お金を増やす9の法則|学生・主婦でも確実に資産を築く貯金と投資の秘密

お金 増やす

インターネットが普及した今、
お手軽にお金を増やす方法はありますが、
それは一時的なものです。

忙しい主婦でも、
忙しいサラリーマンでも出来る、
お金を増やす本質を知り実践すれば、
あなたの貯金は自然と増えます。

まずは消費を減らし、
次に消費を減らして増やしたお金を投資する。

これだけでお金は増えます。

詳しくは本文でお話しします。

1:お金はなぜ増えないのか?

全世界の約80%の人達が
お金を増やすことが出来ません。

あなたは何故自分が
お金を増やせないと思いますか?

お金を増やせない理由は3つあります。

1-1:短期的な欲求を優先して満たしていること

短期的な欲求とは、
食欲や性欲、睡眠欲や衝動です。

この4つの欲求は一般的に

「ハチュウ類脳」

と呼ばれています。

人間の脳には、
ハチュウ類脳、哺乳類脳、人間脳があります。

ハチュウ類脳とはマズローの
欲求階級図で言う生理的欲求です。

哺乳類脳とは安全欲求と
社会的欲求です。

社会的欲求とは、

「誰かと一緒にいたい」

という欲求で、
安全欲求とは、

「安全な所に住みたい」

という欲求です。

そして、
人間脳とは尊厳欲求と
自己実現欲求です。

尊厳欲求とは、
デールカーネギーの
「人を動かす」という本で出てくる
「重要感」を満たしたいという欲求です。

(デールカーネギーの「人を動かす」はこちら

つまり、
尊厳を保ちたいという欲求です。

自己実現欲求とは、
自分の長年の夢を果たしたいという欲求です。

ハチュウ類脳は3つの脳の中で
1番強く反応する脳です。

でも、日本では
ハチュウ類脳をずっと満たしていると、
お金が無くなってしまいます。

ハチュウ類脳はコントロール不可能です。

なので、
一度働くとお金をドンドン使ってしまいます。

よく、

「眠たい時は作業を止めて
仮眠を取りましょう。」

と言われますが、
この理由は、
睡眠欲がハチュウ類脳だからです。

この様にハチュウ類脳は制御不可能なので、
ハチュウ類脳はあまり
多用しない様にしましょう。

と言ってもどうすれば良いのか?

