【完全保存版】副業収入から税金を計算して確定申告する方法

副業 税金

近年、税率が2020年のオリンピックごろまでに
10%へと引き上がることが決定され、
副業への注目が集まっているようです。

実際にありとあらゆる会社が副業を許可する
ようになり、これは言い換えるなら、

「老後の面倒は資金面(退職金・ボーナス)の
都合で出来ないから自分でなんとかするように」

と言っているようなものです。

なので、多くの人はネットオークション
(ヤフオク、メルカリ)や、転売(輸入ビジネス
、輸出ビジネス)で副収入を得る活動を
スタートしていると見られています。

ただ結果的に、

「副収入を得ることができたけど
税金はどう対処すればいいの?」

という話になります。

このページ内では、

「知らなかった…では通用しない
副業による税金を確定申告する具体的な流れ」

について詳しくお話しています。

目次

1:副業で確定申告が必要な人
2:副業所得のジャンル
3:雑所得と事業所得の違い
4:せどりの必要経費に関する注意事項
5:どこまでが必要経費に該当するのか
6:会社から送られる源泉徴収票の仕組み
7:所得税の計算方法
8:副収入の納めるべき税金の合計額を計算する
9:実際に確定申告を行うには?
10:住民税の算出方法
11:まとめ

1:副業で確定申告が必要な人

1月1日〜12月31日までに発生した所得
(売上ー必要経費)が本業の他に20万円以上ある
なら、確定申告を3月ごろから4月15日までに
する必要があります。

オークションの場合は骨董品などで
1個(1組)の品が30万円未満で売る目的で
購入していないなら雑所得として処理する
必要はなく確定申告の必要はありません。

(尚、その他のアフィリエイトや
ポイントサイト、セミナーといったネットや
現実を通して一時的に得られる所得の合計が
本業の他に20万円を超える場合は確定申告が
必要です)

また、以下の項目は非課税です。

  • 生活用品(売る目的で仕入れていない)をオークションで販売した場合
  • 遺族年金、遺族恩給
  • 児童手当
  • 慰謝料、損害賠償金
  • OLやサラリーマンといった給与所得者の通勤手当など
  • 宝くじの当選金(もし判別が難しい場合は後述しますが、
    税務署の人に問い合わせをすれば確実です)

期限内に確定申告で税金を納めなければ、
ペナルティとして数%〜数十%上乗せで
税金を納めることとなります。

しかし、間違った内容で確定申告を
しまっても4月15日までなら修正して
申告し直せば大丈夫です。

なので、確定申告書には
所得税額などを正確に計算して
記載する必要があります。(後述にて)

2:副業所得のジャンル

基本的には副業をすることで得た所得は
確定申告をすることで税金(所得税)を
納税する必要があります。

ほとんどの会社は税金の計算等を
全て代行してくれています。

ですので、税金に関して意識する
ことは無いと思います。

しかし、会社の所得(=給与所得)以外に
副業を行って所得が発生するようになると
税金の支払い義務も同時に生まれることに
なります。

「所得」と一言で言っても
様々なタイプが存在します。

以下のように分類されています。

  1. 利子所得:
    銀行の利息、国債の利息、郵便局の利息などで
    発生する所得
  2. 事業所得:
    企業家やフリーランスの人が
    農業、サービス業、卸売業、製造業などから
    得た所得
  3. 退職所得:
    退職する等で得られた一時的な所得(退職金)
  4. 山林所得:
    育林をしている方が山林を伐採することで
    得た所得(もしくは山林の譲渡によって得た所得)
  5. 譲渡所得:
    株式、土地、家などの資産を譲渡(売却)
    することで得た所得
  6. 給与所得:
    本業の勤務先以外の場所でアルバイトを
    行うことで得た所得
  7. 不動産所得:
    駐車場の貸付、マンション経営、
    アパート経営などの不動産から発生する所得
  8. 配当所得:
    株式の配当によって受け取った所得
  9. 一時所得:
    利子所得、事業所得、退職所得、山林所得、
    譲渡所得、給与所得、不動産所得、配当所得
    のどれにも該当しない一時的に得られた所得
    (懸賞金、競馬の払戻し金など)
  10. 雑所得:
    上記のすべての所得に該当しない
    自分自身の才能を利用して稼ぎ出した所得
    (例:せどり、セミナー講師、Amazonや
    楽天などで個人電子書籍の出版、ネット
    オークション、コンサルティング等)
    (その他:個人年金の受給、国民年金、
    厚生年金etc…)

