成功者の時間の使い方!5つの悩みと苦手意識を徹底解消!

時間の使い方

1日に与えられた時間は誰しも
平等であり24時間です。

同じ24時間の中で、
日々高い成果を出している人と
必死に取り組んでいるはずなのに
生産性が低い人がいます。

時間の使い方が苦手な人には、

「なんとなく自分の問題点はわかっている、
けど、なかなか改善することができない…」

という人も多いのではないでしょうか。

時間の使い方に苦手意識を
持っている人の悩み…

  1. 「朝の時間を有効活用したいのに、うまくできない…」
  2. 「ダメだとわかっているけど、ついつい●●(ゲーム、ネットサーフィン)してしまう」
  3. 「すぐに取り組めない…先延ばししてしまう…」
  4. 「なかなか物事に集中できない、気が散ってしまう…」
  5. 「スキマ時間を活用できていない…」

ここでは、時間の使い方が苦手な方の
悩みとして上記の5つをピックアップして、

すぐに取り組めて時間の使い方が
改善される方法を紹介していきます。

目次:

1.時間の使い方のうまい人がやっていること
2.悩み(1)朝の時間を有効活用することができない…
3.悩み(2)無駄だとわかっていることをダラダラやってしまう…
4.悩み(3)すぐに取り組むことができない…先延ばししてしまう…
5.悩み(4)集中できない…気が散ることが多い…
6.悩み(5)スキマ時間を活用できていない…
7.まとめ

1.時間の使い方のうまい人がやっていること

最初に、
時間の使い方のうまい人が、
意識的・無意識的に関わらず

必ず行なっているポイントを
2つお伝えします。

全ての悩みの解消の
ヒントにつながりますので、
まずは次の2点を理解していきましょう。

  • 重要だが緊急でない時間の質と量を上げる
  • タスクを自分の感情面からアプローチする

それぞれ詳しく説明していきます。

1-1.重要だが緊急でない時間の質と量を上げる

あなたは時間管理における
第二領域という言葉を
聞いたことはありますか?

この言葉は、『7つの習慣』
(スティーブン•R•コヴィー著)
という本で紹介されている
時間管理のコンセプトです。

「重要度」「緊急度」という軸で、
時間を4つの領域に分けます。

  • 第一領域:「重要度」も「緊急度」も高いこと
  • 第二領域:「重要度」は高く「緊急度」は低いこと
  • 第三領域:「重要度」は低く「緊急度」は高いこと
  • 第四領域:「重要度」も「緊急度」も低いこと

(例)
•第一領域:
「重要度」も「緊急度」も高い。

クレームの処理、病気や事故、
突発的な事故、
締め切りのある仕事、緊急のトラブルなど

•第二領域:
「重要度」は高い。「緊急度」は低い。

人間関係の構築、勉強や自己啓発、
家族との団欒、健康管理など

•第三領域:
「重要度」は低い。「緊急度」は高い。

いきなり来る来訪客、
多くの電話、多くの会議、
無意味な接待など

•第四領域:
「重要度」も「緊急度」も低い。

暇つぶし、ネットサーフィン、
多くのテレビ、
待ち時間、役に立たない活動など

このようにご自身が使っている時間を
4つに分けることができます。

そして、
時間の使い方がうまい人は、
第二領域(「重要度」は高く「緊急度」は低いこと)
の時間の質と量を高めているのです。

時間の使い方がうまくなるためには、
人間関係とか、勉強とか、
家族との団欒などの質と量を
高めることが重要なのです。

しかし、私たちは、
第一領域(「重要度」も「緊急度」も高いこと)
に気を取られることが
多くなる傾向にあります。

なぜでしょうか?

私たち人間は、
感情を持った生き物です。

感情は、すぐに結果が出るもの、
目の前にあるものに
反応してしまうように
できています。

とはいえ、時間管理においては、
第二領域(「重要度」は高く「緊急度」は低いこと)
の質と量を上げることが重要です。

どうすれば良いのでしょうか?

