失敗率を大幅に下げるビジネスパートナー選びの大原則とは?

business partner

成功するためにビジネスパートナーが欲しい!

と思ったことはありすか?

確かに良いビジネスパートナーが
見つかれば、お互いの成功スピードは
早くなりますが、

ビジネスパートナーや
ジョイントベンチャーする相手を
間違えると、高確率で『痛い目』を
見てしまいます。

今回は、

  • 成功するためにはビジネスパートナーが必要か?
  • 失敗しないビジネスパートナー選びのコツ

に焦点をあてて詳しくお話していきます。

これでビジネスパートナー選びで
失敗する確率が一気に減り、
必要なビジネスパートナーが
自然に引き寄せられるようになります。

目次

1:ビジネスパートナーは必要か?
2:ビジネスパートナー選びのコツ
3:成功するにはパートナーが必要か?
4:ビジネスパートナーは自然に引き寄せられる
5:ビジネスパートナーと組む時
6:ビジネスパートナーを選ぶ時、原則以上に重要なもの
7:まとめ

1:ビジネスパートナーは必要か?

ホンダ、パナソニックなどの有名企業の
社長さんたちには必ず腹心とも言える
パートナーが存在しています。

「成功者を見ると全員パートナーや
右腕がいるのですが、やはり成功には
パートナーは必要なのでしょうか?」

と、質問を受けます。

確かにパートナーがいると成功は
加速する事は間違いありません。

利益も半分になりますが
経費も半分になります。

ストレスも半減します。

精神的、肉体的、金銭的にも
パートナーがいた方が遥かに
楽になります。

2:ビジネスパートナー選びのコツ

まずパートナーを選ぶ時のコツですが

『自分と異なる適正を持った人』

を選ぶと、成功が一気に加速します。

例えば、私にもずっと付き合いの長い
信頼出来るビジネスパートナーがいますが、
彼は人脈構築やマーケティングが得意です。

私はこの分野が『超』不得意で
未だに出来ませんしこれから先も
覚える気もありません。

代わりの私はコピーライティングや
コンテンツを作る能力がありますので
伊勢さんとはいつもバランスよく
良い関係でいられます。

お互いの得意分野を提供し合い
お互いの不得意分野をカバーし合って
います。

パートナー選びをする時、人はどうしても
『自分と似た人』を選んでしまいます。

理由は簡単で「気が合うから」です。

しかし自分と似ている人を選ぶと
大抵うまくいきません。

なぜならスキルが似ているので
同じ事しかできませんし、

怒るポイントなども一緒なので
お互い感情的になってカバーし合う事が
できません。

『自分と異なる適正を持った人』

これはパートナー選びの大原則です。

その上で言います。

3:成功するにはパートナーが必要か?

