ブランディングとは?共感・信頼・認知度を高める3つのポイント

ブランディングとは

最近、ブランディングという言葉
をよく耳にしませんか?

インターネットの発達で、誰もが
情報発信を容易に出来る時代に
なりました。

その中で、

いかに他の人との違いを出していくか?

という、

差別化戦略=ブランディング

の重要性が認識されるように
なってきました。

ここでは、ブランディング
を構築するために有効な情報を
お伝えしていきたいと思います。

目次

1:ブランディングとは?
2:ブランディング作りのポイント1:コンセプト
3:ブランディング作りのポイント2:ターゲティング
4:ブランディング作りのポイント3:ポジショニング
5:ブランディングを行う上で必要な3つの要素
6:ブランドの評価と資産価値
7:まとめ

1: ブランディングとは?

最近、カリスマブロガー・Youtuber
等が注目を集めています。

では、なぜその人達は
カリスマになれたのでしょうか?

その人達は

自分自身をブランド化する=ブランディング

をきちんと行い、その他大勢の人と差別化
することで、自分自身を最大限に認知して
もらうことに成功したからなのです。

それでは、これから効果的な
ブランディング構築の方法をお伝えして
いきましょう。

また、関連記事として
こちらの記事も併せてお読み頂くと、よりブランディング
について理解を深めてもらえるかと思います
ので、こちらもぜひご覧下さい。

セルフブランディングとは?お笑い芸人に見る必勝ブランド構築法 
今や人工知能の開発等大規模な社会構造の変換が起こっており、5年後の未来もはっきり予測出来ない時代となりました。今までは、所属する会社や学校等の組織の持つイメー...

1-1:ブランドとは生き様だ!

そもそもブランド
とは、何なのでしょうか?

私は、ブランドとは、

生き様

だと考えています。

いわゆるカリスマという人たちは、
自分の生き方を自分自身で決めて、
徹底して貫いている人だとは思い
ませんか?

その生き方が多くの人の支持や
共感を呼び、気付けば自分自身が
ブランドとして世間に認知される。

これこそが理想的なブランディング
ですよね。

それでは、そのために取り組むべき
ことを具体的な人物を例に上げてお話
していきましょう。

1-2:自分自身のブランディングに成功している人とは?

自分自身をブランド化している人
といえば、誰が思い浮かびますか?

最近で言えば、50歳14日という
プロサッカー選手として世界最高齢での
ゴールを記憶して話題となった

キングカズこと三浦知良選手
※以下、カズ選手と略

を思い浮かべた人も多いかと思います。

サッカーという世界で一番人気がある
スポーツの中で、プロ選手として活躍して
いくためには、とてつもない生存競争に
勝ち抜いていかなくてはなりません。

そのためには、

「これだけは絶対に誰にも負けない!」

という自分の得意技を持ち、
それを徹底的に伸ばしていくことが
必要になります。

カズ選手でいえば、華麗なフェイント
や、ずば抜けた得点力が挙げられるかと
思います。

ただ、それだけでは
カリスマ的な人気

すなわち

カズというブランドを確立する

ためには、不十分なのです。

1-3:ブランドを構築するのに必要なこととは?

プロ選手として長く活動していく
には、実力はもちろんのこと

多くのファンに愛される=人気

を獲得することが不可欠になります。

では、人気を獲得するのに
大切なことは何なのでしょうか?

一番大切なのは、その他大勢の
プロサッカー選手との

違い=差別化

を生み出していくことです。

そしてこの違い=差別化
が明確であればあるほど自分の存在
が際立って行きます。

カズ選手でいえば、徹底した自己管理や
おしゃれなファッション等

誰の目から見てもはっきりと分かる
違いが出ていますよね?

この違いが明確になればなるほど、
それを支持する

自分の信者=ファン

が現れて来ます。

そして、ファンの数が多くなっていけば
いく程、自分というブランドが確立して
いくのです。

この流れを、

ブランディング

といいます。

つまり、ブランディングによって、
自分自身が

ブランド

として確立していくのです。

2:ブランディング作りのポイント1:コンセプト

ブランディングを行う際には、

「誰に・何を・どのように伝えていくのか?」

という、コンセプトを明確にしておくことが
とても大切になります。

2-1:まず、なりたい自分をはっきりさせる

そのためにまず取り組むべきことが
あります。

それは、

自分の理想の姿を創造する

ことです。

まずは、紙とペンを用意して、次の言葉を
大きく書き出してみて下さい。

私は100%なりたい人間になる!

そうです。まず先になりたい自分を
決めてしまうことが大切なのです!

こうすることで、ブランディング
をする上での軸をしっかりと固定
出来るようになります。

2-2:ブレインダンプをやってみよう!

それでは、なりたい自分の理想像について
思いつくことをどんどん紙に書いて
行きましょう。頭で考えるのではなくて
ただひたすら手を動かして下さい。

これは、

ブレインダンプ

と言われる手法で、脳の大掃除をする
ことで、考えていることが整理され
本当にやりたいことを明確にするのに
非常に効果のある方法と言われています。

5分間等制限時間を決めて、ひたすら
思いついたことを紙に書き出して
いきましょう。

2-3:自分のキャラクターを決めよう!

どうですか、なりたい自分の姿は
見えてきましたか?

