ポロニエックスの登録方法を図解でわかりやすく解説!

ポロニエックス 登録方法

近年、ようやく日本でも仮想通貨(暗号通貨)が
浸透してきたものの、まだまだメジャーではなく
認識されていない人や仮想通貨に対して抵抗がある
という人も多いのではないでしょうか?

しかし、世界規模で見れば仮想通貨の売買は
とても盛んに行われていて、
特にビットコインの発祥の地であるアメリカでは
盛んに取引が行われています。

もちろん、

日本でもビットコインやアルトコインなど
小規模ながら売買が行なわれていますが、
取り扱っているコインの種類や取引の規模も
まだまだ、少なく不便な状態にあります。

そこで、活用したいのがアメリカにある
世界最大級の仮想通貨の取引所である
ポロニエックス(Poloniex)です。

日本最大級に誇るコインチェック(coincheck)が
十数種類に対してポロニエックス(Poloniex)では
60種類以上取り扱われています。

また、コインチェックなどの取引所を介して
仮想通貨での売買も可能であるため、
法定通貨を介さずに取引が可能です。

ポロニエックス(Poloniex)は仮想通貨を
扱うにあたり、非常に利便性が高いため、
利用しないのは勿体ないところです。

しかし、アメリカの取引所であるため、
サイト内の表記はすべて英語表記になっていて、
英語が苦手な人にとってはどうしても
ハードルを感じてしまいやすいと思います。

しかし、
実際のところはコインの種類と価格さえ
分かれば取引自体は難しいものではないので、
特別に高い英語能力は必要ありません。

最初につまずいてしまうのは
英語表記であることから登録がスムーズに
行なえないというところがあるかと思います。

英語がわからなくとも登録は簡単にできますので、
今回はアカウントの作り方やプロフィールなど
ポロニエックス(Poloniex)への登録方法を
詳しく解説していきます。

1:ポロニエックスのアカウントの作成手順

では、海外の暗号通貨取引所『Poloniex』の
登録方法の手順について詳しく解説していきます。

まずは下記のURLより
Poloniex』のページを開きます。
→ https://poloniex.com/

ページを開きましたら、中央にある
『Create your account』をクリックしてください。

ポロニエックス登録方法そうすると

登録手続きの画面に移りますので、
上から順に入力していきます。

まずは『Country』で在住している
国を選んでください。
(日本の場合はJapan)

続いて
『Email』
『Password』
『Repeat Password』
をそれぞれに入力してください。

すべて記入を終えたら
『私はロボットではありません』の
□の欄にチェックを入れてください。

そして、その下にある
『agree to the Teams of Use』の
□の欄にもチェックを入れてください。

最後に『Register』をクリックします。

登録完了の画面がでてきます。

ポロニエックス 登録方法

その後、数分後にメールが届きますので
メールボックスをチェックしてください。

ポロニエックス 登録方法

メールが届いたらそれを開いて、
URLをクリックしますと
画面が開きます。

そうすると、

Poloniexのサインインの画面が出てきますので
先ほど登録したEメールアドレスとパスワードを
それぞれ入力して『Sign in』を
クリックすればログインできます。

2:プロフィールの入力

次はプロフィールの入力に移ります。

プロフィールの入力ですが、
人の形をしたプロフィールのアイコンより
『MY PROFILE』をクリックすると
プロフィールの入力画面が表示されます。
ポロニエックス 登録方法

それでは上から順番に入力の説明に入ります。

2-1:First Name(名前)とLast Name(苗字)を記入する

First Nameに名前、Last Nameに苗字を
ローマ字で記入します。

たとえば『田中太郎さん』の場合だと
First Name:『Taro』
Last Name:『Tanaka』
という具合です。

2-2:Country(国)を選ぶ

アルファベット順に国が並んでいます。
日本の場合は『Japan』を選んでください。

2-3:Street Adressの入力

続いて、お住まいの住所の町と番地を
記入していきます。

例えば、
『東京都新宿区〇〇町』という場合、
〇〇町の部分がStreet Adressになります。

全てローマ字で『Marumaru-cho』と入力します。

2-4:City(市や区)の入力

ここには都道府県の後ろにある
市や区の名前を記入します。

新宿区を例に出すと
『Shinjyuku-ku』と記入します。

〇〇市の場合ですと、
『Marumaru-shi』と記入します。

2-5: State(都道府県)の表記

都道府県の名前を記入します。
東京都の場合は『Tokyo』です。

2-6:Postal Code(住所)の表記

ここに郵便番号を入力してください。

例:123-4567

2-7:Phone Number(電話番号)の入力方法

電話番号を入力してください。

先頭の0の代わりに+81を入力し、
スペースを入れて90や80を入力。
『-』の部分を半角スペースに変えます。

例えば
『090-1234-5678』であれば、
『+81 90 1234 5678』と入力します。

2-8:Date of Birth(誕生日)

