【必見】YouTubeアドセンスで月10万円稼ぐ5つの方法とは?

YouTube 稼ぐ アドセンス

手軽に稼げるビジネスモデルとして、
YouTubeの動画広告による収入を目的とした
「YouTubeアドセンス」が流行しています。

近年、利用者が爆発的に増えていますが、
それは同時にアドセンス収入を狙う
ライバル動画の増加を意味しており、

YouTube上には
現在多くのアドセンス動画が
乱立している状況です。

それと比例して、明らかな広告収入狙いの、
視聴者側にとっては情報的価値の低い
「質の悪い動画」がYouTube上に
急増している現状があります。

これは数年前までの
「広告収入を狙ったブログサイトが乱立」
していた時代の状況と良く似ています。

質の低いブログサイトの乱立に対し、
Googleでは、これを受けて、
「パンダ・アップデート」

「ペンギン・アップデート」
など、

検索エンジンでの上位表示のための
アルゴリズムを、幾度にも重ねて
改善・強化を実施してきました。

これにより、現在では、
広告収入のみを狙った、
情報的価値の低いサイトは

サーチエンジン検索結果の上位表示から
徐々に姿を消していき、

情報的価値のあるサイトが生き残るという
ネット環境の健全化が進んできたというわけです。

ご存じの方も多いかと思いますが、
YouTubeの運営母体もGoogleであり、
このことを考えた場合、

現在の「質の悪い」
動画コンテンツの乱立に対し、
YouTube運営側(=Google)が
将来的に何らかの対策を
打ってくる可能性は
十分に考えられるということです。

つまり、長期的な視点で見た場合、

広告収入目当ての「質の悪い」
動画コンテンツは淘汰(とうた)され、

将来的には、稼げなくなる
可能性が高いということです。

今後、YouTubeアドセンスで
長期的に稼いでいくことを

視野に入れる場合、
安易に広告収入目当ての動画を
量産するのではなく、

視聴者から見て、情報的価値の高い
動画コンテンツを提供していく必要性が
より高くなるのは必然の流れと言えます。

この記事では、
これからのYouTubeにおいて、
ひとつの基準として
「月10万円」程度の収益を
継続的に稼いでいくために

動画製作におけるアプローチ方法や、
意識すべきポイントについて、
5つに絞って解説していきます。

この記事を読むことで、
YouTubeで10万円を稼ぐことための
具体的方法とイメージを掴むことが
出来るようになるでしょう。

目次

1:YouTubeコンテンツにおける「価値」とは?
2:YouTubeの「質の高い動画」=「本格的に制作された動画」では無い!?
3:YouTubeアドセンスで収入と再生数を稼いでいる動画の実例解説
4:おすすめできないYouTube動画制作アプローチ
5:まとめ

1:YouTubeコンテンツにおける「価値」とは?

