成功者だけが知っている絶対に失敗しない5ステップビジネス勉強法

どんなに学校の成績が優秀で、
どんなに勉強していても、

ビジネスで成果が得られなければ
会社では評価されません。

ビジネスにおいては結果が全てです。

私たちは学校で様々な学問は教わってきましたが、
「ビジネス勉強法」は習ってきていませんから、

どのようにビジネスの勉強を
したらいいのかわかりません。

ですから、最初は手当たり次第、
ガムシャラに勉強するのですが、
いつまでたっても成果が上がらないため、
そのうち勉強自体を諦めてしまい

「できないビジネスマン」

というレッテルに
甘んじてしまう人がたくさんいます。

あなたがそうならないように、

今すぐに、
ビジネスの成功者だけが実践している
「ビジネス勉強法」を5つのステップで
簡単に身につけましょう。

 

1. ビジネスで成功するための勉強法

あなたはビジネスのための勉強をしていて
こんなことで悩んではいませんか?

  • 本当は何を勉強したらいいかわからない
  • 勉強を始めても途中で挫折してしまう
  • 仕事が忙しくて、ほとんど勉強する時間がない
  • 勉強のモチベーションが上がらない
  • 暗記できない、覚えられない
  • 覚えてもすぐ忘れてしまう

そして、なかなかビジネスで成功できず
悔しい思いをしているかもしれません。

ですが、
それはあなたが悪いわけではありません。
ただ、正しい「ビジネス勉強法」を知らないだけです。

これから、誰でも簡単にできて
ビジネスで成功する

「ビジネス勉強法」
ご紹介します。

1-1.こんな勉強法をしていませんか?

あなたは新しい仕事を任せられたり
職場が変わったりするたびに
「勉強しなければ」と思って

その仕事に関する本を買ったり、
ネットで教材を買って勉強するでしょう。

でも、それらのほとんどは
あなたのビジネスにすぐに使えるようなことは
何も教えてはくれません。

そのため、あなたは別の本や教材を探すか
気合が入っている人は、買った本や教材を
隅から隅まで勉強しようと努力します。

そうこうしているうちに
目に見えて成果が出てこないので
いつの間にかモチベーションも下がり
「これは俺には合わない」といって諦めてしまいます。

1-2.あなたの勉強法で成果が上がらない理由

「ビジネスの勉強」と一言で言っても
それは無限にあります。

また、自分のビジネス分野に絞っても、
勉強することはたくさんありますし
色々なことが関連しています。

例えば、商品の販売に携わっていると、
商品の知識のほかに

マーケティングやセールスから
会計、会話術、身だしなみなど
知っておくべきことは山のようにありあます。

ですから、最初は自分のビジネスに
使える知識が欲しいと勉強を始めても

「これもやらなきゃ。あれもやらなきゃ」

いつの間にか、
あまり関係のないことまで
広がっていってしまいます。

また、ビジネス書や教材は、
筆者の商品や状況の経験

あるいは机上の空論が書かれているので、
そのままあなたのビジネスに
適用することはできません。

ですから、次から次へと勉強をしても
一向に欲しい回答を探し当てられないのです。

これらが、あなたの勉強法で
成果が上がらない理由です。

1-3.成功するビジネスマンの勉強とは?

ビジネスの勉強は、お客さんや上司・同僚と
知識を競うためのものではありません。

ビジネスで利益を上げることが目的です。

ですから、余計なことを学んで、
貴重な時間を浪費する必要はありません。

そして、どんなに知識や経験があっても
ビジネスで成功するとは限りません。

確かに、色々な知識や経験を持っていれば
成功する確率は高くなりますが、
100%はありえません。

ですから、ビジネスでは
実際にテストをしてみて

その結果をもとに
改善していくことも含めて勉強なのです。

1-4.ビジネス勉強法の3つの要件

ビジネスの勉強をする上で、
頭に入れておかないといけないことが3つあります。

1)効率的

ビジネスはスピードが命です。
何年も勉強しないと
成果が出ないなどというのは許されません。

しかも、一日中
勉強ばかりしていられる環境にはありません。

わずかな時間で最大の成果を
上げられなければなりません。

2)応用が利く

ビジネスの環境や条件は、

業種、場所、時間

などによって変わってきますので
一つとして同じではありません。

ですから、
ある特殊な条件でしか機能しないような
勉強法では意味がありません。

単純に、本に書いてあることを暗記する
という方法ではダメということです。

あらかじめ、環境や条件が変わる
ということを念頭においた勉強法が必要です。

3)具体的

どんなに素晴らしく見える勉強法でも、

いざやろうと思ったら
できないのでは意味がありません。

できる限り具体的な勉強法を採用するべきです。

2. 実践的な5ステップビジネス勉強法

ビジネス勉強法の3つの要件を念頭に
ビジネスで成功するために勉強法をご紹介します。

これは次の5つのステップからなります。

ステップ1:目標を明確にする
ステップ2:メインの教材の要点をノートにまとめる
ステップ3:反復する
ステップ4:ビジネスでアウトプットする
ステップ5:ビジネスに適用する