それは、
短期的な欲求の逆で
長期的な欲求を満たそうと
思うことです。

つまり人間脳の欲を満たすのです。

例えば目の前にアイスクリームがある場合、

「このアイスクリームを食べると
長期的に何かメリットはあるのか?」

と考えてみます。

短期的には美味しいとか甘さでストレスが取れる
という点があります。

ただ、
長期的にはメリットはありません。

なので、
この場合は食べるのを
止めておこうと思うのが正解となります。

1-2:本能に忠実なこと

先ほど言った様に、
人間の脳のほとんどを
ハチュウ類脳が支配しています。

ハチュウ類脳は、
いわゆる「本能」と呼ばれる物です。

本能は私達を助けてくれますが、
誘惑に負ける原因でもあります。

人は本能に忠実です。

特にユング心理学で言えば、
「感情」「感覚」が強い人は顕著です。

ユング心理学では、

  1. 「思考」
  2. 「感情」
  3. 「感覚」
  4. 「直感」

の4種類が
脳が刺激受けると働くとしています。

「思考」とは、
論理的に考える性質です。

「それはどういうものなのか。」

「どんな構造をしているのか。」

などと考える時に思考は働きます。

「感情」とは、
脳に情報が入って来た時に1番最初に
反応する性質です。

感情があることによって、
思考する作業量を減らしてくれます。

もし感情がなければ、
入って来た情報をいちいち
思考を働かせますが、

感情によって思考を遮断させたりして、
作業量を減らしています。

例えば、
怖いと思って逃げなければいけないのに、
そこで

「なぜ逃げなければいけないのか。」

「逃げなくても良いのではないか。」

「そもそもこの怖いと思う物の正体はなにか。」

と思考していたら、
逃げ遅れてしまいます。

なので、
感情で思考を遮断させます。

「感覚」とは、
見たり聞いたりした物を
ありのままに受け入れる性質です。

感覚を使うことにより、
客観的に物事を思考させることが出来て、
正しく判断を出来る様になります。

「直感」とは、
感覚的な思考を無意識にする性質です。

言葉では言えないけど、
なんとなく理解した物などは
直感で理解した物です。

そして、
人はそれぞれどれかが秀でています。

1番秀でている物をメイン機能、
2番目をサブ機能、
3番目を第3機能と心理学では呼んでいます。

そして、
メイン機能に入る性質で、
○○タイプと分類しています。

メイン機能に思考が入る人は思考タイプです。

この中で感覚タイプと感情タイプが
本能に忠実になりやすいです。

理由は、
感覚や感情はハチュウ類脳を
頼りにするからです。

そして、
ほとんどの人が
感覚タイプか感情タイプです。

感覚タイプと感情タイプがとても多くて、
なおかつこれらは本能に忠実です。

本能に忠実がゆえに買い物を多くしてしまったり、
遊びすぎてしまってお金が減ります。

なのでほとんどの人がお金を増やせない
という状態になってしまいます。

対して思考タイプの人は人間脳が優勢なので、
長期的な判断が出来て
お金持ちになりやすいです。

直感タイプの方は、
物に執着しないタイプなので
買い物をあまりしません。

ですが、
お金に執着もなく
ただ自分のやりたいことをやります。

直感タイプは科学者が多いです。

アインシュタインやエジソンみたいな
タイプの人達が直感タイプです。

1-3:クレジットカードを使っていること

実はクレジットカードが
資本主義の中で1番儲かる
ビジネスです。

理由は、
クレジットカードは
現金が目に見えません。

なので金銭感覚が無くなり
限度額いっぱいまで使ってしまいます。

そしてその月では払えなくなり、
やむなく分割払いに…

それを繰り返すうちに、
毎月収入と同じかそれ以上の
請求になるのです。

そして消費者金融か友達へ…

というのがクレジットカードの罠です。

2:お金を増やす節約術

お金を増やす節約術は、
色々とあります。

2-1:クレジットカードを解約する。

これが1番の薬です。

そもそもクレジットカードが悪の根源です。

でも、
今の時代クレジットカードが無ければ不便です。

なので、
1枚だけ残して後は解約して下さい。

もし解約したくない人は、
金庫にしまって
紙に「使うな」と書いておくと良いでしょう。

自分の行動を紙に書くことによって、
無意識にクレジットを使ってしまいそうになるのを
防ぐことが出来る様になります。

2-2:電気ガス光熱費を家族で協力して減らす。

やり方は簡単です。

1人の方には申し訳ないですが、
パートナーがいるなら2人で、
子供さんがいるならみんなで

協力してこまめに電気を消したり、
風呂はなるべくみんなで入ったりすると良いです。

そして前年より安くなれば、
その一部をお小遣いとして
還元すると子供は喜びます。

2-3:タオルや男性の下着のシャツ、その他布製品で捨てる物はウエスとして販売する。

ウエスとは、
機械屋が使う機械の油汚れなどを取る物を指します。

そして、
これは1つの現場で45リットルの
ゴミ袋の半分くらいは使います。

なので、
多くあって損はありません。

なので45リットルゴミ袋1つ分で
300円プラス送料などで
販売しても売れると思います。

販売先はメルカリかヤフオクが
無難だと思います。

普段なら着なくなった服とかは
捨ててしまうかリサイクルに出す人が多いですが、
売れば少しでも足しになるかも知れません。

2-4:絶対に必要な所以外の電球は取り外す。

電球を取り外すことで、
待機電流という
電球が点く為に使う電流分の
電気代が浮きます。

待機電流は電気製品は全部あります。

そして、
1つ1つは大した電気代ではありませんが、
これらが1年とか5年とかでみると、
かなりの値段になります。

なので、
電気製品は使わないならなるべく
コンセントを抜いてみて下さい。

2-5:スマホを格安スマホに変える。

スマホ代が毎月1万円の人なら、
格安スマホなら4000~6000円
くらいになります。

回線はドコモかauのままです。

なので繋がりにくいとかはありません。

私の知ってる唯一の欠点は、
キャリア携帯しか電話番号を
受け付けていない時です。

何か登録する時に、
たまにこういう欠点が出てきます。

ただ、節約で考えれば1年で
約60000円も安く出来るので
かなりお得です。

2-6:買った物を全てノートに書き出し、「必要なもの」と「欲しいもの」に分ける(中級編)

これをやると、
衝動買いをだんだんと減らすことが出来ます。

お金を増やしたいのであれば

「欲しいもの」に
生活費から出してはいけません。

「欲しいもの」は、一度欲しい物リストを作り、
お金に少し余裕が出来たら買いましょう。

そして、
普段は「必要なもの」のみを買う様に心掛け下さい。

もし「欲しいもの」を買うとしても、
月単位で

「必要なもの」 > 「欲しいもの」

となる様にすると、
衝動買いを減らせて節約が可能となります。

3:今より更にお金を増やす方法とは?