まずはじめに、
動画コンテンツを作る上での
「価値」について考えていきます。

ここで意識してもらいたいのが、
これから制作していくのは、

「YouTubeアドセンス」によって
広告を掲載するための動画コンテンツ

だということです。

YouTubeアドセンスによる
ビジネス・モデルは、
TV番組とCMのスポンサーの
関係に非常によく似ています。

TV番組においては、
人気のある番組や視聴率の見込める番組、
視聴者数の多い時間帯、
いわゆる「ゴールデンタイム」に
放映される番組は、

広告スポンサーからのニーズも高いため、
広告単価も高く、高い収益が期待されます。

さらに、スポンサー側では、
単純に番組の視聴率だけでなく、
番組の内容と番組を見る視聴者層が
売りたい商品の購買層とマッチするか…

つまり、

「自社の商品を買ってくれそうな人が
その番組を観ていそうかどうか」

によって、その番組に
CMを打つかどうかを判断します。

そのため、TV局側では、

いかにして
「視聴率をとれる番組を制作できるか」

「スポンサー受けするコンセプトの番組を
制作することができるか」

に日々腐心しています。

同様に、YouTubeアドセンスにおいて
動画投稿によって収益が発生するのは、
あくまでGoogle(および広告掲載企業)という
広告主あってのことになります。

そして、さらにその先には
動画に掲載された広告を見る
広告主にとっての見込客
=あなたの動画の視聴者がいます。

YouTubeアドセンスにおいて
動画コンテンツの
「価値」を考えた場合、

「観て、ただ面白い」

だけでなく、

「広告を掲載する企業」

「広告を見る視聴者」

の両者を

いかにして満足させ、
結びつけることができるのか、

という意識が求められます。

自己満足で制作した動画を
趣味でアップする分には
自分の好きに動画を作るのも
アリですし、

それが、視聴者が楽しめる内容であれば、
「質の高い動画コンテンツ」
と言えると思います。

しかし、アドセンスでの収益化を前提とする場合、
それでは不充分といえます。

二つの顧客…
つまりは広告主と視聴者の
両者のニーズを同時に満たす動画こそが

「質の高い動画コンテンツ」

ということになります。

2:YouTubeの「質の高い動画」=「本格的に制作された動画」では無い!?

「質の高い動画」と聞くと、

カメラやマイク等の機材にお金をかけたり、
撮影技術を本格的に勉強したり、

高機能な有料の編集ソフトを駆使して、
凝った演出をするなどして、

本格的な動画を作り上げなくては
いけないのでは…と思われるかも知れません。

しかしながら、今回お話している
「YouTubeアドセンス」的に
「質の高い動画コンテンツ」というのは、

必ずしも高い技術をもって制作された
「本格的な動画」である必要はありません。

例えば、
あなたがパスタが食べたいと思い、
イタリアンレストランに行ったとします。

そこのシェフは本場イタリアで修行した
超一流の腕の持ち主であったとしても、

あなたがその時に食べたいと思った、
カルボナーラを注文したのに、
シェフが勝手にシーフードパスタを
出してきたらどうでしょう?

しかも、あなたがエビやイカが苦手だとしたら、
シェフがどんなに腕を奮った本格派パスタであっても、
出されたシーフードパスタを食べたいと思わない
のではないでしょうか?

その辺のファミレスでカルボナーラを
食べた方が満足出来るかも知れません。

それはコンテンツにおいても同様で、
どんなに技術を駆使した動画であっても、
「お客様の求めているもの」でなければ
まず意味がありません。

つまりYouTubeアドセンスにおいて
求められる「質の高い動画」とは、

「顧客の『ニーズ』を正確に捉え、
『メリット』をもたらすような
動画コンテンツであるか」

その一言に尽きます。

ここでの「顧客」とは前述のとおり、
「広告主」と「視聴者」です。

つまり、「広告主」にとっても、
動画を見てくれる「視聴者」にとっても
需要があり、価値を感じられるような
動画を作ればいいわけです。

収益を受け取る私たちも含めると
「広告主」「視聴者」の三者が
いわば「Win-Win-Win」の関係になります。

高い技術で作られた動画でも
「広告主」や「視聴者」にとって
「ニーズ」や「メリット」がなければ、
それはただの自己満足になってしまいます。

確かに今後、YouTube市場がメジャーに
なってくるにつれ、

その可能性に目をつけた
本格的な技術を持つセミプロのような動画投稿者や、
TV局のような本格的なプロ集団によって、

本格的な動画が組織的に量産され、
YouTube上を席巻するような状況が
近いうちに訪れる可能性はあるかも知れません。

ただ、それでも一般ユーザーの
動画投稿に需要が無くなるかというと
そんなことはないと考えられます。

かえって素人の撮った動画に「こそ」
需要があるという場合が数多くあるからです。

YouTubeが世界中で人気となり、
ここまで普及してきた背景には、
「個人による情報発信(オウンド・メディア)」
という側面に対して価値を感じるユーザーが
多かったからでもあるからです。