それが見えてきたら、次は思い切って

「自分は特別な存在だ!」

と決めてしまいましょう。

決めることで、具体的に行動すべき
ことが分かってくるようになっていきます。

2-4:まずは目指すキャラクターを演じよう!

ただ、自分が目指すキャラクターが
出来上がっても現実とのギャップを感じる
ことも多々あるかと思います。

そんな時は、自分の理想像だったら、
どうするのか?を意識して行動して
みましょう。

そうすれば、目指すキャラクターと自分が
次第に合致するようになって行きますよ。

3:ブランディング作りのポイント2:ターゲッティング

次に自分を認知してもらうために
コンセプトの

「誰に」

の部分を設定していきましょう。

この設定のことを、
ターゲッティングといいます。

3-1:ターゲッティングで陥りやすいワナ

まず、ターゲッティングを行う際に
多くの人が陥りやすいワナについて
お話します。

それは、

誰からでも愛されるキャラクター

を設定しようとしてしまうことです。

確かに誰からでも愛されるキャラクター
ってすごく魅力的ですよね?

でも、誰からでも愛されるキャラクター
って、あまりにも漠然としていて逆に
よく分からないと思いませんか?

ターゲッティングで一番大切なのは、

どんな人に自分を認知してもらうのか

を出来る限り詳しく設定していく事
なのです。

3-2:理想の顧客像「ペルソナ」を設定しよう!

自分というキャラクターをどんな人に
提供すれば、お互いにメリットがあり、
喜んでもらえるかという理想の顧客像を

ペルソナ

と言います。

ペルソナを想定することで、目指す
キャラクター像が明確になり、
ブランディングがスムーズに行える
ようになって行きます。

4:ブランディング作りのポイント3:ポジショニング

コンセプトの「何を」「どのように」
の部分を決める時にとても大切なことが
あります。

それが

最適な自分の立ち位置=ポジショニング

を決めるということです。

そのためには、現状を分析することが
とても大切になってきます。

その分析法としておススメなのが

SWOT分析です。

SWOT分析については
こちらの記事をご参考下さい。

SWOT分析とは?目標を達成出来る4つの分類シートの使い方
目標達成のためには、まず「目標を紙に書こう!」ということを、聞いたことがある方は多いと思います。しかし、ただ自分の考えた事をそのまま書き出し実行するだけでは...

ポジショニングの決定はブランド構築の
土台となる部分なので、しっかり分析を
進めていくようにしましょう。

5:ブランディングを行う上で必要な3つの要素

次にあげる3つの要素を意識して行動すると、
更に加速度的にブランドの認知度を高めて
行けるようになります。

ここでは、具体例としてカリスマブランド
としての地位を確立しているアップルを
例にお話を進めていきます。

5-1:まず、世の中に存在しない新しいものをつくることを意識しよう!

アップルといえば、すぐにiPhone
をイメージする人も多いでしょう。

iPhone は2007年に初代モデルが発売
されたのですが、その14年も前にアップル
はニュートンというiPhoneの原型を
開発し販売していたのです。

ただ、この端末は残念ながらヒット作とは
なりませんでした。

そこでアップルは、時間をかけて修正点を
徹底的に洗い出し、携帯電話機能や
音楽プレーヤーという付加価値を付け加えて

iPhoneという全く新しい商品を
生み出したのです。

5-2:今後伸びていきそうな市場をいち早く認識し開拓者になろう!

パソコンと携帯電話という成長市場を
統合したiPhoneという新しい商品を
生み出したことで、

アップルは、スマートフォンの開拓者
としての地位を確立したのです。

5-3:常にある市場の中で、独自性を築き特定層からの支持を得よう!

実は、iPhoneが世界初のスマートフォン
ではないってご存知でしたか?

IBMやNOKIAがすでにスマートフォンの
原型となる商品を開発販売していました。

ただ、操作性やデザインの問題等で
世の中になかなか広まって
行きませんでした。

そこでアップルは、タッチパネル等の
斬新なアイデアやシャープなデザイン
で、流行に敏感な若い世代から絶大な
支持を得ることに成功したのです。

6:ブランドの評価と資産価値

では、アップルはiPhoneで
どのような評価と資産価値を
得たのでしょうか?

6-1:ロイヤリティ 

消費者のブランドに対する忠誠心と
考えてください。

iPhoneの新商品が発売される度に
お店の前には購入希望者の大行列が出来、
社会現象化していますよね。

6-2:ブランド認知

ブランドや商品の名前が認知され、
親しみやイメージを持たれること
を言います。

アップルは2015年には世界で最も
価値のある企業に選ばれました。

参照元:HOTNEWS

6-3:知覚品質

顧客の思うブランドの品質
のことをいいます。

iPhoneは、アップルの商品だから
ただそれだけの理由で購入する人も
多いですよね。

6-4:ブランド連想

顧客がブランドに対して心に抱いた
イメージのことをいいます。

アップルといえば、時代の最先端を行く、
洗練された最高にクールなイメージが
定着していますよね。

7:まとめ

ブランドを構築することが
どれだけ重要な資産になるかという
ことがお分かり頂けたかと思います。

そしてブランディングが確立すれば、信頼感
・満足感・熱烈なファンというお金では
買えない資産が確実に増えていくのです。

ぜひ、これらを意識したブランディングを
行っていきましょう。

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!