ビジネスで成功する人はIQが高い人が多い?バカの方が多い?

起業家 成功

お金持ちは頭が良い、才能がある、IQが高い人が成功すると思っている方が多いと思います。実際に頭の良い人が、たくさん活躍して収入を得て成功しているように見えるかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?

実はメディアやテレビで紹介されている方々以外の部分では、バカの方が成功しやすいとも言われているのも事実です。

なぜIQが高い人よりバカの方が成功しやすいと言えるのでしょうか?

もちろん、この世の中に「バカな人など基本的にいない」と思っておりますが、自分自身でバカと思い込んで一歩を踏み出せない方々があまりにも多いような気がします。

今回の記事では、IQが高い人よりもバカの方が成功しやすいということを解説し、ビジネスを始める上で大事な考え方をお伝えしていきます。

目次

1:IQが高い人=成功出来る?
2:成功のほとんどは居心地の悪い場所にある
3:Googleが明らかにした起業の成功確率
4:リスクの少ない方法から試す
5:小さな成功体験を重ねる
6:本やインターネットで必要な基礎知識をいれる
7:まとめ

1:IQが高い人=成功出来る?

私の周囲には頭の良い人が
たくさんいます。

凄い大学を出たとか
国家資格を持っているとか。

凄く尊敬しているのですが
そういう人に限ってなぜか
成功できない傾向にあります。

『IQ=成功』

ではないといつも感じさせられます。

なぜ頭の良い人は成功しづらいのか?

恐らく『素直』さが欠けているから
ではないかと思っています。

以前にメンターから

「あなたは素直なので成功しますよ」

と言われた事があります。

頭の良い人は1人で何でもできます。

そのためメンターを持ったり
他人の真似をする事を嫌う傾向に
あります。

そして成功体験に基づく自分の考えが
強すぎるため、素直さがなくなり
他人の言う事を聞けなくなります。

「俺は自分で考えて何でもできる」

と思ってしまうのです。

2:成功のほとんどは居心地の悪い場所にある

私はメンターから言われた事は
120%やろうと決めています。

他の人達が「これは無理」と諦めた事でも
師を信じて愚直にやり続けました。

その結果、今の小さな成功があります。

素直だとバカを見る事も多いですし
失敗する事もたくさんあります。

しかしその反面、たくさん経験できますし
吸収力も半端ではなくなります。

自分にとって都合の良く楽な部分だけ
取り入れたいという気持ちは解ります。

楽でやりたい事だけを
チョイスしたくなります。

しかし成功は、
大抵居心地の悪い場所にあります。

私達が「無駄だ」と思える事でも
成功している人の一挙一動には
何かしらの意味があります。

無駄か無駄じゃないかは
やってみないと解りませんし

最後までやり遂げない限りは
真実は見えません。

やる前から「意味がある」「意味が無い」を
自分の頭で判断する事はできません。

「こういう人になりたいな…」

という人物を見つけたら何も考えず
その人の言う事、やる事を真似するのが
一番の近道だと思っています。

メンターが鼻くそをほじって食べたら
真似して食べれる人間の方が
成功は早いと思います。

IQや学歴と成功は関係ありません。

大切なのは『素直』にやれるかどうか?

それだけだと思います。

3:Googleが明らかにした起業の成功確率

fastcompany.comの記事では
Google Venturesの分析では
ベンチャーキャピタリストから出資を受けた起業家が
ビジネスで成功する確率は15%なると公表しております。

ちなみに1度起業に失敗して
再び起業したときの成功確率は16%で、
1度成功して2回目の起業をした場合の成功率は29%になると言われています。

こういった数字を見ると「やっぱり起業って難しいのかな?」
と思われるかもしれませんが、これはあくまでベンチャーキャピタリストから
融資を受けた場合の事例で、個人で小さく始めるスモールビジネスや
個人事業主としての数字を含めたものではありません。