それでは、具体的に
どのような動画がYouTubeアドセンスにおいて
再生数を伸ばし、収益を稼いでいるのか
実際のケースを使って解説していきましょう。

3:YouTubeアドセンスで収入と再生数を稼いでいる動画の実例解説

まずはこの動画を見てみましょう。

アンパンマン おもちゃコロコロ大冒険数の木とのぼってコロコロと大冒険の島

子どもに大人気の「アンパンマン」ですが、
YouTubeで検索すると

このように「アンパンマン」のおもちゃで
遊んでいるのを撮影しているだけのものが
数多くヒットします。

中には、子どもに遊ばせながら撮影しているものや
親御さんが解説しながら撮影しているものなど
様々ですが、

この動画にいたっては、
ただおもちゃを稼動させて、撮影しているのみ。
顔出し・声出しも一切ありません。

これで、おおよそ3700万回再生です。
(この記事を書いている2017年3月現在)

このような動画を投稿している方々は、
別のおもちゃで遊んでいる動画を
同様に量産していくことで、

トータルすると相当の再生回数を
上げているのがわかります。

今回のようなケース動画では
投稿者が慣れた方であれば、
多少の編集やそれなりの機材を
用いている場合もありますが、

中にはスマホで撮影したのでは…
と思われるような動画もあり、
撮影自体についても、
さほど手間がかかるわけでは
無いと思われます。

それではなぜ、
このような動画が再生回数を伸ばすことができ、
また類似動画も多く生まれているのか…

その秘密は、この手の動画が前述のとおり
「広告主」「視聴者」「投稿者」の三者における
「ニーズ」と「メリット」を満たしているためです。

どういったことなのか
順を追って見ていきましよう。

①広告主のニーズとメリット

一見してメリットが無いように思われますが、
一般ユーザーが楽しそうに遊んでいる
このような動画がアップされることにより、

おもちゃを作っているメーカーにとっては、
この上ない「宣伝」になります。

また、アドセンス広告には、
ユーザーの過去の検索履歴等の
情報を反映した広告を表示させる
アルゴリズムを持つため、

本ケースであれば、広告主は
ファミリー層に向けた商品を
効率よく売り込むことが
できると考えられます。

②視聴者のニーズとメリット

まず、実際に遊んでいる様子がわかるので
視聴者が購入を検討しているおもちゃを
「動画」というかたちでレビューできる
というメリットがあります。

一昔前まで、商品のレビューといえば、
レビューサイト等による「写真」と「文字」
だけでしたが、
「動画」によりリアルに商品を知ることが出来ます。

また、子どもにおもちゃを買ってあげられない
場合でも、動画を見せて遊んだ気にさせる
ということも出来るかも知れません(苦笑)。

また、この手のキッズ向けの動画の再生回数が
異様なまでに伸びる傾向にあるのには、
幼児の習性に関わるひとつの要因があります。

それは

「キッズ向け動画はリピート再生される確率が高い」

ということです。

お子さんをお持ちの方は
経験があるかと思いますが、
小さい子どもは気に入った動画ができると
飽きるまで何度も繰り返し観たがる
傾向があります。

大人向けの動画であれば、
何度も同じ動画をリピートされる機会は
ミュージック関連の動画など以外は
さほど多くないと考えられますが

キッズ向けの動画はリピート率の高さから、
はるかに再生回数を伸ばしやすいといえます。

③投稿者のニーズとメリット

まずメリットとしては、シンプルに
「簡単に撮影できる」という点です。

必要となる元手も、おもちゃを買う費用くらいです。
(その費用も、元々子供のために買ったものであれば、
動画撮影にかけたコストはゼロとも考えられます。)