この問いに答えるためにも、
時間の使い方に成功している人が行なっている
第2のポイントを見ていきたいと思います。

1-2.タスクを自分の「感情面」からアプローチする

論理的にやった方が良いと思っていても、

なかなか動けないことは
多くないでしょうか。

繰り返しになりますが、
あなたも私も感情を
持った生き物です。

私たちが行動を起こすか否かは、
感情がどう反応するかにかかっています。

100%感情が決めていると言っても
過言ではありません。

論理と感情が頭の中で争ったら、
必ず感情が勝ってしまうのです。
それくらい感情はパワフルです。

その感情がどう言っているのか、

自分の感情に、自分のハートに
素直になって考えるのが重要です。

どうやって感情を動かすのか。

人は「感情的な快楽(楽しいこと)」を求め、
「感情的な痛み(嫌なこと)」を
避ける性質があります。

この性質を利用した
3つのヒントをご紹介していきます。

  1. 短期的な快楽のハードルを上げる
  2. 短期的に痛みがある場合は、ご褒美を用意する
  3. 短期的な痛みのハードルを下げる

それぞれ見ていきましょう。

1-2-1.短期的な快楽のハードルを上げる

感情というのは目の前のことに
すぐ動いてしまう、
衝動的に動いてしまう性質を持っています。

ダイエット中の方でも、
目の前にケーキを出されると
食べてしまうのです。

論理的に考えれば、
ダイエットのためには
食べない方がいいのは
当たり前にも関わらずです。

ではどうすればいいのでしょうか?

目の前に出されたケーキを食べない、
ということは難しいです。

ですので、

あらかじめケーキが出て来る場所に
行かないようにする。

というのが重要です。

感情が快楽を感じるポイントを
事前に遠ざけておくのです。

1-2-2.短期的に痛みがある場合は、ご褒美を用意する

もしかしたら…

  • ビジネスをすることが痛みかもしれません。
  • 勉強をするのが痛みかもしれません。
  • マラソンをするのが痛みかもしれません。

そうすると感情は走らせません。
走ることができなくなってしまいます。

この時に大切なのは、
ご褒美を用意しておくことです。

マラソンを走り終わった後に、
ご褒美を用意しておくのです。
ご褒美の力で感情を動かすのです。

痛みがある場合は、
痛み以上のご褒美を用意することで、
私たちは、それを手に入れた感覚を
想像し始めるのです。

報酬計画表というものがあります。
自分自身がどういうタスクが終わった時に、

どういう報酬を出すというのを
決めたものをまとめた表です。

どういうタスクを終えた時に、
どんな報酬を与えるかを
決めておきます。

自分自身を動かすことがうまいのが
時間の使い方がうまい人の
特徴の一つであります。

自分自身の好きなこと、
嫌いなことがわかっていて、

どんなことをやったら、
何を与えるかを決めておくのです。

自分自身をうまく操縦していくのです。

1-2-3.短期的な痛みのハードルを下げる

例えば、私はジムに通っておりましたが、
苦痛なことがありました。

体を動かすのは好きだったのですが、
靴とかウエアとかを持っていき、
洗濯する作業が
非常に面倒だったのです。

ちょっとでもこの痛みを和らげるために、
ジムの靴やウエアのレンタルサービスを
利用することにしました。

何も持って行かずに利用でき、
洗濯も必要ありません。

痛みになっているポイントを探し、
そのハードルを下げるようなことが
できないか考えてみてください。

1-3.(まとめ)時間の使い方がうまい人がやっていること

時間の使い方がやっている
2つのポイントをみていきました。

  1. 重要だが緊急でない時間の質と量を上げる
  2. タスクを自分の感情面からアプローチする

そして、感情面からアプローチするヒントを
3つご紹介させていただきました。

  1. 短期的な快楽のハードルを上げる
  2. 短期的に痛みがある場合は、ご褒美を用意する
  3. 短期的な痛みのハードルを下げる

時間の使い方上手になるための
ポイントですので、
ぜひ理解して、
ご自身の生活に取り入れてください。

それでは、次は時間の使い方が苦手な人の
悩み合わせた解決策を見ていきましょう。

2.悩み(1)朝の時間を有効活用することができない…

早起きは三文の得というものの、
なかなか朝の時間を有効活用できないことに
お悩みではないでしょうか。

ここでは朝時間の有用性と、
早起きするコツをまとめました。

ぜひ、朝時間を
うまく活用できるようになって、
時間使いの達人の第一歩を
踏み出してください。

2-1.早朝時間はゴールデンタイム

成功者は、朝の時間の使い方が
うまいと言われています。

朝の時間の素晴らしさは、
環境面と生物学の観点からも説明できます。

2-1-1:環境面

朝は夜に比べて、
テレビ番組や友人からの電話、
誘惑や邪魔が圧倒的に
少ない時間となります。

夜に第二領域(勉強や自己啓発、運動など)
に取り組もうと思っても、

会社や学校の帰りが遅くなったり…

テレビを見てしまってたら
つい時間が過ぎていたり…

疲れていて、
いつの間にか寝てしまっていたり…

など経験したことはありませんか?