私がオススメする
更にお金を増やす方法は、

「株式投資」と「外貨定期預金」

です。

なぜかと言うと、
投資として考えると
株式以外の投資対象物は
リスクが大きいかリターンが小さいからです。

なので割に合いません。

それに、
世界の大富豪を見ると
全員株で儲けてるからです。

兼好法師の徒然草で
こんな一節が残っています。

「よろずのことにも
先達はあらまほしきことなりけり」

「どんなことにも、
自分より先に進んでいる人が
欲しいものだ。」

ということです。

つまり、
成功している人の真似をすると、
成功しやすいということを兼好法師は
この句で伝えたかったのです。

それでは、
個別に詳しく説明させていただきます。

3-1:株式投資

お金を稼ぐなら株式投資しかないと
思うと思います。

しかし、
かのウォーレンバフェットさんの
師匠である
チャーリーマンガーさんは、

インデックス投資、
つまり世界の平均株価に
投資するのも不況時は良いと
説いています。

マンガーさんも
かなりの金持ちです。

ではどちらが正解か。

私は株式投資が正解だと思います。

なぜなら、
平均株価は株の平均です。

つまり、
株とインデックスは
比例関係にあります。

ということは、
インデックスが上がるなら
株も上がります。

ならインデックスより
上昇率の高い株を買った方が
お得になります。

例えばインデックスが年率10%の上昇なら、
年率11%以上の株を買えばより儲かります。

なので、
株式投資をオススメします。

インデックスより上昇率が高い株は、
訓練すれば見つけられるようになります。

でも、
株式投資の方が頭を良く使うし難しいです。

後で紹介しますが、
確証を高める必要があるからです。

3-2:外貨定期預金

外貨預金ですが、
本来なら外貨ならFXに行くと思いますが、
FXは投機になります。

投資よりギャンブル性が増し、
より高度な知識と経験と運が必要です。

その点外貨預金は
あくまで銀行への預金の一貫です。

それに定期預金なら、
金利を銀行側が保証してくれます。

日本の銀行が提携する
その国の銀行の金利に
合わせてくれます。

例えば、エジプトは、
1年物ならNational Bank Of Egypt
(ナショナルバンクオブエジプト)
で年10.5%付きます。

約11727円です。

この差は預金額が大きくなるほど、
また預ける年数が長いほど、
かなりの差になります。

年数に関しては、

「複利」

という複雑な性質により、
差が大きくなります。

複利とは、
一度出した利益をそのまま
元本として運用することです。

世界の三大投資家である
ウォーレンバフェットさんいわく、
1万ドルは10年で100万ドル以上に
なるらしいです。

100万円が1億円になるのです。

この複利に関しては、
アインシュタインさんも
褒めていました。

この複利を使えば、
最初は小さな利益でも
年を経るごとに利益は大きくなります。

複利の対義語を単利と言いますが、
単利は1年目で出た利益を全て回収して
元本のみで運用していくことです。

つまり、
毎年同じ利益しか出ません。

単利では、
金利が10%なら
10年で元本の2倍の利益が出ますが、

複利では8年で元本の2倍は超えます。

そして、
10年後には約160万円の利益が出ます。

最初少し我慢して利益を預けることによって
10年後には普通より多く利益を得られます。

4:主婦でもやれるお金の増やし方

お金を増やす方法の前に
あなたは投資と投機の違いをご存知でしょうか?

簡単に言えば、
投資はインカムゲインで
投機はアウトカムゲインです。

インカムゲインとは、
権利収入のことで

株式配当や株主優待、
不動産の家賃収入や
定期預金の金利がそうです。

アウトカムゲインとは、
利ザヤ収入のことで

FX、株式、不動産等の
売買益がそうです。

では、
主婦という時間が無い職業の方は
どれが1番適しているのでしょうか?

