もう無理!仕事を辞める!と思ったキッカケ7選と2つの解決策

仕事 辞める

「仕事を辞めたい!」と、
心から強く思ったことはありますか?

働いている多くの人は、
1度どころか2度3度と
思った経験があるでしょう。

実は、私もそのひとりです。

仕事を辞めたいと思ったキッカケは
人それぞれだと思いますが、

多くの人に当てはまる
代表的な7つをまとめました。

多くの人が共感できる内容だと思いますよ。

そして、
仕事を辞めたいと思う方へ
解決策を2つご紹介します。

仕事を辞めたいと悩んでいる方は、
ぜひ最後までお付き合いください。

1:仕事を辞めたいと思ったキッカケ7選

「もう、この仕事を続けられない」と
思う悩みは多くの人が抱えています。

大手転職サイトで行われた、
退職本音アンケートの結果では、
下のような結果になりました。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

参照:リクナビNEXT

 

仕事 辞めたい

参照:enジャパン

いろいろな退職理由があることはわかります。

会社内の上司との人間関係や、
給与に関する不満が多いですね。

上のアンケートの内容を踏まえ
代表的な退職理由について、
7つを選びご紹介します。

あなたもバッチリ当てはまる
理由があるかもしれません。

他の理由も合わせて、
参考にしてみてくださいね。

1-1:給与明細を思わず2度見!収入が低くすぎる

給与があまりに低いと、
やる気が削がれてしまいますよね。

会社の利益のために。
お客様の役に立つために。

そう思って、
頑張って仕事をこなして、

いざ一ヶ月分の給与明細を見ると
2度見してしまうほど低い金額が!

仕事にかけた
労力、時間、情熱に対して、
給与が割にあわない、
と感じてしまいます。

ヤフー知恵袋でもこのような声がありました。

明日、上司に退職したい旨を話そうと思います。
退職理由ですが、本音は給料に対する不満や仕事の差別です。
給料は7年ほどいても上がらない(説明なし)し、将来的な見込みも持てそうにないからです。

仕事の差別というのは、誰でも出来る書類作りや雑務を私のみに押し付けたり、「こうしたほうが良いのでは」ということを私が言ってもダメというのに、他の人だとOKということです。
私の雇用形態は正社員です。

参照:ヤフー知恵袋

現在デザイン業に就いて二年ほどになります24歳です。現状の給与の少なさに不満を感じる事と、上司のやり方に着いていけないことを理由に、会社を退職したいと考えています。

参照:ヤフー知恵袋

給与は働く上で、
最も重要な要素のひとつです。

あまりに給与が低いと
仕事を辞めたいと感じてしまうのも、
仕方がないですよね。

1-2:疎外感や気疲れする会社での人間関係

職場内の人間関係の悩みは、
深刻な悩みですよね。

上司や同僚に
苦手な人がいたとしても、

完全に出来上がった
社内の空気感や人間関係は
カンタンには変えることが
出来ないからです。

「私が耐えれば良い…」

と考えても、

グループの輪に入れなかったり、
気の効いたことも言えなかったりすると、

その度に気持ちが
沈んでしまいます。

enジャパンの人間関係アンケートでも、
下のような結果になっています。

仕事 辞めたい

参照:enジャパン

全体の半数以上が、
人間関係の悩みを抱えていますね。

人間関係の悩みは、
カンタンには解決できない問題です

対人関係について
書かれている書籍や
セミナーを受けても、

自分が変われたと実感できる人は、
あまり多くないようです。

もちろん、
今の状況を改善する努力も
必要ではあります。

しかし、
中学や高校といった
学生時代もそうですが、

せまい世界の中で
人間関係に深く悩み、
傷つくよりも、

その場から離れることも、
選択肢のひとつだと思います。

人間関係の悩みで
仕事を辞めたいと感じるのは、
最も多い理由のひとつですね。

1-3:もう耐えられない!と感じる仕事内容

あまりに変化のない仕事や、
責任の重い仕事をしていると

「この仕事をずっと続けるべきだろうか…?」
と悩んでしまう方も多いようです。

実際に退職した人の声として、
下に掲載しますね。

・工場勤務の男性

正直、誰でも出来る仕事。

何のスキルも身につかず、
このままここにいて良いのか?

今後の将来が不安に感じてしまった。

若い内に他の仕事に
チャレンジしてみたいと思った。

・生死に関わる看護婦さん

昨日まで話ししていたおじいちゃんが
今日亡くなった。

元気に話していたから、
信じられなかった。

「甘えている」と言われるけど
こんなことが続く仕事場では、
続けられないと思った。

このように、
実際に働いてみてみないと、
気づけないこともあります。

他にも多くの理由がありますが、
仕事内容が合わないことは、
仕事を辞めたいと感じるひとつですね。

1-4:家と会社の往復だけ。ツライ長時間労働

長時間労働は、
体にも精神的にも
大きな負担がかかります。

体力のある人ならある程度、
耐えることも出来ると思いますが、
そうでない人はツライですよね。

周りも長時間労働が当たり前、
みたいな空気になっているので、
早めに帰りたいなんて言えません。

しかし、
このままで良いのか?と
感じてしまう時がありますよね。

ヤフー知恵袋でも、
長時間労働に関する悩みが
多く寄せられています。

入社1年が経ちましたが仕事の拘束時間が長すぎて体力・精神共に限界です。始業は8時からなのですが終わるのが大体21時を回る。(最
近は7時前出社で帰りが23時前後でまた7時前に出社を毎日してて身体が休まることはないですし上司のパワハラで精神的にもおかしくなりつつあるなと感じております。

