人を育てる格言「小善は大悪に似たり、大善は非道に似たり」とは

育てる

人にお金を貸した事はありますか?

または「貸してくれ」と
お願いされたことはありませんか?

人にお金を貸す行為は
その瞬間は、相手に感謝されて
気持ち良く感じるかもしれません。

「自分は良いことをした」

と思うと思います。

しかし、その行為は
相手の器と成長を妨げてしまう
大悪になっている可能性もあります。

お金を貸す行為は悪いことなのか?
本当の愛情とは何なのか?

今回ご紹介する成功者のお話は、
そんな経験から得た体験談になります。

目次

1:「お金を貸してくれ」
2:小善は大悪に似たり、大善は非道に似たり
3:本物の大善とは?
4:まとめ

1:「お金を貸してくれ」

「お金を貸してくれ」

と言われた事がありますか?

私は何度もあります。

大きな声で言える事ではありませんが
過去に数千万円を数人に貸して
まだ返って来ていません。

恐らく永遠に返って来ないと思います。

音信不通になった人が殆どです。

お金を貸した人たちの中には
凄く仲の良かった友人もいます。

最初の頃は凄くショックでした。

「相手のためを想ってやったのに…」

そして段々と怒りに変わり

「どんな手段を使っても回収してやる!」

と思い始めました。

しかし今では回収する気も、
私から連絡する気もありません。

すべて「自分が悪い」と考えられるように
なりました。

私は借金まみれから今の小さな成功を
手に入れました。

コネも人脈もスキルも無くすべて
マイナスからのスタートでした。

だからお金に困っている人の気持ちが
良く解りますし「お金を貸して」と
言われるとどうしても渡したくなります。

しかし、

人にお金を貸すのはもう辞めました。

2:小善は大悪に似たり、大善は非道に似たり

私がお金を貸した人で幸せになった人を
1人も見た事がないからです。

仏教にこんな言葉があります。

『小善』は『大悪』に似たり

『大善』は『非道』に似たり

要は

小さな良い事は、大きな悪に似ていて
大きな良い事は、酷い仕打ちに見える

という意味です。

例えば、お金を貸すという行為は
本当に相手のためになるでしょうか?

資産はその人の過去を表す1つの数値であり
その人物の器でもあります。

借金とは器よりも大きいのものを
中に無理矢理いれるようなものです。

器よりも大きいものを無理矢理
入れると器が壊れます。

借金をするという事は、理由は何であれ
己の器以上の事をしているという事です。

だから私は家であっても車であっても
必ず現金で買います。

クレジットカードはよく使いますが
それはあくまでも銀行にすぐに支払える
残高があるからです。

他人にお金を貸す、という行為は
『小善』だと思います。

結局、相手を駄目にしているのです。

3:本物の大善とは?

本当に心から相手の事を考えているなら
ビジネスのアイデアを一緒に考えるとか
相手の器を大きくする手伝いをしたりとか。

これこそが本物の『大善』だと思います。

小さな善は、大きな悪と似ているのです。

しかし「お金を貸して」と友人に言われて
「NO」というのは苦しいですし難しいです。

相手から「鬼、悪魔、非道」と言われるかも
しれません。

しかし、長期的に相手の事を考えたら
お金は貸すべきではないと思っています。

大善は非道に似ています。

瞬間的には相手から嫌われる
可能性もあります。

しかし本当に相手の事を考えるなら
例えその瞬間は「非道」と呼ばれても
大善を貫くべきだと思います。

今回はお金を例に挙げましたが

小善は大悪に似たり
大善は非道に似たり

誰かに何かをお願いされた時、
ぜひこの言葉を思い出してみて下さい。

4:まとめ

今日のお話は
いかがでしたでしょうか?

人間関係の話なので、
難しい部分もあるとは思いますが

お金を貸すという行為だけでなく
何かをお願いされた時に
相手にとって何が大善なのか?

本当に大切な人でしたら
何でもお願いを聞くことだけが
良いことではない。

という事だけを頭にいれておき
自分自身が後悔しない選択を
選ぶことが大切だと思います。

 

 


あわせて読みたい


成功者が伝授!セルフイメージを書き換える2つの方法とは?

【男性必読!】成功者に共通する行動と習慣のルールとは?

【注目!】集客できない!嘆く時に見る4つの改善チェックリスト

【悪用厳禁】稲盛和夫の2つの成功哲学の要素を持った詐欺師の話

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!