コピーライティング初級者必見!効果的な写経の方法と9つのポイント

Transcription

あなたが、コピーライティングを
学びはじめているのなら、

「コピーの写経」

という言葉を
聞いたことがあるかと思います。

実際、色んなコピーライターたちが
「写経」の効果について語っています。

しかし、

「写経は本当に効果があるのか?」
「もしあるとすればどのようなやり方がよいのだろうか?」

と思われているかもしれません。

そこで、今回は「写経」の効果、
方法などについて

9つのパートに分けて
まとめましたので

ご覧頂き、実践して頂ければ
あなたのコピーライティング能力の
向上をお約束致します。
目次

1.コピーの写経って本当に効果があるのか?
2.写経のメリット・デメリット
3.写経をするにあたっての前提条件とは?
4.こんなやり方はダメ!意味のない写経と効果のある写経の違いとは?
5.どんな文章を写経すればいいのか?
6.スワイプファイルを活用する
7.写経のやり方
8.「写経はめんどくさい!」どうしたら継続できるか?
9.写経の限界と写経よりも大事なこと
10.まとめ

1.コピーの写経って本当に効果があるのか?

コピ—ライティングについての
WEB上の記事をいくつか読みますと、
「コピーの上達をしたいなら写経すべき」
というような内容をよく見かけます。

これって本当でしょうか?

結論から言いますと、
多くのコピーライターが
言っているように、

写経はコピーの上達において、
非常に重要な鍛錬方法の一つです。

まずコピーライティングにおける写経というのは、
売れている広告やコピーを
そっくりそのまま書き写すこと。

書き写す際に、書き手の思考や
書き方を学ぶことができるということで
コピーライターの上達方法の
一つとして知られています。

方法の一つということは、
写経がコピー上達において
絶対的な鍛錬法ではないということ。

その理由は最後の方で
後述します。

鍛錬方法として写経は効果的ですが、
間違った方法でやってしまうと、
上達効果の見込めない、
全くの徒労に終わってしまう可能性があります。

では、
コピーライティング能力を上達させるには
どのようなやり方で写経をすればいいのか?

そのことを踏まえて、
写経について述べていきたいと思います。

2.写経のメリット・デメリット

写経のメリットは、
コピーが上達すること。

写経のデメリットは、

  • 「めんどくさい」
  • 「しんどい」

ことです。

写経は、何も考えず
ただ漫然と行っても労力の無駄であり、
時間の無駄になってしまいます。

写経のメリットを生かすには、
ある前提条件が必要なのです。

3.写経をするにあたっての前提条件とは?

まず写経をする前に、確認したいのですが

そもそもなぜ写経をするのかというと、
ようはコピーを上達させたいわけですよね?

では、なぜコピーを上達させる
必要があるのでしょうか?

それは、

「人を感動させ、人の役に立ち、人を行動させるため」

に必要だからです。

コピーを上達させ、
コピーの力によって、

  • 「商品サービスを購入してもらいたい」
  • 「ネット上でいいねをもっとたくさんもらいたい」
  • 「人に何らかの行動をさせたい」

と思うのであれば、、
まず前提として次の知識が
必要となることを知っておいてください。

  • マーケティングの知識
  • 人間心理
  • 人を動かすコピーの基本的な原理原則

では、順番に説明していきましょう。

3-1.マーケティングの知識

コピーで商品サービスを売る場合、
マーケティングの知識は必須です。

というか、
マーケティング活動の中のほんの一部に
コピーライティングがあると認識してください。

コピーの力で商品サービスを売る場合、
星の数ほどある競合ではなく、

あなたが売りたい商品サービスを
見込み客から選んでもらう必要があります。

そのため、競合商品の違いを打ち出し、
より魅力ある商品であると
認識してもらわないといけません。

また、あなたが売りたい商品サービスが
どのようなマーケティング戦略・戦術のもとに
販売しているのかを把握する必要があります。

なぜなら、
商品サービスが存在するということは、
前提としてマーケティングの戦略・戦術があり、

それに基づいて訴求する
コピーの内容が決まるからです。

商品やサービスは、
何のために存在しているのかというと

誰かの悩みを解決するためのツールであり、
願望成就のために存在しています。

その誰か?を決めるのが
ターゲット設定です。

そのターゲットに対し、
自社ができること得意なこと、
なおかつ、競合がマネできないこと。

それがお客様から選ばれる
商品サービスになります。

ちなみに、マーケティング活動において
マーケティングの4Pという概念があります。

簡単に説明しますと

  1. product 商品
  2. price 価格設定
  3. place 流通
  4. promotion プロモーション

この4つの要素を組み合わせて
マーケティング活動を
行うことを言います。

この部分は戦術に相当します。

この4つ目のpromotionという言葉
はネットでよく聞く言葉だと思います。

promotionの中には

  • AD 広告
  • SP 販売促進
  • PR 広報

があり、いずれもコピーが
重要な役割を担っていますが、

訴求するコピーの内容は
マーケティングの戦略・戦術に基づきます。

どの市場のどのような客層(ターゲット)に
何を?どんな価値を提供するのか?

