使わなきゃ損!メルカリ便の送料ガイドと3つの発送方法

メルカリ便 送料

ヤマト運輸で
通常サービスとして提供している

・ネコポス
・宅急便コンパクト
・宅急便

があります。

このサービスをメルカリ利用者に対し、
さらにお得・便利・プラスαの価値を
提供してくれるのが「らくらくメルカリ便」です。

ただしメルカリで販売した商品なら、
無条件で利用できる
サービスではありません。

では「らくらくメルカリ便」
賢く利用するためのポイントについて
「送料」を中心に説明していきます。

目次

1:らくらくメルカリ便の配送料金
2:らくらくメルカリ便3つの発送方法
3:らくらくメルカリ便が利用できる最低価格
4:送料を比較してみました
5:らくらくメルカリ便よりお得?な送料がある
6:まとめ

1:らくらくメルカリ便の配送料金

らくらくメルカリ便の配送料は、
下記のように設定されています。

  • ネコポス:195円
  • 宅急便コンパクト:380円(+専用BOX65円)
  • 宅急便60サイズ:600円
  • 宅急便80サイズ:700円
  • 宅急便100サイズ:900円
  • 宅急便120サイズ:1000円
  • 宅急便140サイズ:1200円
  • 宅急便160サイズ:1500円

らくらくメルカリ便には
3つの配送サービスがあります。

  1. ネコポス
  2. 宅急便コンパクト
  3. 宅急便

このサービスを
全国一律の配送料金(税込)で
利用することができます。

2:らくらくメルカリ便3つの発送方法

らくらくメルカリ便を
利用できる場所は

  • ヤマト運輸の営業所
  • コンビニ(ファミリーマート・サークルKサンクス)
  • 自宅への集荷

以上3箇所です。

集荷サービスを利用
できるようになりましたが、

  • ネコポスは非対応
  • 別途30円の利用料金が発生

となっているので
利用される際は
注意してください。

3:らくらくメルカリ便が利用できる最低価格

とっても便利でお得な
らくらくメルカリ便ですが、
最低利用料金が決められている
ことをご存知ですか。

あまりにも低価格で販売する場合、
利用することができません。

メルカリで出品している商品の
最低設定価格は300円です。

これとは別に、
らくらくメルカリ便の利用条件となる
最低金額が設定されています。

  • ネコポス:最低金額なし
  • 宅急便コンパクト:450円以上
  • 宅急便:1000円以上

売上金額からメルカリ販売手数料の10%を
差引いた後の売上金額が利用条件を満たさないと
利用できなくなるので注意が必要です。

例えば、
メルカリ最低価格の300円で出品した場合、
販売手数料10%(30円)が差引かれ
売上が270円になります。

この売上金で「らくらくメルカリ便」を
利用するとき、「ネコポス」しか
選択できなくなります。

余談ですが、
売上270円に対し
ネコポスの送料195円を
差引くと利益が75円です。

これに梱包代を差引くと…

殆ど利益がでないか、
マイナスになることも
あるのではないでしょうか。

メルカリはネット上で行われる
フリーマーケットです。

そのため、値下げ交渉が
頻繁に行われます。

値下げ交渉をされた場合には、
最低利用料金よりも下回らず、
そして、利益がでるように
交渉することが大切です。

4:送料を比較してみました

らくらくメルカリ便の
宅配便コンパクトを利用すると
配送料金380円になります。
(別途専用BOX65円)

この金額より安い価格で
取引が成立した場合、
利用することができません。

ヤマト運輸で提供している、
宅配便コンパクトの
サービス価格は594円です。

これにヤマト運輸の
割引サービスを利用すると
最大割引時で419円になります。

  • クロネコメンバー割りBIG:最大15%割引
  • デジタル割:50円
  • 持込割:1個につき100円引き

通常の宅配コンパクトよりも
「らくらくメルカリ便」を利用した方が
がお得なことを分かっていただけましたか。

5:らくらくメルカリ便よりお得?な送料がある

日本郵便株式会社が提供している配送サービス
「クリックポスト」をご存知でしょうか。

送料が164円とお手頃です。

そして近くのポストからの投函で、
配送手続きが完了するのも便利です。

送料は利益に大きく関係するので、
大量発送をする場合には、
検討の余地があります。

大量発送をする場合に起こる
ヒューマンエラーで
「伝票の誤記入」があります。

手書きで伝票を書く場合、
どんなに注意をしていても
ミスが発生しやすくなりますよね。

らくらくメルカリ便は伝票を
手書きをする必要がありません。

「ネコポス」と「クリックポスト」
の送料差額31円は

  • 伝票記入の手間
  • 誤配送防止

のための経費と考えれば
安いと思いませんか。

6:まとめ

送料など配送時にかかる手間を
大幅にカットできるのが
「らくらくメルカリ便」です。

全国同一の送料のため
商品を出品する際、
価格の設定が
しやすいですよね。

そして送料が
最大で69%オフ
というのは魅力です。

送料だけに着目すると、
「らくらくメルカリ便」より
安いサービスがあります。

しかし、配送料以上に

  • 伝票記入の手間
  • 匿名での配送

ができることは、
大きなメリットです。

このサービスを
積極的に利用しては
いかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!