ステップメールの基礎と応用出来る使い方3つの事例を解説!

ステップメール 例

 

ステップメールを活用することで
ビジネスの売上や収入を
自動的に得ることが出来るようになります。

ステップメールが分からない方でも
理解出来るように
初歩的な内容から入り、

最後に具体的なステップメール
活用例を紹介しています。

初心者の内は気を張らないで、
ゆっくりと理解して下さい。

最初の内はピンとこないかも
しれませんが

ある程度知識が頭に入ると、
あなたの成長スピードが
加速しますので安心して下さい。

それではどうぞ。

目次

1:ステップメールの概要を把握
2:ステップメールの書き方・作り方
3:ステップメールの例文
4:おすすめのステップメール配信スタンド
5:まとめ

1:ステップメールの概要を把握

この章ではまず、
ステップメールの概要を
理解していただきます。

この前提条件を間違えていると、
この記事を読んでも理解できないので、
必ず一度は読んで下さいね。

1-1:ステップメールとは

ステップメールとは何でしょうか?

ステップメールとは、
メール作成者が読者に対して

より近い距離で
コミュニケーションが取れる
メルマガの進化型です。

「読者がメアドを登録してから、
何日後の何時何分にこれを送る。」

と予め設定することにより、
自分の送りたいメールを全て送ることが出来ます。

メルマガだと読者が
登録するより前に送ったメールは
その読者には届きません。

なので、あなたの意図が
読者に伝わない可能性もあります。

でもその点、
ステップメールなら全てを送れるので、
あなたの意図は読者に伝わりやすくなります。

1-2:ステップメールの必要性とメリット

ステップメールは、
いまやネットビジネスだけではなく、
リアル店舗を使ったビジネスでも必ず必要です。

なぜなら、メールというツールが
かなり広く浸透しているし、

ステップメールほど
教育が出来るツールは無いからです。

教育とは、
自分の伝えたいことを
読者に全て伝えることです。

そして、
クロージングを成功させるまでが教育です。

クロージングとは、
「囲い込む」という意味で、

売りたい商品があるなら、
商品を売ること。

セミナーを開催するなら、
セミナーに来てもらうことが
クロージングです。

クロージングは
販売と言われることもありますが、
教育無くして販売はありませんからね。

他にお客様に情報を届ける方法としては、
FAXや手紙、新聞広告などがありますが、

FAXはそもそも持ってない人が多いし、
手紙や新聞広告は、かなりお金が掛かります。

メールのメリットは、

  • 安く済むこと
  • ほとんどの人に届けられること

です。

例えば、
読者が500人いるとします。

その場合、
手紙は印刷に5円と切手の82円で、
87×500=43500円。
これはあくまで一回に掛かる費用です。

7回くらい届けると304500円です。

でもメールなら、
月額3000円くらいです。

約100分の1ですね。

広告なら、読売新聞なら、
一回広告出すのに約4800万円です。

これを見るだけでも、
かなりメリットはあると思います。

それに加えて、手紙や新聞広告は
読まれないことがほとんどです。

でも、メールは
少なくとも題名は見られます。

この題名が見られることが
重要なことなのです。

なぜなら、
題名でお客様が気になれば、
本文を見てくれるからです。

1-3:ステップメールの利用シーン

ステップメールの利用シーンって、
実はかなりたくさんあります。