ここまでが戦略であり、

その決まった戦略に従い、

  • 商品の内容
  • 商品の外観
  • スペック
  • デザイン
  • 価格
  • 流通

どのように告知し販売するのか

これらの部分が戦術になります。

コピーライティングが主に
直接関わってくる部分が
プロモーションになります。

このように見てみると、
コピーライティングは

マーケティング活動の
ほんの一部に過ぎないことが
お分かりだと思います。

であるならば、
その一部分だけを
切り取って学ぶというよりは、
マーケティング活動全体の流れ、

マーケティング活動の中で、
コピーライティングが

どのように関わっているのかを
知っておくべきだと思います。

3-2.人間心理

コピーで人の心を動かし、
行動させたいと思うのなら、
人間心理を把握する必要があります。

  • 人がどういう時に
  • どのような場面で
  • どのような状況で
  • どのような感情を抱き
  • どのように行動するのか?

を知っておく必要があります。

「人は理屈ではなく感情で物を買う」
という言葉があります。

「分かっちゃいるけどやめられない」
「わかってるけどできない」

ってことよくありますよね。

どんなに正論を吐いたところで、
理屈では人を動かせないというのが事実。

販売に限らず人を動かすには、
人間の本質を知る必要があります。

その本質を知るには、

  • 人の感情の動き、
  • 人間心理

を学ぶことです

人間心理を学ぶことで

  • マーケティング
  • 営業交渉事
  • 恋愛
  • 日常生活全般

に活かすことができます。

ネット上で物を買ってもらったり、
SNSで拡散してもらうことも
できるようになります。

3-2-1.自分自身の感情を分析する

人は何気ない一日の中でも、
様々な感情が湧き起こり、
様々な意思決定をしています。

普通に暮らしていれば、
逐一自分がどんな感情を持ったかなど

分析したりする人は
いないんじゃないでしょうか?

しかし、この記事をお読みのあなたは、
コピーがうまくなりたいわけですよね?

であるなら、自分自身の感情を
つぶさに観察されることを
おススメします。

なぜなら、

  • 自分がどんな時に
  • どんな感情が動くのか

を把握していれば、
人を動かすコピーを書く際の
参考になるからです。、

では、どのように自分自身の感情を観察し
分析すればいいのでしょうか?

例えば、あなたがお昼に
まだ入ったことのない中華料理屋に入り、
餃子定食を頼んだとします。

  • なぜ、その中華料理屋に入ったのでしょう?
    なにが決め手になりましたか?
  • お店の雰囲気はどうでした?何を感じました?
  • なぜ餃子定食を選んだのでしょ
  • 味は満足できました?接客はどうでした?
  • お店を出たとき、また来たいと思いましたか?

さて、いかがでしょう?

もしかしたら、
料理が出てくるのが遅くてイライラしたり
店員の女の子がかわいくて「また来たい!」
と思うことがあるかもしれません。

このように、日頃なんとなく
過ごしているようでも、

自分自身に問いかけてみると、
色々な感情があることに気づくでしょう。

我々は社会人になってからは
あまり感情を表に出しませんよね。

自分で自分の感情が
分かりにくくなっているのだと思います。

そこで、
自分の中に湧きおこる感情を観察し、
その感情を引き起こす要因を
キーワードとしてメモしておけば、

それがのちにコピーを書くときに
人の心を動かす参考になります。

3-2-2.友人・知人・家族に聞く

友人知人家族が何か商品を購入したのなら、
なぜそれを買ったのかを聞いてみてください。

できれば本音で語り合える仲が良いと思います。

あなたが思ってもみなかったような、
意外な動機が聞けるかもしれません。

いわば、あなたがメーカーの代わりに
顧客アンケートを取るようなものです。

さりげなく聞いて、どのような感情で
人が動くのかを参考にしてみてください。

【例】

  • なぜこの商品を買ったの?
  • 購入の際、何か不安なことってあった?
  • あったとすれば何が不安で購入をためらったの?
  • どのフレーズに心動かされたの?
  • 結局何が決め手になって購入したの?