参照:ヤフー知恵袋

 

会社に仕事辞める時は1ヶ月前に言うよう言われてるんですが、今月末で辞めたいです。
法律では2週間前に言えば大丈夫なはずですが、やはり今から言ったら1ヶ月間我慢しないといけないんですか

労働時間長過ぎて疲れました・・・

参照:ヤフー知恵袋

毎日、朝から晩まで
楽しくも無い仕事がずっと続くと
ストレスが溜まり辞めたくもなりますよね。

長時間労働は、
心身ともに疲れます。

体育会系の人でなければ、
向いていないと言えるかもしれません。

1-5:ホントに現場わかってる?とツッコみたい社風

「これって業務効率が落ちるのでは…?」

と言いたくなるような、
社内規則を作り出す会社があります。

現場の都合なんて知らぬ、
いいから言うことを聞け!

というスタンスで作り出される規則ですね。

もちろん、
業務効率よりも
重視される規則はあります。

しかし、
それでは説明つかない、
なぞの規則もありますよね。

現実にあった話では、
こんな話があります。

ある営業会社のYさんが、
何度も通いつめて
やっとのことで口説いた会社があります。

取引金額は少ないですが、
これから拡大も見込める会社です。

意気揚々と事務所に戻り
契約書を作っていると、

部長から、

「あ、そんなちっちゃい仕事
今後しないことにしたから。
スグに断ってきて」

と言われました。

しかし、
せっかくとってきた契約です。

Yさんは、
今後取引金額が拡大する説明
をしましたが、

「もう社内で決めたことだから。
○○○万円以下の仕事はしないよ」

と言われてしまいました。

この後、
Yさんが先方の会社で平謝りしたことは、
言うまでもありません。

サラリーマンは、
大きな組織のひとりに過ぎません。

トップがNOといえば、NOなのです。

しかし、
サラリーマンも人です。

社内で勝手に決まった規則で、
振り回されると、
心身ともに疲れてしまいますよね。

この仕事を辞めたい。

と感じてしまうのは、
無理のない話です。

1-6:ウソ、私の評価低すぎっ?!な評価制度

会社の評価制度も
仕事の継続に関わる部分ですね。

自分の頑張りを、
正当に評価してくれないと、
仕事を辞めたいと感じてしまいます。

例えば、

  • 明らかに仕事をサボっている社員
  • 口だけ達者な先輩社員
  • 人の手柄を横取りする社員
  • 年功序列で給与が上がる社員

こんな人達の評価が高いと、
不満を強く感じてしまいますよね。

ちゃんとひとりひとりの仕事を、
平等に評価してほしい。

そう思うのは当然のことです。

しかし、
実際は平等性に欠ける
評価がされていることが多々あります。

そのギャップが、
仕事を辞めたいと
思ってしまうキッカケですね。

恐らく、
会社側も何かしらの理由があって、
評価に差をつけているのだと思います。

会社のトップに身内がいることで、
出世が早いなんてことは良く聞く話ですし、
他にもいろんな要素が働くでしょう。

仕事だけでなく、
他の要素もモロモロ合わせて評価するのが、
世の中なのかもしれません。

とは言いつつ、
ちょっと納得は出来ないですよね。

1-7:単純にやる気が出ない

やる気が出なければ、
仕事になりませんよね。

「甘えるんじゃないっ!」

と怒りだしそうな理由ですね。

しかし、
「やる気が出ないなぁ〜」と思って
仕事を辞めたいと考えてしまうことは
結構な人が経験あることだと思います。

ヤフー知恵袋でも、
このようなストレートな声もあります。

やる気がないので仕事を辞めたいです。
特にやりがいを感じない。
一緒に働く人も好きじゃない。
待遇も悪い。

参照:ヤフー知恵袋

 