朝は外部の環境に惑わされることなく、
第二領域のために
使える時間を確保しやすいのです。

2-1-2:生物学面

脳と睡眠の研究によると、
朝はドーパミンやアドレナリンと
呼ばれる人間の脳の活性化に
作用する物質の分泌量が増えます。

これらの物質によって、
ひらめきがアップすると言われています。

以上のように、早起きして、
朝活動するメリットは
大きいのです。

にも関わらず多くの人は、

「早起きはつらい…」

と感じてしまい、
なかなか取り組めていないのでしょうか。

ここでは、簡単に取り組めて、
早起きをする習慣をつけるための
アクションを2つ紹介します。

あれこれやる必要はありません。
まずはこの2つを取り組んでください。

2-2-1.目標時間を設定し、少しずつ早くして行く

例えば、あなたが、
現在朝7時に起きているとしましょう。

早朝の時間を有効活用するために
5時半には起きたい、
という目標を設定したとします。

多くの人がやりがちなのが、
いきなり5時半に目覚ましを
設定してしまうこと。

そして、2、3日は
続くけど三日坊主で終わり、
すぐに元の起床時間に戻っている…
ということはよくあります。

人は、短期的にできることを
過剰評価して、長期的にできることを
過小評価する傾向にあります。

あなたは今の生活よりも
90分早く起きることは可能です。

90分早く起きることができる習慣を
手に入れることはできます。

しかしながら、明日から
いきなりやり続けることができるか、
というと難しいかもしれません。

人それぞれですが、
自分ができそうな分だけ
1週間ごとに早くしてみては
いかがでしょうか。

1週間ごとに10分ずつ
早くしていければ、

3ヶ月経たないうちに
90分間起床時間を
早めることができます。

早くする時間が、
1週間ごとに5分だとしても、
半年経たないうちに90分間
起床時間を早めることができます。

何もしなければ半年後も
今と同じ状況です。

しかし、毎週5分ずつ取り組めば、
90分間の朝のゴールデンタイムを
あなたは手に入れることができるのです。

2-2-2.朝日を5分間浴びる

朝日を浴びることには
多くの効果があると言われています。

5分だけで良いので、
朝日を浴びる習慣をつけましょう。

浴びる時間の目安は20分から30分と
されていますが、まずは5分の
習慣づくりにチャレンジしてください。

・朝日を浴びるメリット

  • 体内時計のリズムが整う
    25時間から24時間の
    リズムになると言われています。
  • ダイエットに効果がある
    朝日を浴びることで
    脂肪が溜まりにくくなるという論文が
    発表されています。
  • 目覚めがスッキリする
    睡眠ホルモンであるメラトニンの
    抑制を抑える効果があります。
  • ストレス解消になる
    朝日を浴びることで、
    感情のコントロールに活用される
    セロトニンというモルモンの
    分泌が活性化されます。

などなど…

このように、
朝日を浴びるメリットは
数多くあります。

朝日は無料で浴びることが可能です。
このメリットを利用しない手はありません。

早起きに興味がない人も
ぜひ取り組んでみてください。

もし早起きに苦手意識がありましたら、

日々成功した際には、
自分自身にご褒美をあげることで、
自分の感情を味方につけてくださいね。

3.悩み(2)無駄だとわかっていることをダラダラやってしまう…

  • たいして見たくもない
    テレビをだらだら見てしまう…
  • ついついネットサーフィンや
    動画サイトを見てしまう…
  • スマホゲームを
    なかなかやめることができない…
  • 自分の人生のためにやったことが良いことが
    わかっているにも関わらず、
    ついついやってしまう。

あなたもそんな経験ありませんか。

時間の使い方を上手になるためには、
第二領域(緊急ではないけど重要なこと)の
量と質を高めていく必要があります。

頭では理解しているにも関わらず、
ついつい第四領域
(緊急でも重要でもないこと)に
時間を取られてしまっている。

そんなことはありませんか。

ここでは、無駄だとわかっているにも
ついついやってしまっている時間泥棒から、

あなたの時間を
取り返す方法を紹介していきます。

3-1.なぜ人は望んでいない行動を繰り返すのか

そもそも、なぜ私たち人間は、
頭では無駄なことだ、必要ない、
とわかっているようなことを
繰り返すのでしょうか。

少しでも英語の単語を覚えるのに
時間を使った方が人生の質が
向上するとわかっていても、

時間があればスマホを触ってしまう…

論理的に考えれば、
この不可解な行動を理解するためには、

「行動しないメリットがある」

という人間の性質を
理解する必要があります。

先ほどの英語の勉強をせずに
ついついスマホを
触ってしまう例の場合ですが、

英語の勉強をせず、
ついついスマホを触ることで、
勉強よりもスマホを触るメリットを
感じているのです。

メリットを感じているので、
何度も繰り返してしまうのです。

望ましくない行為に見えて、
その行為から
何らかの見返りを得ているのです。

例えば、次のような見返りが考えられます。
英語の勉強をしないことで…

  • 本気で取り組んでいないだけ、という言い訳を自分に使える
  • 中々覚えられない自分と向き合わずに済む
  • 外国人と積極的にコミュニケーションを取らなくて済む

