ハロー効果とは?明日から高評価を得るための2つのポイントを解説!

ハロー効果とは

あなたは、社会人にとって
一番大切なものは
何だと思いますか?

私が社会人になった時、
一番に教わったことは
これでした。

「社会は他人評価である」

私は、社会人生活も20年ですので
この言葉の意味は
骨身にしみてわかっています。

しかし同時に、

その「評価」と「現実の姿」に
ズレがあることも多いということも、
わかってきたのです。

そのズレを生んでいるものの正体は、
「ハロー効果」というものです。

この記事では、
その「ハロー効果」を
あなたの味方につけて、

社会人にとってとても大切な
「他人の評価」を上げる方法について
解説していきます。

【目次】

1:ハロー効果とは
2:ハロー効果による影響
3:ハロー効果で仕事で成功するポイント
4:ハロー効果の問題点
5:良いハロー効果を上手に引き出すためには
6:まとめ

1:ハロー効果とは

ハロー効果とは、

「ある人に、目立った特徴があると、
その特徴に引きずられて、その人に対する
思い込み(先入観)を持ってしまう」

という、社会心理学上の
「人の無意識的な心の動き」ことです。

ハロー効果の「ハロー」とは
halo=「後光」のことです。

なぜ、こういう心の動きがあるのかというと
人間の脳が無意識に、
他人をシンプルにタイプ分けして
認識を簡単にするためです。

そしてこの効果は、
プラス、マイナスの両面に働きます。

要するに、

本来のその人以上(以下)の人間として
評価(認識)されてしまう、
ということなのです。

2:ハロー効果による影響

では、この「ハロー効果」は、
具体的にどのような影響があるのか、というと、

誰かの勝手な「思い込み」で
あなたが判断されてしまう、
ということです。

例えば、

高学歴=仕事ができる

というのはそれに当たります。

冷静に考えてみれば
「高学歴=仕事ができる」
とは限らないですよね。

実際に仕事をしてみないと
わからないことなのですが、

「高学歴」というハロー のお陰で
その人の全てが輝いて見えてしまうのです。

3:ハロー効果で仕事で成功するポイント

もしあなたが、
輝かしい実績をお持ちなら、
ハロー効果によって、
良い評価を獲得できる確率が上がります。

しかし、

輝かしい実績がない場合、
どのようにして「ハロー効果」を
味方につければよいのでしょうか?

3-1:まずは目に見えることから

なにはともあれ、まずは
自己管理できる部分の
「見た目」「外見」です。

なぜなら、
そもそもハロー効果とは
「目立つ特徴」に影響されるものです。
そして、見た目というのは、
ある意味「最も目立つ特徴」
と言えるからです。

といっても、
目新しいことをする必要はありません。

  • 髪型を整える
  • ヒゲはきちんと剃る
  • 余計な毛は処理する(特に鼻や耳)
  • シャツにはきちんとアイロンをかける
  • パンツもアイロンをかけてきちんとプレスのラインをだす
  • 靴はツヤツヤに磨く
  • ベルトやカバンはある程度いいものを
  • 身の回りを整理整頓する

など、普通のことを
「丁寧に」すればOKです。

今後の仕事を有利にすすめる第一歩ですので、
メンドくさがらずに
続けることをおススメします。

3-2:周りから頭一つ分だけ抜きん出よう

そして、ある意味で
「外見」以上に重要なものは知識です。

なぜなら、

高学歴な人が
良い「ハロー効果」を得やすいのも、

「知識のある人=人間的に優れている」

という「価値観=大前提」
多くの人の中にあるからです。

そして、
学ぶ知識のポイントは

  1. 「きちんと理解している人が少ない」
  2. 人よりほんの少し知っていると感心される」

の二点です。

私がオススメするのは
「経済」と「法律」です。

この分野の知識は、
大学などで専攻した人でなければ、

90%くらいの人が
ふわふわした理解に
とどまっていますので

「キチンと」知っているだけで
感心されます(実体験)。

そして、
仕事をしている社会人ならば
けっこう学んでいて面白いし、
仕事上でも役に立ちます(実体験)。

といっても、分厚い専門書などを
読む必要はありません。

資格試験の学校が出している入門テキストを、
暇つぶしに何冊か読み込んでおけば、
頭一つ分だけ抜きん出ることができます。

メンドくさがらずに
学んでみることをおススメします。

4:ハロー効果の問題点

さて、味方につければ
自分を有利にしてくれる
ハロー効果ですが、

うまく付き合わないと、逆に
とても不利になってしまいます。

なぜか?

良い評価を得ていたのに、
それと反対の姿
(高学歴なのに仕事がドンガメ、とか)
を見せてしまうと、

あなたへの評価自体が、
必要以上にガタ落ちになってしまうからです。

これを「ロス効果」といいます。

これは、私の実体験があります。

実は私、一応大卒です。

ですが、大学を出た後、
一時期とび職をしていました。

当然、大卒でとび職、なんて人は
ほとんどいませんから、
私が入ったとび会社の人達には、
相当仕事はできるだろう、と思われたようです。

まさに「良いハロー効果」を得たわけです。

ですが、

実際の私は
とてもぶきっちょで
仕事覚えが悪かったため
(山ほど失敗をしました)

「超絶バカなやつ」
という「ロス効果」を導いてしまったわけです。

つまり、

良いハロー効果を得て、
良い評価を得続けたいのであれば
「継続した努力」
する必要があるのです。

5:良いハロー効果を上手に引き出すためには

最後に

良いハロー効果はどうすれば引き出せるか?
についてお話します。

これは、
人々(特にあなたが良い評価を得たい人)
が持っているであろう
「価値観」を知っておく、ということです。

どういうことか?

「ハロー効果」の生まれる過程を
噛み砕いてみると、

「その人の価値観=大前提」
「ある人に関する事実=小前提」
をあてはめて
「評価(印象)を決める」
という「三段論法」の流れになっているのです。

例えば、

大前提
「高学歴の人は仕事ができる」←価値観

小前提
「彼は高学歴である」←事実

結論
「彼は仕事ができる」←評価(印象)

という流れなのです。

とすれば、

あなたが評価を得たい人の
「価値観=大前提」を知って

その「価値観=大前提」
ピッタリと合うような
「目立つ特徴」を身につければ

あなたは「良い評価」を受けざるを得なくなる、
ということになるのです。

6:まとめ

以上、ハロー効果というものについて
お話してきました。

心理学的なもの、とはいえ、

結局は、
多くの人が価値を認める

  • 見た目をキレイにする
  • 日々勉強を続ける

という
小学校で教わるようなことを
習慣にしていれば

嫌でもいい評価が得られる、
ということになります。

そして、

「思い込み」ではない
「本物の」いい評価を得られるよう
日々精進いたしましょう。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!