なので上の数字は、あくまで
「起業は難しいものでもないが、簡単なものでもない」
ということだけは頭にいれて頂ければと思います。

どんな道にも楽な道はないということです。

じゃあ、どうしていけばいいのか?という話しになりますが、

4:リスクの少ない方法から試す

例えば、今ではランサーズや
クラウドワークスといったサイトを活用し
フリーランスとして自由な時間に活動出来ますし、

インターネットという
環境(インフラ)も整っていますので、
いつでも、一人ビジネスを始めることは出来ます。

失敗するパターンの多くは、
最初から資金をかけて
デカい事を始めようとするから

失敗した時のリスクが
どうしても高くなってしまいます。

特のこれから起業や自分でビジネスを始めたい方は、
まず一回自分でビジネスを行うという事は
どういったことなのか?経験しておく方がいいと言えます。

自分一人で起業をするということは、
色んな経費の計算やクライアントとのやり取りも
自分自身でやらなければいけません。

まずはそういった経験を積み重ねながら
自分自身でお金を稼ぐ体験と出来れば
ある程度の軍資金(100万程度でもOK)を貯めておくと、
いざ行う時でも精神的にかなり変わってきます。

基本的な原則としては、

  • 小さいリスク
  • 人件費がかからない
  • 在庫を抱えない
  • 利益率が高い

こういったビジネスモデルからスタートすれば
先程のGoogleがだした確率なんて気にする必要がないくらい
安心して起業の一歩を踏み出すことが出来ます。

5:小さな成功体験を重ねましょう。

いざ自分でビジネスを始めた場合は
少ない金額でもいいので、自分自身で稼げる
という成功体験を重ねましょう。

誰でも始めてやることには不安も恐怖も感じます。
それは当然のことなので、まずは慣れる必要があります。

簡単な仕事から始めて経験を重ねて、
徐々にレベルをあげていけば
自然と収入も増えていきます。

そこで法人化しなければいけないくらい
収入が上がってきてから、会社を作る事とか
より大きなビジネスを考えればいいのです。

最初から銀行の融資や事業計画書など
難しいことを考える必要はありません。

コミュニケーションが得意なら
年齢層が高い方むけにスカイプで
相談ビジネスや話しを聞くだけの
ビジネスでもいいのです。

ビジネスの大前提は人の役に立つ事、
不安や悩み、フラストレーションを
解決することにあるのです。

この基本的な考え方を抑えておけば、
いくらでも自分一人で始めるビジネスが出来ます。
代行ビジネスなども最初に始めるには
良いビジネスでもあります。

6:本やインターネットで必要な基礎知識をいれる

また、不安を感じるのは情報量の不足や
知識不足でもありますので

気になる事はインターネットや本で調べたり
知識をいれてやるべき事や行動すべきことを
細かく具体的にしていけば不安もなくなっていきます。

人は目に見えない事に不安や恐怖を感じるものです。

しかしビジネスは数字化出来ますので、
全て数字で出していけば

ある程度シュミレーションすることが出来ますので、
必ず始める前に具体的に数字化していきましょう。

失敗する人はここが出来ておらず
適当にノリで始めるから失敗するのです。

とにかく全て可視化して具体的にしていくことが、
これからビジネスを始めていく上で重要になります。

しかし、勉強ばかりして
リスクを恐れて行動しない場合は
何一つ進むことが出来ないので、

とにかく一歩ずつでも
小さく踏み出していくことを
忘れないようにしてくださいね。

7:まとめ

今では、たくさんの情報を
本やインターネットで知ることが出来ます。

つまり、うまくいっている
ビジネスモデルや成功事例を
たくさん知ることが出来ます。

起業や自分でビジネスをする前に
多くのリサーチをして基礎知識と
成功モデルをいれておきましょう。

どんなジャンルでも物真似など
何かを参考にして始めたりします。

音楽のギターやピアノでも同じですよね。

ビジネスだからといって
何か特別なアイデアやオリジナルが
必要なのではありません。

まずは、小さく始めて
0から稼ぐ体験をするようにしてください。

 


あわせて読みたい


成功者が伝授!セルフイメージを書き換える2つの方法とは?

【男性必読!】成功者に共通する行動と習慣のルールとは?

【注目!】集客できない!嘆く時に見る4つの改善チェックリスト

【悪用厳禁】稲盛和夫の2つの成功哲学の要素を持った詐欺師の話

人を育てる格言「小善は大悪に似たり、大善は非道に似たり」とは

成功のダークサイドは存在するのか?お金を持つと人が変わる本質とは

成功する人たちに共通している夢と目標を叶えるシンプルな方法

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!