【副業をしている人専用!】職業別の確定申告方法と具体的な流れ

サラリーマンで副業をしている人にとって
確定申告は必要不可欠な存在です。

本業以外でのFXや株といった投資、
せどりや転売などで副収入がある人は
必ず確定申告をしなければなりません。

最近では、LINEやtwitterなどのソーシャル
メディアやヤフーオークションを使用した
副業の存在をネット上やテレビ番組などで
知って副業を始めようとする人も
増加傾向にあります。

しかし、そのために多くの人は

「確定申告の手続きって面倒くさそう」

と考えているようです。

「副業でお金稼いだら確定申告とか
 しなければいけないのかな?」

と思うかもしれませんが、確定申告を
しなければ、税務省の人からより多くの
税金を現金以外(ブランドバッグ、金など)
から売却して徴収される可能性があります。

どうせ税金を支払うなら、最初から素直に
支払っておいたほうが結局は得をします。

今回はそんな副業での確定申告の方法を
克明にシェアしていきます。

目次
1:副業により確定申告が必要な人とは
2:確定申告が必要な人とそうでない人
3:確定申告の全体像
4:アルバイトによる副業で確定申告をする
5:株による副業で確定申告をする
6:オークションやネットビジネスによる副業で確定申告をする
7:不動産投資による副業で確定申告をする
8:まとめ

1:副業により確定申告が必要な人とは

まずは、副業で確定申告が必要なケースを
わかりやすくお伝えしていきます。

基本的には「『副業による所得の合計』が
20万円を超える場合」に確定申告が必要に
なります。

所得について分かりやすくお伝えすると、

「収入額から必要経費(控除額)を
差し引いたもの」

です。

簡単に言うと、PPC広告収入なら広告費、
せどりなら仕入れ金額、だと言えます。

PPC広告収入とはYahooやグーグルなどの
上位に表示されているクリック課金型の
広告サービスに申し込み、集客をして
発生した利益のことをいいます。

 

せどりは店舗にて商品を仕入れて
ネットオークションなどを通じて販売し
差額で利益を出すビジネスモデルのことを
指します

これらの金額を売上げ金から差し引いて
20万円を超えていなければ、確定申告を
する必要はありません。

2:確定申告が必要な人とそうでない人

また、副業にて
確定申告をする必要がある人は
下記の項目に該当している人が対象です。

(2) 給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える
(3) 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える
※給与所得の収入金額の合計額から、所得控除の合計額(雑損控除、医療費控除、寄附金控除及び基礎控除を除く)を差し引いた残りの金額が150万円以下で、さらに各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円以下の方は、申告は不要です。

(出典:国税庁

例えば、本業での収入以外に

「ポイントサイト:12万円」
「せどり:仕入れ値5万円&売上げ15万円」
「株:2万円」

を得ていた場合は、
所得の合計額は24万円となりますので
確定申告が必要になります。

また一方で、

「ブログ広告収入:5万円」
「せどり:仕入れ値6万円&売上げ8万円」
「FX:3万円」

という場合は、所得の合計額が
10万円となりますので確定申告は
しなくてもOKということになります。

また、本業以外にマンションなどからの
不動産(家賃)所得や、LINEスタンプ、
ヤフーオークション、アフィリエイト、

Kindleなどの電子書籍からの印税など
事業として行っていない一時的な所得
(雑所得)も副業による所得に該当します。

なのでこういった所得も合わせて
計算する必要があります。

ただし、オークションの場合は売るつもりで
仕入れたもの、そして1組、または1個の
価格が30万円を超えるものに関しましては
確定申告の対象となります。

その反対に生活用品(生活用動産)で不要に
なったもので売上げた金額は、非課税
(確定申告は不要)になります。

また、「支払明細書(銀行振込書)」
「オークションで振り込まれた通帳」などは
確定申告の際に必要としますので、
必ず取っておくようにして下さい。

3:確定申告の全体像

次に副業で得た収入を確定申告する際に
対象となる税金についてお話します。

原則として副業の確定申告に当てはまるのは、

  • 所得税
  • 住民税

この2つになります。

3-1:所得税

1つ目に「所得税」です。

これは1月1日~12月31日までに得られた
副収入を確定申告することで納税をします。

本業以外での副収入

(FX、株、せどり、ポイントサイト、アフィリエイト、
不動産収入、LINEスタンプ、メルカリ、ヤフー
オークション、Kindleなどの電子書籍による印税)

の合計額が20万円を超える場合は
翌年の3月15日までに自ら確定申告をして
おかなければ脱税となる可能性があります。

詳しくは税務署のサイトを参考にしてください。
→ 国税庁

3-2:住民税

2つ目に「住民税」です。

一般的に会社側が住民税を支払っている人は、

本業で得た収入による住民税×
副収入で得た収入

この2つが合わさって会社側へ通知されます。

それとは反対に、自分で住民税を
支払っている人は住民税の納税通知書が
自宅宛に届きます。

これは自分で6月以降に支払う必要が有ります。

また、先ほどもお伝えしたように所得額が
200,000万円以下の場合、所得税の確定申告は
不要です。

ただし、住民税の税金申告は、20万円以下で
あったとしても必須になります。

*これは市区町村で異なりますので詳細は
居住地の市区町村に確認してみて下さい

しかしながら、
「会社側へ副業をしていることを知られたくない」
というのであれば、
例え本業以外の所得額が
20万円以下だったとしても
市区町村へ住民税の申告をしておいて下さい。