※あまりあれこれ聞きすぎると尋問のようになり
嫌がられる可能性もあるので、さりげなく聞いてください。

3-2-3.社会心理学の名著から学ぶ

人を動かすための
心理テクニックを体系的に学ぶには、

社会心理学などの名著を
読むことをおススメ致します。

●影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ (著)

人がどのように説得され、
行動するのかを心理学的な
側面から解説している本。

本書では事例として、
ロバート・B・チャルディーニ 自身が
人に説得させられたり、
寄付をさせられたりした
苦い経験がいくつか紹介されています。

この本の中で、人を説得し、人に影響力を与え、
行動させるための武器(アプローチ)として
次の6つが挙げられています。

  • 返報性の原理
    人は何か相手にしてもらったら、それを返さなければならないと思う性質があること。
  • コミットメントと一貫性の原理
    人は自分が約束したことは守ろうとするする性質があること
  • 好意
    人は自分に似ている人、自分に好意を持ってくれている人、同じ悩みを抱えている人、同じ目標を持っている人など、自分自身に共通点がある人を好きになる傾向があるということ。
  • 権威
    人は大学教授、医者や弁護士、専門家といった肩書や実績や経験を持つ人の言動に影響されてしまうということ。
  • 希少性
    人は数が少なく、限定されているものや、珍しくて手に入りにくいもの(レア)を価値が高いと感じ、欲しがる傾向があるということ
  • 社会的証明
    人はその他大勢がやっている行動や考えが正しいと思ったり、同じ行動に従う傾向があるということ。

コピーライティングだけでなく、
営業、交渉など様々な場面で
使える内容です。

●プロパガンダ—広告・政治宣伝のからくりを見抜く
アンソニー プラトカニス (著), エリオット アロンソン(著)

日常生活の中で、
「人がいかに広告宣伝に影響され、だまされているのか」
が豊富な事例とともに解説されています。

  • マスコミ
  • 政治宣伝
  • 宗教団体の勧誘
  • マルチ商法の勧誘

などから身を守りたければ
この本を一読されることをおススメします。

●人を動かす
デール カーネギー(著)

この本は次の4つのパートで構成されています。

  • 人を動かす三原則
  • 人に好かれる六原則
  • 人を説得する十二原則
  • 人を変える九原則

上記の2冊はどちらかというと
人を説得するテクニックと
だまされないための

防衛策的な要素が大きいのに対し、
この「人を動かす」は、

どちらかというと
普遍的な人間の本質を
解説してくれている良書です。

コミュニケーション全般に
役立てる内容です。

3-3.人を動かすコピーの基本的な原理原則を学ぶ

売れるコピーを書くには、
コピーライティングの知識は必須です。

コピーライティングの知識がなければ、
いくら売れているコピーを写経したとしても、

  • 「キャッチコピーで何を訴求しているのか?」
  • 「本文のコピーがなぜそのような流れになっているのか?」
  • 「なぜお客様の声があるのか?」
  • 「なぜリスクのある返金保障なんかするのか?」

などの理由が全く分からないわけですから、
せっかく時間と労力を使って
無駄ということになってしまいます。

そこでコピーライティングの知識を
身に着けることをおススメするわけです。

では、コピーライティングの知識を
身につけるにはどうすればいいのか?

と言いますと、
一番良いのは実績がある
プロのコピーライターから
直接指導してもらうのが一番良い方法です。

なぜなら、あなたの書いたコピーを
きっちり添削してくれて

どこがどのようにダメなのか?
どう書けばいいのかを
直に教えてくれるからです。

プロから直接指導してもらう場合、
二つ方法があります。

一つは、高額なコンサルフィーを払って
プロのコピーライターから指導してもらう方法

もう一つは、広告代理店に入社して
優れたコピーライターの上司の下につき、
日々の仕事の中でコピーを実践する方法。

しかし、
プロのコピーライターになるならともかく、
コピーライティングのスキルを上達させて

ご自身のビジネスに活かしたいと
思っている方にとっては
現実的ではありません。

お勧めは、コピーの名著を購入し、
独学・実践すること。

コピーライティングの本には、
マーケティングの事や、販売のための
心理学などにも触れているものが多く、

読むだけでコピーの書き方以外にも、
マーケティングや販売心理を
学ぶことができます。

また、文章の型、コピーを書くときの
思考方法なども書かれています。

そこで、これらコピーを書くために必要な
基礎知識を身に付けるためのおススメの書籍を
いくつかご紹介します。

3-3-1.コピーライティングを学ぶためのおススメ書籍

●全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
ジョセフ・シュガーマン (著), 金森 重樹 (翻訳)

