メルカリで出品した商品を削除するメリットを教えます!

メルカリ 出品 削除

メルカリ画面のプロフィール写真の下に
「評価」と「出品数」が表示されているのを
みたことがありますよね。

出品数が1000件ぐらいになると、
個人の出品者ではなく、
業者が個人になりすまし
出品している可能性があります。

メルカリは、個人と個人の売買を
前提としています。

なので、
業者のなりすましは
利用規約違反となります。

個人で出品し、取引完了後も
そのまま放置していると、
出品数が100ぐらいの表示になる
場合があります。

取引だけを考えると特に問題ではないですが、
出品数が多いのに、評価の数値が少ないと
見栄えがよくないと思いませんか。

そこで、
出品してから時間が経過してしまった
商品ページの対応について解説していきます。

目次

1:メルカリで出品数が多い場合のメリットとデメリット
2:メルカリ出品中の商品を削除する方
3:メルカリ商品ページを削除する手順
4:SOLD OUT商品ページを削除するときの注意点
5:メルカリで削除した商品を再出品しましょう
6:一旦出品を停止する機能について
7:まとめ

1:メルカリで出品数が多い場合のメリットとデメリット

出品数が多く表示されている場合、
メリットとデメリットが存在します。

どのようなケースがあるのか
簡単に説明します。

1-1: 出品数が多い場合のメリット

きちんとした理由がある場合、
商品ページを削除せずに
残しておいた方がよい
ケースがあります。

1-1-1:ハンドメイド商品を出品している場合

メリットとしてまず挙げられるのが
ハンドメイド商品を出品している場合です

SOLD OUT後でも、
商品ページを残しておくことで
自分がこれまで作った作品を
皆に見てもらうことができます。

もしかしたら、
過去に出品した商品を見た人から
コメント欄で次回作のアイデアが
もらえるかもしれません。

1-1-2:魅力的な商品の出品をしている場合

SOLD OUTになっても、
購入者の興味を引く商品を
出品している場合にも削除せずに
残しておいた方がいいでしょう。

たとえば、
同じブランドの商品を
多数出品している人の中には、
わざと削除しない人がいます。

それは、SOLD OUTになった
商品ページがきっかけとなり
出品中の商品に興味をもってもらい
購入に繋がる場合があるからです。

1-2: 出品数が多い場合のデメリット

出品した商品を削除せずに
出品数が多く表示されていることは、
メリットよりにデメリットの方が
大きいような気がします。

1-2-1:ペナルティーのデメリット1

出品数が多いことで、
業者と間違えられペナルティを
受けてしまうデメリットがあります。

誤解からペナルティを受けるなんていやですよね。

1-2-2:値引き対象のデメリット2

過去に出品した商品の価格と比較され、
値引き交渉の対象になってしまうことがあります。

出品者としては、
できるだけ最初に提示した金額で
販売したいですよね。

2:メルカリで出品中の商品を削除する方法

出品してから約1週間たっても
買い手がつかない場合には、
思い切って商品ページを
削除しましょう。

一度出品した商品ページは、
削除しない限り掲載され続けます。

残念なことに、長く掲載することで
徐々に他の商品に埋もれてしまい
見てもらう機会が減ってしまうのです。

でも、「いいね」がついた商品は、例外です。

「いいね」を押してくれることは、
商品を閲覧した人が関心を持っているという
意思表示です。

その時は、少し様子をみて
「いいね」をしてくれた人の
反応をみましょう。

3:メルカリで商品ページを削除する手順

商品ページを削除する
操作手順について
説明していきます。

手順:1

メルカリのトップページ画面の
三本線のマークをタップし
メニューを開きます。

メニューから、
「出品した商品」をタップします。

手順:2

出品した商品画面が、
表示されます。

商品画面の一覧から、
削除する商品をタップします。

手順:3

出品中の商品ページが、
表示されます。

画面右下に表示される
「商品の編集」をタップします。

手順:4

商品の情報を入力画面が
表示されます。

ページを下まで
スクロールしていくと、
「この商品を削除する」
ボタンをタップします。

手順:5

削除に関する確認画面が
表示されます。

「はい」をタップします。

手順:6

「該当する商品は削除されています」
という表示がでたら、削除が完了です。

4:SOLD OUT商品ページを削除するときの注意点

メニューの「出品した商品」から、
「売却済み」の商品を選択すると
SOLD OUTの商品が表示されます。

過去に出品した商品ページと
同様の商品を販売する場合、
利用規約に引っかかることがあります。

商品の販売が終了し、
お互いの評価が完了すると
「この商品を削除する」の
ボタンが表示されます。

だいたい評価が完了してから、
2週間程度で表示される
このボタンをタップして、
商品ページを削除しましょう。

ここで、削除ボタンをタップする前に、
注意してもらいたいことがあります。

注意1:
商品ページを削除した場合、
取引中に購入者と交わした
コメントも一緒に
削除されてしまいます。

備忘記録として
残しておきたい場合には、
他の対応方法を考えましょう。

注意2:
出品中の商品を取引している間は、
商品ページを削除することができません。

取引をキャンセルしたい場合は、
商品ページを削除するのではなく、
キャンセル手続きが必要です。

5:メルカリで削除した商品を再出品しましょう

一度、商品ページを
削除してしまうと
もとの状態に戻す
ことができません。

商品ページを
復活させることは
できないのです。

再出品を前提として
商品ページを削除する場合、
順番が大切になります。

再出品するために作成する
新規商品ページをまずメルカリにアップし、
その後、元の商品ページを削除してください。

この順番を間違えると商品説明文などを
一から作成することが必要となるため、
大変手間がかかるので注意してください。

6:一旦出品を停止する機能について

商品ページを「削除」する方法以外に、
販売を「一時停止」する方法があります。

商品ページを「削除」処理した場合には、
商品ページ閲覧者はもちろんのこと、
出品者側も見ることができなくなります。

「一旦停止」の処理をした場合は、
自分のプロフィールにある出品した
商品数にはカウントされません。

そのため、
「出品した商品」画面では、一旦停止した
商品ページを確認することができます。

もし、見ることができない場合には、
間違えて削除してしまった可能性があります。

その際は、最初から商品ページを
作成しなくてはいけません。

7:まとめ

スマートフォンを使って
ネット上でフリーマーケットのように
個人と個人が取引をするのがメルカリです。

パソコンからアクセスできるようになっても
ユーザーはスマホから隙間時間を使って
アクセスしている人が多いようです。

そのため、出品者側はできるだけ
短い時間で自分の出品している商品を
見てもらえるように工夫することが大切です。

ネットで検索をしてみると
いろいろな裏技を
見つけることができます。

裏技は利用規約に違反した場合、
商品ページを削除されたり、
アカウントを無くしてしまう
こともあります。

利用規約に違反することなく、
出品方法を工夫してメルカリライフを
楽しんでください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!