しかしながら、今回ご紹介するのは

「副業によって得られた雑所得」

となります。

3:雑所得と事業所得の違い

では、雑所得と事業所得の違いについて
ご説明していきます。

たとえば、魚を販売していくことに
なったと仮定します。

そして商店街で威勢のいい掛け声で
魚を売っている人がいたとすれば、
それは「事業所得」に該当します。

反面、普段はサラリーマンとして
会社勤めをしていて土日や祝日を使って
魚を仕入れて販売していたとすれば
これは「雑所得」となります。

果たしてこの違いは何なのでしょうか?

一つ目にご紹介した魚を売っている人は
毎日の生活がかかっています。

家族や子供の教育資金、光熱費、家賃など…

生活費に直結している重要な収入源です。

一方でサラリーマンとして魚を土日・祝のみ
で販売している人は生活費に深い関わりが
あるわけではありません。

サラリーマンとしての会社からの給与所得が
ありますので、もし魚の売り上げが0円だと
してもそれが生活費に被害をもたらすことは
ありません。

これが雑所得と事業所得の違いと言えます。

4:せどりの必要経費に関する注意事項

実は、所得税というのは一律で1月1日〜
12月31日までの期間内で区切り、
必要経費と売上げで所得計算していく
スタイルとなっています。

たとえば、12月29日にヤフー
オークション(ネットオークション)で
落札された商品を発送したと仮定します。

しかし、落札された代金の入金は
1月6日だったとします。

これは翌年の所得税として計算されると
思いがちですが、12月の売上げとして
計算されます。

もちろん、12月29日に商品を仕入れて
1月6日に仕入れ代金を支払うことに
なったとしてもこの仕入れ金額は12月の
必要経費として計算されます。

要するに、「現金の流れ」ではなく、
商品(サービス)の流れに着目して
所得税を計算する仕組みになっている
ということになります。

5:どこまでが必要経費に該当するのか

所得税法の37条では必要経費を
以下のように定めています。

  • その年における販売費、一般管理費、その他の費用の額
  • 収入金額に係る売上原価
  • 収入金額を得るために直接要した費用の額

例えて言うと、オークションやアマゾン
などで販売する目的で仕入れた商品が
「売上原価」に該当します。

ここで注意すべきなのは、

「売上に貢献した仕入れだけが
売上原価として認められる」

という点です。

仕入れていてもまだ売り上がって
いない商品は「棚卸資産」と言います。

将来的にその商品が売れた場合に
売上原価となります。

さらに、その商品を発送するために
宅配費用(メール便)などの費用(送料)が
かかると思いますが、これは「収入金額を
得るために直接要した費用の額」と
なりますので必要経費に当てはまります。

また、情報を得るために使用したネット
通信費用、電話回線料なども仕事で
利用しているならば必要経費となります。

たとえば、パソコンを2台持っていたとした
場合に1つはプライベート用、もう一つは
仕事用としていたなら仕事用のパソコン
のみが必要経費として認められます。

「副業として5万円の教材を購入して
いくらか稼げたけど、教材が必要経費と
言えるのか?」

という疑問も出てくると思いますが、
これは購入した領収書をきちんと保管し、
税務署の人と交渉するしかありません。

私の知る限りでは、必要経費として
当てはまると聞いています。

とにかく必要経費として支払った
領収書や資料、収入金額が分かるものを
事前に用意し税務署の人へ説明できるよう
準備しておくことが大切です。

前もって「必要経費との関連性は?」
という質問に対する答えも考えておくと
良いでしょう。

6:会社から送られる源泉徴収票の仕組み

基本的には氏名と住所枠の下に、

支払金額 | 給与所得控除後の金額 | 所得控除の額の合計額 | 源泉徴収税額

と並んでいるはすです。

給与所得の金額は
「給与所得控除後の金額」
になります。

しかし、そこから所得控除を引きます。
それが、

「所得控除の額の合計額」
です。

所得控除には社会保険料が多ければ
その金額も大きくなります。
(扶養している子供が多い場合も金額は増加)