売るための文章術とマーケティングについてわかりやすく書かれています。

●ザ・コピーライティング—心の琴線にふれる言葉の法則
ジョン・ケープルズ (著), 神田 昌典 (監修, 監修)

売るためのキャッチコピーの作り方を体系的に学べます。
他にも広告をテストし、効果を計測することの重要性についても書かれています。

●究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル
ダン・ケネディ (著), 神田 昌典 (監修)

セールスレターの書き方が分かりやすく学べる本。
事例も豊富で書くときの手順やお客を徹底的に理解し
分析するための方法なども網羅しています。

4.こんなやり方はダメ!意味のない写経と効果のある写経の違いとは?

これまで説明した前提条件をクリアしたら、
いよいよ写経を行っていきます。

その前に、意味のない写経と
意味のある写経について説明させてください。

なぜ、こんなことを言うのかというと、
写経ってやってみると分かりますが
写経って結構つらい、しんどい!めんどくさい!のです。

そこを耐えて時間と労力を使って
コピー上達のためを思い写経をするのですから、

効率の良くないやり方をしたのでは、
非常に時間労力がもったいないのです。

では、どんなやり方が意味のない効果の薄いやり方なのかというと

  • 売れていないコピーを写経する
  • ただ書き写すだけ。何も考えていない

ようはただ漫然と書き写しても、
効果はきわめて薄いということ。

全く意味がないとは言いませんし、
細部の言い回しなどは参考になるかもしれませんが、

なぜここでこのような書き方なのか?

など自分の頭で考えなければ、
ただ手を動かしているだけの
単純作業になってしまいます。

同じ時間と労力を使うのなら、
確実に自分のスキルに
つなげたいですよね。

ならば、
コピーに必要な前提となる知識をまず身に付け、
売れるコピーをチョイスし、
自分で分析をしながらコピーを写経するようにしてください。

5.どんな文章を写経すればいいのか?

「コピーライティングの技術を磨くには写経をすれば良い」

とはいっても、

では、誰の書いたコピーを、
どのように写経すれば良いのでしょうか?

考えられるのは次の4つです。

  • 売れている人の書いたセールスレター、セールスを目的としたコピー
  • 売れている人の書いたセールス以外のコピー
  • 過去に購入した商品サービスに関連する広告・セールスレターのコピー
  • あなた自身が気に入っているコピー、心揺さぶられるコピー

順番に説明しましょう

5-1.売れているセールスレターについて

ちなみに、
「売れているセールスレターを写経しなさい」
と言っている方がいますが、
これには注意が必要です。

なぜなら、売れているセールスレターには

コピーライティング以外で
売れている要素が
大きいものもしばしばあるからです。

インフォトップ
売れているセールスレターも
純粋にコピーの力だけで
売れているとは限りません。

売れている要因が、
販売者のブランド力なのかもしれませんし、

動画や派手な演出
などで売れているのかもしれません。

もし、写経を行うことによって
ライティングスキルを向上させたいのならば、

コピーライティングの力で
売れているものを写経の対象にしましょう。

ちなみに、
売れているコピーを写経する場合、
なにもセールスレターばかりに目を向けなくても、

  • 雑誌広告
  • 新聞広告
  • 折込チラシ

などの紙媒体の広告も
非常にコピーの練習になります。

雑誌広告や新聞広告で
いつもよく見る広告があれば、

それは確実に反応が取れている、
売れている広告である確率が非常に高いです。

注意:折込チラシ新聞広告雑誌広告を写経に選ぶ際は、大手企業のイメージ広告ではなく、レスポンス型の広告を選ぶようにしてください。

レスポンス型の広告とは、
読者にダイレクトに
何らかの反応を得るための広告のこと。

分かりやすいのが
通販商品の広告です。

通販商品の広告には、
必ず【レスポンスデバイス】
といわれるパーツがあります。

要は申し込みのための
フリーダイヤルや返信はがきの欄が
あるかどうか?