子どもの顔出し出演に抵抗が無ければ、
基本的には、ただ楽しく遊んでもらって、
その様子をビデオに撮るだけです。

きっとこの手の動画を投稿しているご家庭では、
楽しく遊んで動画投稿で稼いだお金を元手に、
また次のおもちゃを買ってあげて、

それで遊んでいる動画をまた投稿し…
というサイクルが出来上がっているのかも
知れません。

親御さんにとっても、お子さんにとっても
まさに「Win-Win」な状況ですよね。

今回のケースでは、
キッズ向けのおもちゃ動画というケースを
取り上げましたが、他にも、

  • 「ゲームの実況や攻略に関する動画」
  • 「トレーニングノウハウやそれに使う器具の紹介動画」
  • 「料理に関する動画」

などなど、
「広告主」、「視聴者」の
「ニーズ」と「メリット」を満たしつつ、
「投稿者」も「メリット」を得られる
カテゴリーは多く存在します。

自分が興味のあることや
普段から行っていることの延長線上で、
かつ「広告主」と「視聴者」に
求められるような動画のテーマを発見できれば、

努力感無しに需要のある動画を量産し、
収益につなげることは決して難しいこと
ではありません。

特別な技術や機材がなくても、
「質の高い動画コンテンツ」
の制作は十分に可能なのです。

4:おすすめできないYouTube動画制作アプローチ

一方で、動画コンテンツを作っていく上で、
おすすめできないアプローチがあります。

それは、
「広告主」か「視聴者」のいずれかに
(または両者に対して)
不利益を与える可能性のあるコンテンツや、
再生回数アップだけを目的とした、
価値の低いコンテンツを量産するような
アプローチです。

わかりやすい例としては、
著作権を侵害する可能性のある動画は
「広告主」に不利益を与える恐れがあります。

テレビ番組や映画などを無断でまるごと
アップするのはその最たる例ですが、
前述と同様にキッズ向けで「アンパンマン」関連の
動画コンテンツを制作する場合を例とすると、

アンパンマンのアニメのシーンを
アップロードしたような場合、
当然ですが「著作権侵害」と見なされ、
動画の削除やペナルティを受ける
可能性が高いです。

他にも、例えば
「アンパンマンミュージアム」
で上演されていた
「アンパンマンショー」の様子を
まるごと撮影して上映する場合も、
削除対象となるようです。

これは、実際のショーの内容を
「ネタバレ」することになり、

主催者側にとっての不利益につながる
(つまり動画視聴だけで済ませられ、
客足が落ちてしまうリスクがある)
可能性があるためと考えられます。

一方で、アンパンマンミュージアムの
アトラクションで子供が遊んでいる様子を
撮影した動画は削除対象になりません。

これは、おもちゃ動画同様に
アトラクションで楽しむ様子の動画は
誘致につながり、メリットになると
考えられるからです。

別の例を挙げると、
ゲーム実況や攻略系の動画についても
注意する必要があります。

まず、ゲームの販売元が
プレイ動画のアップを認めるか否か
によって状況が大きく変わります。

特にエンディングシーンなど
ストーリーのネタバレになるような
動画については問題になる可能性があります。

一方、「視聴者」にとって価値を感じられない
コンテンツで代表的なものには

まとめサイトや2ちゃんねるの内容を
コピペしただけの内容のスライドショー
のような動画があります。

興味性を引くようなサムネイルやタイトルで煽り、
実際観てみたら、内容的価値の薄い
上記のような動画が乱造されています。

これまでは、このような安易な動画でも
それなりに再生回数を稼ぐことが出来ていましたが
今後はこのような動画作りでは通用しなくなる
可能性が高いと考えられます。

まず、類似の動画があまりにも増えすぎていること

それから、見る価値がないと判断した
視聴者が再生を途中で止めてしまうため、

まず再生時間に影響が出ることが考えられ、
そうなると、当然ながら
広告の表示時間やクリック数などにも
影響が出ることになります。

アドセンス報酬の算定にこれらの要素が
これまで以上に加味されることになった場合、
いわゆる「最後まで完走されない」動画は
報酬が大幅にカットされることになります。