など

スマホを触ることで、

  • なんとなく人と繋がっている気になる
  • なんとなくトレンドを追えている気分を味わえる

など

本人が気づいていない場合も多いのですが、
繰り返し行なってしまっている行動から

私たちは、何らしかの
見返りを得ているのです。

見返りの力は強力であり、
意識的には求めていないような行動も
日々繰り返してしまい助長されていきます。

では、どうすれば辞めることが
できるのでしょうか。

3-2.見返りの正体を見極める

あなたの日々の生活の中で、
やめたいと思っている
行動について見返りの正体を
見極めていきましょう。

あなたはその行動から
何を得ているのでしょうか?

  • それは健全なものなのでしょうか?
  • それとも健全なものではないのでしょうか?

見返りの正体を見つけるヒントとして、
人の以下のような性質を紹介します。

  • 誰もがもっとも必要としているのは受け入れられることで、
    反対に恐れていることは拒絶されることです。
  • 人は現状維持に安心し、変化に恐怖を感じます。
  • あとで大きな見返りを得るよりも、今すぐの小さな見返りを求めます。

あなたはついついやってしまう
辞めたいと思っている行動から、
どのような見返りを得ているでしょうか。

この見返りを見極めて、

その見返りは、
あなたが本当に欲しいものかどうか
見つめ直すことが重要です。

そして、今の行動を繰り返すことと
本当に欲しいものが乖離していることを
感情に刻み込んでください。

ここまでくれば、
ついついやってしまうことを
辞めるまで、もう少しです。

•タスクを自分の感情面からアプローチする

を参考にしながら、
辞めたい行動を遠ざけて、

やりたい行動を近づける
工夫をしていってください。

4.悩み(3)すぐに取り組むことができない…先延ばししてしまう…

夏休みの宿題…

あなたは計画的に
取り組むことができるタイプでしたか

私は、ついつい先延ばしにしてしまう…
8月31日は慌てまくっている…
そんな小学生、中学生、高校生でした。

そんな私も活用しているすぐやる人に
なるための、すぐに使えるテクニックを
2つ紹介します。

4-1.すぐできることはすぐやる

すぐやる人になるテクニックということで
逆説的ではありますが、
「すぐできることはすぐやる!」
ようにしてください

すぐできることを貯めてしまうことに
よって、段々と何から取り組めば良いのか
わからなくなってしまうのです。

「10分以内で終わることは、すぐ取り組む」

など、ご自身のなかでルールを作り、
作業が入ってきた時に、

これは10分以内で終わるかどうか考え、
できることはすぐにやってください。

そして、10分以上かかりそうなものは
いつやるのか決める癖をつけてください。

4-2.作業を区切る

夏休みの宿題はどうしてすぐに
取り組めなかったのでしょうか。

  • 小学生6年間
  • 中学生3年間
  • 高校生3年間

12回も経験していたにも関わらず、
夏休みの上旬は、夏休みが永遠に
続くような錯覚に陥ってしまってました。

しかし、これは錯覚であり、
幻想であることを
私たちは知っています。

この現実と向き合うために、
作業がどれくらいの時間でできるのか、
いつするのかを細分化する必要があります。

1ヶ月で単語を900個覚えるタスクを
成功させるためには、
1日30個以上覚えていく必要があります。

それがどれくらいの時間が必要か
把握することで、
取り組むタイミングを
認識することができます。

どれくらい区切ればいいかというと、
あなたがすぐに取り組めるまで
区切っていってください。

30個だと手をつけられないのでしたら
10個に区切って、
1日3回覚える時間を作る
などにしてください。

すぐに動き出せるまで、区切って動く。

慣れるまでは
時間がかかるかもしれませんが、

夏休み最後の8月31日に慌てるより…

仕事の納期日に大慌てするより…

ストレスもかかりません。

自分がすぐに動き出せるように
作業を区切ることに
チャレンジしてください。

5.悩み(4)集中できない…気が散ることが多い…

あなたも集中できている時と
集中できていない時の自分自身の
作業効率の差を感じているかと思います。

集中できれば1時間で終わるはずの作業も
集中できなかったり、
集中が続かないことで、
2時間、3時間経っても終わっていない

といったことを
経験したことはないでしょうか。

ここでは、
あなたの集中力を引き出すための
すぐに取り組めるテクニックを
2つ紹介します。

5-1.他のことをやらない

