失敗しない!メンター選びと成功に欠かせないモデリング先の見つけ方

成功するためにはメンターが重要!

良いモデリング先を
見つけることが成功の近道!

けど、メンター選びで失敗しないかな?
良いモデリング先ってどうやって見つければいいの?

と悩んでいることでしょう。

そこで、失敗確率をかなり高い確率で
下げるメンター選びの基準や一番弟子になる方法や
良いモデリング先の見つけた方を詳しくご紹介します。

目次

1:3年で追いつける人をメンターにする理由
2:メンターの1番弟子になる方法
3:人生で成功するメンター選びの4つのステップ
4:成功の絶対条件はモデリング先を見つける事
5:億万長者になった主婦の発明事例
6:まとめ

1:3年で追いつける人をメンターにする理由

以前に3年で追いつける人を
メンターにするとありましたがこれは
一体どういった理由からなのでしょうか?

なぜ3年で追いつける人なのか?

答えは凄くシンプルなのですが
ちょうど良い目標だからです。

私には尊敬する経営者がたくさんいます。

ウォーレン・バフェットさん
アマゾンのベゾスさん
イーロン・マスクさん
京セラの稲盛和夫さん
斉藤一人さん

など…

尊敬できる人物をあげればキリがありません。

しかし正直な所、彼らは遠すぎます。

売上げや利益や従業員数なども桁違いですし
私が求めているライフスタイルもかけ離れています。

もしかしたら将来的には

「彼らのようになりたい」
「彼らのようなビジネスをやりたい」

と思うようになるかもしれませんが
今の段階では真似できるレベルではなく
ビジョンや本質も離れています。

尊敬する人と、メンターは異なります。

メンターは「追いつきたい」と思える人で
かつ、真似できる人を選ぶのがベストだと
思っています。

もう少し簡単に言えば、

「近い将来こんな人生送りたいな〜」

と思える人をモデリング先に
選ぶべきだと思っています。

またもう1つこんな質問もありました。

2:メンターの1番弟子になる方法

以前に

「メンターと仲良くなるためには
メンターを助ける必要がある」とおっしゃっていたのですが
これはどういう意味でしょうか?

この質問にも回答したいと思います。

よく『メンター』

「都合の良い時に何でも教えてくれる人」

と誤解して捉えている人が多いのですが
これは間違いだと思っています。

よく

「はじめまして、●●と申します。
 よろしければ、メンターになって下さい!」

などと言われる事があるのですが
メンターと弟子とはそんな簡単な
関係ではありません。

メール1本で成立するメンターと
弟子の関係なんてありません。

メンターとは『本人以上』にその人物を
成功させる事を想っている人だと
私は考えています。

例えば、弟子が

「今日は眠いからちょっとサボろうかな」

と考えていたら、ドアをガンガンと叩いて

「テメー、コノヤロー!今すぐドアをあけて
出てこい。今すぐ訓練だ。3秒で出て来ないとぶっ飛ばすぞ!」

と本人以上に、その人物を成功させる事に
命をかける人の事です。

また私達が何年もかかって出す答えを
わずか10秒で解りやすく教えてくれる
人でもあります。

こういう人をメンターに選ぶべきなのですが
逆にこれだけ真剣なので、弟子も生半可な
気持ちや態度では選んでもらえません。

例えば私は

  • -メンターのセミナーには100%出席する
  • -彼のセミナーで良い回答をして盛り上げる
  • -彼のノウハウで実績を出し報告する
  • -たくさんのお金を払う
  • -セミナーが良いコンテンツになるような回答をする
  • -メンターを精神的、物理的に助ける

など、色々な事をしてきました。

メンターと言っても神様ではありません。

弱点もありますし、弱みも汚さもあります。

それらを補ってあげる事が重要ですし
メンターと親しくなる最大の方法だと
実感しています。

また大抵の場合、メンターは自分より裕福ですが
たくさんのお金を求めています。

『自分が苦労して貯めたお金を払う』

これは人間にとってもの凄く苦痛です。

メンターにとってはお金が増えるという事より
その痛みを伴う行為自体がうれしいのです。

メンターに直接教えを乞えるようになれば
成功のスピードは10倍以上です。

一生かけても手に入らない成功や知識を
得られる可能性もあります。

3:人生で成功するメンター選びの4つのステップ

私のこれまでの成功パターンは

  1. メンターを見つける
  2. メンターをサポートして一番弟子になる
  3. メンターを超える
  4. 次のメンターを探す

という行為を繰り返してきました。

そうやって毎年年収があがっていき、毎年
ライフスタイルの質をあげてきました。

「メンターがいなければ成功できないんですか?」

という質問も稀にあるのですが、
これは「NO」です。

『メンターの一番弟子になる』

(一番弟子になるのが重要です。
二番弟子と一番弟子の間には
深すぎる差があります)

これは成功のスピードをあげる
最大の方法だと思っていますが

かといって絶対にメンターがいないと
成功できないのか?と言われれば
「そんな事は無い」と思います。

4:成功の絶対条件はモデリング先を見つける事

ただ『モデリング先を見つける』事は
絶対条件だと思っています。

「この人のビジネスモデルを真似しよう」
「この人のライフスタイルを真似しよう」

そう思える人を見つけない限りは
人間の成長はストップしてしまうと
私は考えています。

「メンターとモデリング先は違うんですか?」

という質問などもあると思います。

モデリングとは?

