ブルーオーシャンとは?オンリーワン市場を作るための戦略基礎知識

ブルーオーシャンとは

近年、数々の企業が
メディアを通して
「ブルーオーシャン戦略」
を実施することによって、

業績が良くなったことなど
紹介されることを
見ることがあります。

あなたも、

  • 薄利多売体質を改善したい
  • 売上を伸ばしたい

等考えて

多くの情報を調べ、
ブルーオーシャンに夢を見て
この記事に来ているのでしょうが、

そんなあなたが、
「ブルーオーシャン=楽に利益を稼げる市場」
と考えを持っているとしたなら、

それは勘違いだということを
最初にお伝えしておきます。

では、本当のブルーオーシャンとは
何なのか、どう作っていくのか
存在するのかを中小企業、
個人業に向けて記述していきます。

目次

1:ブルーオーシャンとは?
2:ブルーオーシャンとレッドオーシャンの違い
3:ブルーオーシャンの作り方
4:ブルーオーシャン戦略(企業実例)
5:ブルーオーシャン戦略とマーケティング戦略の両方を学ぶ
6:まとめ

1:ブルーオーシャンとは?

ブルーオーシャンとは
INSEAD(欧州経営大学院)教授の
W・チャン・キム とレネ・モボルニュ
によって2005年に発表された

「ブルーオーシャン戦略」
というビジネス書の中で
提唱されている経営戦略論です。

内容を簡単に表現すると、
「競争相手のいない未開拓市場」を作る
ことです。

その著書の中では、
ブルーオーシャンを
作るために必要なことを

「バリューイノベーション」(価値革新)
として企業や、顧客に対しての

  • 価値を向上させること
  • その線引きを変えること
  • コストを抑えること

が重要とされています。
そして、冒頭に記述したように、
労力が少なく実現するものでは無く、

多くの情報を整理し、
その中から、
自社のブルーオーシャンを
作り上げることになります。

参考元:ウィキペディア

では、ブルーオーシャンを
より理解するために、
「レッドオーシャン」
について理解しましょう。

2:ブルーオーシャンとレッドオーシャンの違い

ブルーオーシャンと
対比して提唱されているのが
「レッドオーシャン」です。

ブルーオーシャンは、
「競争の無い新規開拓市場」
を青い海と表現しますが、

対して、レッドオーシャンは、
「血みどろの既存市場」として、
競合他社との競争のある市場のことを
赤い海としています。

3:ブルーオーシャンの作り方

では、そのブルーオーシャンの作り方を
見つけ方と、戦略に分けて説明します。

3-1:ブルーオーシャンを見つける6項目

まずは、既存市場の領域とは
違う部分に目を向けることが必要です。
以下の6項目で確認しましょう。

3-1-1:代替業界に学ぶ

異なる業界で、
同じ目的の商品(サービス)を探し、
その業界の商品を購入する
顧客の判断基準を考える。

3-1-2:業界内の他の戦略から学ぶ

顧客が競合に移っている場合、
何がその決め手になっているのかを考える。

3-1-3:新たな顧客層を見る

現状の市場の顧客層で良いかを、
再度問い直す。
違う顧客層を検討する。

3-1-4:補完財、補完サービスを見渡す

業界の枠組みを超えて、
補完財や補完サービスを見渡す。

3-1-5:機能と感情を転換する

自社商品(サービス)の
現在の市場に顧客に対する
アピールポイントを

  • 感情で訴える商品
  • 機能性で訴える商品

どちらで訴えているかを、
転換することで既存外の
市場が見えてくる。

3-1-6:未来を想像する

外部環境からの影響を考え、
今後のトレンドを見極めることで、
トレンドが、顧客の価値に
どう影響するのかを考える。

この6項目を見ていくことで、
あなたにとっての新たな市場が
見えてくることになります。

3-2:ブルーオーシャン戦略を作る4項目

新たな市場が見えたら、
次は戦略を作っていきましょう。
作っていくための4項目を
紹介します。

3-2-1:顧客にとっての目的

この商品(サービス)は、
顧客にとって、他にない
目的を持っているのか?