それは
投資だと思います。

なぜなら、
投機はほぼ必ず毎日情報収集して
売買タイミングを
見極めないといけないからです。

FXに限っては、平日は
24時間貼り付くくらいの気力が必要で、

最低でもニューヨーク時間の
21時から深夜2時頃までは
貼り付くのがトレーダーの常識となっています。

なので主婦の方には、
あまりオススメしません。

その点、
投資なら1度買えばほぼ何もせずに
お金が入って来ます。

株式投資は、
株式配当も株主優待もあります。

海外定期預金も国内の銀行を通せば、
満期が来れば勝手に国内の銀行の口座に入るので、
何もすることはありません。

不動産は他に比べやることは多いです。

定期的な物件監視や
リフォームの申請などがあります。

それでも業務委託すれば、
ほとんどすることは無くなります。

それに、
例えば海外の不動産を買えば、
その国の居住ビザが取れたり、
海外旅行が仕事になります。

そして、
海外旅行費が経費で落とせます。

なので、
お金持ちの人は不動産会社を立ちあげて、
世界を旅行する人もいるくらいです。

ワル知恵になるかも知れませんが、
合法的な節税になります。

例えば、
不動産会社で利益が1億円出たとして、
経費は3000万円でした。

これだと税金は経費を引いた
7000万円に掛かって来ますが、

ここで旅行で1000万円を使っていれば
経費が1000万円増えるので、
更に1000万円引いた6000万円に
税金が掛かります。

つまり、
ここでは1000万円節税出来た
ということです。

その点では、
不動産は他の投資案件に比べて
やることは多いですが、

リターン(利益)も多いです。

5:確実にお金を増やすには?

