【他社比較】あなたはメルカリの出品手数料が割高だと思いますか?

メルカリ 出品 手数料

自宅にある不用品を出品するだけで、
簡単にお小遣い稼ぎが出来て、

幅広い層の人たちに
一番人気なのが「メルカリ」です。

多くの人たちがパソコンより、
スマホを操作している時間が長いため、

スマホを利用することで
手軽に出品できるのも
人気の理由ではないでしょうか。

その一方で、商品の販売時に必要となる
手数料が高いという声があります。

ここでは、メルカリを利用することで
負担する手数料についてご紹介します。

メルカリの手数料が高いと言われていますが、
本当のところどうなんでしょう。

他社と比較して検証してみました。

1:メルカリで購入者が支払う手数料

メルカリで出品されている商品を
購入する際の手数料について
ご紹介します。

メルカリで出品されている商品を
閲覧する際、商品の検索機能や、
出品者とコミュニケーションを
取りますよね。

この便利な機能は無料で
利用することができます。

ヤフオクのような
月額利用料の負担が
ありません。

商品購入時の支払手数料は、
下記の方法であれば無料です。

  • クレジットカード
  • 全額ポイント支払
  • 全額売上金払
  • 全額クーポン払

しかし、下記の支払方法を
選択した場合には、決済システムの
手数料として100円発生してしまいます。

  • 銀行ATM
  • コンビニ振込
  • ソフトバンクまとめて支払
  • dケータイ払いプラス(ドコモ)
  • auかんたん決済

支払手数料は、購入した商品代金や
送料に上乗せされて請求されています。

同様のフリマアプリと比較してみましょう。

  • メルカリ:コンビニ、ATMは100円/その他は無料
  • フリル:コンビニ、ATMは200円/その他は無料
  • LINE MALL:無料
  • ショッピーズ:200円
  • ラクマ:コンビニは216円/その他は無料
  • クロシェ:無料

他社と比較すると、
メルカリの商品購入時の手数料は
決して割高とは言いきれないのでは
ないでしょうか。

2:メルカリで出品者が支払う手数料

メルカリに商品を出品する際の
出品手数料は発生しません。

また、購入者と同様に、
月額利用料の負担が無いため
無料で利用することができます。

出品者が負担する手数料は、

  1. 「商品販売手数料」
  2. 「振込手数料」

の2つがあります。

2-1:商品出品手数料

出品者の場合、
商品の売却が決定した時点で出品手数料として
代金の10%を負担することになります。

徴収方法は、実際に販売した商品代金から
10%天引きされ差額の90%部分が
指定の銀行口座に振込まれるのです。

たとえば、
出品した商品の代金が10,000円だった場合、
10%部分である1,000円を差し引いた
9,000円が受取金額になります。

同様のサイトの出品手数料は、
下記になります。

  • メルカリ:販売価格の10%
  • フリル:メルカリ:販売価格の10%
  • LINE MALL:無料
  • ショッピーズ: メルカリ:販売価格の10%
  • ラクマ:無料
  • クロシェ:無料
  • ヤフオク(フリマ):8.64%

ヤフオクのフリマは
手数料の割合が低いですよね。

プレミアム会員に加入していない
場合には、出品した商品の販売手数料の
負担が10%になります。

無料のところもあるので、
10%は高く感じてしまいます。

でも、無料以外のサイトを見ると
ほとんど10%で統一されているので、
割高とは言えないですよね。

2-2:振込手数料

出品した商品の代金が1万円未満だった場合には、
振込手数料として210円を負担することになります。

販売価格から商品販売手数料を
差し引いた金額が1万円以上の場合には、
振込手数料は発生しません。

請求方法は、売上金額から差し引かれて
口座に振り込まれます。

銀行口座への振込金額が
10,000円以上の場合には、
手数料が0円です。

少額取引が多いメルカリでは、
売上総額が10,000円に達するまでに
時間がかかりそうです。

だからといって、
出品している商品が売却される都度
振込を申請すると利益が少なくなって
しまいますよね。

同様のサイトの振込み手数料は、
下記になります。

  • メルカリ:10,000円未満は210円/10,000円以上は無料
  • フリル:210円
  • LINE MALL:210円
  • ショッピーズ:210円
  • ラクマ: 10,000円未満は210円/10,000円以上は無料
  • クロシェ:無料

振込手数料も販売手数料と同様に、
他と比較しても高くないと思いませんか。

2-3:送料込みで出品したときの手数料は10%ではない?