理由としては、支払うべき住民税の額が
本業分と副業分で累計され、会社側に
報告(通知)されることになるからです。

会社に副業がバレる原因になりますので、
副業分の住民税は自分で納めるようにする事で
会社への通知を回避しなければならないのです。

もし、会社側に副業が知られたくない場合は
マイナンバーで会社に副業がバレるのか?
の記事を参照して下さい。

次は職業別に確定申告の方法を解説します。

4:アルバイトによる副業で確定申告をする

副業の種類が「アルバイト」となる
ケースなら、所得のジャンルは
「給与所得」になります。

副業にて雇用者がアルバイトをした場合、
確定申告については、会社(本業)の
源泉徴収票とアルバイト先の源泉徴収票
この2枚を手にとって確定申告を行います。

同一する給与所得の場合になると本業の
会社は「主たる給与」と呼び、副業は
「従たる給与」です。

主たる給与に関しましては、会社側が
年末調整を代行してくれますので確定申告は
不要です。

しかし、副業でバイトを行っているケースだ
と、従たる給与となる会社が年末調整は
出来ませんので確定申告が必要となります。
(確定申告の作成サイトについては
この記事のまとめに記載)

アルバイトは深夜や土日を通じて行う
レストランのスタッフ(従業員)や
家庭教師など多岐に渡ります。

また、従たる給与が年間の所得20万円を
上回っていない場合なら、確定申告は
必要ありません。

ただし、本人がアルバイトだと考えていた
としても会社側の都合によりアルバイト
とならない場合があるようです。

まず、「アルバイト=雇用契約」であれば
給与所得の扱いとなり、「外注=請負契約」
なら雑所得の扱いになります。

また、副業をしているケースでも
事業で行うなら事業所得になりますので
注意が必要です。

5:株による副業で確定申告をする

そして、副業が「株の取引(売り買い)」
ケースなら所得のジャンルは「譲渡所得」に
なります。

株のケースだと、売り買いを行っている
口座のジャンルによって確定申告が必要に
なるかどうかが変化してきます。

例えば、特定口座の源泉徴収ありを選択する
と確定申告が不要になりますが、特定口座の
源泉徴収なしを選んだ場合は、証券会社が
年間取引報告書という書類を自宅まで
発送してくれます。

ですから、それを利用して確定申告を
行うことになります。

また、一年を通して株の取引で
損をしている方は確定申告は不要です。

もう一つ、一般口座の場合は
本人が売買報告書を元に取引報告書
という書類を製作して確定申告を
行うことになります。

これも、一年を通して損をしている方は
不要となります。

二つ目にNISA口座の場合は年間100万円の
元本(現金)から発生した利益については
非課税となりますので、確定申告は不要です。

しかし、配当金を銀行口座や郵便局などで
受け取る場合は課税対象となってしまいます
ので、20万円を上回ったなら確定申告が
必要となります。

6:オークションやネットビジネスによる副業で確定申告をする

副業の種類がネットオークションや
アフィリエイト(ネットビジネス)による
所得ならジャンルは「雑所得」です。

雑所得のケースは、所得(売上からネット
通信費用などの経費を引いたもの)を合算して
20万円を上回っている場合には確定申告が
必要になります。

そして、これはアフィリエイトなら
ASPの支払明細書などといった画面を
印刷することで確定申告をしていきます。

オークションに関しましては、先ほども
述べたように、売るつもりで仕入れた
価格差の大きい商品(DVD、ゲーム機)
などが確定申告の対象となります。

また、生活用品などで不要になった
パソコンや松ぼっくり、机などは
売上げたとしても非課税になりますので
確定申告は必要ありません。

もし確定申告が必要となる場合は、
実際に振り込まれている通帳などを
まとめて掲載すればOKです。

7:不動産投資による副業で確定申告をする

副業の種類が不動産による投資なら
所得のジャンルは「不動産所得」です。

不動産所得のケースも同様に、所得
(家賃収入から必要となる経費を差し
引いた額)を合算して20万円を上回った
場合に確定申告が必要となります。

8:まとめ

とりあえずは、

  • ・副業による所得(売上から必要経費を
    引いた額)が20万円以下なら確定申告を
    する必要がない
  • ・副業で1月1日~12月31日までに得た
    所得が20万円を超えたにも関わらず
    翌年の3月15日までに確定申告をしない場合

は脱税となり調査によって
脱税と副業がバレるので
確定申告書等作成コーナー
にて確定申告書の提出を行う

この2つを意識しておけば、税金に関する
トラブルはかなり高い確率で解消されます。

 


あわせて読みたい


 

初心者必見!0からお金を稼ぐビジネスの見つけ方

サラリーマン必読!安全に毎月2万円のお小遣いを稼ぎ出す方法

ネット不労所得の作り方18のポイントをプロが徹底解説!

【5分で読める】マイナンバー制度で会社に副業がバレない対策法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。