Appleやマクドナルドが導入しているマーケティング手法とは?

マーケティングには口コミ、
SNS、Web、O2Oなど様々な種類があります。

マーケティングを正しく実践すれば、
オークションや物販などの売上げを
2.7倍以上にすることが可能になります。

「難しいのでは?」

と思われるかもしれませんが
安心して下さい。

難しい専門用語は
一切抜きで細かく解説していきます。

Appleやマクドナルドが導入している
マーケティング手法を活用して
ビジネスを拡大させたい方は必見です。

目次

1:マーケティングとは一体何なのか
2:3つの最強マーケティング
 2-1:感動体験、そしてリピート×口コミ
 2-2:安さによる感動は長続きしない
 2-3:莫大な売り上げを叩き出す秘訣
3:科学的にリピートや口コミを発生させる方法
 3-1:口コミによる最大のメリット
4:USPを作る
5:クロスセル・アップセルを導入する
6:まとめ

1:マーケティングとは一体何なのか

df1d0897afb04c4dc05eacbe24c6a312_m

これは簡単に解説すると「商品を求めている顧客がどこにいて、どのような思考で、どんな雑誌・本を読んでいるか。どのようなライフスタイルで過ごしているかを全てリサーチしてプロモーションの実施、口コミによる集客といった利益を上げ続ける為に行う活動内容のこと」を言います。

つまりマーケティングは

「販売をほぼ不要にして売り込まずに
お客様から買いたくなると思える状況を作り、
自社の商品やサービスを

お医者さんから処方される薬のように提供し、
お互いがWinWinの関係を維持する
仕組みを構築した上で、
目標とする売り上げを達成させる全ての手段」

となります。

シンプルに一言で表すなら
「どのようにアプローチすれば
自分も顧客も幸せになるか企てること」です。

企てて(企)行う(業)から
企業という文字になります。

なのでWinWinの関係を
考えてから行っていく必要があるのです。

もし、どちらかが損をしていた場合は
そのビジネスは終わりを
迎えてしまうケースがほとんどです。

その証拠に裏のないコインは
存在することができません。

たとえば、多くのお客様が
商品を気に入って
リピーターになってくれていても

人件費や家賃、
光熱費などで赤字になっていれば
意味がありません。

逆に、会社に多くの利益が残っても
商品の質が悪ければ
リピートされることはありません。

どちらかが欠けてはいけないのです。

お互いがWinWinな関係を
築かなければ最終的に
苦しくなって長続きしません。

反対に、お互いが求める利益(価値)を
手に入れられたとすれば、
表と裏の存在するコインとなりますので
長期的にビジネスを繁栄し続けることが可能になります。

求める結果を得られた顧客もリピートし、
企業にも継続した多くの利益が発生します。

このようにお互いが得をする
良好な関係を構築することが
マーケティングの本質です。

2:3つの最強マーケティング

e179ec7644bd29a9c3150f99d053018f_m

では、実際にどのようなマーケティングが他に存在するのか?
特に効果が高い3つに厳選して紹介していきたいと思います。

2-1:感動体験、そしてリピート×口コミ

8a591a036f4d7b3d2e7c9d093d0c2fb7_m

お勧めのマーケティングは
感動体験により自然にリピートや口コミを
発生させることです。

通販ショップの場合は、無料サンプル、
初回お試しセットにより結果を出させ

感動を与えてリピーター
(商品やサービスを何度も利用してくれる人)
になることで継続的なWinWin関係を築き、

そして家族や知り合いに紹介してもらい、
それが連鎖的に起こることで
さらに多くの人々のお役に立つことにより
ビジネスは拡大していく状態を作ることです。

具体的にはメリットの提供とデメリットの解消です。

メリットの提供は、

今までにない美味しさ(高級食材)
快適な睡眠環境(マイ枕)
普段は得られないワクワクと楽しさ(ディズニーランド)

