ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説したみた!

ブロックチェーンとは

今話題のビットコインをはじめとする

仮想通貨の根幹を担うブロックチェーンとは
何なのか?

気になってしまいますよね。

でも、調べてみようと
説明している記事を読んでみても
専門用語が難しくてわかりにくいです。

私もなかなかわかりませんでした。

であれば、理解しやすく紹介できれば
という訳で、

わかりやすく専門用語をあまり使わずに

これからビットコイン(仮想通貨)を
始める初心者でも
全体像をざっくりわかるように

ブロックチェーンを紹介をしていきます。

 

1:ブロックチェーンってなんですか?

まず最初に、ブロックチェーンとは、
何なのかを紹介します。

1-1:ブロックチェーンを考えたのは誰ですか?

ブロックチェーンの仕組み考え出したのは、
ナカモトサトシさんです。

ネット上でブロックチェーンの仕組みを
使うことで、仮想通貨という仕組みが
できる

との論文を2008年に発表しました。

ナカモトさんということで、
日本人なのか?との噂もありましたが、
今のところは、具体的に誰なのか?

人の名前なのか?グループの名前なのか
わかっていません。

1-2:なんでブロックチェーンと呼ばれているのですか?

そもそもこの仕組みの事をブロックチェーンと
呼ばれているのでしょうか?

それは、ブロックをチェーンでつなぐように
記録を残していく仕組みだからです。

では、ブロックとチェーンとは、
何なのでしょうか?

1-2-1:ブロックとは何か?

ブロックとは

取引きを記録に残していくのに
1つずつの取引を管理していくのではなく

まとまった取引数を一つのブロックに入れて
管理をするからです。

例をあげて説明すると、

会社の資料を保管するのに、
1枚1枚を別々に管理するのではなく、

月ごとに1冊にまとめて管理をするように
取引をまとめて管理をするように

取引をまとめてブロックで
管理をするのです。

1-2-2:チェーンとは何か?

