あなたもできる副業・起業する方法4ステップ!おすすめビジネス紹介

起業 方法

世の中の流れが急激に
変化しているこの平成時代…

会社員で給料をもらっているだけでは
とても安泰とは言えません。

とくに収入源が一つしかない場合、
会社からリストラされてしまったら
生活できなくなってしまいます。

  •  給料も上がらないまま、
  •  物の値段は高くなり、
  • 税金まで上がってしまい、
  • 年金も雀の涙になってくるのは

明らかです。

特に東京オリンピック以降の日本は
恐慌状態になってしまうと
大富豪たちは口を揃えて言っています。

また、日産自動車や富士通といった
大手企業が副業を解禁したことも
記憶に新しいですね。

これは
「国はお前等の面倒は見切れない。自分で稼げ」
という宣告に他なりません。

そんな中であなたが
生き残っていくためには、
起業することが必須になってきます。

起業しないと生きていけなくなるのです。

とはいえ、
起業する方法自体は難しくありません。

本記事ではあなたにもできる
起業方法をお伝えします。

目次

1:起業スタートアップ4つのステップ
2:動機づけと理由
3:アイデアを決める
4:ビジネスモデルを決める
5:起業してビジネスを始める
6:起業・副業に使えるオススメビジネスサイト
7:まとめ

1:起業スタートアップ4つのステップ

起業する方法は、
実はたった4ステップです。

– ビジネス書をたくさん読んだり、
– 起業セミナーに通ったりする

必要があるのかなと
思ってしまいがちですが、
実はそこまでする必要はありません。

起業する方法は、大まかに

  • 起業する動機付け・理由を明確にする
  • アイデアを決める
  • ビジネスモデルを決める
  • 始める

実はこれだけなのです。

ここでは「起業」と言っていますが、

– 副業
– お小遣い稼ぎ

含むことにします。

小規模であっても、
お金を受け取っている以上
ビジネスだからです。

2:起業の動機づけと理由

起業するにあたって、
起業する動機を明確にする必要があります。

  • 動機付け
  • 理由
  • モチベーション
  • ミッション
  • 理念
  • 価値観

などといろいろな言葉で表現されます。

このステップが「一番重要」です。

なぜなら、動機が明確でないと、
あっさりとあなたのビジネスは
潰れてしまうからです。

起業したはいいが、
ビジネスは継続できないと
意味がありません。

ビジネスとは一言で言うと
「お客さまにモノやサービスを提供して、
その対価としてお金を頂く」
ことです。

言葉で言うと簡単ですが、
実際は苛酷な道です。

実際、起業して1年で
60%は挫折してしまいます。

5年になると85%の会社は
なくなってしまうのです。

つらいこともたくさん起きます。

それを乗り越えられるのが、
「動機」なのです。

だからこそ

「なぜ、あなたは起業したいのか?」

これをクリスタルクリアに
する必要があります。

儲かっている企業はみな、
ミッションがはっきりしています。

あなたが会社を興したとして、
どういうミッションがありますか?

それには自分としっかり
対話する必要があります。

動機づけは人それぞれですが、
良し悪しがあります。

2-1:良い動機づけ

良い動機づけは、
自分の内面から発するものです。

自分の価値観や情熱から来るものが
良い動機づけになります。

これらを発見するためには、
いろいろな方法がありますが、

筆者はジャネット・ブレイ・アットウッドと
クリス・アットウッドが考案した
「パッションテスト」をおすすめします。

筆者も実際にやってみましたが、
世界No.1の情熱発見ツールと
言われているだけあって威力が絶大です。

たとえば筆者は

– 子供の頃いじめられていましたので、「子供たちを笑顔にする」
– 作文が苦手でしたので、「文章を通じて人々をインスパイアする」

などにものすごい情熱を感じます。

自分の心に響くことを
動機づけにしましょう。

2-2:悪い動機づけ

逆に、今の環境に対する不満は
悪い動機づけになってしまいます。

  • サラリーマンよりも起業家の方がかっこいい
  • お金が足りないからお金持ちになりたい
  • 嫌な上司から逃げたい
  • 不自由な暮らしではなくて自由な暮らしをしたい

不満が動機で起業したら、
不満が拡大してしまうことを
「引き寄せの法則」は教えてくれます。

それでは決して得たい結果は得られません。

特にお金が動機で
起業を始める人がいますが、

一般に日本人は
お金儲けそのものに対して
情熱を持っていません。

情熱を持っていない事は
継続できません。

仮にビジネスで大成功して
お金持ちになったとしても、
お金ばかりを追い求めては
空しい人生になってしまいます。

大金を手にしても、

  • エラそうになっては友人や家族が離れてしまうし
  • 情熱がなくなってはお客さんが離れてしまうし
  • 好きなものばかり食べては病気になってしまいます

実際、こういう起業家はたくさんいます。

かのスティーブ・ジョブズでさえも、
健康と人間関係を失って後悔していたのです…。

3:起業するアイデアを決める

動機が明確になったら、
次はアイデアを決めることです。

3-1:インターネットビジネスは成功する?

