ビジネスで使える3つのテクニック!他人を操る心理学の極意

他人を操りたいですか?

お人形のようにあなたの思い通りに
動かしたいと思いますか?

自由自在にコントロールしたいですか?

今日のテーマは『他人を操る方法』です。

子供でも家族でも伴侶でも部下でも上司でも…
相手が人間である限り、操る事は可能です。

他人を行動させるテクニックを様々な具体例を使って
解説しましたので、ご覧ください。

目次
1:人は『重要』ではなく『欲しい』ものを求める
2:テクニック1:短期的欲求を満たし成功を実感させる事
3:テクニック2:相手の興味と教えたい事をマッチさせる
4:テクニック3:第三者を説得させる事
5:本当にコントロールすべきものは
6:まとめ

1:人は『重要』ではなく『欲しい』ものを求める

ある教育ビジネスを経営されている方から
以下の質問をもらいました。

Q:私は教育ビジネスを行っているのですが
生徒が思うように行動してくれません。

本当に大切で重要な事を伝えているのですが
それらを無視して手軽で簡単な事ばかりを
やろうとします。

どうすれば彼らをコントロールする事が
出来るのでしょうか?

1つ覚えて欲しいマインドセットがあります。

人は『重要』ではなく『欲しい』ものを求める

人間にとって『重要』な物事は
長期的なものが多く面倒なものが殆どです。

逆に『欲しい』ものは短期的で
手軽なもの多いです。

例えば、ダイエットの商品で

「1粒飲めば5キロ痩せます!」

という商品と

「1年かけて太りにくい健康な身体を作りましょう」

という2つがあったら、確実にAの方が売れます。

みんな時間がかかる長期的な事が大嫌いです。

短期的な商品ばかりを欲しがります。

これは人間の本能ですので仕方が無いのですが

『人間は短期的で手軽なものだけを欲しがる』

まず、これを覚える必要があります。

次に覚えて欲しい事は、全員を成功に
導くのは想像以上に難しすぎるという
事実です。

成功者は1%と言いますが、なぜかといえば
1%くらいの人しか行動しないからです。

他人を行動させるのは本当に難しいです。

「なんでアンタは言われた事が出来ないの!」

と怒り狂っている親をよく見かけますが
そんな親も会社では上司から言われた事を
ちゃんと出来ていません。

「起業して成功するぞ!」

と言いながら、家で酒を飲みながら
ゴロゴロしています。

行動は口で言うほど簡単ではないのです。

そのためビジネスであれ勉強であれ
教育する側の人間は自分についてくる人だけを
選ぶようになります。

「言う事聞かないならお前はいらない」

となってしまいます。

これはこれで正しいと思います。

人には相性がありますので
相性が合う人だけと付き合うのも
1つの方法です。

ただ私は、個人的に以下の3テクニックを
出来る限りやるようにしています。

それでもどうしても駄目なら、後は
その人が気付くまでは放っておく事に
しています。

2:テクニック1:短期的欲求を満たし成功を実感させる事

時間がかかる長期的な物事は
みんな大嫌いです。

私も好きではありません。

そこでまず短期的なものを先に提供し
『成功体験』を実感させる事です。

例えば、

ステップ1:まず無料で1000円稼がせる

ステップ2:少し難しいけど1万円稼ぐ方法を教える

ステップ3:本格的にもっと稼げるノウハウを提供

というように成功体験を実感させながら
徐々にステップアップさせていくのです。

最初から難しい事を言わないのです。

例えば小学校の宿題で親が

「この1問をやったらお菓子を食べようね」

と言ってくれたら、やる気が出ると思います。

しかし

「今日も明日も明後日も、そして中学も
高校も大学も宿題は毎日あるのよ!」

と言ったら、子供はやる気がなくなると思います。

それと同じで、まずは短期的な方法を教え
成功体験を実感させつつ、徐々にステージを
引き上げていってあげます

成功体験をさせられると相手はあなたを信頼します。

「あなたの話をもっと聞きたい」

と感じるようになります。

そのタイミングで、本当に重要な
長期的なものを提供するのです。

3:テクニック2:相手の興味と教えたい事をマッチさせる

という方法です。

誰にでも興味をそそるポイントを持っています。

ビクンと反応する引き金を持っています。

そこで、あなたが教えたい話と
相手の興味がある話の共通点を
見つけます。

例えば、あなたが「医薬品は体に悪い」
思っているとします。

しかし相手は「薬を飲みたい」と
思っているとします。

この時、

「薬は身体に悪いから絶対飲んだら駄目。
飲む奴はバカでアホで知能が低い奴だ!」

などと言ったらケンカになるだけです。

説得もクソもありません。

そこで相手の興味ポイントを探ります。

例えば、相手が医薬品を求めているのは

「医者や医学という権威を信頼している」

と仮定します。

そうであれば、その権威を使います。

「○○大学や××医師も推薦している方法だよ」

と言ってあげれば、もし相手の興味ポイントが
権威であれば聞く耳を持つはずです。

これはナンパが上手い人や営業が上手い人が
とても上手なのですが、他人を動かしたければ

『教えたい事と相手の興味の共通点を見つける』

これが大切です。

4:テクニック3:第三者を説得させる事

例えば、あなたはAさんにタバコを
辞めさせたいとします。

その時Aさんに「辞めろ」と言っても
逆に反発されます。

「タバコを吸う奴は意思が弱くて
アメリカでは出世できないんだぞ」

と言ったら、どんなに正論であっても
殴り合いのケンカです。

そこで『他人を説得させる』という
テクニックを使用します。

他にタバコを吸っているBさんを見つけます。

そしてAさん(あなたのターゲット)に

「Bさんにタバコを辞めるよう説得してくれない?」

とお願いします。

Aさんは色んな理論を振りかざし
Bさんにタバコを辞めるように
説得します。

そして説得している最中にAさんは
自分の言葉によって自分に催眠を
かけはじめます。

自分の言葉で自分を説得してしまうのです。

己の言葉以上に強烈な洗脳はありません。

Bさんを説得しているつもりが
いつの間にか自分を説得して
いつの間にかタバコを辞めたく
なっているのです。

最後に、

5:コントロール出来るのは最後は自分だけ

『他人をコントロールする』

というテーマでしたが、正確に言えば
私はそんな方法は無いと思っています。

コントロールできるのは最後は自分だけです。

自分を管理できない人に限って
他人を管理しようとします。

また「相手のため」と口では言いながら
実は自分の利益のため、という人が
殆どです。

こういう『心の臭い』は相手に伝わります。

まず自分自身。

その上で、思いやりの気持ちを持って
相手を行動させる手助けをすることが
とても大事なことだと思っています。

6:まとめ

今日の記事はいかがでしたでしょうか?
最後に要点をまとめると、

  1. テクニック1:短期的欲求を満たし成功を実感させる事
  2. テクニック2:相手の興味と教えたい事をマッチさせる
  3. テクニック3:第三者を説得させる事
  4. コントロール出来るのは自分だけ

人を動かすために
3つのテクニックをお話しましたが、

最後に決めるのは、その人本人であり
自分の行動をコントロール出来るのは
自分自身なのです。

他人をコントロールするのではなく、
まずは、自分自身を導き

そして、相手を行動させる手助けを
行って欲しいと願っています。

 


あわせて読みたい


フロントエンドマーケティングを導入するメリットと4つの事例とは

0から学ぶダイレクトレスポンスマーケティングを始めるための基礎知識

ネット不労所得の作り方18のポイントをプロが徹底解説!

WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

かなり参考になる企業のキャッチコピーの7選と5つの作り方

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!