チェーンとは、

新しい取引の履歴を入れたブロックと
過去の取引履歴の入ったブロックと
チェーンでつなぐように、
管理をしていくからです。

例をあげると

Aさんから、Bさんに1万円を送りました。
Cさんから、Dさんに2万円を送りました。

といった取引の履歴を

まとめて1つのブロック(箱)に入れて
保管しておきます。

そして、そのブロックを
今までの過去履歴のブロックと一緒に
倉庫にしまって管理をするような仕組みです

なんとなくブロックチェーンの仕組みを
わかってもらえたと思います。

つまりは、

ブロックをチェーンでつなぐように
取引(トランザクションといいます)を
維持管理していくのに使われる仕組みが
ブロックチェーンなのです。

2:ブロックチェーンのメリット

これまでで、ブロックチェーンの背景の
理解が深まったと思いますが、

今までの仕組みと、ブロックチェーンを比べて

  • 何がすごいのか
  • 何でもてはやされているのか
  • そもそもどんな違いがあるのか

まだ、よくわかりませんよね。

今までの既存の仕組みとは違う
ブロックチェーンならではのメリットを
紹介していきます。

2-1:中央管理者を持たない管理方法なので手数料が安くなる

ブロックチェーンを使うと、
利用者の手数料が安く済みます。

なぜかというと、
ブロックチェーンでは、銀行のような
中央管理者を持たないからです。

中央管理者とはなにかというと、

今までは、取引の記録を管理するのに
主に1箇所で集中して管理していました。

わかりやすく例えますと、

あなたが、1万円を銀行に預けたとします。

すると、あなたの銀行の通帳には、
預金が1万円記録されます。

では、このあなたの1万円の取引を
管理しているのは誰かというと

銀行が1箇所で管理をしているわけです。

この銀行のような管理方法を
中央管理方式と言います。

話を戻しまして、

1万円を銀行に預けたという
この取引の結果は、

あなたと銀行だけが知っているのです。

そして、
その記録はあなたが見せない限りは
他の第3者は、知ることができません。

これに、何の問題があるのか
と言われるかも知れません。

たしかに、実生活で銀行に
大きな問題点は感じませんよね。

ただし、細かいことを言えば

銀行に管理してもらうには
手数料がいるわけです。

現状、手数料を払うことが
当たり前になっているので、

問題点と感じにくいのです。

それに、、
銀行もデータを維持していくには、
お金も人も時間もかかります。

このコストを手数料として
利用者は負担をしているわけです。

でも、もし仮に手数料がかからない
もしくは、手数料が格安になるとしたら
どうでしょうか

それは、安い方がいいですよね。

私たちの身近な経験でも

代理店を何社も介入させるより

メーカー直取引のように
中抜きの取引形態の方が、
手数料が安くなりますが、

それと同じです。

中抜きは、利用者にはトクなのは
わかったけど、

誰が、ブロックチェーンを
維持してくれているのでしょうか?

2-1-1:ブロックチェーンを誰が支えているのか

では、誰が、このブロックチェーンを
管理をしているのでしょうか?

仮想通貨は、
銀行のように中央で一括で管理を
している機関がない

ということを
あなたも聞いたことがある
と思います。

では、誰が管理をしているのか
という疑問が出てきます。

そこで、ブロックチェーンを
維持・管理を手伝う人たちを紹介します。

先ず、
管理を手伝っているコンピューターの事を
ノードと呼びます。

このノードにも種類が
大きく分けると2種類あります。

  1. ブロックをチェーンでつなぐ役割
  2. 取引に不正がないかを検証する

という役割です。

2-1-2:マイナー(マイニング)

1つ目のチェーンを
つなぐ役割をしているが「マイナー」
と呼ばれます。

よくビットコインで
「採掘」とか「マイニング」という言葉を
聞くことがあると思いますが、

この「マイニング」とは、
「マイナー」さんが
ブロックをチェーンでつなぐ仕事の事です。

ビットコインの場合は、
つなぐことを手伝うと報酬として
ビットコインが貰えます。

ですから、この報酬を目当てに
お手伝いをする人がいるのです。

2-1-3:フルノード

もう1つの取引の検証をする役割を
するのが、「フルノード」
と呼ばれる人たちです。

この役割は、
過去の取引と、現在の取引の申し込みが
整合性があるかどうかを検証しています。

ただ、この検証の仕事には、
ビットコインでの報酬は
ないようですので

ボランティアとして
支えてくれています。

2-2:分散してお互いを監視をしているので、信頼性、安全性が高い

ブロックチェーンは、
管理の信頼度が高いです。

それは、マイナーやフルノードといった
ブロックチェーンを支える人が
お互いを監視しているからです。

例えば、

今までのように
銀行や政府が一括管理をしてくれる場合は、

管理してくれている銀行や政府に信頼が
ありますよね。

まさか、銀行や政府があなたの口座を
誤魔化したり、ちょろまかす可能性は
ほとんどありません。

それだけ管理者が信頼されているから
あなたもお金を預けるわけです。

でも管理する人が
信用出来ない場合は、どうでしょうか?

