「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」の料金はどっちが得?

らくらくメルカリ便 料金

個人客が宅配サービスを利用する機会が
年々増えてきました。

これに伴い、
宅配業者の人員不足が深刻化し、
配送サービスの質に関する問題が
指摘されるようになりました。

この問題を解消するために、ヤマト運輸は、
配送料金の値上げに踏み切りました。

一般的な配送サービスの料金値上げで、
フリマのようなサービスを利用する
人たちに影響があるのでしょうか。

ここでは、人気アプリ「メルカリ」の配送料金に着目し
サービス内容について検討していきます。

1:メルカリで利用できる配送方法

メルカリで商品を発送するには、

  • ヤマト運輸
  • 日本郵政

この2社が提供している配送サービスから
選ぶことができます。

ヤマト運輸は「らくらくメルカリ便」という名称で
サービスを提供しており、メルカリを一度でも
利用したことがある人には良く知られた
配送方法ではないでしょうか。

これに対し、日本郵政は
「ゆうゆうメルカリ便」という名称で
サービスをスタートさせました。

どちらも似たようなサービスなので、
メリットが分かりにくいですよね。

2つの会社が提供しているサービスの配送料に
スポットをあてて、比較してみていきましょう。

2:らくらくメルカリ便とは

2015年4月1日からヤマト運輸と
タッグを組んだ配送サービスが
「らくらくメルカリ便」です。

らくらくメルカリ便「ネコポス」の
配送サービスがスタートしたときは、
営業所でのみで荷物の受取りが
可能でした。

その後、コンビニでの対応も開始され、
2016年6月20日からは自宅まできてくれる
集荷サービスもスタートされました。

では、ヤマト運輸が提供している
通常の宅配サービスと
「らくらくメルカリ便」の配送料金は
どのくらい違うのでしょうか。

2-1:ヤマト運輸の:配送料金

ヤマト運輸が提供している配送サービスは
商品内容によってサービス内容がいくつかあります。

そのなかで、メルカリを利用して取引された
商品に限定し、特別価格が設定されているのが
「ネコポス」「宅急便」の2つの配送方法があります。

2-1-1:一般的なヤマト運輸の配送料金

一般に利用されている「ネコポス」は、
配送距離で料金が変わることはありませんが、
商品を入れる梱包の大きさが制限されています。

「ネコポス」の配送サービスの内容は、下記になります。

  • 角形A4サイズ(31.2cm以内×22.8cm)以内
  • 厚さ2.5cm以内
  • 重さ1Kg以内

配送料金は、一律「378円(税込)」となっています。

「宅配便」は、

  • 商品のサイズ
  • 配送距離

によって配送料金が変わってきます。

ここでは、メルカリ便で利用できる6段階の
サイズについて、配送料金をみていきましょう。

同県内で、配送の場合。

  • 60サイズ2kg以下: 907円(税込)
  • 80サイズ5kg以下: 1123円(税込)
  • 100サイズ10kg以下: 1361円(税込)
  • 120サイズ15kg以下: 1577円(税込)
  • 140サイズ20kg以下: 1914円(税込)
  • 160サイズ25kg以下: 2130円(税込)

東京から大阪まで配送する場合。

  • 60サイズ2kg以下: 1015円(税込)
  • 80サイズ5kg以下: 1231円(税込)
  • 100サイズ10kg以下: 1469円(税込)
  • 120サイズ15kg以下: 1685円(税込)
  • 140サイズ20kg以下: 1922円(税込)
  • 160サイズ25kg以下: 2138円(税込)

東京から沖縄まで配送する場合。

  • 60サイズ2kg以下: 1339円(税込)
  • 80サイズ5kg以下: 1879円(税込)
  • 100サイズ10kg以下: 1441円(税込)
  • 120サイズ15kg以下: 2981円(税込)
  • 140サイズ20kg以下: 3542円(税込)
  • 160サイズ25kg以下: 4082円(税込)

なお、宅急便センター、取扱店、コンビニ、
に直接荷物を持ち込んだ場合には、
100円の割引を受けることができます。

2-1-2:らくらくメルカリ便の配送料金

らくらくメルカリ便の
「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」は、
配送距離に関係なく、一定の価格が設定されています。

「ネコポス」の配送サービスの内容は、
下記になります。

  • サイズ:長辺31.2cm 、短辺22.8cm 、厚さ2.5cm
  • 重さ:1kgまで

この条件は、一般の配送サービスと同様ですが、
違いは料金にあります。

メルカリ便を利用すると配送料が、
全国一律「195円(税込)」となっており、
約2分の1の料金で配送することができるのです。

「宅急便コンパクト」の配送サービスの内容は、
下記になります。

・サイズ縦24.8cm 、横20cm 、厚さ5cm

重さの制限はありませんが、
専用ボックス「65円(税込)」の
購入が必要になります。

配送料は、全国一律「380円(税込))となっています。

「宅配便」の配送サービスの内容は、
下記になります。

  • 60サイズ2kg以下600円(税込)
  • 80サイズ5kg以下700円(税込)
  • 100サイズ10kg以下: 900円(税込)
  • 120サイズ15kg以下: 1000円(税込)
  • 140サイズ20kg以下: 1200円(税込)
  • 160サイズ25kg以下: 1500円(税込)