生年月日は選択形式のため、
生まれた年月日をそれぞれ選んでください。

2-9:Passport ID(身分証明書の番号)の記入

こちらに身分証明書の番号を入力してください。
運転免許証の場合は免許証番号を記入します。

2-10: Scan of Photo ID(身分証明書の画像スキャン)

身分証明書の画像はパスポートや運転免許証などを
提示します。

『Scan of Photo ID』より
スキャンで取り込んだ身分証明書のファイルを
『Choose file』よりファイルを選んでください。

ポロニエックス登録

日本の場合、
身分証明書は日本語表記になっていますので、
身分証明書の画像のとなりに
ローマ字表記で加筆が必要です。

2-11: Verification Photo(身分証明書、日付と一緒に写った写真)

次に『Verification Photo』より
本人確認が可能な写真を登録します。

本人確認の写真には
『身分証明書』と『日付が書いたノート』と
『自分』が同時に写った写真が必要となります。

そして、写真を写すときの条件として
以下の条件を満たす必要があります。

  1. 『身分証明書』『日付』『自分』が全てピンボケではないこと。
  2. 『身分証明書』『日付』が指などで隠れずにすべて写っていること。
  3. 眼鏡や帽子を着用せず本人確認が可能である写真であること。

この3つの条件がすべて満たすように、
写真を撮影してください。

いい例はこちら

悪い例はこちら

以上すべてが記入できましたら、
□I agree the Teams of Use. の□の部分に
チェックを入れてください。

ポロニエックス登録

そして、『Save Profile』をクリックすれば、
手続きが完了です。

3:二段階認証の必要性と設定方法

二段階認証は大事な資産を守るためにも
必ず設定する必要性があります。

購入したビットコインやアルトコインは
取引所に預けた形となるため、
セキュリティーが甘い状態だと
盗難に合う恐れがあります。

実際に仮想通貨の取引所では過去に
ハッカーの標的になりコインが盗まれた
事件も起きています。

自分の資産は自分で守るためにも
二段階認証は必ず設定しておいてください。

もちろん、長くてわかりにくいパスワードに
設定して守る方法もあるとは思いますが、
更に厳重に管理する方法は二段階認証による
方法です。

簡単な仕組みを説明すれば、
一段階目のパスワードを突破されたとしても
二段階目のコードは30秒ごとに常に
変化し続けます。

つまり、二段階目のコードは見ている
本人にしかわからないため、
他人が認証を解くのは至難の業であり、
設定しておくと安心感が違います。

では、二段階認証の必要性を説明したところで
次は二段階認証の設定方法の説明に入ります。

3-1: Google Authenticatorをインストール

二段階認証を行う前に
スマートフォンで『Google Authenticator』を
予めインストールしてください。

Androidアプリ↓
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2&hl=ja

3-2:二段階認証の設定画面の開き方

右上のスパナマークをクリックしますと、
『TWO-FACTOR AUTHENTICATION』
という項目が表示されますので
それをクリックします。

ポロニエックス 登録方法

そうすると、QRコードの画面が出てきます。

※QRコードの下に記載されている
16桁の英数字『16-digit key』を必ず
紙に控えるか印刷するかキャプチャ保存するなどして
保存しておいてください。

ポロニエックス 登録方法

スマートフォンの故障やトラブルなどにより
セキュリティーコードが発行できなくなった際に、
この16桁の英数字が必要になります。

3-3:スマートフォンでQRコードをスキャンする

スマートフォンでインストールした
『Google Authenticator』を起動させ、
『バーコードをスキャン』をクリックし、
QRコードを読み取ります。

そうすると、スマートフォンの画面に
ポロニエックス用の6桁の数字が表示されます。

このスマートフォンに表示される
6桁の番号は30秒ごとに変化します。

それにより不正ログインを防ぐシステムに
なっているということです。

3-4:PasswordとCodeを記入する

アカウント作成時のパスワードを
Passwordの記入欄に記入し、
6桁の番号を『Code』に記入します。

『□I have backed up my 16- digid key』の
左側の□にチェックを入れてください。

『Enable 2FA』をクリックしますと、
二段階認証の設定が完了になります。

二段階認証が機能しているかを確かめるために
一旦ログアウトして、再ログインして
二段階認証が機能しているかどうかを
確認してください。

再ログイン後、
次回の二段階認証の画面は
下記のような画面表示がされますので、
6桁のコードを入力すると認証されます。

ポロニエックス登録

4:ポロニエックスを活用する4つのメリット

数々の仮想通貨の取引所がある中、
なぜポロニエックスをおすすめなのか?