お金を取られてしまう可能性がある人に
あなたもお金を預けることはありませんよね

それと一緒で、信頼が小さい人たちに
管理をしてもらうブロックチェーンは、
信頼をあげるために、

多くの人に分散して同じ取引の履歴を
多くの人に管理してもらうことで
改ざんや不正を排除して、
安全や信頼を勝ち取ろうということなのです

分散した場合は、数多くなります。
そうなったら何がいいのでしょうか

ビットコインの参加者全員で、
取引の記録を管理しあうということです。

わかりやすい例をあげると、

LINEのグループ内でのメッセージの記録は
グループ内の人であれば、全員が見られます

悪口を書いたら、
グループ全員がその悪口を見ます。

そして、そのことは全員で
共有することになります。

というように

取引きを参加者で
管理をしようということです。

これが、メールならば、

あなたと相手にしか
メッセージの内容がわかりません。

あなたが相手に悪口を書かれた
と友人にメールを見せても、

悪口を書いた相手が

私は、そんなメール書いていない
それは、偽造されたものだ
と言い張れば、

第三者は、真偽の
確認のしようがありません。

最終的には、
メールの管理者に正しいと
証明してもらわないと

証拠にならないですよね。

なので、

皆が見れて確認ができるようにすれば
安心して取引ができるようになるのです。

でも、

皆んなで見れるようにしても、
過去のメッセージを消去したり、

見れなくしたり、改ざんしたりすることも
できるかもしれません

となったら、どうでしょうか?

やっぱり安心できませんよね。

まだ友人同士の会話なら
そんなに大事にもなりませんが、

例えば、

10億円の取引が
なかったことにされたり、
改ざんされたりしたら、

かなりの大事になってしまいます。

みんな安全に取引ができないですよね。

それを解決するために、
ブロックチェーンでは、
過去の取引を検証する人と、
取引に決済する人を分けることで

過去データをさかのぼって改ざんしにくい。
できないような仕組みがあるわけです。

次に、デメリットを紹介する前に
今までの話の中で気になる点を
解消します。

3:ブロックチェーンの気になる疑問

ここまでのブロックチェーンの話の中で、
あなたも気になったであろう疑問を
解消します。

3-1:分散して管理したら、みんなに取引がバレるんじゃないですか?

ブロックチェーンには、
バレにくい仕組みが施されています。

それが暗号化の技術です。

みんなで取引を管理しようとなっても、
実際の取引内容を知られたくないですよね。

なので、ブロックチェーンでも
取引は公開されているのですが、

その内容は、暗号化されていて、
具体的な内容を
第三者に知られないようになっています。

なぜ過去には、この仕組みが無かったの?