インターネットを使ったビジネスは
成功率が高いです。

なぜなら、

  • 利益率が高い
  • 在庫を持たない
  • 定期的に収入が得られる
  • 資金が少なくても始められるからです。

逆に店舗を構えて物販をする場合、

  • 利益率が低い
  • 在庫がある
  • 収入が不安定
  • 初期費用がかかって

リスクが大きいです。

インターネットビジネスといえば

  • アフィリエイト
  • 情報販売
  • コーチ
  • コンサルタント

などが条件を満たしています。

とはいえ、おいしいビジネスには
当然ライバルが多いですので、
自分を磨いて差別化しなければ成功しません。

物販はお金がかかる
というイメージがありますが、
インターネットでもできます。

  • フリマサイトで不用品売却するのは初期費用を作るのにうってつけ
  • 電脳せどりはインターネットのみで売買が完結する
  • 在庫なしでも物販できる無在庫転売もあります

物販は小学生でもわかるほど
簡単なビジネスですので、

「ネットビジネスは怪しい」と
周囲の人に言われてしまって
始められない人にもおすすめです。

とはいえ、売れる商品を
リサーチするスキルが求められます。

3-2:ニッチ(スキマ)ビジネスを探す

個人で起業するには、
大企業にはない隙間産業を
探していくべきです。

大企業と同じような
商品やサービスを提供していては、
体力勝負になってしまい、
勝ち目がないからです。

個人によるスモールビジネスは
「誰かのちょっとした不便や不満を解決してあげる」
ことです。

– 日頃の気付き
– 誰かの不平不満・悩み

にこそビジネスチャンスは眠っています。

後述する「ココナラ」というサイトは、
スモールビジネスのアイデアの宝庫です。

3-3:悩みはビジネスになる

人間は誰しも悩みを持っています。

悩みが強ければ、
たとえお金を払ってでも
解決したいと思いますよね。

もし、あなたが何かの分野で
悩みを解決することに情熱があれば、
それはビジネスになります。

4:ビジネスモデルを決める

アイデアを決めたら、
次はどのようにビジネスに
していくかを考えてみましょう。

4-1:ビジネスモデルを真似る

あなたがすぐに
思い付いたようなビジネスは、

たいていの場合は
先にやっている人がいます。

ライバルがすでにいるということです。

かといって
ここでひるんでしまっては、
いつまでたっても
ビジネスは始められません。

それならば、
儲かっているライバルを
逆に利用してしまいましょう。

ライバルのビジネスをリサーチします。

外からでも観察できますが、
最も効率的なのは、実際に
ライバルの商品やサービスを
購入してみることです。

「体験」に勝る学びはないからです。

確かにお金はかかりますが、
店舗ビジネスの初期費用と
比べれば微々たるものです。

体験するときに意識すべきことは
「私ならばこう改善できる」
というふうにアンテナを
立てておくことです。

真似しつつ少しアレンジを加えることで、
ライバルと差別化できます。

4-2:経験と質を意識する

大企業と個人ビジネスの違いは
「自分の経験を加えて質を上げられる」
ことにあります。

大企業では徹底した
マニュアル化により、
統一感が保たれています。

逆に言えば、画一化されていて
質に限界があるということです。

インターネットビジネスでは
「文章力」が不可欠になります。

ただの商品説明が書いてあるだけでは
ライバルと差別化できません。

逆に個人の経験をふまえた文章があれば
一気に説得力が高まります。

また、お客さんに対して、
誰にも負けないほどの
丁寧な対応をすれば、

満足度が上がり、
リピートしてくれるようになります。

これで一気にライバルに
差がつけられます。

文章力、丁寧な対応も
「ただお金が欲しい」という
不純な動機では身に付きません。

起業に情熱があってこそ
身に付いてきます。

だからこそ、
動機づけが大事になるのです。

4-3:フロントエンドとバックエンドを考える

あなたは

– フロントエンド(集客商品)
– バックエンド(収益商品)

という言葉を聞いたことがありますか?

