルタントの年収
4:コンサルタントの業界について
5:コンサルタントの契約は難しい?
6:コンサルタント会社と就職について
7:コンサルタントにとって顧客の悩みを解決する専門家
8:まとめ

1:コンサルタントとは

『大辞林 第三版』の解説によると
コンサルタントとは、

「ある分野についての経験や知識をもち、
顧客の相談にのって、指導や助言を行う専門家。
特に、企業の経営・管理術などについて、
指導や助言をする専門家。「経営-」」

とあります。

ひとえにコンサルタントといっても
専門分野によって

  • 経営コンサルタント
  • ITコンサルタント
  • マーケティングコンサルタント
  • 起業コンサルタント
  • キャリアコンサルタント

など

様々な種類のコンサルタントが存在します。

コンサルタントの種類は多種多様であり、
仕事内容を一概に語ることはできませんが、

「顧客の相談にのって、
指導や助言を行う専門家」
であることには違いありません。

2:コンサルタントってどんな仕事

ここでは、具体的に
イメージがつきやすいように
経営系のコンサルタントに絞って
仕事内容を紹介していきます。

経営コンサルタントの仕事は、
経営課題を抱える企業などから
依頼を受けるところから始まります。

まず、どのような課題を感じているのか
ヒアリングを行います。

ヒアリングに基づき、問題点を調査・分析を
行い原因を追求していきます。

その原因に対する解決策を見つけ、
依頼企業と共有していきます。

依頼企業が解決できない経営課題と
対峙していくため、専門知識に加え、
仕事の各フェーズで

  • ヒアリングスキル
  • 調査・分析スキル
  • 論理的思考力
  • プレゼンテーション力

などが高いレベルで求められる
仕事となります。

また、顧客が大手企業や
解決に向けた専門分野が多岐にわたる場合は、
各専門分野のコンサルタントが集まり、
プロジェクトチームを作るケースもあります。

プロジェクトチームとして
ヒアリング〜調査・分析〜原因追求〜解決策の提案
まで行っていきます。

3:コンサルタントの年収

多種多様なコンサルタントがおりますので、
コンサルタントの年収も非常に幅があります。

外資系コンサルティング会社のコンサルタントや
独立して成功したコンサルタントの中には
2000万円~3000万年の年収を手にしている
トップコンサルタントもおります。

一方、独立したものの全く仕事を
獲得することができなければ、
年収はゼロということになります。

一概に語ることが難しい
コンサルタントの年収ですが、
ここでは人材会社の調査データより
コンサルタントの年収を見ていきます。

転職サイトのDODAによると

•平均年収
25〜29歳:499万円(全体平均比+102万円)
30〜34歳:654万円(全体平均比+192万円)
35〜39歳:734万円(全体平均比+208万円)

となっており、求められるスキルが高く
仕事がハードな分、全体平均より年収は高額の傾向にあります。

出典:「DODA」

4:コンサルタントの業界について

様々なコンサルタントがおりますが、
ここでは、コンサルタントを雇用している
コンサルティング会社の業界について
紹介していきます。

コンサルティング業界の推定市場規模は、
近年拡大しております。

業界動向SEARCH.comによると
約3,700億円の市場規模となっております。

  • 業界規模:3,782億円
  • 経常利益計:434億円
  • 売上高純利益率:+5.7%
  • 過去5年の伸び率:+4.9%
  • 総資産額:3,387億円
  • 労働者数:8,270人
  • 平均年齢:34.2歳
  • 平均勤続年数:5.5年

出典:「業界動向SEARCH.com」

アメリカの市場規模が約10兆円と
言われており、日本国内の市場は、
伸びしろがあると見ることができます。

5:コンサルタントの契約は難しい?

先生と呼ばれることも多い
コンサルタントは、

自分自身で自分を売り込むのが、
難しい職業であります。

それは自分が売り込みをされたときの
ことを考えれば分かります。

先生業である、
弁護士や医師が積極的に売り込みを
かけてきたら余計に怪しいですよね。

そのため、コンサルタント企業では、
営業担当者が獲得した仕事をコンサルタントが
実施するという形が一般的です。

一方、独立しているコンサルタントは、
自身で仕事を獲得していく必要があります。

一般的には、
自身の専門性を発信することで、
集客を行います。

コンサルタントのもつ知識や経験をもとに
見込み客の課題に
対する解決策を教えてあげるのです。

情報発信の方法は、
以下のような方法が考えられます。

  1. メールマガジンを発行する
  2. ホームページやブログを作り、そこで発信する
  3. Youtubeに動画をアップロードする
  4. 雑誌や学会誌などに寄稿する
  5. (電子)書籍を執筆する
  6. 小冊子を作り、配布する
  7. セミナー/講演会を開催する
  8. 公共団体、各種団体の講座の講師を務める
  9. 無料相談会を開催する

など

このような情報発信活動を通して、
興味をもった方、
もっと詳しく知りたい方、
個別のアドバイスが欲しい方を集めていきます。

そして、その方々に対して
コンサルティングサービスの
説明を行い契約を獲得していくことになります。

6:コンサルタント会社と就職について

コンサルティング会社は
成り立ちや得意とする領域により
以下の5つに大別することが可能です。

  1. 総合系(旧会計系):
    アビームコンサルティング、アクセンチュアなど
  2. 戦略系:
    ボストンコンサルティンググループなど
  3. シンクタンク系:
    三菱UFJ リサーチ&コンサルティングなど
  4. 組織人事系:
    リクルートマネジメントソリューションズなど
  5. IT 系:
    NTTデータ、日本オラクルなど

コンサルタント会社への就職、転職の
特徴としては、選考の過程では、

論理的思考力を測るための
ケーススタディや筆記試験などが
ある可能性が非常に高いです。

コンサルタント会社への就職を
考えられている方は、

あらかじめフェルミ推定の問題などを
解くなど対策されることをお勧めします。

※フェルミ推定:
特定できない数や調査することが難しい数などを
論理的に推論し概算すること
(問題例)日本にピアノの先生は何人いますか?

7:コンサルタントにとって顧客の悩みを解決する専門家

コンサルタントは顧客の悩みを解決する
専門家であります。

しかしながら顧客の抱える悩みを
解決するために複数の専門分野が必要と
なってくるケースも少なくありません。

そのようなケースに対応できるようにするために、
コンサルタントは自身の顧客が抱える悩みを
解決できる他のコンサルタント(専門家)との
ネットワークを普段から築いておく必要があります。

自身の専門分野に関する知識を深めつつも、
他の専門分野を持つコンサルタントの方々と
ネットワークを構築する力も
コンサルタントには求められています。

8:まとめ

コンサルタントという職業を名乗るのに
必要な公的資格などないため、
名乗りさえすればコンサルタントに
なることができてしまいす。

そのため、様々なところで
「●●コンサルタント」という
肩書きが使われています。

しかしながら辞書の定義にもあったように

「顧客の相談にのって、
指導や助言を行う専門家」

であることには変わりありません。

そのためには顧客から
相談をしたいと思われるだけの
専門知識や経験が必要になってきます。

一人前のコンサルタントであるかどうかは、
ご自身で名乗るのかどうかではなく、

顧客がコンサルタントとして
認めてくれるかどうかで
決まるのかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!