【注目!】集客できない!嘆く時に見る4つの改善チェックリスト

集客

集客はビジネスマンにとって
永遠のテーマであり
状況によっては死活問題になります。

  • 商品は最高なのに、お客さんが集まらない
  • 立地のせいなのか?
  • お店の場所なのか?
  • サービスの問題なのか?

原因や改善策が分からないと嘆く前に

大事なポイントを
見逃している可能性があります。

集客には色んなテクニックがありますが、
集客できない人が抑えていないポイントや
集客の極意について解説致します。

オフラインのビジネス
インターネットビジネスに関係なく
使えますので、

ご覧頂いたら4つのポイントを見ながら
自身のビジネスを見直してみてください。

目次

1:集客出来る人=神様
2:集客についてのご相談
3:集客の前に考えなければならないこと
4:最強の集客とは?
5:最強に見込客とは?
6:まとめ

1:集客出来る人=神様

今日のテーマは『集客』です。

集客が得意な人間はビジネスの世界では
「神様」です。

他人から頭を下げて紹介を依頼されますし
例えどうしようもない商品であっても
お客さまの数が多ければ売る事はできます。

逆にいくら素晴らしい商品を持っていても
集客が出来なければそのビジネスは成功しません。

「私は最高の商品を持っています!」

という人をよく見かけますが、そういう人に
限ってお客さまを集める術を知りません。

どんなに素晴らしい商品を持っていても
お客さまがいなければ
1つも売る事ができません。

しかしどんなにゴミ商品であっても
大量にお客さまがいれば、運良く
いくつかは買ってもらえます。

集客が出来る人間は神なのです。

同時に、だからこそ、

「集客は難しい…」

と多くの人が悩み、関連の書籍や商材が
毎日何十、何百と発売されています。

簡単に神様になる事は出来ないのです。

テクニックはたくさんあります。

何十年も続くテクニックもあれば
最新のテクニックもあります。

私も色々な集客テクニックを知っていますが
今日は一番大事なポイントから
最初にお話ししようと思います。

2:集客についてのご相談

こんな相談を受けました。

Q:私は飲食店を経営していますが
お客さまが殆ど来てくれません。

立地が悪く、お店の場所も解りづらいと
お客さまからよく言われます。

どうすれば集客できますでしょうか?

ただ料理は最高で一度食べてもらったら
絶対にファンになってもらい、
リピートしてもらう自信があります。

ご教授頂けますと幸いです。

このメールを読んで一番ピンと来たのは

「ただ料理は最高で一度食べてもらったら
絶対にファンになってもらい、リピート
してもらう自信があります」

この部分です。

これが言えるのは素晴らしいです。

実際に私はその料理を食べた事が無いので
どれ位のクオリティかは解りませんが

『ファンになってもらいリピートしてもらえる』

この方はこんな強力な武器を持っています。

3:集客の前に考えなければならないこと

これは集客『以前』の話になるのですが

「私は代理店で他社と同じ商品を
同じ方法で売っています」

という方がよくいます。

これでは儲る訳がありません。

なぜなら同じ商品なら、誰しも
安い所から買うからです。

価格競争に巻き込まれるからです。

そこで私が、

Q:「なぜ他の商品を扱ったり他の方法で
売ろうと思わないのですか?」

と尋ねると

A:「元請けから規制がかかっていて」

などと言います。

どんな規制かは解りませんが
もし儲けたいならそんな商品は
扱うべきではないと思います。

他の商品を売った方が良いです。

私が好きな健康食品屋さんがあるのですが
そこは代理店ですので他社と同じ商品を
売っています。

しかしライバルの何十倍も売上げを
あげています。

なぜか?

それは

『お客さまの相談にのっている』

からです。

そこは健康食品のお店ですので
サプリなどを売ったら
普通はそれで終わりです。

しかしそのお店は違います。

お客さまの相談に親身にのってくれます。

健康の事だけではありません。

心の病いや、時には家族の問題など
何でも相談にのってあげています。

『相談』という『付加価値』があるので
ライバルの何倍も儲るのです。

要は彼らは健康食品店なのではなく

『お客さまを元気にするお店』

なのです。

ライバルでは満たす事のできない欲求を
提供しているのです。

これを『USP』と言います。

簡単に言えば『ライバルには無い強み』です。

強みはお客さまが求めている必要があります。

ここを間違えている人が多いのですが

「俺はライバルがやってない特殊な事をやってるぜ!」

と自慢する人がいるのですが、
そういう人に限って儲っていません。

ライバルと違う事をやるのは重要ですが
それが『お客さまが求めている』要素で
なければ意味がありません。

『ライバルでは満たす事のできない欲求』

これをUSPと言いますが、これができなければ
ビジネスは辞めた方が良いです。

USPの見つけ方などはまた別の機会に
詳しくお話しますが、USPはビジネスの
大原則でもあり最低限でもあります。

4:最強の集客とは?