「成功するにはパートナーが必要か?」

ですが、答えは「NO」です。

正確に表現するなら、

『まずは一匹狼で成功して
あるステージまで来たら
パートナーを見つける』

のが正解だと感じています。

最初からパートナーを捜している人で
うまくいったのを見た事がありません。

最初は少しうまくいっても、結局は
他人依存しているので、パートナーに
何らかの問題が起こったと同時に
堕落していきます。

関連記事
継続して成功するには?0から成功した人が教える成功哲学

一匹狼で成功する前からパートナーを
探そうとするのは、やる前から

「私には自信もスキルもありません」

と宣言しているのと同じ事です。

パートナーシップとは自立した一匹狼同士が
更に大きな目標を達成するために組む事です。

お互いの傷口を舐め合うために
不安をカバーしてもらうために
組むのではありません。

4:ビジネスパートナーは自然に引き寄せられる

『まずは一匹狼で成功する』

これがクリアできた時、

そして更に大きな目標が出来た時、

必要なスキルを持ったパートナーが
自然に引き寄せられます。

パートナーを組みたい気持ちは解ります。

私も成功する前の不安だった頃は
コンビで成功した人達を見て

「やっぱり成功するにはパートナーが必要だ」

と、いつも思っていました。

しかし人付き合いが上手ではなかったので
パートナーが見つかりませんでした。

今となっては人付き合いの下手さが
ラッキーだったと心から思います。

よくよく考えるとパートナー無しで
成功した人の方が多い事に今になって
見えるようになります。

パートナーが欲しい

と思っている時は、コンビで成功した
成功者しか目に入りません。

しかし冷静に周囲を見渡して見ると
そうではない事に気がつきます。

人は自分が欲しいものだけしか
目に入らないように出来ています。

もしあなたが成功する前から
「パートナーが欲しい」
思っているのであれば、少しだけ
冷静になって周囲を見渡してみて下さい。

どの成功者も最初は1人です。

一匹狼です。

ある程度のスキルや成功を手にしてから
腹心やパートナーを見つけていっています。

パートナーは目標が大きくなるとともに
自然に引き寄せられます。

『まずは一匹狼で成功する』

ぜひ、このマインドセットを
大切にしてみて下さい。

5:ビジネスパートナーと組む時

Q:「私は少し成功して今はパートナーが
必要な時期だと考えています。

その際、パートナーとはどんな契約を
結べば良いでしょうか?

契約書はどんなものを使用していますか?」

 

という質問をもらいました。

回答します。

私がパートナーを選ぶ時の
最大の基準は1つです。

握手『だけ』で契約できるかどうか?

これだけです。

今のパートナーを含めて、
これまでたくさんの方と
パートナーシップを組んできました。

億を超えるビジネスもたくさんありますし
中には年商数十億のビジネスもあります。

私はコピーライターとして他人の商品の
チラシやホームページの文章を書く事も
よくあります。

この時に、

「契約条件は?」

「契約書は?」

「弁護士は?」

などと言ってくる人とは絶対に
コンビを組みません。

完全に無視します。

こういうタイプの人と組んだ事もありますが
最後はあまり良い結果に終わりませんでした。

思考は現実化する

という言葉の通りですが
こういった契約書思考がある人は
最初からトラブルを想定していますので
いつかトラブルが起きます。

友人とは億を超えるビジネスを
何個もやってきましたが、未だに
一度も契約書なんて交わした事が
ありません。

それ所か、私がたまに日本に帰った時

私:「成田空港なんだけど
しばらく泊めてくれない?」

友人:「半年ぶりですね。いいですよ。
いつでも来て下さい。しばらくいて下さい」

といった感じの仲です。

6:ビジネスパートナーを選ぶ時、原則以上に重要なもの

『自分と適正が異なる人と組む』

という原則は必要ですが、それ以上に
人間性が重要です。

パートナーシップとはある意味で
結婚と同じです。

『握手だけで億単位の契約が出来る人』

こういう人を選ぶと、ビジネス以外でも
楽しく過ごす事が出来ます。

契約書を交わさないビジネスが正しいのか?

正しいか?と聞かれたら正直解りません。

現在では私も契約書を交わすビジネスを
やる事もあります。

大企業などと組む時などは社内的に
どうしても必要だからです。

しかしそれは形式上の問題で本質的には

『握手だけで億単位の契約が出来る人』

こういう人だけとしか組みません。

契約書とかゴチャゴチャ言う人とは
組みたくありません。

これからあなたもパートナーシップを
構築する時が来ると思います。

もしかしたら既にいるかもしれません。

その時はぜひ思い出して下さい。

『握手だけで億単位の契約が出来る人』

お互いに素直にこの気持ちを持てる人と
組めた時に、奇跡的な大成功は訪れます。

7:まとめ

良いビジネスパートナーが
見つかった時は、相乗効果で
ビジネスが加速しますが、

  • 価値観が合わない
  • 相手に与えるスキルや実力がない

この状態だとトラブルが
起こりやすい傾向にありますので、

良いビジネスパートナーが
出来るまでは、パートナー候補が
見つかった時のために

まずは自分のスキルと実力を
あげることに焦点をあてましょう。

 


あわせて読みたい


成功者が伝授!セルフイメージを書き換える2つの方法とは?

【男性必読!】成功者に共通する行動と習慣のルールとは?

【注目!】集客できない!嘆く時に見る4つの改善チェックリスト

【悪用厳禁】稲盛和夫の2つの成功哲学の要素を持った詐欺師の話

人を育てる格言「小善は大悪に似たり、大善は非道に似たり」とは

成功のダークサイドは存在するのか?お金を持つと人が変わる本質とは

成功する人たちに共通している夢と目標を叶えるシンプルな方法

ビジネスで成功する人はIQが高い人が多い?バカの方が多い?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!