メルカリせどりで、売れるものがザクザク出てくるお宝発掘法!

メルカリ せどり 売れるもの

メルカリにはどんなものを出品すれば
売れるのでしょうか。

メルカリを使ってせどりを志す方は
売れるものが分からないという悩みに
遭遇するものです。

売れるものが分からなければ
仕入れるものも分かりません。

それには、

昔、兵法家の孫氏も述べたように
「まず敵を知る」ことです。

敵すなわち「お客様」と
「サイトの特徴」を知れば
仕入れる商品もおのずと見えてきます。

そこから始めていきましょう。

目次

1:メルカリの特徴
2:メルカリで相場調べる方法
3:メルカリで売れているものはどんなものか?
4:まとめ

1:メルカリの特徴

メルカリには、
ヤフオクやアマゾンには無い
特徴があります。

それを知る事が
メルカリ攻略の
第一歩です。

1-1:ネット上のフリーマーケット

メルカリは純粋に
「ネット上のフリーマーケット」
として誕生しました。

ですので
現実世界のフリーマーケット
(以下フリマと略す)
と同じ特徴が見られます。

ヤフオクにも
フリマ的な面はありますが、

メルカリには無い
オークションシステムがあります。

しかし、メルカリには
オークションは無く
定額出品のみです。

現実世界のフリマは
オークションはありません。

よって、メルカリの方が
より現実世界のフリマに
近いと言えるでしょう。

1-2:価格交渉あたりまえ

現実世界のフリマでは、
価格交渉はあたりまえです。

そこで出店者は
価格交渉を想定して

初めから高めに
値段を付けます。

同じようにメルカリも
価格交渉あたりまえの
商慣習が出来上がっています。

システム的にも出品者に
連絡がしやすくなっているため

ひんぱんに
質問や価格交渉が
行われています。

1-3:業者禁止、アダルト商品禁止

一度に大量出品したり、
明らかに転売と分かる出品など

業者と思わせる出品をしていると
運営側からアカウント停止などの
ペナルティを受けるようです。

また、アダルト商品も
禁止されています。

1-4:スマホ世代の若い人中心

メルカリは、今でこそ
PCでも使えるようになりましたが、

元々はスマホアプリしか
ありませんでした。

よってメルカリのユーザー層は
スマホ世代を中心とした
若い人が多いです。

1-5:女性が多い

メルカリは女性ユーザーが多いです。

画像の記事元:http://lab.appa.pe/2015-02/mercari-mau-2.html

こちらのデータによる女性が全体の6割というデータが出ていますね

1-6:学生が多い

メルカリは
学生ユーザーも多いです。

大学生だけでなく
中高生もいると聞きます。

残念ながら、その中には
世間の常識や社会のマナーを
知らない人がいるようです。

2:メルカリで相場を調べる方法

ヤフオクには「オークファン」
アマゾンには「モノレート」
というサイトがあります。

過去の販売履歴を
調べる事が出来るサイトです。

しかしメルカリには
これがありません。

では
どうすれば良いのでしょうか。

メルカリの「売り切れ」を利用して
調べるのです。

2-1:メルカリを開いて、虫眼鏡マークを押す

右上に「虫眼鏡マーク」が
あります。

ここが検索ボタンですので押します。

2-2:検索方法を選択

直接検索窓にキーワードを打ち込む。

または
「カテゴリーからさがす」か
「ブランドからさがす」
のどちらかを選ぶ。

ここでは「カテゴリーからさがす」を
選択して「本」まで行きます。

「本」まで来ましたので
ここからは分野を絞らずに
「すべて」で検索してみます。

2-3:「詳細検索」を押す

「本」「すべて」の検索結果が出ました。

この時点ではまだ
「出品中」と「売り切れ」が
混在して表示されています。

そこで、
右上の「詳細検索」を押します。

2-4:「販売状況」を押す

右上にこのような選択画面が
出てきますので
「販売状況」を押します。

2-5:「売り切れ」を選択し「決定」を押す

「売り切れ」を押します。
すると

右側に自動で
チェックマークが付いて

下に「決定ボタン」が
表示されますので押します。

2-6:「完了」を押して確定させる

「完了」を押して確定させます。

2-7:売れたものだけが抽出される

このように売れたものだけが
抽出されます。

後は右上の
「並べ替え」を押して

見やすいように
並べ替えるだけです。

3:メルカリで売れているものはどんなものか?

これまで述べてきた
メルカリの特徴とユーザー層から

「実際にどのような商品を出品すれば良いのか」
について説明します。

3-1:他のサイトで安くなりすぎているもの

メルカリは、
メルカリ特有の相場が
形成されています。

ヤフオクやアマゾンでは
出品者が多すぎて
どうしようもない物でも

メルカリでは高値で売れている
場合が結構あります。

例えば
ロバートキヨサキの
「金持ち父さん貧乏父さん」などは

どのサイトでも出品者が多すぎて
価格が極限まで下落しているため
とても出品する気になりません。

しかし、こんなものでも
メルカリでは普通に

500円から600円くらいで
売れていたりします。

このように
他のサイトでお話にならない物でも

あきらめずに
メルカリでの販売を検討してみると
良いと思います。

3-2:新しいもの

アマゾンやヤフオクなどでは
骨董級の商品はバシバシ売れます。

例えば骨董品や古書です。

しかし、メルカリでは
骨董級の物は売れていません。

ですからこのような物は
メルカリには出さない方が
良いと思います。

3-3:難しすぎないもの

また、高度な専門書などのような
難しすぎる物もメルカリでは
売れにくいです。

ユーザーの中に
求める人が少ないから
だと思われます。

どこまでという線引は難しいですが、
出来るだけ一般受けしそうな
物を出すのが基本です。

3-4:ハンドメイド

手先の器用な人は
ここを検討する価値があります。

趣味で作った物が
現金化する可能性が
あるからです。

一口に「ハンドメイド」
と言ってもピンキリで、

実際百均で購入した材料を
組み合わせただけの物とか

プリンターで作った
「宛名シール」を
売っている人もいます。

占いサービスを
売っている人もいます。

「こんなものが売れるのか?」
というものが売れていますので
面白い分野です。

3-5:「若い」「女性」がターゲット

とにかく「若い」「女性」が
ターゲットになるものを

あれこれ考えて
思いついた商品の相場を調べる。

基本はこの繰り返しです。

例えば、

  • 小物系
  • ファッション系
  • 化粧品

若い子が読んでいる女性雑誌等を
参考にしたりするのも一つの手です。

そして、
出品者のアイコンをクリックすれば

出品一覧(売り切れも含めて)
見れますので、

そこから売れる商品を
リサーチするのも良いでしょう。

4:まとめ

出品する商品を
お持ちでない方は

先ほどの方法で
メルカリ内の売り切れ商品を
沢山眺めてみてください。

そのうち、

  • 「あ、これなら家にあるかも」
  • 「これなら仕入れられるかも」
  • 「これ扱いたい」

というものが出てきます。
そしたら後は行動あるのみ。

出品するものを既にお持ちの方は
逆にお持ちの商品を

キーワード検索で
ドンドン調べてください。

そうすればきっと売れる商品が
見つかるはずです。

ターゲットは「若い」「女性」です。

あなたの健闘をお祈りします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!