【必見!】継続課金ビジネスモデル・事例・成功させる3つのポイント

継続課金 ビジネスモデル

継続課金ビジネスモデルと聞いて
どのようなビジネスを
想像されるでしょうか?

今回の記事では継続課金ビジネスの
メリットとデメリットをお伝えし、

初心者でも継続課金ビジネスを
成功させるには、

一体どのようなことに
注意すればいいのか。

ということについても
お伝えしたいと思います。

継続課金ビジネスを
取り入れることで、

あなたのビジネスを
より加速させることが出来ます。

今回の記事を参考にして頂き
是非、継続課金ビジネスを
取り入れて頂ければと思います。

目次

1:継続課金ビジネスモデルとは?
2:継続ビジネスのメリット・デメリット
3:継続課金ビジネスモデルを成功させるには?
4:継続課金ビジネス例
5:まとめ

1:継続課金ビジネスモデルとは?

継続課金ビジネスモデルとは、

お客様に商品やサービスを利用し続けてもらい、
その代金や使用料を定期的に課金し続ける

というビジネスモデルです。

例えば、

身近なところで言えば
携帯電話は継続課金モデルと言えます。

電話やインターネットを使える代わりに
毎月のように携帯代を支払っている
という方が大半だと思います。

それ以外にも健康食品やウォーターサーバーの水など、
商品を定期的に届けてもらうサービスも
継続課金ビジネスに分類されます。

2:継続ビジネスのメリット・デメリット

継続ビジネスのメリットとしては
以下の点が上げられます。

【メリット】

2-1:メリット1:安定した売り上げを確保できる

起業した当初は特にそうだと思いますが
売り上げが不安定になりがちです。

どのようなビジネスを行うかにもよりますが

「高額を売り上げる月があったかと思えば、
翌月には半分しか売り上げが立たない」

などといったこともありえます。

売り上げが不安定だと
仕入れをどのくらい行えばいいのかなど
事業計画も立てにくいです。

結果として
保守的な姿勢になりすぎてしまい
さらなる売り上げのチャンスを
逃すことにもなりかねません。

継続課金ビジネスを導入することで、
毎月の売上を一定に
確保することができます。

毎月の売り上げもある程度、予想出来るので
効率の良くビジネスを行う事が出来ます。

2-2:メリット2:リピーターを作ることができる

ビジネスを行う中で
新規顧客の獲得は
とても重要な要素です。

新規顧客が増えなければ
売上が無くなるので、

多くの会社はネットやチラシに
広告費を支払い、

お客様の目につくよう工夫し
新規顧客を獲得しています。

ただ、継続課金ビジネスの場合
新規顧客の獲得に注力しなくても
売上を安定させることが可能です。

なぜなら、リピーター率が高くなるので
新しいお客さんを探さなくても、

毎月のように同じお客さんが
料金を支払ってくれます。

そのため広告費も節約することができ
利益率を上げることも可能となります。

2-3:メリット3:精神的な安定を得られる

起業後は自身でビジネスを
運営していく必要があります。

売上も波がある場合も多いと思います。

そういった状況が続くと
精神的に余裕が無くなることも
あるかと思います。

継続課金ビジネスであれば
ある程度、同じ金額が毎月得られます。

そのため経済的な安定だけでなく
精神的な安定も得ることが出来ます。

【デメリット】

いい事だらけの継続課金ビジネスですが
何事もメリットがあればデメリットが存在します。

継続課金ビジネスのデメリットは
以下の2つです。

2-4:デメリット1:コツコツ収入を増やさなければいけない

初めの内というのは
リピーターがあまり集まらず、

管理費や維持費の支払いが重なり
なかなか利益を出すことが
難しい場合が多いです。

そういった状況でも
コツコツとリピーターを増やしていくことで
徐々に利益が増えていき
安定した収入となります。

2-5:デメリット2:会員が突然退会する可能性が高い

会員の方が
突然退会することもよくあります。

例えば、

30人の会員の方がいる状態から
10人の方が退会すれば
それだけ収入は減少します。

継続課金ビジネスでは
お客様に対して、

常に満足のいくサービスを行わないと
会員は退会していくこととなります。

理想としては、
良質な継続課金ビジネスを複数持つことで
収入の柱を増やすことです。

こうすることで
1つの収入源の会員数が減少しても

他の収入源があるため
収入は安定していきます。

3:継続課金ビジネスモデルを成功させるには?