セールスレターでいうところの
コールトゥアクションに
相当する部分になります。

5-2.売れているセールスレター以外のコピーについて

コピーライティングと一言でいっても、
直接セールスにつなげるためのコピー以外に

  • ノウハウなど役に立つ情報コンテンツとしてのコピー
  • 人の共感を得るためのコピー

など、目的によってコピーの書き方は違ってきます。

セールスレターのように、
直接セールスにつなげるコピーだけでなく、

商品サービスを売ろうとすれば、
日頃から見込み客との人間関係構築のために、

役に立つ情報コンテンツや
共感を得るような情報発信が必要です。

それらの情報発信でのコピーは
セールスのコピーとは
書く内容が異なってきます。

役に立つ情報コンテンツは
読者のバズ(口コミ)を生み出し、
SNSなどで拡散されますし、

SEO効果でたくさんの見込み客を
集めることにつながります。

また、人の共感を得るコピーも
ネット上では拡散されやすくなります。

したがって、あなたがどの目的の
コピーのスキルを向上させたいのかを明確にし、
その目的に沿うコピーを選んで写経してください。

5-3.過去に購入した商品サービスに関連する広告・セールスレターのコピーについて

あなたが過去に商品サービスを購入した際、
セールスレターのどの部分が
決め手となって購入されましたか?
どんなコピーが心に響きましたか?

購入したときのことを振り返り、
自分自身が反応してしまった部分を
特に意識して写経してみてください。

5-4.あなた自身が気に入っているコピー、心揺さぶられるコピーについて

これは、とくに売れているかどうか?
というよりも、自分自身が読んでいて
心を揺さぶられるなぁと感じる人のコピーを

具体的にどの部分に心揺さぶられるのか?

を分析しながら写経してみましょう。

6.スワイプファイルを活用する

上記でお伝えしました

  • 売れている人の書いたセールスレター、セールスを目的としたコピー
  • 売れている人の書いたセールス以外のコピー
  • 過去に購入した商品サービスに関連する広告・セールスレターのコピー
  • あなた自身が気に入っているコピー、心揺さぶられるコピー

これらを日頃からチョイスし、印刷するなり、
PCにデータを保存するなりして、
まとめておくことをおススメします。

これは【スワイプファイル】といって、
写経の時だけでなく、実際にコピーを
書くときの参考にするものです。

【スワイプ】とは借り物という意味。

つまり、売れている広告や
コピーから「パクる」ということ。

多くのコピーライターは、コピーを書くときに、
全くのゼロから書き始めるのではなく、

自分なりのスワイプファイルを作って、
それを参考にしながら
コピーを書くことが多いそうです。

当然ですが、そのままパクるのは
著作権などの問題がありますので、

あくまで書き方の言い回しや表現方法、
全体的なコピーの構成などを
参考にしてください。

7.写経のやり方

まずは、先ほどお伝えしました前提知識を身に付け、
コピーライティングの原理原則となるような本を参考に
文章の流れ構成原理原則を踏まえ、

その応用編として自分が心動かされた文章や
純粋にコピーの力だけで売れている広告や
コピーをスワイプファイルにまとめ写経します。

学んだ原理原則が
どこでどのように使われているのかを把握し、

書き手の意図やどのような心理トリガーが
使われているのかを把握しながら写経しましょう。

補足:心理トリガーについて
トリガーとは引き金の意味で、
人の感情を揺さぶり行動に駆り立てるための仕掛けのこと。

7-1.セールスレターを写経するときのコツ

セールスレターのブロックごとに
「どういった意図があって、この文章を書いているのか?」
を分析しながら写経してください。

ちなみにセールスレターを
大まかにブロックに分けると
おおよそこのような形になります。

  • ヘッドライン 
  • サブヘッド
  • 本文
  • ブレット
  • お客様の声
  • 証明、保証
  • レスポンスデバイス
  • 追伸

これらをブロックごとに
レターを写経してみてはいかがでしょうか?

ブロックごとに分解することで、
やたら長いセールスレターの内容が
分かりやすくなり、
写経もしやすくなると思います。

7-2.手書きで写経する場合のコツ

写経は手書きでも、PCにキーボードで
打ち込むのでもどちらでも構いません。

もし手書きする際は、
なるべく書きやすいペンと
大きめのノートを選んでください。

写経するとき、すらすらペンが走ると
自分自身もだんだんと気分が乗ってきます。

7-3.音読する

音読の効果 脳活性化
書いているだけでは理解しにくい内容も
まず読んでみると、理解しやすくなります。

また、音読することで
脳が活性化します。

音読をすると、

  • 言語能力
  • 自制心
  • やる気
  • 理性を司る前頭葉

が刺激されますので、
写経しながら音読をすることで
一石二鳥の効果を得ることができます。

7-4.気づきをメモ

書き手の意図を理解しながら、読みながら書き、
気づいたことや発見したことを
メモすることもおススメです。

8.「写経はめんどくさい!」どうしたら継続できるか?