儲かっているビジネスは、
たった一つの商品を
販売しているわけではありません。

インターネットで
面白い情報があったから
メールアドレスを登録すると、

しばらく無料情報が流れてきて、
その後に商品の紹介がありますね。

最初の商品が「フロントエンド」です。

フロントエンドを購入した後に、

「さらに成果を加速させるためには
こんなのはどうですか」

とより高額な商品が紹介されます。

これが「バックエンド」です。

フロントエンドは
自分の価値をお客さんに知って
ファンになってもらうための商品です。

ここでは妥協はせずに
ノウハウをとことん注ぎ込みましょう。

出し惜しみは禁物です。

バックエンドは高額な分、
お客さんとより親密になるための商品です。

フロントエンドで
大満足してもらったお客さんは、
あなたのファンになっています。

たとえ高額であっても
「大好きなあなたの商品ならば買う!」
となります。

だからこそフロントエンドで
手抜きをしてはいけないのです。

具体的には

– フロントエンドはメールサポート付きの教材
– バックエンドはコーチング・コンサル

といった感じです。

物販であっても
フロントエンドとバックエンドの
考え方は使えます。

たとえば自作スピーカーで有名なFOSTEXは
– 安価で自作スピーカーを体験できる「かんすぴ」シリーズ
– より高音質を求める人に高価なパーツ
を販売しています。