などプラスの価値を得ることによる感動です。

デメリットの解消は、
ガンなどの病気が治る(治療院)
痔や腰痛などの改善(健康食品)
といったマイナスの悩みを解消することによる感動です。

この感動が大きければ大きいほど口コミやリピートは発生しやすくなります。

2-2:安さによる感動は長続きしない

08e52cdf6522eafd070571b437159297_m

例えば、野菜の金額を安くしたとします。
他の店よりも安いということでお客は殺到します。

しかし、他の店が対抗して
自分の店よりも安い値段にすれば安いほうへ
客は向かうことになります。

お客様と一言で言っても
10代から80歳のお爺さんまで
幅広い年齢層が存在します。

年収が200万円未満の人もいれば
1000万円を超える人もいます。

多くの利益を上げている会社は、
9割以上が高単価の商品を取り扱っています。

なぜなら、貧乏人の客を集めても、
結局は値段が安いほうへ向かいますし、
客単価が安いので最終的には
原価で売ることになり経営が苦しくなるからです。

なので、機能を充実させる必要があるのです。

たとえば、スーパーで購入するコーヒーは
100円以下で入手できます。

しかしスターバックスなどのチェーン店や
コーヒー専門店に通うと
400円以上のものはざらにあります。

理由は簡単です。

コーヒーそのものではなく
その場で過ごす体験を売っているからです。

音楽やオシャレなインテリアが並ぶ
リラックスする場所を提供するからです。

コーヒー単体であれば
そこまで値段は釣り上がりませんが、
安らぎやリラックスできる環境を
用意しているので値段が高くなるのです。

しかもリピーターが多いというのが現実です。

2-3:莫大な売り上げを叩き出す秘訣

Peggy_Marco / Pixabay

このように、
値段が他の店よりも高かろうと
大きな売り上げを出している会社は存在します。

その秘密は、
「商品以外に機能を充実させているから」です。

ホストクラブで出されるお酒は
1杯4000円以上すると聞いたことがあります。

これもホストの人との話し相手ができる、

悩みを聞いてくれる。
心を満たしてくれる。

などの付加価値があるので、
多少は値段が高くてもスーパーで販売されている
お酒550円は飲まずにホストクラブへ通って
1杯4000円以上もするお酒を飲むのです。

貧乏人の求める価値ではなく、
中流階級や富裕層のお客様が求めている
価値を提供してリピーターに変貌させて
口コミを起こしてもらう必要があるのです。

貧乏人の友達は貧乏人しかいませんが、
富豪の知り合いにはさらに大金持ちがいます。

こう考えるとやはり貧乏人を
ターゲットにしたビジネスよりも、
富裕層の人をターゲットにしたビジネスを
行っていくほうがどう考えても
お得であるのは間違いありません。

3:科学的にリピートや口コミを発生させる方法

eb701a644043fbc9a0f249d5d95b4aa4_m

これはシンプルですが、お話していきます。

Twitter、Facebook、LINEなどといった
SNSのシェアボタンを設置して
「このページが役に立ったらシェアして下さい」
と記載するのです。

もしくは、

「ツイッターやインスタグラムで
拡散してくれたら商品券やドリンクをサービスする」

というスタイルを取るのです。

もちろん、
商品やサービスがよければ
何も言わずとも拡散されます。

それを前提とした上で
SNSでシェアしてくれたら
プレゼントするというキャンペーンを行うのです。

そもそも商品が悪ければ
大事な友達に伝えるはずがありません。

信頼関係を崩してしまうからです。

3-1:口コミによる最大のメリット

このように目の前の1人の
お客様に全力で価値を与えれば、

家族を連れてきたり
ネット上の友達に
拡散してくれたりしますので
広告費用は0円です。

下手に広告を打つよりも
口コミを発生させたほうが結果が出ます。

なぜかというと、
1人の家族(子供)の後ろには
2人の両親がいます。

その2人の両親の後ろには
同世代の親友が5人いたと仮定します。

するとその後ろには
25人の知り合いがいます。

そしてさらにその後ろには
125人の家族や知り合いがいます。

最終的には

625人、
3125人、
15625人、
78125人

という感じで
その商品はどんどん広まっていきます。

ツイッターでも悪事が
一瞬にして拡散されたことが
きっかけで逮捕された事件がありました。

ネット上でもそうやって
口コミは日常的に行われているのです。

口コミマーケティングこそ
最強のマーケティングではないかと
私は思っています。

何度も言いますが、
お客様が求めている価値(商品)を
提供していることが前提条件です。

次のマーケティング手法に移ります。

4:USPを作る

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

これは「自分の強みを作る」ということです。

相手(競合他社の商品)よりも
自分の商品の方が勝るように差別化する必要があります。

たとえば以前、マクドナルドは
100円マックを売り出しました。

「100円あったらマックへ行こう」

というフレーズを耳にした方も多いと思います。

これによって子供達による人気を手にしました。

競合他社で、安く販売をしているところが
無かった為だと思いますが、

どこよりも安い値段で手軽に購入できるという
印象を植えつけることに成功しています。

他には、高いけれど健康に良い
オーガニックな食材だけで作ったレストラン、

安い価格で料理の完成までのスピードが
速くて美味しい牛丼屋、

料理はまずいけれど働いているオーナーが
話し相手になってくれる居心地の良い店、

などが当てはまります。

簡単、スピードの速さ、
商品のクオリティ、限界まで安い価格…

などのUSPをいくつか持つと競合他社よりも
あなたの商品を購入する可能性が大幅にアップします。

5:クロスセル・アップセルを導入する

28d4a454210da9e6eef18812307d2225_m

信じられないとは思いますが、
この仕組みが完璧なら売上げは1.9倍〜3倍以上になります。

マクドナルドやケンタッキーで
「ご一緒にポテトやパンケーキはいかがでしょうか?」
と店員に言われた経験がありませんか?

これがクロスセルと呼ばれる手法です。

そして、アップセルは顧客が
購入しようとしている商品より
さらに高額なものを提案する手法です。

たとえば、
ウォークマンFシリーズの
音楽プレイヤーを購入しようとした際に
価格は高いけれど性能が高い
上位クラスのZXシリーズ(ハイレゾ対応)の
音楽プレイヤーを勧められた

これがアップセルに該当します。

これらの仕組みをビジネスに取り入れると…
一瞬で売上げが10倍に跳ね上がるケースがあります。

マクドナルドの他にもAmazon、
スターバックス、Appleといった大手企業は
、先ほどに説明した仕組みを導入することで
売上げを爆発させているそうです。

「関連商品を紹介する」

というシンプルなマーケティングですが、
効果は絶大ですのでぜひ試してみてください。

6:まとめ

簡単にまとめると、

  • お客様にメリットの提供やデメリットの解消による
  • 感動体験(口コミとリピート)
  • 安さや品質などの強みを作る(USP)
  • 関連商品を紹介する(クロスセルとアップセル)

ということになります。

私の知る限り、
これらは最強のマーケティング手法です。

この3つを意識すれば以前よりも
多くの売り上げを叩き出すことが可能になるでしょう。

 


あわせて読みたい


フロントエンドマーケティングを導入するメリットと4つの事例とは

0から学ぶダイレクトレスポンスマーケティングを始めるための基礎知識

ネット不労所得の作り方18のポイントをプロが徹底解説!

WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

かなり参考になる企業のキャッチコピーの7選と5つの作り方

WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

【保存版】Tiny MCE Advanced の設定方法と使い方

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!