つまり、個人においての経済的な事情を
考慮した上で合計したものが所得控除の額と
言えるでしょう。

そして「源泉徴収税額」が最終的に
導き出された所得税の金額となります。

これは1年間で国に納税することとなった
税金の金額です。

7:所得税の計算方法

また、どのようにして所得税額が
決定されるかというと、

(給与所得控除後の金額(給与所得の額)
– 所得控除の額)× 税率=所得税額

となります。

税率は収入額によって変動します。

これは以下の表に基づいて計算して下さい。
(課税される所得金額の1000円未満は切り捨てる)

■所得税の速算表(平成27年分以降)

課税される所得金額

税率

控除額

195万円以下

5%

0円

195万円を超え 330万円以下

10%

97,500円

330万円を超え 695万円以下

20%

427,500円

695万円を超え 900万円以下

23%

636,000円

900万円を超え 1,800万円以下

33%

1,536,000円

1,800万円を超え4,000万円以下

40%

2,796,000円

4,000万円超

45%  4,796,000円

(出典:所得税の税率

たとえば、
課税される所得金額が
300万円の場合は、

300万円×0.1-97500円=20万2500円

となり、20万2500円が所得税額に
なることが分かります。

8:副収入の納めるべき税金の合計額を計算する

ここで、雑所得(副業による収入)が
加算されると、どのようにして税金へ
影響していくのか?というと、

(給与所得控除後の金額(給与所得の額)
+雑所得(副収入の額)- 所得控除の額)
× 税率=所得税額

という計算式になりますが、会社からの
給与所得の税金はすでに支払われています
ので結果的には、

(給与所得控除後の金額(給与所得の額)
+雑所得(副収入の額)- 所得控除の額)
× 税率 – 源泉徴収税額
=確定申告によって納めるべき税金の合計額

という形になります。

これを確定申告する場合に、
『上の21に対する税額』へ記入します。
(申告書Aの場合)

「よく分からない」と感じた方は、
もう一度よく読み返してみて下さい。

副業の収入による税金がいくらなのか
が分かるようになると思います。

9:実際に確定申告を行うには?

確定申告書はtax、郵送等で
提出が可能です。

まず国税庁のホームページにて利用可能な
確定申告書作成コーナー
を使用する場合は、

  1. 源泉徴収票といった書類を揃えた上で
    国税庁のホームページへアクセスし、
    必要なデータを入力する
  2. 確定申告書を印刷する
  3. 未記入の部分がある場合は
    ボールペンで書いておく
  4. 税務署に郵送で提出する
    *直接提出も可能

郵便を活用して確定申告書を出す場合は、
自分の宛名と住所が書かれた返信用封筒に
切手を貼った上で確定申告書を出すと
税務署の人が受付印を押して控えを自宅へ
返送してくれます。

これは下記を参照してください。

収受日付印のある確定申告書の控えが必要な場合は、複写により作成した(複写式でないものについては、ボールペン等で記載した)申告書の控えのほか返信用封筒(宛名をご記入の上、所要額の切手を貼付してください。)を同封していただければ、税務署から収受日付印を押印した申告書の控えを返送いたします。

※ 申告書の控えへの収受日付印の押印は、収受の事実を確認するものであり、内容を証明するものではありません。

※ 添付書類は、申告書の裏面に貼らずに、添付書類台紙などに貼ってください。

(出典:申告書の提出

 

申告書を荷物扱いで送付することはできません。

税務上の申告書や申請書・届出書は「信書」に当たることから、税務署に送付する場合には、「郵便物」(第一種郵便物)又は「信書便物」として送付する必要があります。(郵便物・信書便物以外の荷物扱いで送付することはできません。)

