ハロウィンブームで活用出来るスモールビジネス6選

毎年10月末のイベントとして、
行われているハロウィン行事

年々ハロウィンの市場規模と売上は加速し、
バレンタイン市場を追い越す勢いの模様

ビジネスマンとしても経営をする側としても
年間イベントを頭にいれてスケジュールを組むのは、
基本中の基本であるが

大事な事は、
未来に起こる事がすでに分かっている状況で

状況と自分のリソースを把握して
自分のビジネスを組み立てる事が
出来るかどうかが重要である

ただし、ワードプレスや
HTMLの作成スキルがあっても、
ビジネスの本質が分かっていないと

いくらスキルがあっても収益をあげる
ビジネスを組み立てることは、
なかなか難しいものです。

そこで今回はハロウィンを例にあげて
詳しくお伝えしていきたいと思います。

目次

1:ハロウィンとは?
2:ハロウィン市場規模
3:ハロウィンのユーザー層
4:ハロウィンブームの周辺を狙う
5:ハロウィンブームで起こる悩みをリサーチ
6:ハロウィンで組めるスモールビジネス
7:活用出来るソーシャルメディア
8:まとめ

1:ハロウィンとは?

c0d9099bb440c4f48fb4170bf2925979_m

ハロウィンとは、毎年10月31日に開催される
ヨーロッパを発祥とするお祭りのことである

元々の行事の起源は、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すための
宗教的な意味合いのある行事で11月1日のカトリックの聖人の日である
万聖節の前の晩に行われる。

万聖節:古くは「万聖節」(ばんせいせつ)と呼ばれていた。 カトリック教会の典礼暦では11月1日。 カトリック教会にかぎらず、聖公会や正教会などキリスト教の他の一部の教派でも「諸聖人の日」に相当する祝日・祭日を定めている教会があるが、呼び名や日付は必ずしも一致しない。

引用先: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B8%E8%81%96%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%97%A5

日本にハロウィンが定着し流行りだしたのは、
色々な要素があります。ちなみに10月末のハロウィンの渋谷は
現在すごい事になっています。

試しに「渋谷 ハロウィン」で画像検索等をしてもらうと
分かりやすいです。

ハロウィン

画像引用先: http://breaking-news.jp/2014/10/31/013674

このようにかなり人で賑わっております。

なぜ、このようにハロウィンは日本に定着したのでしょうか?

1-1:定着の理由1 原宿キディランドのハロウィンバレード

1983年に原宿キディランドのイベントで
ハロウィンバレードが開催され、グッズや仮装用の衣装などの
関連商品が売り出され、そのキャンペーンのために
パレードが行われました。

このイベントが日本初のハロウィンパレードと言われているのですが
海外で行われている行事やイベントは、日本でも一つのブームになりやすいと
読み取れますので、大手の企業が一つのビジネスチャンスとして
捉えるのは、当然の流れだと言えます。

1-2:定着の理由2: 東京ディズニーランドのハロウィンイベント

1番の火付け役となったと言われている
1997年のディズニーハッピーハロウィン

このイベントを皮切りに東京ディズニーランドの
ハロウィンイベントの規模は年々拡大し、ディズニーを好きな人が多い
日本での定着を決定的なものとした可能性が高いです。

現在では、9月上旬から10月末頃まで開催される
ディズニーランドの大きなイベントの一つとなっている

2:市場1220億年規模のハロウィン

0456542b30003bfbdbc83213db8c695d_m

2015年のハロウィンの売上規模は、1220億円とされている
つまり日本人一人あたり約1000円(人口1億2685人、総務省調べ)
使っている計算となる

これは、バレンタイン市場の1000億円とすでに超えている

ハロウィンの様子を一度見たら特に実感出来ると思いますが、
仮装という文化を通じて、新しい出逢い、仲間意識
非日常空間を味わえる、楽しい。違う自分になれる
みんなやっているから恥ずかしくない。

見込客がお金を使う条件は十分に整っていますし、
日本のコスプレ文化は、海外にも影響をがありますので、
ソーシャルメディアを通して、外国人も興味をもって
日本に観光しに訪れております。

また、昨今ではエアビーアンドビーという
民泊サービスがあり、日本自体でもオリンピックに向けて
民泊を推奨していますので、来日観光客との相乗効果で
どんどん売上が伸びている模様です。

3:ハロウィンイベントの参加ユーザー層

2015年のデータになりますが、ハロウィンの行事参加予定者は、24%と
前年よりも増加しており、主に20代から30代の女性を中心となっている

また、主にメインは、飲み食いやパーティーで
仮装する人と仮装しない人と半々に分かれている

下記のリクルートのアンケート調査内容を転載致しますので、
ご覧になっておくといいでしょう。

grc_20151016_01

画像引用先:http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/pressrelease/gourmet/nw13371_20151016

このアンケートは首都圏や関西、東海圏をメインとしたアンケートなので、
パーティーや飲食に目が行きがちですが、
子供のためのグッズとか、衣装や関連商品等を考えると

年に一回とはいえ、シーズンビジネスの一つとして、
仕掛けても良い範囲だと判断出来る

4:ハロウィンブームの周辺を狙う

85615b796495c688bd14223c8070bdb6_m

ブームの周辺には儲かるアイデアが眠っている事がほとんどだ。

例えば、iPhoneを例にあげると
これだけ日本にスマートフォンが普及しだしたのは、
AppleのiPhoneが火付け役だが、ブームが起こった際に
今回のハロウィンのように関連アイテムが売れていった。

  • iPhoneケース
  • 液晶の修理
  • データ復元サービス
  • 修理代行サービス
  • 携帯代理店ビジネス
  • シニア向けのスマートフォン教室

など

ブームが起こると必ずその周辺で欲と悩みが生まれるものだ。
ガラケーの携帯カバーを可愛くしたいのと同じように

  • スマートフォンのケースもかっこよくしたい
  • 可愛くしたい
  • 使い方がわからない
  • いいデザインがない
  • 新しい携帯を使ってみたいけど使い方がわからない

 

ブームが生まれると必ず人の欲と悩みは生まれるものであり
その気持ちを満たす事で、問題を解決することで
ビジネスが生まれるのである

今回のハロウィンでも同様のことが言えます。

5:ハロウィンブームで起こる悩みをリサーチ

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_m

では、ハロウィンがブームにになることで、
一時的なイベントでも、どのような悩みが生まれそうでしょうか?