いかに効果的なものでもやらなければ
継続できなければ身につかないし、
意味がありません。

確かにめんどくさいし、
しんどいかもしれません。

それをどうやって乗り越えて
継続できるかが重要なポイントです。

では、どうすれば継続できるのかというと
3つ考えられます。

まず一つ目は、
書いていて自分自身の感情が揺さぶられる、
引き込まれるようなコピーを選ぶこと

でないと、
写経がただの苦痛でしかありません。

つまらない、何らかの気づきも発見も
得られないようなコピーなら、

興味もわかないし、続かないし、
結局身にもつかないからです。

二つ目は、
毎日決まった時間に30分とか
1時間とか決めて、習慣化させること。

これは、何を行うにしてもそうですが、
やりはじめるまでが非常に邪魔臭く、
めんどくさく感じるのです。

毎日やろうと決意したのであれば、
あらかじめその時間を確保して、

その時間が来たら写経を行うということを
実践してみてください。

三つ目、
毎日やるための表を作って記録していく。
得られた気付きもメモする。

「まずは7日間続けよう」

「それができたら2週間続けよう」

「さらに1か月続けよう」

など小さい目標を達成する毎に、
自分褒美を上げるなどすれば
達成感も得られ、モチベーションも上がり、
写経することを習慣化することができます。

9.写経の限界と写経よりも大事なこと

物事の習得にはインプットとアウトプットが
必要だということを聞かれたことがあると思います。

ちなみに、写経はインプットでしょうか?
それともアプトプットでしょうか?

正解は

「インプット」です。

手を動かしてるから
アウトプットのように思われるかもしれませんが、
自分自身でコピーを生み出しているわけではなく、

「優れた人の文章や思考方法を手を動かしてインプットしている」

に過ぎないのです。

何が言いたいのかというと、
写経はコピーライティングの
向上のために行う鍛錬方法ですが、

「写経によるライティング能力の向上は、
実際に自分が考えてコピーを生み出すことには及ばない」

ということ。

要は写経だけで満足するのではなく、
自分でコピーを書くという実践を経ないと、
本当の意味でコピーは上達しないということです。

とはいえ、

「コピーを学び始めたのに、
いきなり書けといわれても難しい、ハードルが高い…」

と思われる方もいるかもしれません。

まずは、優れたコピーを写経することで、
基礎力を身に付け、自分でコピーを書く
という実践を行いましょう。

写経と自分でコピーを書く実践は
例えるなら、車の両輪のようなものと
お考え頂ければと思います。

コピーライティングの習得のためには
どちらも有効だと思います。

野球で例えるなら

  • 野球のルール・理論→コピーに必要な前提条件の知識を得る
  • バットの素振り→写経
  • 実践・試合→自分でコピーを書く

写経の効果と実践の大切さは
ご理解いただけましたでしょうか?

10:まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は
コピーライティングの写経について
お伝えしました。

コピーの上達のために、
せっかく写経をやるのでしたら
今回お伝えした内容を再度確認いただき、

まずは前提条件として

  • マーケティング
  • 人間心理
  • コピーの原理原則

の知識を得ること。

そして、売れている広告・文章を
収集したスワイプファイルを作り

それをもとに、書き手の意図を考えながら
写経という鍛錬を行い、基礎力を養いながら
あなた自身がコピーを生み出してください。

 


あわせて読みたい


刺さる!外さない!キャッチコピー「10の要素」をプロが徹底解説

在宅でお金を1円もかけずにセールスコピーライターになる6つの手順

12個の学習タイプを応用したコピーライティングテンプレート

4つの学習スタイルに沿って書くだけ!大衆を引き込む文章の書き方

【基本!】5つの購買心理を押さえたセールスレターの書き方

コピーライティングとは?原理原則と基礎をマスターする3つの方法

フロントエンドマーケティングを導入するメリットと4つの事例とは

0から学ぶダイレクトレスポンスマーケティングを始めるための基礎知識

ネット不労所得の作り方18のポイントをプロが徹底解説!

WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

かなり参考になる企業のキャッチコピーの7選と5つの作り方

WordPressに導入必須のおすすめプラグイン12+17選

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!