(出典:申告書の税務署の送付

注意点として、消印の日付けが提出日と
判断されますので簡易書留などで出すほうが
郵送の証拠が残りますのでオススメです。

郵送先の調べ方は国税庁のウェブサイト
を参照して下さい。

そこで管轄地域の税務署を
確認するようにして下さい。

封筒の大きさはA4サイズの角形2号が
良いそうです。(100円ショップ等で
販売されています)

(切手代がいくら必要か分からない場合は
郵便局の窓口に聞くのが最も安全です)

表には「郵送先の税務署の住所と郵便番号」を
記載します。

また、確定申告書在中と左側に記載しておくと
税務署の人が分かり易くなります。

一例:
765-4321
北九州市○○2丁目○○番○号
税務署名 + 税務署 御中
確定申告書在中

そして裏面には自分自身の
氏名、住所、郵便番号、を
忘れずに記載しておきましょう。

確定申告書の提出は3月15日の消印まで
有効となります。

5.振替納税(銀行口座から勝手に引き落とされる
制度)、直接納付を行う。

税務署にて通常の手続きをする場合、

  1. 税務署で必要な書類を受け取る
  2. 全て手書きでボールペンで
    必要事項を記入する
  3. 添付する書類と確定申告書を
    合わせて準備する
  4. 税務署に直接提出する
    *郵送で提出も可能

税務署へ直接、確定申告書を出す場合は
住所地を管轄(管理)されている税務署へ
提出するようにして下さい。

税務署の時間外収受箱へ投函して
提出することも可能です。

通常、土日や祝日は確定申告書の提出の受付は
行っていないようです。(平日:
午前8時30分から午後5時まで開庁)

5.金融機関を利用して
直接納付、口座振替、振替納税を行う。)

また、郵送する場合に添付する書類は
下記を参考にしてください。

Q22 所得税及び復興特別所得税の確定申告書を提出する際に必要な書類はどのようなものですか。

(3) 給与所得がある場合
給与所得の源泉徴収票(原本)
(4) 公的年金等の雑所得がある場合
公的年金等の源泉徴収票(原本)

(出典:申告書の提出

また、初めて確定申告をする場合は
申告書は税務署へ直接取りに行った方が
良いとされています。

そして確定申告書は一般的に自分の住居所を
管理(管轄)している税務署に提出した方が
良いと言われています。

10:住民税の算出方法

そしてもう一つ、副業による収入にて
納める必要のある税金があります。

それが「住民税」なのですが、
住民税の税率は一律で10%です。

つまり、税金は所得税だけでなく
住民税も副業所得に応じて税率10%を
支払う必要があるということになります。

(自治体によっては+4000円程の
均等割額が必要となります)

11:まとめ

もし、申告書の記載方法等が分からずに
迷ってしまった場合も安心してください。

以下の方法で解決することが可能に
なります。

11-1:税務署に無料電話相談をする

お近くの税務署を調べた上で電話を
かけてください。

すると自動音声により案内がされます。

相談の内容に対して「0」「1」「2」の
番号を選択してください。

選択した番号によってつながる窓口が
変わります。

案内の内容は国税庁のホームページにて
参照してください。

11-2:国税庁のタックスアンサーを活用する

GoogleやYahooなどで、

「国税庁タックスアンサー」と検索し、
アクセスする事でよくありがちな
税金のQ&Aを調べることが可能です。

もちろん、副業 税金などといった
キーワードで検索することもできます。

11-3:確定申告の無料相談会に参加する

基本的には、確定申告の時期に入ると
市役所などで無料で税理士や税務署職員の
方が相談会を行っています。

なお、確定申告に必要な印鑑、領収書
などの書類があれば相談会にて確定申告の
書類を書いて提出することも可能です。

11-4:税務署へ直接相談へ行く

上記の3項目で解決できないなら、直接、
相談窓口(国税局、税務署の税務相談室)
へ領収書などの書類等を持参した上で
質問をしに行ってください。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!