継続課金ビジネスを成功させるために
いくつか知っておいてほしいことがあります。

3-1:継続率が大切

継続率とは、

会員が翌月以降も引き続き
契約中である割合

を指します。

継続率が高いほど、
会員数の減少はゆるやかになります。

例えば、

継続率90%であれば毎月10%の会員が
減っていき、継続率が80%であれば
毎月20%の会員が減っていきます。

継続課金ビジネスをスタートした時点で
100名の会員がいた場合ですと、

継続率90%の場合は3ヶ月後には70名に、
継続率80%の場合は40名になる計算です。

継続率を高く維持することで
会員の減少も緩やかとなります。

3-2:新規顧客にも注目する

しかし、継続率が高いだけでは
継続課金ビジネスを成功させることは
残念ながらできません。

なぜなら、

継続率は100%には
ならないからです。

もし継続率が常に100%であれば、
継続課金ビジネスは一生安泰です。

サラリーマンのように変わらない売上が
毎月確実に確保することが出来ます。

ただ、継続率100%というのは
解約する人が一人もいない
ということを意味しています。

正直そのような状況を
継続させることは現実的ではありません。

継続率100%が難しい以上、
リピーターだけに頼っていては、

遅かれ早かれ
会員数は徐々に減っていきます。

「それではどうすればいいのですか?」

と言いますと、

新規顧客の獲得が必要となります。

例えば、

継続率90%の継続課金ビジネスであれば
毎月10%の会員が
退会していることになります。

そこに毎月10%分の
新規顧客の獲得に成功することができれば、

そのビジネスモデルは
安定した収益を確保することが出来ます。

なので継続課金ビジネスモデルでは、
継続率を意識しつつ新規顧客の獲得にも
注目することが大切となります。

3-3:離脱率を下げるには?

継続課金ビジネスを行う上で
離脱率(お客様がサービスの利用を停止する割合)を
低くすることはとても大切です。

離脱率を低くするためには、
以下のポイントを抑えておきましょう。

  • 長期的に利用してもらえるような仕組みやコンテンツ作りをする
  • 継続的に支払いやすい金額設定をする
  • 解約をされない「質の高いサービス」を提供し続ける

また課金方法は、銀行引き落としよりも
クレジットカード決済のほうが、

書面でのやりとりをしなくて済むことと、
課金開始までの期間が短いことから
離脱率が低く傾向にあります。

4:継続課金ビジネス例

継続課金ビジネスには、
以下のように様々な種類があります。

4-1:プラットフォーム型

携帯電話の料金やネットの通信料、
ガスや電気代などといった
日常的に利用するサービスを
受けるために課金する継続課金ビジネスです。

4-2:定期お届け型

健康食品やウォーターサーバーの水など、
商品を定期的に届けてもらうために
継続課金するもの。

もし、あなたが食品などを扱っている場合は
定期便のサービスを導入することを
検討してみてもいいかもしれません。

4-3:保険型

生命保険や警備会社など、
利用者や建物に何かがあった時に
サービスを受けるための継続課金ビジネス。

4-4:特典付き会費型

飲食店などでよく取り入れられている
会費を定期的に払う代わりに
何かしらの特典を付ける
継続課金ビジネスです。

例えば、

月額●●円の会員登録をすることで
毎回の飲食代を5%オフにするといった
サービスなどが多いです。

4-5:コミュニティ型

アイドルグループのファンクラブや
ミュージシャンの
ファンクラブなどに参加することで、

参加者にとって有意義な時間を
過ごしもらうことによって
継続的に課金をする
継続課金ビジネス。

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?

継続課金ビジネスを
取り入れることで、

安定した収益と
資金の管理のしやすさ
精神的な安らぎを
手に入れることが出来ます。

確かに継続的に
リピートさせるためには、

常にお客様が満足のいく情報を
お届けする必要があります。

ただ、

それは継続課金ビジネスだけでなく
どのビジネスにも
言えることだと思います。

本当に満足のいく物を提供することで
お客様が感動しリピートして頂き
売上が上がっていく。

継続課金ビジネスに取り組むことで
そうしたビジネスの本質を
学ぶことも出来ます。

継続課金ビジネスは
とても魅力的なビジネスモデルですので
是非一度取り組んで頂ければと思います。

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。