モデリング先とは字のごとく
真似する人や物の事です。

ビジネスモデルをモデリングする
ライフスタイルをモデリングする

など、目標や参考する人や物です。

私はたくさんのモデリング先を
持っています。

何かを新しく始める時は、まず最初に
モデリング先を探します。

何かしらの目標が出来たら
まずその分野で成功している
理想のモデルを探します。

そして、その人を徹底して
真似して真似しまくります。

その人のセミナーに出たり教材や本を
買ったり、真似しつつ段々と近づきます。

そうして近づいている内に段々と
その人物の人間性が見えてきます。

良い面だけではなく、悪い面や汚い部分、
弱い部分や足りない部分が見えてきます。

その上でまだ「この人みたいになりたい」
と思えるようであれば弟子入りします。

なぜモデリング先が必要なのか?

と言えば、私達はゼロから何かを
生み出す能力がないからです。

エジソンさんかアインシュタインさんか
どちらかが言っていましたが

「私達はゼロから創造する力は無い」

と豪語していました。

つまり「ゼロから作るのは無理なので
何かと何かを足したり掛けたりして
新しいものを作りましょう」

と言っているのです。

彼らのような大発明家が言っているので
恐らくそうなのだと思います。

以前にIQが高すぎる人は成功率が低い
という話をしましたが彼らは頭が良いので
素直にモデリングが出来ない事が原因だと
私は考えています。

彼らのような天才が素直に真似し始めたら
とてもではありませんが私のような凡人は
太刀打ちできません。

5:億万長者になった主婦の発明事例

『発明』とは

既存の何かを足したり掛けたり
引いたり割ったりする事です。

小学生の頃に、

「鉛筆に消しゴムをつけて億万長者になった主婦」

というテレビを見ました。

「鉛筆に消しゴムをつけただけで億万長者?」

と、かなりビビった記憶があります。

今でも記憶に残っている過去の話は
私達にとって何らかの意味があります。

『鉛筆+消しゴム=億万長者』

これは私のビジネスの重要な原点に
なっています。

ゼロから何かを生み出そうとするのではなく
今あるもの同士を合成したり分解したりして
新しい価値を生み出す事がビジネスです。

そして素直にそれが出来る人が
世の中では成功者と呼ばれるのだと思います。

例えば、ヤフーオークション。

インターネット+競売

です。

ここ最近までは

『古くから残っている伝統』

『インターネット』

を加えるだけで大発明となり
お金持ちになれました。

これからの時代は何でしょうか?

スマホが高齢者用にシンプルに
なってきているようにこれからは
もしかしたらスマート、シンプルの
時代が到来するかもしれません。

ネット疲れしている人も多いので
今ある当たり前の中からネットを
省いた物が流行るかもしれません。

「ゼロから創造する」

という大それた考えは捨てて

今ある何かを組み合わせるか分解をして
新しい価値を創造すると考える事だと
思います。

パン+ソーセージ+ケチャップ=ホットドッグ

 

です。

アイデアや発明とは
ものすごくシンプルなのです。
参考になれば幸いです。

6:まとめ

ここに書いてあることを実践すると、
メンターと仲良くなる可能性がグンと高くなりますし、

そのためにどの情報を集めればいいのか?

という目的意識も明確になりますね。

最後にまとめると、

  • メンターは人生と価値観が一致する人を選ぶ
  • 尊敬する人とメンターは別
  • メンターと仲良くなるには、メンターを助ける事
  • メンター選びにこだわる必要はない
  • 成功の絶対条件は良いモデリング先を見つけること
  • アイデアは0から生まれるものではない
  • アイデアは分解と融合

もし、あなたがどんなメンターを選べばいいのか?
検討もつかない場合は、

まず、あなた自身がどんな人生を送りたいのか?
どんな人生を送っている人と一緒にいたいのか?

自分自身が幸せだと感じるライフスタイルを
紙やパソコンに書き出して明確にすれば
なお良いです。

 

 


あわせて読みたい


フロントエンドマーケティングを導入するメリットと4つの事例とは

0から学ぶダイレクトレスポンスマーケティングを始めるための基礎知識

ネット不労所得の作り方18のポイントをプロが徹底解説!

WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

かなり参考になる企業のキャッチコピーの7選と5つの作り方

WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

【保存版】Tiny MCE Advanced の設定方法と使い方

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!