一言でいうと、技術の進歩が、
分散型の管理のハードルを下げたのです。

昔の社会インフラで、
多くの人で分散して管理していくと
大きな問題が起こりうるのです。

それが、二重取引の可能性です。

二重取引とは、

例えば、

あなたは、1万円しかもっていないのに、

Aさんに1万円を送金して、と同時に
Bさんにも1万円を送金した時、

Aさんは、1万円を手に入れられて、
Bさんは、何も手に入れられませんでした。
では取引に問題が出ます。

つまりは、二重に取引をした時に、
不正をチェックできるかどうかなのです。

昔に分散型で管理をしようと思ったら、

取引の度に、管理している人全員に
手紙で送ったり、FAXしたりして、
取引の記録をしないといけませんでした。

そして、管理している人全員が
取引が成り立つのか、

あなたが本当に1万円を持っているのか
どうかを過去の口座を調べて、

「たしかに1万円あるな。」となったら、

取引が可能ですよ。

じゃあ取引をして、

「今度はBさんが
1万円を口座に持っています」

と全員が証明しないと
成り立ちませんでした。

こんなことをやっていたら、
時間もかかりすぎますし、
手間もかかりすぎます。

なので
分散して管理をしようというのは
難しかったのです。

今の銀行のように、
中央で一括で管理をしてもらったら
銀行には手数料を支払う必要がありますが、

わざわざ手間ヒマを使うよりも
効率的でよかったのです。

ただ今は違います。

インターネットがあり、
安価で相互を監視しながら管理することが
できるような環境が出来てきたのです。

インターネット上でブロックチェーンを支える
パソコン同士がカンタンにやりとりができる
ピアツーピアの技術が活用されており、

取引に不正やエラーが無いかを
短い時間で検証が可能となったのです。

4:ブロックチェーンのデメリット

今までは、ブロックチェーンのメリットを
主に紹介してきました。

でも、こんなブロックチェーンにも
実は、デメリットもあるのです。

これからは、ブロックチェーンの
デメリットも紹介します。

4-1:決済に時間がかかる。

ビットコインのように利用者数や、
利用回数が増えてくると、

決済に時間がかかるようになります。

例えば、

海外の送金のように、

今までのやり方で
1週間ぐらいかかるものに比べると、

ブロックチェーンを使ったほうが、
早く決済ができます。

しかし、

実際の店舗で、商品を買って、
その決済に時間が1時間以上かかるようなら
決済に適さない業種も多くなります。

4-2:手数料が高くなる可能性がある

将来、改善されるかもしれませんが
管理してくれる人がいなくなるかも

現在は、ビットコインでは、
ブロックをチェーンで繋ぐ人

過去の取引との照合をして、
二重取引などの不正がないかを

管理している人に対して、

新規のビットコインが報酬が
貰えたり、

ボランティアで
取引を支えてくれる人がいるので、

利用者が負担する手数料が
安くすんでいますが、

もし、報酬に不満を持つ人が増えたり、
ボランティアをやりたい人がいなくなったら

ブロックチェーンをシステムが
回らなくなり、

利便性がそこなわれることになります。

そうなれば、ブロックチェーンの利便性を
保つために、

将来、利用者の負担する手数料が
上がる可能性があるのです。

4-3:悪意のある管理する人が出てくる可能性

将来、ブロックチェーンを悪用する人が
出てくるかもしれません。

というのも、

ブロックチェーンは、中央で管理せずに、
分散して取引を管理、監視するしくみです。

ということは、

取引を管理、監視する人が、
不正できる可能性があります。

もちろん、不正ができないような仕組みが
あります。

それは、取引が行われた時に、
過去の取引を照合して、
データの変更があった場合は、
多数決をして、

多くの人が管理しているデータを
正しいデータとして、

不正な取引を受け付けない仕組みです。

となると、

可能性は低いですが、

多くの管理者同士が組んで不正されると

本来、偽造したデータが正しいものと
認識される可能性があることです。

ブロックチェーンを利用しているのは、
仮想通貨など信用と信頼があるからで

もし、少しでも不正があるかもしれない
とイメージさせるようだと、

ブロックチェーンを利用した仮想通貨などの
信用が損なわれる可能性があります。

これまでで、
ブロックチェーンのメリット、デメリットを
紹介してきました。

5:ブロックチェーン関連銘柄

ここまで読み進めてくださった
あなたは、

ブロックチェーンが

デメリットは在るが
これからかなり有望な技術だな
と感じていただけたかと思います。

しかしながら、ブロックチェーンを
使った仮想通貨は、

ビットコインを含めて

値段を大きくあげたかと思えば、
逆に大きく下げたりと、

現状では変動幅が大きいです。

なので、将来大きく成長しそうだと
感じても、

実際に仮想通貨を含む
ブロックチェーン技術に投資するのは、

これまで
安定した運用をしてこられてきた方は、
手を出しにくいのかもしれません。

だからといって、

これからの技術なのに、
何もせずには、もったいないと
感じる方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に、直接的ではなく、
間接的にブロックチェーン技術に投資する
方法があります。