仕事、やる気が全くないから辞めるというのはアリですか?
今、仕事を辞めたいという悩みでストレスがヤバイです。

参照:ヤフー知恵袋

実際に仕事を
辞めるかどうかは別にして、
とても率直な意見ですよね。

精神的な話になると、
根性やメンタルの強さを
説教する人も中にはいます。

しかし、
心が疲れている可能性もあるので、
休養をとることも考えた方が
良いかもしれません。

2:解決策は2つ。転職ともう1つは…。

「現状を変えるために、仕事を辞めたい」

と考えている人が、
真っ先にたどり着くのが
転職することですよね。

抱えている不満を解決するために
転職先を探す行動をとることは、
とても良いことだと思います。

自分にあった転職先を
見つけることが出来れば、
一気に不満を解決できる可能性があります。

あなたらしく働ける会社であれば、
とても素晴らしいことです。

しかし、
給与や就業時間など、
条件面はあらかじめ分かりますが、

人間関係や社風などは、
実際に働いてみないと
分からないですよね。

もうひとつの解決策として、
提案したいのが、
「独立・起業」です。

2-1:独立・起業はムズカシクない時代

独立起業と聞くと、
ちょっと身構えてしまいますよね。

  • 資金が掛かりそうだな
  • 特別なスキルが必要なのでは?
  • 仕事をとる営業力がないよ
  • 面倒なことはしたくないな

こんな感情を抱く人もいるでしょう。

しかし、
それはムズカシク考えすぎです。

今の時代は、
資金0円〜小資金でビジネスを
始めることも出来ます。

それに副業を解禁している
会社も増えていることはご存知ですか?

例えばロート製薬やソフトバンクが
副業解禁してニュースになりましたね。

ロート製薬は14日、2月に導入した副業を認める制度に60人強の社員が応募したと発表した。薬剤師の有資格者がドラッグストアで店員として働くほか、地ビールの製造・販売をする会社を設立した社員もいる。社外で多様な経験を積ませることで、新しい発想を生み出し、行動力のある社員を育てる。

参照:日本経済新聞

 

ソフトバンクは10月12日、働き方改革の一環として、社員の副業を解禁すると発表した。「本業に影響のない範囲かつ社員のスキルアップや成長につながる」副業について、会社の許可を前提に認めるという。

参照:IT MEDIA NEWS

他にも副業を解禁している
会社は増えています。

副業を解禁する目的は、
いろいろとありますが、
そのうちのひとつに、

「会社だけに頼らない収入を、
 自分自身で稼いでもらう」

という狙いがあるのでは?
と考えています。

会社側も従業員の生活すべてを
面倒を見ることは難しい時代です。

そういった意味でも、
自分のビジネスを持ち
収入を安定させることが重要です。

会社からの給与 + 自分のビジネスの収入

という方法で、
収入を安定させるのも
良い考え方ですね。

ゆくゆくは独立起業を目指すのなら、
今の働き方の選択肢も広がりますよ。

正社員でも
派遣の仕事でもバイトでも、

働きながら生活できるお金を確保し、
Wワークで自分のビジネスを持ち、
スキルや実績を積み上げる。

これがリスクの少ない
最も確実な起業方法ですね。

働き方が多様化している今、
収入を得る方法は
会社に勤めて働くだけではありません。

もっと自由に働けますし、
その考え方はドンドン
広がっていき浸透でしょう。

自分のビジネスを持つこと。

ゆくゆくは独立起業を目指すこと。

これらを選択肢の1つとして
考えてみてはいかがでしょうか。

副業から、独立についてはこちらの記事の方に
まとめていますので、興味がある方は、
ご覧頂くと参考になると思います。

あなたもできる副業・起業する方法4ステップ!おすすめビジネス紹介
世の中の流れが急激に変化しているこの平成時代…会社員で給料をもらっているだけではとても安泰とは言えません。とくに収入源が一つしかない場合、会社からリストラされ...
【起業する!】と言った時に反対する家族や周囲を味方に変える方法
独立起業をしようとした時に、家族や周囲から反対された経験はないでしょうか?「あれ?応援してくれると思ったのになんで?」と反対する人たちに対してイライラやもど...
学生でも稼げる!おすすめの副業5選
学生がインターネットで稼ぐなんて無理と思っていませんか?実はそんなことはなく学生でも稼げる副業は多く存在します。その中でも特におすすめの副業を5つにまとめて紹...
正社員で出来る副業と住民税の知っておきたい5項目
サラリーマンで正社員として働きながら、副収入を得る事が出来ればライフプランも希望のプランが立てる事が出来、生活も楽になり楽しい人生を送る事が出来るのではない...

3:仕事を辞めたいまとめ

仕事を辞めたいと
思ったキッカケ7つと、
解決方法を2つ解説しました。

仕事を辞めたいと思ったキッカケとして、

  1. 収入が低くすぎる
  2. 会社での人間関係
  3. 仕事内容
  4. 長時間労働
  5. ツッコみたい社風
  6. 評価制度
  7. やる気が出ない

この7つですね。

多くの人が、
一度は感じたことがある
キッカケではなかったでしょうか?

仕事を辞めたいと思うには、
充分な理由ですよね。

解決方法として、
2つご紹介しました。

転職
独立起業

私のオススメは、
会社に務めながら、
自分のビジネスを持つことです。

会社の給与 + 自分のビジネスの収入

この収入形態が、
もっとも安定した収入を
狙うことが出来ます。

スキルや実績が出来たら、
本格的に独立起業を
考えてみるのも良いでしょう。

ひとつの会社に、
生活のすべてを
捧げる時代ではありません。

仕事を辞めたいと感じたら、
転職と合わせて、
自分のビジネスを持つことも
考えてみてくださいね。

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。