会員ビジネスとは?安定した継続収入を生み出すモデルの事例

会員ビジネスとは

毎月継続的に

安定した収入が入ってくれたらなと
思ったことはありませんか?

今回は継続的に安定した収入を得るために
最も簡単な『会員ビジネス』について
徹底解説しています。

今回の記事を参考にして
継続的な安定収入を手に入れましょう!

目次

1:会員ビジネスとは
2:会員ビジネスの4メリット
3:会員ビジネスの2デメリット
4:会員ビジネス例
5:オススメの書籍
6:まとめ

1:会員ビジネスとは

会員ビジネスとは、
会員登録して頂いたお客様に対して
サービスを提供するビジネスです。

例えば、

月額制のスポーツジムは
会員ビジネスと言えます。

月額●●円支払う代わりに
営業時間内であれば好きなだけ
ジムに通うことが出来ます。

2:会員制ビジネスの4メリット

会員ビジネスを行うことで
素晴らしいメリットがいくつかあります。

例えば、

2-1:収入の安定化

毎月の月額制をとるビジネスモデルの場合、
月額×会員数が毎月収入として入ってきます。

多くのビジネスの場合、
売上に季節変動というものがあるのに対し、

会員制ビジネスは安定的に
収入を得ることが出来ます。

また、利用するしないに限らず
毎月収入が入るという部分も
大きなメリットです。

2-2:経営の見通しが立てやすい

収入が継続的に入りますので
経営を行う上で次にどのように経営を行っていくのか
という計画を立てやすいです。

2-3:リピート率の高さ

利用してもしなくても
会費として毎月支払うので、

「利用しないともったいない。」

という思考が顧客に働きます。

そのためリピート率が高まり
それがより収入の安定化に繋がります。

例えば、

私は24時間制のスポーツジムに
会員登録しているのですが、
中々面倒で通うことをサボる時があります。

ただ、毎月のクレジットカードから
ジムの会費が支払われていることを思うと

「勿体無い!」

と感じてしまい
ジムに通うことを継続出来ています。

2-4:お客様と継続的なコミュニケーションがとれる

会員登録時に
顧客の個人情報を
得ることが出来ます。

得られた情報を参考にすることで、
会員の退会防止やリピート率を高め、

お客様の、

「こういうサービスが欲しい」

というニーズに対応することで、
客単価や購入・来店頻度を高めることもできます。

3:会員ビジネスの2デメリット

いい事だらけの会員ビジネスですが
何事もメリットがあればデメリットがあるように
会員ビジネスにもデメリットが存在します。

3-1:コツコツ収入を増やさないといけない

初めの内というのは
会員があまり集まらず、

管理費や維持費の支払いが重なり
なかなか利益を出すことが
難しい場合が多いです。

そういった状況でも
コツコツと会員を増やしていくことで
徐々に利益が増えていき
安定した収入となります。

3-2:会員が突然退会する可能性が高い

会員の方が
突然退会することもよくあります。

例えば、

30人の会員の方がいる状態から
10人の方が退会すれば
それだけ収入は減少します。

会員ビジネスでは
常にお客様に対して、

常に満足のいくサービスを行わないと
会員は退会していくこととなります。

実際、私は以前に健康に関する
会員ビジネスを立ち上げ、

会員を募集したのですが
数ヶ月すると会員が退会してしまい

なかなか安定した収益を
得ることが出来ませんでした。

理想としては、
良質な会員ビジネスを複数持つことで
収入の柱を増やすことです。

こうすることで
1つの収入源の会員数が減少しても
他の収入源があるため
収入は安定していきます。

4:会員ビジネス例

インターネットでの会員ビジネスを大別すると
大きく分けて2通りに分けることが出来ます。
お客様の利便性を高める目的で構築される会員サイト

4-1:楽天、Amazon

楽天
Amazon

楽天やAmazonなどの通販サイトは
会員登録することにより
利用することが出来ます。

利用すること自体に
お金は一切かかりませんが、

会社側は販売する場所を
企業や個人に貸し出すことで、

販売者から場所代(手数料)を
取り利益を得ています。

4-2:クロネコメンバーズ

クロネコメンバーズ

クロネコメンバーズとは
会員登録をすることで、

荷物の再配達や伝票の配達を
オンライン上から
申請することが出来るようになります。

今までは電話でしか
出来なかった事が、

オンライン上でも可能となり
クロネコヤマトを継続的に
利用してもらうことを狙いとしています。

4-3:Hulu

Hulu

月額制で全ての映画やドラマが見放題
というビジネスモデルを日本で初めて開始した
オンライン動画サービスです。

現在はdTVやNetFlixなど
多くの会社が同様のサービスを提供しています。

会員に動画コンテンツを提供することで
継続的な利益を得ています。

4-4:EverNote

EverNote

EverNoteとは、
オンライメモサービスです。

残したメモは
スマホやタブレットに入っている
EverNoteと共有することができ
かなり便利なアプリです。

基本的な収益は有料会員からの
月額費用となっています。

5:オススメの書籍

会員ビジネスの取り入れることは
あなたのビジネスに安定した
継続的収入をもたらしてくれます。

ただ、ビジネスを成功させるためには
日々マーケティングについて
学ぶ必要があります。

とはいえ、商材やセミナーですと
高額な料金がかかり
なかなか手が出しづらいと思います。

そこでオススメしたいのが
こちらの書籍です。

90日間の無料保証が付いており
多くの方が内容に満足しています。

シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術
(著者:ロビー・ケルマン・バクスター)

6:まとめ

会員ビジネスは一昔前では
大企業しか行えないと思われていましたが、

今ではインターネットの普及により
個人でも簡単に会員ビジネスを
立ち上げる事が可能です。

会員ビジネスの
デメリットでもお伝えしたとおり、

初めから会員が
沢山集まる訳ではありませんが、

コツコツとお客様が
満足のいく内容を提供することで
徐々に会員は増えていきます。

ゆっくりと育てていく気持ちで
会員ビジネスに取り組むことで
継続的な収益を生むこととなります。

是非、あなたのビジネスにも
会員ビジネスを取り入れて頂き
毎月安定した収益を手に入れて下さい。

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。