今回はネットビジネスのみを紹介します。

1-3-1:せどり

せどりの場合、メルカリやAmazon、
ヤフオクを使った場合でも
ステップメールは有効です。

しかも、
いまだにほとんどの人がやってないので、
今からやってもかなりの差別化になります。

その方法は、
お礼の手紙を商品に同梱することです。

その時に、最後に

「お得情報があるから、以下より登録してね!」

という内容を書き、
QRコードか空メール用の
メールアドレスを記入して下さい。

URLなどはダメです。

スマホやパソコンに入力するのが面倒なので、
登録率が激減しますので。

1-3-2:アフィリエイト、情報販売

SNSやブログから読者を集めて、
ステップメールで販売をします。

SNSやブログで販売しても良いのですが、
統計的にもステップメールでの
販売の方が購入率が高いですからね。

2:ステップメールの書き方・作り方

この章では、
ステップメールの書き方や作り方を紹介します。

2-1:見込客の購買行動を把握

まずは、
あなたが売ろうと思ってる見込み客の、
購買行動を把握します。

購買行動の順番は、

  1. テレビや雑誌、CMで商品を知る
  2. インターネットで商品説明やレビューなどを確認する
  3. 購入する

という順番です。

因みに、

ネットで商品説明やレビューなどを
確認する際のサイトが、
期待はずれだった場合、
約62%の人が購入や情報収集を止めてしまいます。

参考元:「Adobe Marketing Discovery」調査より

人の購買行動について詳しく知りたい方は
こちらをご覧頂くとわかりやすいです。

AIDMAの法則とは?人が商品を購入する行動法則の解説
あなたは、商品を購入した時、なぜその商品を購入したのかを考えることはありますか?おそらく考えたことはないと思います。あなたは、突然その商品を買ったのではなく...
AISASの法則とは?自動的に「集客の流れ」を構築する5ステップ
“AISAS(アイサス)の法則”とは、1995年に電通が提唱した、「Web時代の消費者における購買プロセス」を指します。『AISASの法則』をマスターし商売に取り入れることで、...

2-2:ステップメールの目的を決める

購買行動を把握したら、
今度はステップメールを使う目的を決めます。

  1. 何を販売したいの?
  2. なんでお客様はそれを買うの?
  3. それを買うとお客様には何かメリットがあるの?

とこの3つを決めて下さい。

この3つを決めるだけで、
何日後に何の情報を送るか自然と決まります。

2-3:ステップメールでコミュニケーションを取る

ステップメールは、
ダイレクトレスポンスマーケティングです。
(以下DRMと言います)

ダイレクトレスポンスマーケティングについて
知らない方はこちらに詳しい記事があります。

0から学ぶダイレクトレスポンスマーケティングを始めるための基礎知識
ダイレクトレスポンスマーケティングは通称DRMと訳されることが多々あります。そもそも、信頼がなければ商品は売れません。例えば、見ず知らずの青年に「あそこの屋台に...

DRMとは、お客様と直接
やりとり出来るマーケティングになります。

これは、21世紀最大の
マーケティングツールです。

なぜお客様と直接やりとり出来るのが良いかと言うと、
直接やりとりすることによって、
短期間で信頼を築くことが出来るのです。

ただし、
ステップメールにも
ある物を追加しないと、
DRMにはなりません。

それは何か分かりますか?