確実にお金を増やすというのは、
2つの定義があります。

それらを1つずつ紹介します。

5-1:元本保証の投資をする。

「元本保証なんて
バブル時代の時だけでは?」

「元本保証する所は危ない」

と思ってる方がいるかも知れません。

しかし、
実際に元本を保証している所で
健全な所はあります。

それは、
定期預金と海外の不動産です。

定期預金については、
海外をオススメします。

海外でも、
UFJやみずほ銀行などより安全な銀行で、
金利が高い所をオススメします。

例えば、
HSBC(エイチエスビーシー)
やBank Of America(バンクオブアメリカ)
です。

これらの銀行は、
世界展開している銀行なので、
セキュリティもかなり強固です。

銀行の世界人気ランキングでも、
いつも上位を占めています。

HSBCは世界ランキング1位です。

ちなみに日本の銀行で1番はUFJで、
ランキングとしては7位です。

そんな銀行でも、
後進国に出店しています。

なので日本より金利が高くなります。

後進国は、
他の国から外貨を集めて
発展していきたいと思っているので、
金利が先進国より高めです。

基本的な考えとして、

  • 金利が高い=お金を集めたい
  • 金利が低い=お金を守りたい

という概念があります。

なので、
先進国は金利が低く、
後進国は金利が高いです。

これを上手く利用すると良いと思います。

お金持ちの方が海外に口座を持つのも、
この理由があるからです。

不動産についてですが、
海外のデベロッパーは元本を
保証してくれる所もあります。

デベロッパーとは、
日本で言う建設会社です。

海外ではデベロッパーと言います。

特に後進国で経済成長が堅調な所は、
それを予測して保証してくれています。

それに中には、
元本以上に保証してくれる会社もあります。

例えば、
1億円で買った不動産を4年以内なら
1億2千万円で買い取ると言う
建設会社もあるのです。

なら即売ってまた買い直せば良いと
思うかも知れませんが、
契約でそれは禁止されています。

それに建設会社がそこまで大きく出るのは、
それ以上に儲かると踏んでいるからです。

物件に関して長けている所が
踏んでいると言うことは、
かなり確率は高いと思います。

なので、
持っておくのが良いと思います。

しかし、
この不動産には短所もあります。

1つ目は、
物件の値段が高いということです。

1億円とかが最低ラインになる所も
少なくありません。

2つ目は、
まだ出来る前のプレビルドしか
元本を保証しないということです。

なので、
売れるのは購入後の数年先になります。

これらを考慮すると、
海外定期預金をオススメします。

それと、
一度HSBCのプライベートバンクを作ると、
次回からは全世界のHSBCで無条件で
プライベートバンクが作れます。

プライベートバンクとは、
セキュリティもより強固で
金利も高く設定して貰える特別な口座です。

でも作るのには条件があり、
多額のお金が必要です。

例えば、
香港のHSBCは1億円以上のお金を
入金しなければなりません。

それと現地の言葉か英語での
面接もあります。

でも、
国によって最低入金額は違います。

インドネシアのHSBCは香港より
最低入金額が低いです。

なぜなら、
今はかなりの円高ルピア安なので、
40万円くらいでプライベートバンクが
開設可能だからです。

一度インドネシアで作り、
それから香港とかで作っても良いと思います。

5-2:投資案件の確証を高める。

この方法は、
ウォーレンバフェットさんが
実践している方法です。

この技術を身につけるには、
確率論や統計学、線形代数学など
様々な知識と地政学も必要となります。

なので、
成功させるにはかなりの努力が必要となります。

ただ、
その分リターンは大きいです。

比較的安全な株でも年25~30%を
複利で増やすことが可能になります。

例えば、
年30%増やすとして、
100万円からスタートするとします。

単利、つまり利益を資本としなければ
毎年30万円しかならないです。

しかし複利なら、

1年目→30万円
2年目→130万円の30%=39万円
3年目→169万円の30%=50万7千円

と毎年利益が増えていきます。

3年が過ぎた時点で、
年30%でも資本金が2倍以上になります。

確証を高めるのは難しいです。

恐らく、
医学部に入学するより難しいです。

それでも諦めなければ、
必ず成功します。

6:年収400万円でも資産を
1億円にする方法とは?

年収400万円なのに、
定年時に資産を1億円以上
持っていた人がいます。

匿名希望なので氏名を仮に
Aさんとします。

Aさんは、
特に学歴がある訳でもなく、
工業高校出なのでなんとなく
建築の仕事をしていました。

年収は大体400万円くらい
だったそうです。

それでもバビロンの大富豪と同じやり方の、
10%貯金を親から教わり実践していました。

毎年40万円は貯まりますよね。

そして、
ある程度の額が貯まると
自分の知ってる建築業界の
トップの会社の株や、

自分が普段使うお店の株を買い続けました。

Aさんはサラリーマンでした。

それでも、
株を正しく買っただけで
普段なら1680万円しか貯まらなかった資産を
10倍以上にしたのです。

株はギャンブルと言われますが、
それは勉強せずに投資した人か、
マインドセットが無かった人です。

株で重要なことは、

  1. その会社が50年は潰れないと
    自分が確証出来ること。
  2. 株式配当がしっかり出ること。
    (株式配当を出したり
    出さなかったりする会社もあります)
  3. 30年チャートでレンジもしくは
    上昇トレンドであること。
  4. レンジ相場の安値、または
    上昇トレンドの押し目か
    下落トレンドの大底で株を購入すること。
    (これが投資家の一生勉強することです)

