アマゾンアフィリエイト報酬率が低すぎ!?アドセンスと比べてどう?

アフィリエイト初心者が、
まず始めやすいのが、
ブログアフィリエイトです。

ブログアフィリエイトは基本的に、
ブログに自分の興味や関心のあることを
書いていくだけですから

初心者でも始めやすいですし、
なにより、続けやすいのがメリットです。

でも、どうせブログを書くなら、
ついでにお小遣いも稼げたらいいな…

とは、誰しもが思うこと。

そんなとき、
アマゾンアフィリエイトは大変便利です!

プラットフォームは充実していますし、
何と言っても「世界のアマゾン」ですから、

アフィリエイトで紹介できる商品の数が、
他のプラットフォームに比べて
圧倒的に多いです。

しかし、

最近はアマゾンアフィリエイトの報酬率が
下がって稼ぎにくくなった…

という話があります。

アマゾンアフィリエイトの報酬率は、
2017年現在、
どうなっているのでしょうか?

また、
アマゾンアフィリエイトで稼ぐことは、
今でも本当に簡単なのでしょうか?

それとも、初心者の場合、
グーグルアドセンスのほうが
稼ぎやすいのでしょうか?

この記事では、
アマゾンアフィリエイトの報酬率の推移と
メリットとデメリットを徹底検証し、

グーグルアドセンスとも比較して、

アマゾンアフィリエイトと
グーグルアドセンスの、

どちらが初心者にとってオススメなのかを、
わかりやすくまとめました。

「目次」

1:2017年のアマゾンアフィリエイトの報酬率
2:過去のアマゾンアフィリエイトの報酬率と比較
3:アマゾンアフィリエイトのメリットとデメリット
4:アマゾンアフィリエイトとグーグルアドセンスどっちがいい?
5:まとめ

 1:2017年のアマゾンアフィリエイトの報酬率

それではまず、
2017年のアマゾンアフィリエイトの報酬率
から見ていきましょう!

アマゾンアフィリエイトの報酬率は
以下の通りです。
(2017年2月7日現在)

紹介料(成果報酬)について
Amazon アソシエイト・プログラムの紹介料プランは、以下の商品カテゴリー別紹介料率表に基づき、各月の発送済み商品に対して紹介料をお支払いするプランです。
Amazon.co.jpの商品及びマーケットプレイス商品を対象商品とし、1商品の販売に対する紹介料の上限は1000円となります。
※例外として、一部商品に特別料率が設定される場合があります。
紹介料率(最終更新日:2016/4/18)

新紹介料率表

アマゾン アフィリエイト 報酬率

(*)2016年6月末まで特定商品カテゴリー(Amazonビデオ(レンタル・購入))のみ紹介料上限はありません。

引用先:amazonアソシエイト

アマゾンアフィリエイトの報酬率を
一言でまとめますと、

  • 基本的な紹介料率は一律2%、
  • 商品カテゴリーのある商品は、
    商品カテゴリーごとに
    個別に紹介料率が定められている

ということです。

商品カテゴリーの紹介料率を
ざっと見てみますと、

ビデオは0%、フィギュアが0.5%
ということで、低さが目立ちますね。

さすがにこの報酬率ですと、
ビデオやフィギュアをアマゾンで

アフィリエイトする
メリットはないでしょう。

その他の紹介料率については
細かく別れており、
紹介料率の変更も随時行われているので、

実際には、あなたがアマゾンで
アフィリエイトしたいものが出てきたとき、
その都度確認されるのが良いと思います。

ちなみに、アマゾンと言えば本!

と思われる方も多いのですが、
「本」の紹介料は3%となっています。

2:過去のアマゾンアフィリエイトの報酬率と比較

次に、
2017年のアマゾンアフィリエイト報酬率を、
過去のアマゾンアフィリエイトの報酬率と
比較してみましょう。

過去のアマゾンアフィリエイトの報酬率は、
2014年8月までは、
出荷数に応じた「段階制紹介料」であり、

また、以前は
「 Javari(ジャヴァリ)」という、
ファッション専門のアマゾン運営サイトも
アフィリエイト利用することができたので、

まったくそのまま、
数字を比較することはできません。

でも、アマゾンアフィリエイトの
過去の報酬率の大まかな流れを追うことで、
これからの傾向なども見えてくると思います。

それでは、順に見てまいりましょう!