正解は、
アンケートフォームです。

毎回メールを読んだ後に、
必ずアンケートを入力する様に指示するのです。

アンケートを取ることによって
見込客の悩みを知ることが出来ます。

ビジネスの基本は
人の悩みを解決して
価値を提供することです。

なのでアンケートを取ることは
ビジネスを行っていく上で
ものすごく重要なのですが、

アンケートフォームでも
面倒くさがり、やらない人がいます。

こういった方にも
反応して貰う方法はあります。

それは、アンケートフォームの代わりに
グーグルのトップページなどを
メールの下側に貼り、

その貼ったURLを
クリックポイント制にするのです。

クリックポイント制とは、
メルマガスタンド「エキスパ」などで
使えるオプションになります。

予め指定したURLを読者がクリックすると、
1ポイント追加されるというオプションです。

そして、
ポイント数毎のプレゼントなどを
すると良いです。

飲食店やクーポンのポイントを
貯めることが好きな人と同じように
ポイントを貯めてプレゼントがもらえるとなると

メールマガジンを開いてもらえる
確率が上がっていきます。

2-4:ステップメールで売り込みをし過ぎない

何でもそうですが、
売り込みをし過ぎるのは、
受け取る側に嫌われてしまう傾向にあります。

例えるなら欲しくもない新聞を
営業してくる新聞営業マンと同じです。

人は基本的に売り込みが嫌いだからです。

繊細な方も多いので、
なるべく売り込みはしてはいけません。

ただ、
アフィリエイトにしろ情報販売
物販系の商品販売にしろ

売り込みをしないと
売り上げが無くなってしまいます。

しかも、
なるべく多く売り込みをして、
売り上げを上げなければ
ビジネス・会社は成り立ちません。

一般消費者を対象とした
メールマガジンの比率がありますので
こちらをご紹介致します。

2-4-1:情報提供:売り込み=3:1にすること

この比率が業界では
メールマガジンの効果を
最大化すると言われています。

無料の情報を3通送ったら、
1通商品の売り込みをする頻度が最適です。

2-4-2:ストーリー形式で商品を販売する

これは少し上級編ですが、
マーケティング上級者が使ってる方法です。

プロダクトローンチなどが
使われる傾向にあります。

具体的なやり方としては、
クロージングしたい商品を決めて、
その商品に絡んだストーリーを作るのです。

映画の予告編など物語形式になっており
最後に上映開始!という流れと同じになります。

そして、ストーリーの最後に
クロージングをすると、
いつもより成約率が高くなります。

なぜなら、それまで
たくさんの情報を見ているので
興味をもたやすくなり

最後まで手に入れたくなるからです。

これは一貫性の原理という
心理的な影響が働いています。

これら2つのどちらかを使うことによって
売り上げを最大化することが出来ます。

3:ステップメールの例

この章では、ビジネスで使われている
ステップメールのパターン例を紹介します。

ただ、
具体例を挙げるというよりは、
抽象例になります。

幅広くビジネスモデルに
使われている事例をお見せした方が、

今後あなたが
ビジネスをしていく上で
応用がきくようになります。

応用がきくようになると今後どんなジャンルの
ステップメールでも使えるようになります。

3-1:ファン化・リピート購入を狙うステップメール

このパターンは、
一度フロントエンドを販売した後に
購入者に送るステップメールの時です。

フロントエンドとは、
あなたが1番最初に
読者へ販売する商品のことです。

フロントエンドには、
フロントエンドと同等の価値の特典を
付けるのは当たり前ですが、

基本的には、
この時のステップメールには、
Q&Aやフロントエンド関連の
情報を送ると良いです。

そして、

バックエンドを売るまでに3回くらい
サプライズでプレゼントをすると良いです。

キーワードは「サプライズ」です。

予め告知されるプレゼントより、
数百倍読者が喜ぶからです。

そして、
喜んだ結果気持ちが高ぶり、
バックエンドを買ってくれやすくなります。

3-2:顧客をフォローするためのステップメール

顧客とは、基本的には
2回以上自分の商品を買ってくれた人か、
定期購入してくれた人です。

顧客をフォローするためには、
ステップメールで売った商品の
補足をするのが良いです。

特に情報販売の場合、
商品化した後にも新たに仕入れた情報
なんかがあると思います。

そんな情報達をステップメールで
追加で伝えてあげると良いです。

そうすることで、

「え、まだ情報をくれるの?!」

と顧客の好感度が更に上がります。

3-3:教育・講座タイプのステップメール

さっきまで言ってた例文は、
基本的にフロントエンドの時は

一度に動画を全て渡したり、
PDFにして渡して終わりのタイプが主流です。

ただ、