シンプルであり、
もっとも集中力を高める方法です。

文章作成の途中で、
メールチェックを行ったり…

インターネットで調べ物をしながら、
ネット動画を見たり…

当たり前ですが、このような状況で
集中できるはずがありません。
ミスも増えます。
余計時間がかかります。

にも関わらず、
複数のタスクを同時にこなしている方が、
脳は満足感を得てしまうのです。

忙しそうな自分に
酔ってしまうこともあります。

まずは、他のことをやらない!
マルチタスクではなく、シングルタスク!
を意識して取り組んでください。

5-2.余計なモノ、オト、ニオイを遮断する

脳は新しい刺激に敏感に
反応する性質を持っています。

マンガが目に入れば
読みたくなります。

音楽が流れていると
ついつい耳を傾けてしまいます。

美味しそうな匂いがすると、
空腹が刺激されます。

これらの刺激への反応は、
あなた自身であっても
コントロールすることはできません。

ですので、
あなたの作業するスペースから
余計なモノ、オト、ニオイを遮断する
工夫を行なってください。

できる人の机や部屋が綺麗であるのは、
このようなテクニックとも関連しています。

部屋全体が難しくても机からでも
取り組むようにしてみてくださいね。

6.悩み(5)スキマ時間を活用できていない…

時間を効率的に使いたい!

と思った時に、外せないのが
スキマ時間の有効活用です。

ここでは、
スキマ時間を有効活用するための
2ステップをお伝えします。

  • ステップ1:生活の中のスキマ時間を把握する
  • ステップ2:スキマ時間にやることを決めておく

簡単ですので、取り組んでみてください。
詳しくみていきます。

6-1.生活の中のスキマ時間を把握する

1日当たり平均1時間9分のスキマ時間が
あるという調査結果があります。
(パナソニック調べ)

この時間、多いと感じますか?
少ないと感じますか?

1日当たり1時間、
第二領域(緊急ではないけど重要なこと)
に投資できたら…

1年後、
すごい変化を起こせそうでは
ないでしょうか。

もしくは、やらなければいけないことを
スキマ時間に終わらすことができれば、
自由なまとまった時間の確保に
繋がるかもしれません。

まずは、世間の平均に捉われることなく
あなたのスキマ時間が
どのような状況や場所で、
どれくらいの時間発生しているのか

1週間メモしてみてください。

6-2.スキマ時間にやることを決めておく

スキマ時間は、その名の通り、
合間に発生する時間であり、
まとまった時間ではありません。

スキマ時間が発生する度に
何をするのか考えていると

その時間だけで
スキマ時間が終わってしまいます。

スキマ時間を有効活用するためには、
スキマ時間が発生した時に
何をするのかあらかじめ
決めておくことが重要です。

  1. ストレッチをする
  2. 勉強をする
  3. TODOリストを作る、見直す
  4. スケジュールを作る、見直す
  5. 献立を作る
  6. 買い物リストを作る
  7. 掃除をする
  8. 1日の振り返りをする
  9. オーディオブックを聞く

などなど

ステップ1で把握した、
あなたのスキマ時間の状況、
場所や時間に応じて、

何をやるのかを
あらかじめ決めておくことで、
スキマ時間を有効活用することができます。

また、スキマ時間が発生した時に、
すぐに決めた行動に移せるような準備を
普段から行なっておくことで、
動き出しのハードルを
下げることができます。

例えば、家でのスキマ時間には
クイックルワイパーを行う、と決めた場合

時間がある時に
あらかじめクイックルワイパーの
先端部分をセットしておくと
時間短い時でも取り組みやす

7.まとめ

1日に与えられた時間は誰しも
平等であり24時間です。
そして、人は皆、寿命があります。

時間の使い方は、
人生の使い方と読み替えても
良いのかもしれません。

ここでは多くのテクニックを
紹介させていただきました。

まずはあなたができそうなテクニックを
1つ見つけて取り組んでみてください。

そして、少しでも実践するごとに
ご褒美を与えてください。

お金をかける必要はありません。
自分を褒めてあげることも
立派なご褒美です。

逆にうまくいかないからって、
自分をけなす必要はありません。
チャレンジしようとした
自分を認めてください。

時間の使い方が上手になった
あなたの今後の人生をイメージしながら、
1つずつ取り組んでいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。