「かんすぴ」で
自作スピーカーを体験した人が、
おもしろい思ったら、

さらなる高音質を求めて
高価なスピーカーユニット(音が出る部分)や
ケーブルを購入するといった感じです。

5:起業してビジネスを始める

起業動機とビジネスモデルが決まったら、
あとはやるだけです。

5-1:まずは挑戦

起業するにあたっての準備は

– 動機づけ
– ビジネスモデルの決定

だけで十分です。

あとは、それを始めることです。

もっと準備したい
という気持ちはよく分かります。

なぜなら、あなたは
失敗したくないからです。

けれども在庫を持たないで
少額から始められるネットビジネスであれば、
たとえ失敗しても失うものはありません。

たとえいくら用意周到であっても、
実際に起業してからは
想定外は必ず起こります。

「必ずです。」

「問題は起こったときに考える」
というくらいの気持ちで良いです。

問題のことばかりに意識が集中すると、
実際に問題を引き寄せてしまいます。

5-2:継続する事

ネットビジネスは
ローリスクで始められますので、
多くのライバルがいます。

けれども、収益になるまで
数ヶ月〜1年かかる上に
スキルも必要になってくるという
厳しい側面もあります。

だから、ライバルたちは
それに耐えられず
勝手に諦めて脱落していきます。

「たとえ今はお金にならなくても経験値を稼いでいる」
と思えば継続できます。

そもそも大金を稼ぐためには、
自分が成長する必要があります。

ドラクエやファイナルファンタジーなどの
RPGをプレイした方ならばおなじみですが、

ゴールが分からない上に
強いモンスターがうようよいる
ダンジョンに入るのは怖いですよね。

そのためには何をするかというと、
街の近くで戦闘を繰り返して
経験値を稼ぎ、装備を整えてから
ダンジョンに挑みますよね。

こういう意味においても
RPGは起業家人生の縮図といえます。

また、お金にならない時期を経験することで、
将来新たなビジネスを始めるときにも、
その経験は生きてきます。

5-3:変化を常に取り入れる

ビジネスをしていると、
必ずうまくいかないときが出てきます。

このときに役立つのが
PDCAサイクル・PDCA思考です。

PDCAとは

  1. Plan(計画)
  2. Do(行動)
  3. Check(確認・検証)
  4. Act(改善・是正)

の順番でビジネスを回していくことです。

計画を立ててそれを実行すると、
何らかの結果が出ます。

そこで結果を確認・検証して、

– うまくいった部分
– うまくいかなかった部分

を明確にします。

次に、どのように改善したら
より成果が出るのかを考え、
次のPDCAに回していきます。

PDCAは「サイクル」ですので、
何度も回していくものです。

PDCA思考は起業に限らず、
人生のあらゆる場面で使える
汎用性の高い思考フレームワークです。

身に付けておいて損はありません。

5-4:期限と目標を決める

一人起業の場合、すべてを
自己管理する必要があります。

そのためには自分自身で
行動目標(ノルマ)を作ります。

そして、いつまでに
その行動を取るのかを
明確にしておきます。

– 毎日1記事を1年間書き続けた後の自分の文章力
– 毎日5商品を1年間出品し続けた後の自分の作業スピード

などを想像してください。

その結果にワクワクすると、
結果は自然についてきます。

間違っても収入を
目標に立てないでください。

収入はお客さんあって
初めて発生するものですので、
自分自身ではコントロールできません。

物販で見込み利益は分かっても、
いつ完売するのかは予想ができません。

コントロールできない目標は
挫折の元です。

6:起業・副業に使えるオススメビジネスサイト

それでは実際に
ビジネスを始めようにも、
取っ掛かりがわからないと思います。

そこでオススメするサイトを4つ紹介します。

6-1:手軽に不用品売却を始められる「メルカリ」

ネットビジネスは一般に
利益が出るまでに
かなりタイムラグがあります。

なぜなら集客を自分でする
必要があるからです。

ところがサイトを使った物販は
サイト自身が集客をしてくれますので、
収益になるのが早いです。

今、物販において
アツいマーケットがあります。

それはCMでもおなじみになった
「メルカリ」です。

とくに若い女性に大人気です。

スマホで撮影して
不用品を売るところから始められますので、
誰でも簡単にビジネスを始められます。

不用品なので、
売れなくて元々、
売れたらラッキー
という感覚です。

筆者も経験していますが、
不用品売却はビジネスの
始めの一歩にふさわしいです。

  • お金を受け取ること・商品を売ることに慣れる
  • 商品説明で文章力が上がる
  • 価格設定のセンスが身に付く
  • 写真撮影のスキルが上がる
  • 購入者への対応が身に付く
  • リサーチ力が身に付く

と、ビジネスの基本を体験できます。

不用品売却を身に付ければ、
ゴミがお金に変わるため、
長い目で見たら大きな資産です。

不用品を完売したら、
安く仕入れて高く売る
転売ビジネスに進んでもいいです。

実際に成功している起業家の
9割は転売から始めたといいます。

転売で億万長者に
のしあがった人もいます。

メルカリ出品初心者必見!基本のやり方+α
出品、購入全ての手続きをスマホのみで完結できる手軽さが人気の「メルカリ」。メルカリは、女性を中心に幅広いユーザーが利用しています。テレビのコマーシャルや友達...

6-2:本などを売るには「Amazonマーケットプレイス」

不用品はメルカリに限らず、
Amazonに出品する方法もあります。

メルカリは若い女性に人気ですが、
Amazonは男性に人気です。

ビジネス書などは
Amazon向きと言えるでしょう。

出品したい商品が
たくさんある場合は
Amazon FBAを使えば、
梱包や配送の手間をAmazonに任せられます。

知らなきゃ話にならない!アマゾン本せどりで稼ぐ5つのポイント!
「せどりは誰にでも出来るビジネス」世間ではよく言われます。本当にそうでしょうか?実はせどりというのは、とっつきやすい反面稼ぎ続けるのは極めて難しいビジネスモ...

6-3:好きな仕事を選べる「クラウドワークス」

起業にあたっては、
自分のスキルや集客に
ついてまわる不安がありますね。

そこで「クラウドワークス」という

– 仕事を頼みたい個人・企業
– 仕事したい人

をつなげてくれる
お仕事マッチングサイトがおすすめです。

ある程度ビジネスが大きくなると、
自分一人では作業量に圧倒されます。

そこで外注さんを使って
雑務を任せたくなります。

一方、仕事の経験が少ない人は
雑務であっても経験値になります。

クラウドワークスは
両者のニーズをマッチさせてくれます。

クラウドワークスでは8万社も登録していて、
多種多様な仕事を載せています。

案件・条件を見ながら仕事を選べます。

経験値とお金が両方手に入るので、
下積みにはうってつけです。

とはいえ報酬は安い傾向にありますので、
いつかは「仕事をしたい人」から卒業して
「仕事を頼みたい人」に回りましょう。

6-4:アイデアのフリマ「ココナラ」

ビジネスアイデアを実現させてくれる
無料サイトがココナラです。

メルカリなどのフリマサイトは
物を売っていますが、
ココナラはサービスを売っています。

  1. スカイプで悩み・愚痴聞きます
  2. あなた専用のロゴをデザインします
  3. 翻訳します
  4. アイコン作ります
  5. 法律相談します
  6. あなたの作った詩に音楽を付けます

などのサービスが満載です。

アイデアが思い付いたら、
ダメモトで登録してみましょう。

ココナラのサイトを探求すれば、
新たなビジネスアイデアが
思い付くことでしょう。

7:まとめ

本記事では起業しようと
思っている人に向けて、
インターネットを使った
ビジネスを紹介しました。

起業する方法は

  1. 起業する動機付け・理由を明確にする
  2. アイデアを決める
  3. ビジネスモデルを決める
  4. 始める

の4ステップです。

とはいえどうしてもその過程で
つまづいてしまうこともあります。

そこでビジネススキルを身に付けるために
4つのサイトを紹介しました。

メルカリやAmazonで
不用品を売却すると
すぐにお金になるため、
小さな成功体験になります。

クラウドワークスで
仕事を受注することで
仕事の経験が身に付けられます。

ココナラでビジネスアイデアを発見したり、
登録することでさっそくビジネスを始められます。

ぜひ、あなたも始めてみましょう。

長文を最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!