それでは順番に配布していく
講座タイプ系の教材では

そこで、
教育関連などの講座では、
ステップメールの機能を使って、
話構成にして、

毎回のメールで動画やPDFを、
少しずつ配布していくのです。

ステップメールは
メールフォームに登録された方から
順番にメールが配信されていきますので

こうした使い方が可能になります。

文章の雛形としては、

  1. 挨拶
  2. 今回の内容のダイジェスト
  3. 動画やPDFのURL
  4. あとがき
  5. 特定電子メール法による表記

が一般的な形式になります。

この順番でメールを書けば、
迷わずメールは書くことが出来ます。

もし、文章を書くことに苦手意識がありましたら
こちらの記事をご覧ください。

読者をファン化するメルマガの書き方「14のコツ」を徹底解説
メルマガは非常に強力な情報発信の方法です。送る相手のメールアドレス(これを「リスト」と呼びます)さえ手元にあれば、 「素早く」 「複数の相手に」 「低コスト...
コピーライティングとは?原理原則と基礎をマスターする3つの方法
ここではコピーライティングの基礎から本質的なテクニックまで、余すことなく一挙に紹介していきます。もし、あなたが今まで文章に苦手意識があったのなら、この記事は...
ステップメールアフィリエイトで不労所得を得るための6つのポイント
ステップメールは上手く使わないと全く効果がありません。理由は、今はメルマガを使ってアフィリエイトする人がかなり増えたからです。でも、まだちゃんとした手順でや...

4:おすすめのステップメール配信スタンド

いまやステップメールを使わせてくれる会社はかなりあります。

それこそ、
中小企業からそこそこ有名な会社まで。

「色々あり過ぎてもう分からん!!」

そんなあなたに朗報です。

今回、
メルマガスタンドを色々使って来た私が
オススメのメルマガスタンドを、
概要付きでお伝えします。

4-1:まぐまぐ

まぐまぐは、
ネットビジネスを1年くらい触れていると、

ほとんどの人が
見聞きするメルマガスタンドですよね。

昔は審査が厳しくて
なかなかメルマガ発行出来ませんでしたが、
最近は審査も緩くなっています。
(2017/04/01時点)

ただデメリットとして、
読者のメアドが分からなかったり、
ステップメール機能がありません。

読者のメアドが分からない限り、
自分で他のメルマガスタンドに読者を
移行することは出来ません。

それにステップメール機能がないので、
読者を教育するのも難しいです。

バックナンバーを使うことも出来ますが、
初心者や中級者には難しいです。

ですが、
やはり圧倒的な集客力があるので、
自分のメインのメルマガスタンドを他に持ち、
そこへの集客の手段として使うことをオススメします。

4-2:オレンジメールかエキスパートメール

オレンジメールやエキスパート(通称エキスパ)は、
同立で使いやすいメルマガスタンドです。

エキスパはステップメール部門でトップですが、
オレンジメールはそれほど有名ではありません。

ですが、有名ではないが故に、
悪どい情報発信者も少ないです。

なので、必然と到達率は
オレンジメールの方が高い気がします。

エキスパは有料版しかありませんが、
オレンジメールは無料版もありますので、
初心者ならオレンジメールをオススメします。

ただ、エキスパはASPなども併設していますので、
将来性はエキスパの方が高いです。

ASPについて分からない方は
こちらの記事が参考になります。

アフィリエイトとは?収入を得る流れや方法を詳しく解説!
アフィリエイトに興味はあるけど アフィリエイトってなんだろう? アフィリエイトって稼げるの? どのように記事を書いていいかわからない… 何を行えばいいのだろう...

 

4-3:ワイメール

ワイメールは、
初期費用がかなり掛かります。

正直、まだ5万円くらい稼げていない人は、
使わない方が良いかも知れません。

大金を叩いて賭ける必要はありませんからね。

ただ、安定して10万円くらい
稼げるようになったら、
ワイメールをオススメします。

理由は、
到達率の高さやセキュリティの高さ、
サポートの質が高いからです。

オレンジメールや
エキスパもサポートは良いですが、
ワイメールが1番でした。

5:まとめ

さて、
ステップメールの概要から始まり、

書き方と例文、
オススメのメルマガスタンドを紹介しました。

どの章もかなり
濃い内容になっています。

最初から一度に
覚える必要はありません。

学習は繰り返しと復習が大事です。

一つずつゆっくり読み込んで
順番にステップを踏んでいけば
使う順番や始め方を理解出来ますので

当サイトで勉強して
ステップメールを使いこなせるように
なって頂ければ嬉しく思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!