ということを
36のポイントで考えます。

顧客にとって障壁になっている物が
取り除けているかを
ツールを使って確かめましょう。

縦軸に顧客の目的を満たす項目

  1. 顧客の生産性
  2. シンプル性
  3. 利便性
  4. リスクの低減
  5. 楽しさや好ましいイメージ
  6. 環境への優しさ

横軸に顧客の経験を

  1. 購入:購入のしやすさ
  2. 納品:納期までの時間、梱包から設置までが簡単か
  3. 使用:簡単に利用することが出来るか
  4. 併用:他のサービスを必要としないか
  5. 保守管理:メンテナンスが必要か
    メンテナンスの簡易性とコスト
  6. 廃棄:安全に廃棄、コストがかかるのか

の項目を下図の6X6の効用マップに当てはめて
新製品(サービス)と既存(競合)を比較することで、
違う場所にチェックが入れば、

ブルーオーシャンの可能性が出てきます。

購入 納品 使用 併用 保守管理 廃棄
顧客の生産性
シンプルさ
利便性
リスク低減
楽しさや好ましいイメージ
環境へのやさしさ

3-2-2:価格

顧客にとって、
購入しやすい価格になって
いるでしょうか?

3-2-3:コスト

市場価格は決めた、
必要な利益を確保出来る水準まで
コストが下がっているか?

コストを下げるための3つの手法

1.合理化によるコスト革新
業務プロセスを通して、
削れるものを削る。

2.他社と提携する
他社の専門性を利用することを考える。

3.業界の価格モデルを覆す
以下の項目を検討する。

  • 売り切りからリースへ
  • 時間貸し
  • 小口化
  • 無償提供

3-2-4:導入への方法

コストを検討出来たら、

  • 従業員
  • 事業パートナー
  • 顧客

に戦略の必要性の理解を得るために、
オープンな場を設ける。

ここからは、
ブルーオーシャン戦略で
成功されたとされる企業を
実際の内容を含めて紹介します。

4:ブルーオーシャン戦略(企業実例)

ここからは、
ブルーオーシャンを実現した
企業実例を記載します。

4-1:ユニクロ

ユニクロは、
「フリース」、「ヒートテック」など
従来の衣料品に無い機能性を持った商品を
開発し続ける革新性を図ることで、
他社との差別化を確立しました。

4-2:任天堂

新たな顧客層として、
中高年などこれまでゲーム機に
縁遠かった層を対象として
「任天堂DS」、「Wii」を発売し、
独自の路線を確立しました。

と上記2社は、確かに
「ブルーオーシャンを確立した」と、
世間でもそう評価されていました。

ですが、その後には競合の参入、
コストの増加等のあり、
当時のブルーオーシャンを継続出来ていません。

なぜなら、ブルーオーシャン戦略は、
「新市場の開拓」に特化しているからです。

そして、下記の弱点があり

  • 長期継続しない
  • すぐにレッドオーシャンになる
  • 小さな市場に向かない
  • 大手企業の余裕がいる

ということは避けられません。
ですので、ブルーオーシャンを検討する前に、
マーケティングを学ぶことを
お勧めします。

5:ブルーオーシャン戦略とマーケティング戦略の両方を学ぶ

それでは、それでも
ブルーオーシャン戦略に興味がある
そんなあなたに

お勧めのマーケティング戦略を
紹介しておきます。

5-1:ニッチ戦略

ニッチ戦略とは、
臨んだ事業の分野で
ナンバー1、オンリー1を目指し、

  • 市場のシェアを獲得し、収益性を向上させる
  • 業界における顧客の認識を自社に向ける

事を目的とした戦略です。

参考元:継続的にもうかるビジネス・モデルをつくる!ドラッカーのニッチ戦略

5-2:その他のマーケティングを学ぶ

参考元:ビジネスZEROマーケティング

5-3:ネットブランディング

マーケティング戦略とは、
別と考えていますが、
紹介しておきます。

ネットブランディングとは?9項目で理解して今日から行動するには
最近は、テレビやネット上で大手企業のブランディング戦略を取り上げて業績が良くなったとか、良く見かけるようになりました。しかし、実際に中小企業や個人業がCMに有...

6:まとめ

ブルーオーシャン戦略について
理解されましたか、

大企業にとっては、
今までと違うアプローチであるために
大きな市場とありうるのですが、

中小企業が始めて行うとしては、
あまりお勧めは出来ません。

しっかりと、マーケティングの
知識を得た上でその上の戦略として
行うべきものであると考えます。

最後に、

ブルーオーシャンは
存在しますが、
その存在を手に出来るのは
レッドオーシャンを経験し、

顧客の本当のニーズを
把握出来る者だけが
手にすることが
出来るものないかと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。