先ほどの料理屋さんは、

「ただ料理は最高で一度食べてもらったら
絶対にファンになってもらい、リピート
してもらう自信があります」

こう言います。

食べた事が無いので解りませんが
USPがあると仮定します。

ファンを作る料理を持っているのでしたら
次に考える事は

「どうすれば1000人に無料で食べさせられるか?」

です。

ビジネス用語で『無料オファー』と言いますが
それだけ自信のある商品なのでしたら、どんどん
無料配りまくれば良いのです。

スーパーなどの試食コーナーで食べた経験が
あると思いますが、あんな感じでも良いです。

例えば、小さいお皿にのせて通りかかる人に
無料配ったり、御飯の時間帯に近くの会社などを
回ってみたりして無料で食べさせれば良いのです。

そして最強の料理である事を
『体感』させれば良いのです。

そこで「美味い!」と思ったらどんなに
立地が悪くても必ず来てくれます。

最強の集客とは
無料の段階で成功体験させる事です。

飛ばし読みしないで下さいね。

最強の集客とは
無料の段階で成功体験させる事です。

例えば、あなたが
ダイエットのノウハウを持っていたら

まず無料で3キロくらい
痩せさせてあげれば良いのです。

その上で
「もっと痩せたい?OK、じゃあお金を下さい」
と言うだけです。

これが本物の『集客』です。

5:最強の見込客とは?

そしてもう1つ大切なのことは

「私の見込み客はどんな人でどこにいるのか?」

を考える事です。

飲食店にとっての最強のお客さまは
どんな人でしょうか?

どこにいるでしょうか?

答えは簡単で『腹ペコ』の人です。

かと言ってホームレスではいけません。

なぜなら彼らはお金を払えないので
お客さまではないからです。

ボランティアなら別にいいですが
これはビジネスですのでお金を頂く
必要があります。

『お金を払う意思のある腹ペコの人』

これが飲食店にとっての最強のお客様です。

では次に、彼らはどこにいるのか
考えてみて下さい。

恐らく昼時に、レストラン街などで
「今日は何を食べようかな?」
ウロウロしているはずです。

では最強の料理を持った店主は何を
すれば良いのか解りますか?

腹ペコ客がたくさんいる場所にいって
無料で試食品を配れば良いのです。

立地なんて関係ありません。

USPがなければ話になりませんが
有るのであれば、次は見込み客が
どんな人でどこにいるのか考えて
無料で成功体験をさせる事です。

「でも、それはオフラインの
世界の話ですよね?
インターネットビジネスだと
それは無理ですよね?」

と言う人がいますが、答えは「NO」です。

ネットもオフラインも同じです。

  1. ライバルには無いUSPはあるか?
  2. 見込み客がどんな人か、具体的に鮮明にイメージできているか?
  3. 彼らの集まる場所でアプローチしているか?
  4. 無料の段階で成功体験をさせているか?

もし「集客ができない」と悩んでいるのであれば
上の4つのいずれかが欠けています。

集客やUSPについては、たくさん話す事があるので
また別の機会で詳しく公開していきます。

楽しみにしていて下さい。

6:まとめ

最後に今日の出た内容をまとめておきます。
現段階で集客に困っているのでしたら
こちらを必ずチェックするようにしておきましょう。

 

集客を成功させる上で大事な考え方

  • 最強の集客とは無料の段階で成功体験させる事
  • お金を払う意思のある見込客はどこにいるのか?

 

4つの確認ポイント

  1. ライバルには無いUSPはあるか?
  2. 見込み客がどんな人か、具体的に鮮明にイメージできているか?
  3. 彼らの集まる場所でアプローチしているか?
  4. 無料の段階で成功体験をさせているか?

これからビジネスを始める場合は
特に集客の前に商品やサービスについても
考えておく必要があります。

今日の内容は、基本ですが
すごう重要な内容なので、
定期的に見直したり
辞典代わりにしてください。

 


あわせて読みたい


 

成功者が伝授!セルフイメージを書き換える2つの方法とは?

【男性必読!】成功者に共通する行動と習慣のルールとは?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!