2-1:過去のアマゾンアフィリエイトの報酬体系

アマゾンアフィリエイトでは、以前は、
1ヵ月に出荷またはダウンロード
された商品数に応じて、

3.5~8%といった、
異なる紹介料(段階制紹介料)
が支払われていました。

8%というと高いようですが、
最高の8%報酬率を獲得するためには
100,001個以上の紹介実績が必要なので、

まあ、
個人で達成するのはほぼ不可能な数字、
だったと言えるでしょう。

ただ、
8%の100,001個以上は無理でも、

最低ラインの1個売れば3.5%、
31個から100個までは4%、
101個からは4.5%…

という紹介料率の設定でしたから、
100個を少し超えるくらいでしたら、
報酬を獲得されていた
個人の方もいらしたようです。

また、その他の紹介料率は、
基本的に3.5%でしたから、

他のアフィリエイトと比較しても、
アマゾンアフィリエイトの報酬率は、
決して低いとは言えなかったと思います。

2-2:Javari(ジャヴァリ)のサービス終了

2014年6月末、
アマゾンのファッションサイト
Javari(ジャヴァリ)が、
サービスを終了しました。

Javari(ジャヴァリ)は、
アマゾンアフィリエイトの中でも
稼ぎやすいと言われていたもので、

その理由は、

  • 翌日送料無料で配送
  • 30日以内返品無料
  • (2011年3月3日より)返品365日OK

という圧倒的なサービスのため、
リピーターが多かったためです。

しかし、
このJavari(ジャヴァリ)サイトが廃止
(正確にはアマゾン内に統合)され、
また返品サービスも短縮されたたことは、

Javari(ジャヴァリ)で稼いでいた
アフィリエイターにとっては、
大きな打撃となりました。

2-3: 出荷数に応じた「段階制紹介料」の廃止

2014年9月から、
アマゾンのアフィリエイト報酬率に
大幅な変更が加えられました。

このときの変更により、
アマゾンアフィリエイト報酬体系は、
大体現在のような固定報酬体系になり、

商品カテゴリーのない商品の基本料率は、
3.5%に設定されました。

つまり、
「頑張れば報酬率がアップする」という
段階制紹介料でなくなった分、

この「改定」によって、
多くのアフィリエイターの
アマゾンアフィリエイトの報酬率は、
大幅に下がることになったわけです。

2-4:その後のアフィリエイト報酬率の変更および傾向

その後、
アマゾンアフィリエイト報酬体系は、
微調整を経て、現在に至るわけですが、

この間の特徴としては、

アマゾンアフィリエイト報酬率は、
下がることはあっても、
上がることはなかった…

と言えます。

例えば、商品カテゴリーの無い商品の
アフィリエイト報酬率は、

2014年段階制紹介料廃止時には3.5%
だったものが、

2017年の新紹介料率表では、
それから更に下がって、
2%になっています。

このような
「アマゾンアフィリエイト報酬率ダウン」
の流れがこれからどうなるのかは
憶測の域を出ませんが、

アマゾンアフィリエイトに参入するときは、
こういった流れで来ていることを
踏まえておくと、

アマゾンの紹介料率のこれからの変更にも、
スムーズに対応できると思います。

3:アマゾンアフィリエイトのメリットとデメリット

過去と比べて
報酬率が下がって来ているとはいえ、

アマゾンアフィリエイトには、
メリットがたくさんあります。

ここでは、
アマゾンアフィリエイトのメリットと
デメリットを見ていきましょう。

3-1:アマゾンアフィリエイトのメリット

アマゾンアフィリエイトのメリットは、
まず、アフィリエイトできる商品数が
圧倒的に多い
ことが挙げられます。

欲しい商品がピタリとはまったとき、
人は商品を購入するわけですが、

紹介できる商品数が多い、というのは
アマゾンの圧倒的な強みです。

また、アマゾンというプラットフォーム
に対する利用者の信頼度は
非常に高いものがあるので、

信頼性の低さによる途中離脱も
少ないでしょう。

そして、
アマゾンのプラットフォームにある、
関連商品の表示。

そう、
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」
というクロスセル、ですね。

アマゾンの関連商品の表示アルゴリズムは、
膨大なデータに基づく
非常に優秀なものですから、

お客様にとっても欲しいものを見つけやすく、
そのまま購買にも結びつきやすいです。

3-2:アマゾンアフィリエイトのデメリット

それでは、
アマゾンアフィリエイトのデメリットは
何でしょうか?