3:ゆうゆうメルカリ便とは

2017年6月20日からメルカリと
日本郵便が連携した配送サービスが
「ゆうゆうメルカリ便」です。

これまで、配送方法は
「らくらくメルカリ便」の
選択しかありませんでした。

「ゆうゆうメルカリ便」の
サービスが追加されたことで
選択肢が広がり、利便性が増しました。

では、日本郵政が提供している
通常の配送サービスと「ゆうゆうメルカリ便」の
配送料金はどのくらい違うのでしょうか。

3-1:日本郵政の:配送料金

日本郵政が提供している配送サービスは
「ゆうパケット」「ゆうパック」の2つです。

メルカリで取引された商品に限定して
特別価格で設定された配送サービスが
提供されています。

3-1-1:一般的な日本郵政の配送料金

一般に利用されている「ゆうパケット」は、
配送距離で料金が変わることはありませんが、
商品の厚さによって料金が3段階に設定されています。

「ゆうパケット」の配送サービスの内容は、
下記になります。

  • 縦横厚さの3辺合計が60cm以下
  • 最も長い辺の長さが34cm以下
  • 厚さ3cm以下
  • 重さ1kg以下

料金内容は

  • 厚さ1cm以下:送料250円(税込)
  • 厚さ2cm以下:送料300円(税込)
  • 厚さ3cm以下:送料350円(税込)

と厚さ1cm単位で、料金が変わってきます。

一般に利用されている「ゆうパック」は、

  • 商品のサイズ
  • 配送距離

によって価格が変わってきます。

「ゆうパック」の配送サービスの内容は、
下記になります。

商品の大きさを測る基準が
縦横高さ3辺の合計サイズで
価格の設定がされ、

170サイズまで配送することができます。

「ゆうゆうパック」の場合、
最高100サイズまでの制限があります。

ここでは、メルカリで利用できる
3段階のサイズについて、配送料金みていきましょう。

同県内で、配送の場合(持ち込みの場合)

  • 60サイズ:690円(税込)
  • 80サイズ:900円(税込)
  • 100サイズ:1130円(税込)

東京から大阪まで配送する場合(持ち込みの場合)

  • 60サイズ:840円(税込)
  • 80サイズ:1070円(税込)
  • 100サイズ:1280円(税込)

東京から沖縄まで配送する場合(持ち込みの場合)

  • 60サイズ:1290円(税込)
  • 80サイズ:1510円(税込)
  • 100サイズ:1730円(税込)

3-1-2:ゆうゆうメルカリ便の配送料金

ゆうゆうメルカリ便の
「ゆうパケット」「ゆうパック」どちらも、
・商品のサイズ
・配送距離
に関係なく、一定の価格が設定されています。

「ゆうパケット」の配送サービスの内容は、
下記になります。

  • 縦横厚さの3辺合計が60cm以下
  • 最も長い辺の長さが34cm以下
  • 厚さ3cm以下
  • 重さ1kg以下

この条件は、一般の配送サービスと同様ですが、
違いは料金にあります。

一般の「ゆうパケット」は、
商品の厚さが1cm単位で
料金設定が変わってきました。

「ゆうゆうメルカリ便」を利用すると
送料一律「175円(税込)」になります。

一般配送の安いサービスが、
250円の設定となっているため
75円のお得です。

一般の配送で最も高いサービスを見ると
350円となっており、この差額175円は、
2回も配送できてしまう価格差です。

ゆうゆうメルカリ便「ゆうパック」の
配送サービスの内容は下記になります。

配送距離に関係なく、全国一律の
料金設定になっています。

重さについても、サイズに関係なく
30kgまで対応可能です。

  • 60サイズ:600円(税込)
  • 80サイズ:700円(税込)
  • 100サイズ900:円(税込)

4:まとめ

一般的に利用されている「ヤマト運輸」「日本郵政」の
配送サービスとらくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便を
比較するとメルカリ便を利用した方が断然お得です。

では、「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」を
どのように使い分けたらいいのでしょうか。

らくらくメルカリ便「ネコポス」の
条件に合致している商品は、
全てゆうゆうメルカリ便の
「ゆうパケット」で配送できます。

そのため、「ゆうパケット」を
利用した方が20円お得になります。

商品のサイズが60、80、100を利用する場合、
2社とも配送料が同額です。

違いは、荷物の重さです。

「ゆうパック」は上限がサイズに関係なく
30kgとなっているため、重さのある商品を
配送する場合お得になります。

メルカリで商品を出品する際には、
価格の設定と同じくらいに配送料金にも
気を配り、少しでも利益を出す工夫を
してみてはいかがでしょうか。

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。