こういった変化は近い将来、十分想定され、
更に長期的視点で見た場合、
報酬カットや動画自体の削除等、
より強い規制が入ることも
あり得ない話ではありません。

いずれにしても、動画投稿者には
再生回数稼ぎのみを目的とするような
動画の粗製乱造は控え、

視聴者が最後まで再生したくなるような
価値あるコンテンツを提供する意識が
今後は更に求められることになるのは
間違い無いといえるでしょう。

5:まとめ

今回の記事では、
動画コンテンツ制作のための方向性や
事例を用いたケース・スタディを中心に、

「YouTubeアドセンス」
「広告主」と「視聴者」の両者から
支持される動画をいかにして制作するか
について解説しました。

YouTubeを収益化させるための具体的方法や
YouTubeで収益が発生する仕組みについて
1から知りたい方については、
当サイト内の以下の記事が
お役に立てると思います。

今からでも間に合う?!YouTubeを使って稼ぐ方法【2017年版】
「好きなことで、生きていく」あなたもCM等でこの魅力的なフレーズを目にしたことがあるのではないでしょうか?今、YouTube(ユーチューブ)は世界的なメディアとして注目...
忙しい主婦でも出来る?!YouTubeで稼ぐ仕組みを3分で解説
近年、小学生のなりたい職業に「ユーチューバー」がランクインするほどに話題となっているYouTubeですが、「なんで動画を投稿するだけで、 お金を稼ぐことができるんだ...
YouTubeで稼ぐために著作権に引っかからず生き残れる方法!
YouTubeの総再生数は1兆回を超え動画配信サイトでは世界1位です。検索サイトに関してもGoogleに続き世界2位になっています。それに伴いインターネット広告が増え動画を...

ちなみに、「月10万円」という収益を
ひとつの目標とした場合、動画1再生あたりの単価を
現在の平均値である「0.1円/回」で考えると、

単純計算で、

  • 平均再生回数10,000回程度の動画であれば100本
  • 平均再生回数5,000回程度の動画であれば200本

持つ必要があるいうことになります。

例えば、月に100本動画をアップすると考えた場合、
毎日平均3本の動画をアップすることになります。

このように書くと簡単に見えるかもしれませんが、
実際に毎日3本の動画をアップするのは、
やってみると結構難しかったりします。

しかし、実際には過去にアップした動画が
継続的に再生回数を稼いでくれることを考えると、
継続的に動画をアップしつづければ、
いずれ目標の再生回数を達成することが
できるようになります。

「YouTubeアドセンス」に限らず、
ブログやサイトでのアドセンスについても、
アフィリエイトについても言えることですが、

ネットビジネス全般において
共通しているのは、

『継続こそ力なり』

という本質です。

お手軽に一発で大金を稼げることを
謳ったノウハウ・情報商材が
世間には多く出回っていますが、

あくまでネットビジネスの本質は、
『継続して価値あるコンテンツを
積み上げること』です。

コツコツと積み上げていく労力は
どのビジネスモデルにおいても、
はじめのうちはどうしても必要に
なりますが、

積み上げた努力とコンテンツは、
方向性さえ正しければ
必ず結果に結びつきます。

特にこの記事で紹介している
「YouTubeアドセンス」については、
他のビジネスモデルと比較しても、

  • 成果が目に見えやすく、
  • 結果に結びつきやすく、
  • 積み上げた分だけ収益が見込める

要素が多く、ネットビジネス初心者にも
取り組みやすいスキームであると言えます。

記事を見て、すぐにでも
スタートできる敷居の低さも
YouTubeビジネスの大きな魅力です。

必要な元手もリスクもほぼゼロですので
あなたが少しでも興味を持っているのならば、
是非、実行に移してみて下さい。

もしかしたら、その小さなチャレンジが
明日の大きなチャンスへと繋がるかも知れません…。
そして、それがビジネスの醍醐味でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。