アマゾンのアフィリエイト報酬率が
低下傾向にあることは既にお話しましたが、

アマゾンアフィリエイトの
最も大きなデメリットは、

「クッキーが24時間しか持たない」

ということです。

あなたが何かの商品を紹介して、
そこからお客様がアマゾンに行ったとしても、

24時間以内に購入に至らないと、
あなたのアフィリエイト報酬には
つながらないのです。

この「24時間」というのはかなり微妙で、
結局は購入するお客様であっても、
24時間以内には買わない場合も多いのです。

4:アマゾンアフィリエイトとグーグルアドセンスどっちがいい?

では、
初心者がアフィリエイトを始めるうえで、

アマゾンアフィリエイトと
グーグルアドセンスの
どちらが稼ぎやすいのでしょうか?

アマゾンアフィリエイトと
グーグルアドセンスを
比較してみましょう!

4-1:はじめやすさの比較

初心者がグーグルアドセンスを始めるとき
もっとも大きなネックとなるのは、

最初のアドセンスブログの登録審査に
時間がかかる…

ということです。

ブログを作ってから審査に通って
広告が掲載できるようになるまで、
長い場合だと数週間かかります。

しかも、この審査用のブログですが、
無料ブログでは審査に通りませんから、

ワードプレスなどのサイトを、
サーバーとドメインから、
自分で用意する必要があります。

この点、アマゾンのアフィリエイトである
「アマゾンアソシエイトプログラム」なら、

登録審査も簡単ですし、
無料ブログでも登録できますから、
すぐに始めることができます。

「はじめやすさ」の点からは、
グーグルアドセンスより、
アマゾンアフィリエイトのほうが、
始めやすいと言えます。

4-2:稼ぎやすさの比較

でも、
初心者にとって稼ぎやすいのはどちらか?
といいますと、

これはもう、
グーグルアドセンスに
圧倒的に軍配が上がります。

というのも、

アマゾンアフィリエイトだと、
自分が紹介したい商品のリンクまで
誘導する記事を書く必要があり、

商品に興味を持ってもらうよう
「誘導」してから、

次に商品リンクを
「クリック」してもらって、

さらに24時間以内に何らかの商品を
購入してもらう…

というのが、
初心者にはかなりの難関です。

この点、グーグルアドセンスであれば、
自分が商品リンクまで誘導する必要は
ありません。

自分が好きなように記事を書いていくだけで
記事に合った広告が表示され、

その広告がクリックされれば、
報酬が得られます。

また、アドセンス広告には、
他のアフィリエイト広告に見られる
「終了」や「停止」がありませんから、
リンク切れによる機会損失もありません。

したがって、
記事を書くのに時間のかかる
初心者にとっては、

グーグルアドセンスのほうが始めやすく、
稼ぎやすい方法だと言えるでしょう。

アフィリエイトの目的のひとつは、
なんといっても「稼ぐこと」ですから、

稼ぎやすさという点から、

初心者がアフィリエイトを始めるなら、
アマゾンアフィリエイトよりも、
グーグルアドセンスのほうを
オススメいたします。

ただし、余力ができたら、
アマゾンアフィリエイトにも参入しておく
というのは、

リスクヘッジという点では、
大変良いことです。

というのも、
グーグルアドセンスで稼ぎ続けるには、
一定のアクセス数を集め続ける必要が
ありますし、

アカウント停止や削除の可能性も、
なきにしもあらず、だからです。

アマゾンアフィリエイトも
簡単にはじめられますので、

アフィリエイト収入を安定させるためにも、
リスクヘッジ的に取り入れられると
良いでしょう。

もし、今後もアマゾンアフィリエイトの
報酬率の低下傾向が続いたとしても、

アマゾンアフィリエイトを
取り入れておくことは、

あなたのアフィリエイト報酬全体としての
リスクヘッジの1つになることは、
間違いありませんから。

5:まとめ

アマゾンアフィリエイトの報酬率は
他のアフィリエイトと比べて、
特に高いほうではありません。

でも、紹介できる商品数が膨大で、
アマゾンのプラットフォームを使える
というメリットは、
大変大きいといえます。

ただし、
アマゾンアフィリエイトの報酬率は
低下傾向にありますので、

アマゾンアフィリエイトは、
アフィリエイト収入のリスクヘッジの1つ
として、

補助的に考えられるとよいでしょう。

もしあなたが初心者で
アマゾンアフィリエイトと
グーグルアドセンスのどっちがいいか
迷われていらっしゃるのであれば、

グーグルアドセンスのほうが
初心者には稼ぎやすいので、

まずは、グーグルアドセンスから
はじめられることをオススメいたします。

あなたのアフィリエイトのご参考になれば、
幸いです。

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。