そのメリットについて
いくつかピックアップしました。

4-1:取引手数料が国内の取引所に比べ格段に安い

取引きできるコインの種類が
豊富であることはもちろんのことですが、
もっとも大きいのは日本の取引所に比べて
『手数料が安い』というところです。

日本の取引所の場合、取引手数料は
運営会社が設定した数値でわかりにくい部分が多く、
市場によって流動的に変化する場合もあります。

日本の取引所手数料参照ページ↓
https://jpbitcoin.com/getting/exchange/comparison_g

しかし、ポロニエックスの手数料は
手数料が0.15~0.25%となっており
日本の取引所と比較して圧倒的に
低い手数料となっています。

具体的には

maker手数料:0.15%
taker手数料:0.25%

makerというのは現在の価格より
下の価格で下がるのを待ち購入する
ことです。

一方、takerというのは現在の価格より
上の売り板の価格で購入することです。

このように手数料が決められているわけですが、
頻繁に取引したい人からすれば、
手数料が高いと1つ1つのやり取りに
どうしても躊躇してしまうものです。

しかし、頻繁な取引をする人にとっては
手数料が安いと値段の心配をすることなく
安心して取り引きできます。

4-2:仮想通貨同士で取引が可能

海外の取引所なので日本円が使えませんが、
ポロニエックスでは仮想通貨同士の取引が
可能になっているため、送金手数料も
大幅に下げられるというメリットがあります。

また、取引においてはビットコインが基軸ですが、
他の仮想通貨でも取引ができるというのは
大きなメリットになります。

4-3:知名度の低い仮想通貨を発掘しやすい

世界最大規模と言われているポロニエックスでは
60種類以上の仮想通貨を取り扱っているため、
知名度の低い仮想通貨が眠っている可能性が
非常に高いです。

知名度が低くても今後近い未来
化ける可能性がある仮想通貨もありますので、
低い価格の内に購入しておきたいのであれば、
ポロニエックスを活用していきたいところです。

4-4:話題性の高い仮想通貨も手に入りやすい

先ほど知名度の低い通貨の話がありましたが、
それとは逆に、現在話題になっている
仮想通貨です。

今後、期待されている仮想通貨は
日本で話題になる頃には時すでに遅し…

日本の取引所で手に入れることが困難な
ケースも多く見受けられます。

しかし、
日本の取引所では手に入らないものも
海外の取引所では手に入る可能性があり、
規模の大きいポロニエックスでは
手に入る可能性も高いです。

以上4つがポロニエックスを活用する
メリットとして挙げられますが、
本格的に仮想通貨のトレードを考えるならば、
ポロニエックスを活用するメリットは大きいです。

5:ポロニエックスを使用することで感じやすいデメリットとは?

ポロニエックスを活用するメリットを見ると
良いことばかりが目立ちやすいですが、
当然ながらデメリットもあります。

メリットとデメリットの双方を見て、
活用するかどうかを冷静に
判断していく必要があります。

5-1:日本円での取引ができない

先ほどメリットでお伝えしたとおり、
取引の基本は仮想通貨同士の取引です。

日本円が使用できないため、
日本円での取引が慣れている日本人にとっては
最初の方は少々不便さを感じざるを得ません。

そこが不便と言えば不便ですが、
その不便さの壁を乗り越えて
使い続けられるかが
ポイントになってきます。

5-2:セキュリティー面の不安

取引所が大きくなればなるほど、
たくさんの人が集まる場所であり、
多くの取引がされています。

当然ながら、
ハッカーにとって恰好のターゲットになりやすく
実際にハッキングによる盗難被害があることも
報告されています。

決して安全は保障できないため、
他人からは予測されにくいパスワードを
設定したり、二段階認証を活用するなど
個人で厳重に警戒していく必要があります。

5-3:少額取引は取引手数料が高くなる

先ほどメリットにおいて日本の取引所より
安い手数料で取引ができるという話が
ありましたが、

手数料が高くなるケースもございます。

それは取引額が少ない場合です。

取引が少額になるほど、
ポロニエックスでは手数料が高くなります。

ポロニエックスのシステム上、
多くの取引をすると手数料が安くなり、
取引額が少ないと手数料が高くなります。

以上がポロニエックスを活用することで
出てくるデメリットになります。

メリットとデメリットを見て
どちらの方が自分にとって大きいのか?

また、現在感じているデメリットを
打ち消す方法はないのか?

それらをリサーチしてポロニエックスを
上手く活用していきたいところです。

6:まとめ

以上がポロニエックスの登録手順と
ポロニエックスのメリット、デメリットでした。

英語表記とは言え、登録そのものは
誰でも簡単にできます。

まだ、日本ではメジャーではない
これから伸びる仮想通貨を購入したい場合や

日本では入手困難な仮想通貨を購入したい場合は
ポロニエックスを積極的に活用した方が
良いかと思います。

ただし、デメリットでもお伝えした通り、
世界最大級の取引所なのでハッカーから
盗難に合う可能性もあります。

二段階認証によりしっかりセキュリティー対策を
して資産を守るようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。