この4つを完璧にすれば、
他の知識は要りません。

まずは最初の3つはすぐに確認出来るので、
監視銘柄に入れて後は4つ目を待つだけ。

投資家は、
やることは単純です。

これに確率論や線形代数学などを
学んでおくと、
より正確に取引が出来る様になります。

数学や物理は、
大人になっても一生勉強です。

7:お金を増やすのに読むべき本

ここではあなたが読むべき
5つの本を紹介します。

この本を読めば、
あなたはお金のイロハが分かるはずです。

7-1:「バビロンの大富豪」:著者ジョージ・S・クレイソン

この本は、

「いかにお金を節約して投資するか」

という事についてストーリー形式で
書かれています。

ただ、
この本に書かれてる重要なことは
私が上で全て説明しています。

なので、
もし読んでみたいなら買ってみて下さい。

7-2:金持ち父さん貧乏父さん全巻:著者ロバートキヨサキ

これは言わずと知れた名著です。

ビジネスをやる人なら、
名前くらいはほぼ必ず
聞いたことがあるかも知れません。

この本で伝えたいことは、

「どれだけ給料があろうと
お金の使い方によっては後世で生活は変わる」

ということです。

私はこの本を読んでから、
ビジネスで100万円という大金を
初めて自分1人で稼げました。

お金の使い方は大切です。

一度も読んだことが無い方は、
是非ご覧ください。

7-3:投資苑:著者アレキサンダー・エルダー

この本は、
投資についての広辞苑です。

でも、
読み物でもあるのでただの辞典
ではありません。

投資の基礎である
マインドについてから始まり、
投資のイロハはこれで完璧です。

投資家の中では読むのが
常識となっている本です。

7-4:スノーボール:著者ウォーレンバフェット

スノーボールとは、
雪玉のことです。

投資を雪玉に例えてます。

この本は、
ウォーレンバフェットの半生を描いた小説で、
上中下の三部構成です。

バフェットさんは、
子供の頃からビジネスに目覚め、
それで貯めたお金で投資をしました。

そこで複利のスゴさを知り、
複利でどんどん増えて行く資産を
スノーボールと例えたのです。

この小説はただの物語ではありません。

「長期投資とはどんな物か?」

「投資の目安は何なのか?」

それを知るのに1番適している本です。

7-5:タートル流投資の魔術:著者カーティス・フェイス

この本は、
トレーディングや資金管理法について
基礎から応用まで学べる本です。

タートルとは、
昔伝説になったトレーディング集団です。

先人から学ぶことは大切です。

どんな成功も、
始めは必ず本から学んでます。

でなければ、
本当の成功はありません。

チャート分析は長期投資でも必要です。

なぜなら、
出来るだけ安い所で買う方が
後々利益が大きくなるからです。

そのためにも読んでみて下さい。

8:実質投資と経験投資

投資とは、
ひとえに株や不動産などを
買うだけではありません。

投資は大きく分けて2種類あります。

それらを順番に紹介します。

8-1:実質投資

実質投資とは、
お金、資産を増やす投資です。

こちらの投資は、
大金が無いとなかなか実感出来ません。

投機はレバレッジを効かせて
一気にお金を増やします。

FXなんかが投機に当たります。

レバレッジとは、
各証券会社が貸してくれるお金の倍率です。

例えば、
レバレッジ20倍の場合は、
お金を100万円入金したら、
2000万円分の取引が出来る感じです。

それに比べて、
投資は基本的にはレバレッジは掛けません。

なぜなら、
基本的には同じ対象物(1つの株とか)に
何十年と投資をするので、
その間に大暴落すると危険だからです。

さっきの例で、

レバレッジ20倍の100万円入金としたら、
破産させたら
本来なら100万円で済むのに、
レバレッジがあるので2000万円損します。

そうすると、
証券会社借りているので、
証券会社に

2000万円-100万円=1900万円

の借金をすることになります。

なので投資ではレバレッジを掛けません。

ですので、
実質投資は大体株なら200万株持てるレベル、
不動産なら2億円の物件が
買えるレベルにならないと実感はありません。

しかし、
ウォーレンバフェットさんの
スノーボール方式を考えると、
今から少しずつやり始めると良いです。

オススメは株式投資です。

なぜなら、
株を買うメリットと不動産や
定期預金のメリットを比較すると、
株のメリットが大きいからです。

主なメリットとしては、

  1. 株主になるので、
    自尊心を高めることが出来る。
    そのことにより、
    心に余裕が生まれる。
  2. 株主優待で少しお得な気分になる。
    使い方次第では
    普段の買い物やお出かけにお金が要らない。
  3. 配当金で不労所得を得られる。
  4. 会社を変える時は買った時より高値で売って
    売買益もゲット出来る。

この4点があります。

また本来なら、
30万円くらいから始めるのですが、
今は1000円から始められます。

証券会社の名前は、

「One Tap BUY」

です。
ワンタップバイのURL:
https://www.onetapbuy.co.jp

アメリカ株と日本株が買えて、
株主配当や売買益は値段に応じて貰えます。

株主優待に関しては、
100株とか持たないと制度として
貰えないことになってます。

ただ今から話しますが、
お金が少ない内は経験投資からして下さい。

では、
経験投資とは?

8-2:経験投資

経験投資とは、
自分の経験になることに対して
投資をすることです。

具体的には、
本を買ったりセミナーやパーティに
参加したりすると良いでしょう。

パーティはあくまで
成功者が集まるパーティだけです。

それと真面目な方が集まるパーティです。

せっかくお金を出していくパーティなので、
何か学びが無いと無駄になりますので。

1番良い経験投資は、
まず本を読み、

感銘を受けた著者と直接会って
指導して貰うことです。

もちろん、
直接会うのに無料で会えることはありません。

コンサル費用は
数十万円~数百万円は1回に掛かります。

この時、
メイン機能に思考が来ている人は
本だけでもある程度までは行けますが、
感覚や感情の人は会う方が早いです。

お金はかかりますが、
その分早く成功出来ます。

投資でも、
表には出て来ないスゴイテクニックが
あるかも知れません。

9:まとめ

どうでしたか?

お金を使わない方法から始まり、
お金の増やし方を順を追って
紹介しました。

初心者の方には難しいと
感じるかも知れません。

主婦の方やサラリーマンの方は、
時間が無くて出来ないと思うかも知れません。

しかし、
やればやるだけ成果は出ます。

なので、
是非実践してみて下さい。

ご覧いただきありがとうございました。

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。