メルカリで商品を発送する場合、

  1. 「送料を含めて出品」するケース
  2. 「送料は別に出品」するケース

2つの方法があります。

「送料を含めて出品」する場合、
出品手数料が販売価格の10%ではない
この事をご存知でしたか。

この10%の計算の方法には、
トリックがあるのです。

実際に商品を売り上げた金額をもとに
10%の計算が行われていると思いますよね。

実は、違うのです。

送料込で商品を出品している場合、
販売価格に送料分がプラスされている
価格が表示されていますよね。

サイトに表示されている販売価格に対して
10%を計算しているのです。

純粋な売上ではなく、
本来経費となるべき送料を売上高と考えて
計算されているなんてビックリですよね。

送料を分け着払いで商品を出品した場合には、
余計な出品手数料はかからないのです。

3:なぜメルカリは人気なのか

手数料が高いと言われているメルカリですが、
なぜ、こんなに人気があるのでしょう。

メルカリ利用者には、
ヤフオクを使わない
利用者が多くいます。

メルカリは、表示されている価格で
直ぐに購入することができます。

ヤフオクは、最終日にならないと
価格が決定しないため、購入までに
時間がかかります。

メルカリは、商品を購入後、
受け取りの確認が取れなければ
出品者に商品代金の支払いがされません。

出品者と購入者の間にメルカリが入ることで、
安全に取引ができるのが嬉しいですよね。

メルカリは、出品した商品の
販売契約が成立した時に、
手数料が発生します。

売れても、売れなくても、
手数料の負担が発生する
サイトと比べると魅力的ですよね。

4:3大フリマアプリの市場規模

同様のサイトと手数料について
比較しましたが、メルカリの凄い所は、
やはり利用者が多いことではないでしょうか。

3大フリアアプリと言われる

  1. 「メルカリ」
  2. 「フリル」
  3. 「ラクマ」

の市場規模についてご紹介します。

各フリマアプリの母体となっているのは、

  • メルカリ:メルカリ
  • フリル:楽天
  • ラクマ:楽天

です。

サービスをスタートさせたのは、

  • メルカリ:2013年7月
  • フリル:2012年7月
  • ラクマ:2014年11月

です。

国内ダウンロード数は、

  • メルカ:5000万件(2017年6月時点)
  • フリ:850万件(2017年9月時点)
  • ラク:400万件(2016年11月時点)

となっており、
メルカリがダントツですよね。

メルカリは
さらに海外でもサービスを提供しており、
ダウンロード数は2500万件となっています。

利用者が気になるは、
年間流通額ではないでしょうか。

メルカリは1200億円規模で
展開されています。

これに対し楽天が母体となっている「フリル」
「ラクマ」は数百億円規模となっています。

フリルのスタート1番早かったわけですが、
1年後にサービスを開始したメルカリに
ダウンロード数、年間流通額ともに
大きく差をつけられてしまっています。

利用者が多いということは、
出品をすれば高い確率で
売れるということです。

手数料が無料でも利用者が
少なければ商品が売れる確率は
低くなってしまいます。

市場規模をみると「メルカリ」が
圧倒的に強いので利用者が多いことが
理解できるのではないでしょうか。

5:まとめ

自宅にある不用品を出品している
段階であれば、手数料を気にすることなく
楽しみながらメルカリを活用できますよね。

でも、お小遣い稼ぎから卒業して
ビジネスとしてメルカリを活用する場合は、
手数料を考慮し

損益分岐点を
しっかり考えて取引をすることが
必要になってきます。

今回は、手数料にスポットを当てて
紹介してきましたが
いかがだったでしょうか。

単純に手数料が無料でも
利用者が少なければ

あなたが出品している商品が
売れないかもしれません。

そのため、コストと集客のバランスを考えて
上手にフリマアプリと付き合っていきましょう。

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。