メラビアンの法則とは?誤解を正せば3倍以上の会話能力が身につく

メラビアンの法則とは

メラビアンの法則と言えば、
見た目が大事だという意味だ
と認識をしていませんか?

これって実は、法則の一部だけを
拡大解釈されているのです。

じゃあメラビアンの法則は、
間違いで、役立たないのか
というとそうではありません。

正しくメラビアンの法則を知る事で、
あなたのコミュニケーション能力が
上がります。

それは、ビジネスや恋愛にも
使えるものです。

では、早速メラビアンの法則の世界に
入っていきましょう。

目次

1:メラビアンの法則とは
2:メラビアンの法則の第一印象とは
3:メラビアンの法則をコミュニケーションに活かす
4:メラビアンの法則はビジネス以外にも恋愛や人生にも役立つのか
5:メラビアンの法則は誤解された解釈と真実がある
6:まとめ

1:メラビアンの法則とは

アメリカのカリフォルニア大学の
心理学者アルバート・メラビアンが
1971年に提唱したものです。

非言語コミュニケーションの重要さを
実証したものです。

日本では見た目が大事。
第一印象が大事。
との解釈が一般的です。

ただこれらは、
メラビアンの実験結果を

一部だけ捉えて、
独自に解釈されたものです。

本当の意味は、
この文章の後半に書いていきます。

2:メラビアンの法則の第一印象とは

第一印象とは、初めて人と会った時、
数秒で相手の印象が決まる
との考え方です。

そして、その印象を決めるのが
服装や姿勢・態度・表情など
見た目の部分という事です。

そして、第一印象には、
ある特徴があります。

それは、第一印象は、
なかなか変わらないと言う事です。

故に、初めて会う人には、
カッコいい自分を印象付けたい
ところです。

ただ、付き合いが長く濃くなってくると、
実態はバレていきますので、
過信は禁物です。

3:メラビアンの法則をコミュニケーションに活かす

メラビアンの法則において
重要視されているのは、
服装や髪型や顔形などの見た目
というよりは、

非言語コミュニケーション全般が
大事という事なのです。

メラビアンさんは、
コミュニケーションを3つに
分類しました。

1つ目が話している内容
Vebal(言語情報)

2つ目が声のトーン、速さ、大きさ
Vocal(聴覚情報)

3つ目がボディランゲージや表情、仕草
Visual(視覚情報)

です。

2つ目・3つ目の
言語に頼らないコミュニケーション法
つまりは、非言語コミュニケーションも
重要ですよ。

という内容なのです。

あなたのコミュニケーション方法に
この非言語の部分を意識的に
取り入れる事で

あなたの伝えたいことが、
相手に格段に良く
伝わるようになるのです。

4:メラビアンの法則はビジネス以外にも恋愛や人生にも役立つのか?

メラビアンの法則といえば、
ビジネスにおいてお客さんとの関係上で
自分の地位を上げるテクニックと
思われがちです。

でも、メラビアンの言う
非言語でのコミュニケーションは、
恋愛や人生にも役立つものです。

ではどのように使うのか

それは、相手に伝えたい事を
話す内容だけではなく、

身振り手振りや、
声のトーンや音量の強弱、
あなたの表情も載せて

つまりは、非言語も総動員して使って、
相手に伝えるのです。

嬉しい時には、
満面の笑みで、明るいトーンで
手を握って、

ありがとうと相手の目を見て
伝えるのと、

仏頂面で、相手に顔を向けずに、
蚊の鳴くような声で

ありがとうとボソボソ伝えるのとでは
相手への伝わり方に差が出るのは、
一目瞭然です。

と言うように、
相手に自分の伝えたい本心を
より伝えやすくなるわけです。

この事実を知っただけでも
あなたのコミュニケーション力は
アップしているのです。

5:メラビアンの法則は誤解された解釈と真実がある

メラビアンの法則とは、
冒頭でも触れたように、
間違った解釈が世に広まっています。

一般的には、見た目が大事で、
話の内容は7%しか伝わらない
というものです。

でも、この解釈は
実験結果の一部だけを捉え、
独自の解釈をされた

言わば誤解なのです。

メラビアンが行った実験は、

話す内容と声のトーンと
表情や仕草が違う場合、

つまりは、
矛盾した情報が発信された時に

人はどの情報を優先して
相手の本心を知ろうとするのか

というものでした。

例えば、

ありがとうと言いながら
怒った口調で
泣いている表情をした時に

それを受け取った人は、
言語情報を優先する人が7%
聴覚情報を優先する人が38%
視覚情報を優先する人が55%

というのが、
メラビアンの実験結果なのです。

要するに相手の表情や仕草が
本心であると捉える人が
55%もいるんですよ。

という実験結果なのです。

それが、日本では
竹内一郎さんの「人は見た目が9割」
がベストセラーになったことから

見た目が大事=メラビアンの法則

という風潮ができたのではないか
と思います。

6:まとめ

メラビアンの法則とは、
非言語コミュニケーションは
コミュニケーションにおいて
重要なファクターになる。

非言語を意識したコミュニケーションは、
相手にあなたの気持ちを伝えやすくなる

逆を返せば、非言語を無視すると
あなたの気持ちは3分の1も伝わらない
可能性もあるのです。

第一印象や見た目が大事というのは
メラビアンの法則の拡大解釈ではあるが

これらも
非言語のコミュニケーションの
一部であるので、

もちろんそれも大切という事です。

メラビアンの法則の真実を知った
だけでは勿体無いです。

では、どうすればいいのか

それは、
普段から非言語を意識して、
使う練習をしていく事です。

練習する事で、
あなたのコミュニケーション能力は
どんどん上がります。

言語・聴覚・視覚の
3つのコミュニケーション術を
フルに活用できれば、

あなたの意思は、
お客さん、恋人、家族、友達にも
ストレートに伝える事ができるのです。

なので、是非、
非言語でのコミュニケーションに
光を当てて取り入れていってください。

あなたの人間関係が
良くなっていくことを
心よりお祈りしております。

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!