想像するだけでもいくつか出てきませんでしょうか?

例えば

  • ハロウィンのメイクをもっとリアルにしたい
  • メイクが上手く出来ない
  • 子供に可愛いメイクをさせたい
  • ハロウィン後のゴミがひどい
  • 可愛い衣装がない
  • 来年のキャラクターや衣装はどうしようか?
  • 可愛い衣装がない
  • 仮装してみたいけど、友達がいないから一人は嫌だ

他にもVR等の技術を組み合わせても
面白そうな気がしますし、人混みが苦手だけど
一度だけ、体験をしたい人などに売れそうな気がします。

またハロウィン後のゴミはスゴイ状況なので、
例えば、田舎の方で高齢者の掃除仕事を手伝うなども
最初のフロントエンドの商品としては、有効かもしれません。

このように人の気持ち焦点をあてると
たくさんアイデアは生まれます。

6:ハロウィンで組めるスモールビジネス

Peggy_Marco / Pixabay

色んなアイデアはありますが
一人でも出来るスモールビジネスについてもお話していきます。

6-1:輸入ビジネス、輸出ビジネス

まず輸入ビジネス、輸出ビジネスになります。
詳しい方法は別記事にて記載致しますが、

日本の衣装を欲しがっている海外のコスプレプレイヤーなどに
eBayという海外のオークションサイトや
中国のタオバオを使って商品を売ることが出来ます。

知り合いには、自分でドレスを作り売っていた方もいますので、
労働型ですが、需要のあるものですし、
売れてから仕入れるというのも一つの手です。

また衣装だけでなくハロウィンに関するグッズや
他の日本のアニメものなども合せて売ることも可能です。

6-2:国内転売、国内販売

日本のヤフーオークションやショップサイトを自分で作って
売る事もできます。衣装はもちろんの事、メイク道具だったり
グッズ等もいけますね。

今はヤフーオークションを始め、Amazon
フリマアプリのメルカリなどもありますので、
都内で売っているコスプレ衣装などを出品すれば、

都内にハロウィン用のコスプレ衣装を買いに行きたいけど
いけない人等に売れそうですね。

6-3:婚活パーティービジネス

ハロウィンに参加する人達の遊びのほとんどが
飲食やパーティーになります。

コスプレの趣味が合う人達限定の婚活パーティーや
合コンを開くだけでも短期的ですが、
収入を得ることが出来ますので、

人を集めたり、関わるのが好きな方には
向いているビジネスだと言えます。

6-4:コンテンツビジネス

ハロウィンのメイクで悩んでいる人がいますので、
可愛く出来るメイクの方法だったりを
電子書籍や、映像等で販売するのも一つの手段です。

またコンテンツビジネスは、
PDFのレポートや動画や音声がメインなので、
他の商売に比べてリスクが低いのと、粗利が高いので、
ヒットすれば、高い収益を生み出すビジネスになります。

6-5:写真ビジネス

人物でしたら、相手に許可を得たり、
契約を結んだり、アルバイト代を渡す必要がありますが、
人物の写真だったり、映像、背景だったり、写真を
一枚500円とか、それこそ外国人向けにeBayで販売しても
売れると思います。

写真をPDFレポートでスクラップブックにすれば
モデル代と交通費くらいの経費で済むので、
すぐにテストが出来ます。

6-6:民泊ビジネス

テラスハウスという有名な番組がありますが、
例えば、二泊三日など休みをとって
ハロウィンハウスや民泊ハウスなど行い、

撮影を行ったりするのもいいかもしれません。
ただ人手と元手がかかりそうなので、

参加料金や人を集めた後に何を売っていくかの
バックエンド等も考えておく必要があります。

7:活用出来るソーシャルメディア

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_m

ハロウィンのようにイベントを活用した
ビジネスモデルには、ソーシャルメディアが
やはり有効です。

面白い企画や商品やイベントを組めれば

Facebook
インスタグラム
YouTube
ツイッター

等で拡散されて広がる可能性も十分にあるでしょう。

8:まとめ

今回はあくまでハロウィンを題材にお伝えしましたが、
今回の話で重要な事は、3点です。

  • ブームの周辺を狙う
  • ブームで起きる悩みや欲を探る
  • 今の自分のスキルで出来るビジネスを組みテストを行う

この3つの考え方を意識して、
今回のハロウィンのようなイベントビジネスだけでなく
他に何かブームが起きた時などに思い出し、
実践して頂ければと思います。

この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いです。
HAPPY HALLOWEEN!

 


あわせて読みたい


フロントエンドマーケティングを導入するメリットと4つの事例とは

0から学ぶダイレクトレスポンスマーケティングを始めるための基礎知識

ネット不労所得の作り方18のポイントをプロが徹底解説!

WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

かなり参考になる企業のキャッチコピーの7選と5つの作り方

WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

【保存版】Tiny MCE Advanced の設定方法と使い方

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!