稲盛和夫に学ぶ赤字企業を利益2000億円のV字回復にした秘訣

JAL再建

稲盛和夫さんの事をご存知でしょうか?
昨今の記憶では、破断したJALの再建を
わずか2年で世界のエアラインのトップ収益率まで
導いた名経営者として知られている人物です。

今回は稲盛和夫さんの話しを通して
初めての市場で達成したV字回復の秘訣、
特にこれからの成功者に必要な考え方を
解説していきたいと思います。

目次

1:2年で利益2000億円のV字回復
2:世の中の成功者の共通点
3:ビジネスの大小に限らず考え方とスキルは同じである
4:本は辞書代わりに購入する
5:まとめ

1:2年で利益2000億円のV字回復

稲盛和夫(いなもりかずお)さんの
書籍を最近よく読みます。

ご存知の方も多いと思いますが
京セラ、auなどを成功させた
日本を代表する有名な経営者です。

破綻したJALの再建を78歳で引き受け
わずか2年で利益2000億円のV字回復、

世界のエアラインのトップの
収益率にまで導いた人物です。

ちなみに国から再建を頼まれた時は
航空業界の知識はほぼゼロだったそうです。

初めて京セラという会社を設立したときも
経営や経理の知識が全くなかったそうです。

彼はいつも『業界の相場や常識を無視』します。

「私は何の知識も持ち合わせていなかったので
人として正しいかどうかだけを考えてきました」

と言います。

例えば、ある業界の相場が

「経常利益が5%であれば凄い」

と一般的に言われているとします。

そしてその会社が10年連続で
毎年5%の利益を出し続けたとします。

すると業界からは

「あの会社は凄すぎる!
不景気の時も5%を達成したぞ!」

と絶賛されます。

しかし稲盛さんは違います。

「不景気の時でも5%を達成できたという事は
景気が良い時は10%でも15%でもいけるはず。

業界の相場にとらわれてしまっているせいで
上限ができてブレーキがかかってしまっている」

と言います。

こんな考えを持つ彼はいつも『非常識』な
売上げや結果を残します。

2:世の中の成功者の共通点

多くの人は

  • 「準備ができてから」
  • 「もっと勉強して知識をつけてから」
  • 「完璧に用意ができてから」

という理由でじっくり完璧に準備をしてから
ビジネスをスタートさせようとします。

しかし世の成功者はどちらか言えば
『体が先に動く』タイプで、
何の準備も無しに飛び込んでいきます。

そもそも、この世の中に
『完璧』は存在しませんので

完璧を求める=永遠にスタートできない

という結果に終わります。

『悩むくらいなら体を動かす』

現代のスピードの速い時代では
このマインドセットが特に大切だと
いつも思います。

3:ビジネスの大小に限らず考え方とスキルは同じである

京セラグループの連結売上げは1兆円以上。

あまりにかけ離れた数字なので
「俺には関係ない」と思っていたのですが
本を読んで凄く好きになりました。

基本的なマインドセットやスキルは
大きいビジネスも小さいビジネスも
変わらない事がよく解りました。

彼の会社は過酷労働のブラック企業だと
非難する人もいますし、私は彼の会社で
働いた事がないので実態は解りませんが

1冊の本から学ばせてもらった事は
数多くありました。

特に『人間に限界は無い』という事を
強く感じさせてもらいました。

彼はJALという巨大な航空会社を
1人の力で蘇らせ業界トップに導きました。

すべて彼一人のおかげ、というほど
企業経営は簡単では無いと思いますが

彼がいなければJALは破綻の道を歩み
業界トップに躍り出る事はなかったと
思います。

2011年に亡くなったアップル社の
スティーブ・ジョブズさんもそうですが
1人の人間の力で何千人、何万人、何億人の
人間を動かす事ができるのだと思いました。

「自分ももっと何かできるのではないか?」

と思わせてくれます。

4:本は辞書代わりに購入する

彼が自分の手で書いた本は名著が多いので
ぜひ読んで欲しいですが…

『本=辞書』

というマインドセットだけは
常に持っておく必要があります。

本は小学生が調べ物をする辞典のようなものです。

「解らない事を調べるために本を買う」

という癖をつけた方が良いです。

私は本を『買う』のは好きなのですが
『読む』のがあまり好きではありません。

最後まで読めた本は数える程しかありませんし
「いつか読むだろう」と思い、読まずに棚に
しまってある本が昔はたくさんありました。

今はキンドルもあり更に手軽に
本を買える環境になったので
『今』読む必要も無い本であっても
次々と買ってしまいます。

金と時間の無駄です。

  1. 調べたい事が発生
  2. 本を買う

この順番を守らないと、本を買っただけで
勉強したつもりになってしまい

「こんなに努力しているのに成功できない」

と誤解してしまう可能性があります。

本は辞典です。

解らない事を調べるための辞書です。

そのためには

「今の自分は何を調べる必要があるのか?」

を常に意識しておく必要があります。

本=辞典

のマインドセットをぜひ持って下さい。

5:まとめ

今回の記事で特に重要なポイントは、
「ビジネスの大小に関わらず考え方とスキルは変わらない」
という点が重要になります。

ビジネスの規模や金額が大きくなると
考え方とスキルにも違いがあるのではないか?

何か特別な事をやっているのではないか?

と思ってしまうものですが、

しっかりとビジネスの基本である
考え方とスキルを抑えておけば
どんなビジネスでも応用が効きますので、

何事においても基本を抑えて行動するように
していくことを心がける大切さを知って頂ければと思います。

 


あわせて読みたい


成功者が伝授!セルフイメージを書き換える2つの方法とは?

【男性必読!】成功者に共通する行動と習慣のルールとは?

【注目!】集客できない!嘆く時に見る4つの改善チェックリスト

【悪用厳禁】稲盛和夫の2つの成功哲学の要素を持った詐欺師の話

人を育てる格言「小善は大悪に似たり、大善は非道に似たり」とは

成功のダークサイドは存在するのか?お金を持つと人が変わる本質とは

成功する人たちに共通している夢と目標を叶えるシンプルな方法

ビジネスで成功する人はIQが高い人が多い?バカの方が多い?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!