2-1.目標を明確にする

最初は、何を勉強するのかを
明確にするということです。

ビジネスで必要になる知識は膨大にあります。

しかも、その各々が大学で4年間学んでも
身につかないくらい、広く深いものです。

それを時間のないビジネスマンが
これを全て勉強することは不可能です。

ですから、今現在のビジネス上の課題に対して
「今、学ぶ必要のあるもの」に絞る必要があります。

<絞り方>

最初は適当にあたりをつけて
「これかな?」と思う分野の本を数冊読みます。

ここで読むといっても、
じっくりと一文一文読むのではなく
目次と本文をパラパラと読んで
全体像をつかむ読み方です。

自分が知らないことを明らかにして
学ぶ目標を決めます。

例えば、「マーケティングを学ぼう」は広すぎです。

仕事で、折り込みチラシでの集客を任されているなら
「DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)を学ぶ」とか
もっと細分化して「チラシの作り方を学ぶ」というようにします。

そして、数ある本や教材の中から
そのターゲットを
主題にしたモノを教材として選びます。

この時、教材は
多ければ多いほど安心かもしれませんが

ビジネスマンは、それを
全て読んで勉強する時間はありません。

ですから、メインとなる教材を一つか二つに絞り
その他は参考にする程度にするのがコツです。

2-2.メインの教材の要点をノートにまとめる

メインに選んだ教材で勉強を開始します。

ここで注意したいのが、
教材の中身を全て理解するのではなく

あなたのビジネス上の課題を解決するための
アイデアや手法を“探す”ことを心がけることです。

学生の試験ではないのですから、
教材はいつでも見ることができます。

教材の中身を暗記する必要はありません。

ですから、
当面の課題解決に関係ないと思ったら
バンバン飛ばしていって構いません。

大切なことは、気になったこと、新しい知見、
仕事に使えそうなアイデアやヒントを
ノートに書き出すことです。

パソコンのソフトに書き出してもいいですが
できれば手書きで書き出した方がいいです。

なぜなら、この段階は
あなたの課題を解決する方法を
探している段階ですので

全体を俯瞰して
見られるようにするのが大切だからです。

できる限り大きいノートの
見開き両面にメモするのが良いでしょう。

マインドマップに書き出してもいいですが
この段階では整理しなくても大丈夫です。

折り込みチラシを例にするなら
折り込みチラシの構成を絵に描いたり

折り込みチラシ作成に必要な要素
(割引などの提案、商品の写真、
お客様の声、連絡先、地図)

リスト形式で書き出す、

といった作業をするということです。

このようなアウトプットを行うことで、
後々、情報の整理が容易になりますし、
このノートを見れば、勉強した気になりますので
モチベーションを維持できます。

2-3.反復する

とりあえず要点は書き出したものの
まだよくわからないというのであれば
空き時間を活用してノートや
マインドマップを見直します。

最初は、それでもよくわからないかもしれませんが
ある時、別の情報が入ってきた瞬間に
それらが繋がって理解できるようになります。

ジグソーパズルのピースを眺めていて
あるピースを手に取った瞬間に

今まで悩んでいたピースのつながりが
わかるような感覚です。

理解しようとするのではなく
あなたの頭に「自動的に」
整理させるイメージです。

ノートやマインドマップを
持ち歩けないというのであれば

ノートの読み上げを音声にして聞いたり、
あるいは教材に音声が付いていれば
それを聞き流すのでも同じような効果があります。

2-4.ビジネスでアウトプットする

これまでに得た知識や教材、ノートを見て
社内のプレゼン資料などを作ってプレゼンします。

そのような機会がなければ、
あなたのアイデアをまとめて、
上司や同僚からレビューをもらうようにします。

例えば、折り込みチラシでしたら
パソコンで折り込みチラシの案を作って
上司や同僚に見てもらいます。

このように実際にアウトプットすることで
途中でわからないことが出てきたり

上司や同僚のレビューで
発見する気づきなどがあります。

それらを再度、本や教材で調べて
それをノートやマインドマップに追加します。

このプロセスを何度も行うことで
勉強している感覚なしに、
勉強が進むようになります。

これまでのステップは
このアウトプットをするための準備に過ぎません。

ですから、ここまでのステップは
途中でわからないことがあっても
そのままにして進んでください。

このアウトプットのステップで
何度もやり直しがききますので
安心して進めてください。

2-5.ビジネスに適用する

ここまでで、実際のビジネスに
使うための勉強は終わりです。

これからは、
例えば折り込みチラシであれば、
印刷して、配布するなど

実際にお金がかかるわけですから、
真剣勝負になります。

ですが、冒頭にもご紹介したように

  • どんなに勉強をして
  • どんなに準備しても

ビジネスに絶対はありません。

ですから、このステップで
得られる貴重な情報や経験を
反映しない手はありません。

お客さんからの生の声に耳を傾け
それに応えるためには
どう改善すれば良いかを考えます。

そのために、わからないことがあれば
またその部分を勉強します。

このような、
繰り返しのステップを踏むことで
あなたはビジネスで成功するようになります。

3.最後に

ビジネスの勉強法に「必殺技」は存在しません。
ですが「ビジネスで成功する勉強法」は存在します。

それは、

  1. 当面学ぶべき目標を決め
  2. 情報を収集し、ビジネスで応用できるように整理をして
  3. それを繰り返すことで理解を深め
  4. 実際に試してみて、
  5. その結果で改善していく

というステップを繰り返すことです。

これをやりさえすれば
才能に関係なく、仕事でも
大きな成果が得られるようになります。

そして、ある分野でそれができるようになれば、
次にその他の分野にも広げていきます。

最初から大きな分野の
勉強をしようと思うから挫折するのです。

できる限り、
今すぐにビジネスで使う必要のある

狭い分野に的を絞って勉強をし
なるべく早くアウトプットをすることを
心がけてください。

これが、ビジネスで
成功している人の勉強法です。

合わせて読みたい

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!