それは、ブロックチェーン技術を
ビジネスに活かそうという会社の
株式を取得することで

ブロックチェーン技術に
間接的に投資をしていこう

という考え方です。

ブロックチェーン技術に関係する
会社は、たくさんあるのですが、

国内で株式を上場している企業数は、
まだそれほど多くないです。

なので、ブロックチェーン技術に
関係する会社で、

時価総額が200億円以上の会社を
紹介していきます。

5-1:株式会社セレス

証券コード 3696
株式会社セレス
東証一部

一般社団法人ブロックチェーン推進協会
(BCCC)に加盟

スマホ向けポイントサイトの会社です。

ブロックチェーンの
研究開発ベンチャーであるシビラと
資本提携をして話題の企業です。

5-2:イー・ガーディアン株式会社

証券コード 6050
イー・ガーディアン株式会社
東証一部

一般社団法人ブロックチェーン推進協会
(BCCC)に加盟

SNSの監視や運営支援の会社です。

2015年にHASHコンサルティング株式会社を
子会社化し、
サイバーセキュリティ分野へ参入。

ネットセキュリティの一環として
ブロックチェーン技術の利用範囲を拡大を
模索している企業です。

5-3:インフォテリア株式会社

証券コード 3853
インフォテリア株式会社
東証マザーズ

一般社団法人ブロックチェーン推進協会
(BCCC)に加盟

ソフトサービスの会社

インフォテリア株式会社は、
プライベート・ブロックチェーン製品や
仮想通貨取引所などを運営する

フィンテック企業、
テックビューロ株式会社への出資でも
話題になりました。

この出資により、

インフォテリアは
テックビューロの株式の一部を取得し
同社製品やサービスとのシナジー効果で

ブロックチェーン関係事業を拡大を
期待されている企業です。

イギリスにある100%子会社の
This Place Limitedの開発チームが、
2017年7月にロンドンで開催された

ブロックチェーンハッカソンで
優勝したこともニュースになりました。

5-4:さくらインターネット株式会社

証券コード 3778
さくらインターネット株式会社
東証一部

一般社団法人ブロックチェーン推進協会
(BCCC)に加盟

データセンター運営の会社
さくらインターネット、インフォテリア、
テックビューロの3社で

2016年1月から国内における
ブロックチェーン技術の

普及に向けた協業を開始。
幅広い業界での導入推進を目的に
250社以上に無償の実証実験環境を
提供するなど、
ブロックチェーン関連部門にも
力を入れている企業です。

5-5:GMOインターネット株式会社

証券コード 9449
GMOインターネット株式会社
東証一部

一般社団法人ブロックチェーン推進協会
(BCCC)に加盟

中小企業向けのネットサービスの会社

GMOインターネット株式会社は、

イーサリアムを利用してブロックチェーン上に
分散型のアプリケーションを構築できる、
ブロックチェーンプラットフォームを
開発しました。

最近では、ビットコインの
マイニング事業に参入と発表されました。

5-6:株式会社ドリコム

証券コード 3793
株式会社ドリコム
東証マザーズ

一般社団法人ブロックチェーン推進協会
(BCCC)に加盟

ブログやモバイルゲームを運営する会社

ドリコムは、ブロックチェーン推進協会が
日本国内のブロックチェーンを活用する
エンジニアなどへの教育として、

ブロックチェーン大学校を開校する
と発表するなど

ブロックチェーン発展のための人材育成にも
力を入れる企業です。

5-7:株式会社三菱UFJフィナンシャルグループ

証券コード 8306
株式会社三菱UFJフィナンシャルグループ
東証一部

あなたもご存知のように、
国内のメガバンクの1つです。

メガバンクの中で
いち早く仮想通貨(MUFJコイン)の
発行予定を発表し、
仮想通貨事業に参入をしました。

6:まとめ

最後にまとめると
ブロックチェーンとは、
分散型の管理方法で、

利用者の負担する手数料も
今までの中央管理のシステムよりも
安く済むとの期待なされるシステムです。

多くの人で分散管理をすることで、
取引を安全に正しく管理ができます。

このブロックチェーンの仕組みは、

現在のインターネットの環境があっての
新しい技術であることも
理解しておく必要があるでしょう。

現状では、ビットコインなどの
仮想通貨に利用されています。

作られて、利用され始めて

まだ時間が経っていません。

これから多くの人が利用をするなかで、
新しいメリット、デメリットも
出てくるかも知れません。

但し、その新しいメリット、デメリットも
将来は、デメリットは解消されたり、
メリットは、伸ばされて

私たちの社会をより良きものにしていく
技術になるのではないでしょうか?

最後までご覧いただきまして、
ありがとうございました。

あなたの仮想通貨への関心が
少しでも身近なものと感じてもらえたなら
うれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。