メルカリせどりで儲かる商品と仕入先を見つける3つのポイント!

メルカリ せどり 仕入先

メルカリでせどりをするとなると
当然「儲かる商品」を仕入れる事が
大切になります。

「儲かる商品」とよく言いますが、
具体的にどんな商品が儲かるのでしょうか。

実際に儲かる商品は沢山あります。
でも見つからない。

目の前にあっても見逃している
場合も多いです。

正しいリサーチ方法を知れば
そんな悩みも解決します。

あなたも今日から儲かる商品を
ザクザク仕入れていきましょう。

目次

1:メルカリせどりで儲かる商品とは
2:メルカリせどりで儲かる商品の見つけ方
3:メルカリせどりで儲かる商品の仕入先
4:まとめ

1:メルカリせどりで儲かる商品とは

儲かる商品を見つけるためには
「儲かる商品とは何か」
を知らなくてはなりません。

それには「利益」と「回転」に
着目する事が大切です。

1-1:利益が大きい

儲けるために物を売るのですから
「利益が大きい」に越した事はありません。

利益が大きければ大きいほど
少ない販売数でも儲かるようになります。

ちなみに商品探しの段階では
売れるであろう金額から
仕入れ金額を引いた

「粗利益」で考えます。

しかし、利益が大きければ
何でも仕入れて良いのか
と言えばそうではありません。

次に述べる「回転」も
一緒に考えないと儲かりません。

1-2:回転が早い

利益が多く取れる商品を
見つけたとします。

しかし、出品したけど
いつまで経っても

売れなかったら
どうでしょう。

これではいくら
利益が大きな商品でも

一銭にもなりませんので
意味がありません。

逆に早く売れてくれれば
売上と仕入れを早く回転させられるので
利益が積み重なって儲かります。

「儲ける」ためには
「利幅が大きくて」「早く売れるもの」
を仕入れなくてはなりません。

そしてそれこそが
「儲かる商品」なのです。

2:メルカリせどりで儲かる商品の見つけ方

ではメルカリで売る場合に
どうやって儲かる商品を
見つけるか説明します。

一言で言うと、

まず儲かる商品を見つけてから
それが仕入れられる場所を探す
というのが大きな流れです。

2-1:分野を絞って売り切れ品を見る

まずは、

自分が得意なものとか
情熱のあるものに絞って
「売り切れ検索」をかけます。

そして、出てきたものを
全体的に眺めます。

すると
商品によっては

何回も売れているものが
あるのに気づくと思います。

2-2:何度も売れている物をメモする

人の心は読めません。

同じように

その商品を欲しがっている人が
どれくらいいるかは
厳密には分からないのです。

では、どうやって売れやすくて
回転の良い商品を見つけるか。

それが「売れた数」なのです。

何回も売れているものは
それなりに沢山の人が
買っているのだから

人気があるし、回転も早いだろう
と考えて良いです。

もちろん
100%ではありませんが
かなりの確率で当たります。

何回も売れている商品を
メモしておきます。

2-3:メモした物をキーワード検索して詳しく調べる

今度はメモしたものを
メルカリの検索窓に入れて

売れ方や売り方、販売価格や取引数
を見ていきます。

出てきたデータを
並べ替えたりしながら

どのくらいの価格帯で
売れているのかを
掴みます。

もしメルカリに全くデータが無かった場合は
オークファン(ヤフオクのデータ)

モノレート(アマゾンのデータ)
を参考にして回転と販売価格を見ます。

客層が異なりますので
誤差もありますが
十分参考になります。

2-4:販売してそうな所を調べる

後は実店舗かネット店舗かを問わず
その商品を売ってそうな所を探します。

そして、
メルカリの手数料を加味しても
十分に儲けが出そうならば仕入れる

という流れになります。

3:メルカリせどりで儲かる商品の仕入先

仕入先を探す時は
「どこならばこの商品を安く売っているか」
を念頭に置いて探す事です。

3-1:新古書店

新古書店は昔からある古書店とは
違う形態で営業している古書店です。

代表的なものは
ブックオフです。

新古書店は商品を市場価値ではなく
状態と新しさで見るので、

状態が悪いとか古いとか言って
市場価値が高い本が安く売られている
事があります。

本、CD、DVDなどが仕入れられます。

3-2:古書店

古書店は主に本になります。

古書店主はこだわりを持った
頑固な人が多いので

専門外の商品は
安く売る事が多いです。

また、ネット嫌いの人もいます。

そういう店主の古書店ならば
ネットの相場を知らないので
仕入れも可能です。

3-3:リサイクルショップ

古着や家電、雑貨などの商品を
仕入れる時に使います。

中古品がメインですが、中には
新品や未開封品もあります。

3-4:フリーマーケット(フリマ)

フリーマーケットは
相場を熟知したプロも多いですが、
素人の出店者もいるので
まだまだ狙い目です。

3-5:新品販売店のセール品

家電量販店やコンビニなど
普通の店舗でも仕入れは可能です。

新品を仕入れる事になりますので
仕入れ金額は高くなりがちですが、

同じものを複数仕入れたり
定価で購入してそれ以上で売る事で
利益を出していきます。

基本的にセール品や型落ち品、
メルカリでプレミアが付いている
商品を狙っていきます。

3-6:ネット店舗(電脳せどり)

ネットで仕入れる場合は
送料がかかる分仕入れ金額が
高くなりがちなので注意です。

ただ、

  • リサーチがしっかり出来る
  • 住んでいる場所を選ばずに出来る
  • 狙ったものを仕入れる事が出来る

などのメリットがあります。

商品を見る事が出来ないのは
最大のデメリットと言えるでしょう。

仕入先は
ヤフオク、アマゾン、
メルカリ以外のフリマアプリなど。

メルカリ以外ならばどこでも良いです。

4:まとめ

これまで述べた手順で実践すれば
必ず儲かる商品は見つかります。

とは言っても、それが
仕入れられるかは話が別です。

実際に仕入れが出来る商品を
見つけるまでには

かなりの根気と沢山の実践
がいると思います。

仕入れられる商品は少なくても
こうやって調べる事で
商品知識や相場の知識が付いてきます。

それが次の儲けを運んできます。

ですので、仕入れるまでいかなくても
あきらめずに調べ続けてみてください。

決して無駄にはなりません。
それが「目利き力」という大きな力になります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!