これを知らなきゃ大赤字!?アマゾン家電せどり7つのポイント

アマゾン せどり 家電

実は家電せどりは、
ハイリスクなのです。

理由は、仕入金額が高い事。
ひとつ間違えば資金ショート
赤字まっしぐらです。

それでもアマゾン家電せどりを勧める人がいるのは
それなりにメリットもあるからです。

そんな家電せどりで
失敗しないために

最低限知っておかなくてはいけない
超重要知識をまとめてみました。

また、アマゾン特有の
「FBA」についても解説します。

成功のポイントは
「高回転」と「アマゾンFBA」です。

目次

1:アマゾン家電せどりとは
2:アマゾン家電せどりのメリット
3:アマゾン家電せどりのデメリット
4:新品を扱うべきか?中古品を扱うべきか?
5:アマゾン家電せどりの流れ
6:FBAを使うべきか。
7:まとめ

1:アマゾン家電せどりとは

「アマゾン家電せどり」とは、
家電量販店などから
家電製品を安く仕入れてきて

それを「アマゾンマーケットプレイス」で
販売することによって
利益を得るビジネスモデルです。

販売先はアマゾンですが、
仕入先に制限はありません。

実店舗からでも、
インターネットサイトからでも
どこからでも良いのです。

2:アマゾン家電せどりの6つのメリット

アマゾン家電せどりには、
6つのメリットがありますので、
ご紹介致します。

2-1:高単価のものが多いので、利益額が高い

例えば書籍で1万円の利益を稼ごうとすると
沢山の本を売らなくてはなりません。

理由は、書籍の単価が
全体的に安いからです。

しかし、家電製品は
元々高単価のものが多いので

利益率が2割から3割くらいであっても
利益額は大きくなります。

一品売れた時の破壊力は
すごいものがあります。

2-2:同じものをいくつも、何度でも売れる

これは新品を扱う最大のメリットです。

一つ儲かる商品(今売れていて、利益が取れるもの)を
見つければ同じ商品を一度に何個も、また何回も
販売する事ができます。

それによって
売上も急速に増えていきます。

2-3:商品の種類が多い

一口に家電製品と言っても、
生活や趣味のあらゆるジャンルで
沢山の種類があります。

また、その周辺機器を含めると
ものすごい数があります。

沢山あるということは
仕入に困らないと言う事です。

一つの商品が売れなくなっても
次を探せば良いだけです。

2-4:求めている人が多い

例えば、マニアックな書籍などは
そもそも求めている人が少ないので

商品の回転が遅いものが
多いです。

しかし、家電製品は
生活必需品でもありますし、

家電好きの人も多いので
回転が速い傾向があります。

回転が速ければ
資金繰りがラクになります。

2-5:誰でも仕入れることができる

電化製品は誰でも
購入することができます。

また、規模や件数の違いはあっても、
どこにでもあります。

業者しか買えないものではないので
誰にでもチャンスがあります。

2-6:アマゾンの販売手数料が安い

書籍やCDなどですと
販売手数料を
売上の15%取られた上に
カテゴリー成約料も取られます。

しかし、家電を始めとした
商品の多くは大体8%から10%くらいです。

しかも、カテゴリー成約料はありません。

(参考)アマゾンの手数料一覧

3:アマゾン家電せどりの3つのデメリット

物事にメリット、デメリットがあるように
当然、アマゾンの家電せどりにも
デメリットがありますので、
こちらもお伝え致します。

2-1:仕入金額が高い

高単価な商品ですので
仕入金額も高くなりがちです。

しかし、これは一概にデメリットとも
言い切れません。

なぜならば
お小遣い稼ぎの片手間のせどらーが
参入出来なくなるからです。

ライバルが減るということです。

2-2:不良品という問題がある

新品を扱っていても
初期不良の問題がつきまといます。

これは書籍などには無いデメリットです。

2-3:箱、付属品、取説などがあるので難しい

家電は、書籍のように本体だけあれば良い
という訳にはいきません。

本体、化粧箱、付属品、取扱説明書、
などが全て揃って初めて販売できます。

4:新品を扱うべきか?中古品を扱うべきか?

新品は、検品の必要もなく
仕入れればそのまま販売できます。

また、通常家電製品は
新品で購入するものですので
新品の方が求める人は多いです。

どこででも仕入れることができ、
一度に何個もまた何度でも販売して
売上を拡大させることができます。

対して中古品は
新品に比べて必要とする人が
少ないのは間違いありません。

中古でなければ手に入らないレア物や
修理できる人が安く買うために
購入するパターンが多く、

一般人が普通に購入するものでは
ありません。

しかも中古品は仕入が難しいです。

状態が良いものを見極める
知識と経験がまず必要です。

仕入れたものに不具合があった場合に
修理出来る技術もあった方が良いです。

付属品などが揃っているかどうか
見極めるのも相当な知識がないと難しい。

その分仕入が安いので利益率は高いです。

このような違いがありますので
最初は新品を扱った方が良いと思います。

アマゾンの販売力を利用して
利益率が多少低くても

沢山販売して売上を作っていった方が
リスクも少ないし、早いと思います。

5:アマゾン家電せどりの流れ

ステップ1
家電量販店やリサイクルショップなどに行く。
(リサイクルショップでは未使用品を狙います)

ステップ2
セール品、ワゴンセール、レジ横の安い商品、
型落ち商品に絞ってリサーチする。

利益率も大事ですが、
最初は回転を重視して仕入れます。
(資金ショートさせないため)

リサーチは
モノレートのグラフを
しっかりチェックします。

型落ち商品というのは、
最新型が出るため古くなってしまった
商品を言います。

最新型が出てしまうと
古い型は売れなくなるので

販売店としては早く売りたいために
値下げするのです。

しかし、販売店では値下げしていても
ネット上(アマゾン)では
まだまだ需要が高い商品があります。

これを狙っていくのです。

型落ち商品は
販売店の値札の右上などに

店舗独自の記号が書かれている
場合があります。

店員さんと仲良くなって
そういう情報を仕入れておくと
良いでしょう。

また、リサーチは「モノレート
というサイトを使います。

モノレートの使い方については
ネット上に沢山出ていますので

モノレート 仕入判断
などで検索してみて下さい。

ステップ3
稼げる商品を見つけたら
そこで止まってはいけません。

まず、バックヤードの在庫を店員さんに確認して
資金が許す限り仕入れます。

次に値引き交渉します。
大量に買う切り口で値引きを提案します。

そして近隣の他店にも
電話で在庫確認します。

あれば行って仕入れて値引き交渉。

可能な限り仕入れます。

それから、
レジ落ち(レジ落とし)という言葉があります。

家電量販店は全店舗のレジ価格が
オンラインで繋がっており、

本部の操作で全店舗一律で
切り替わります。

しかし、店員さんも忙しいので
店頭の表示を切り替えるのが
間に合わない事があります。

このような場合、
実際にレジを通した金額が

店頭価格より
安くなっていたりする事があります。

この現象を「レジ落ち(レジ落とし)」と言います。

これは狙えるものではないので
遭遇すればラッキーというものです。

ステップ4
後は、アマゾンに出品するだけです。

自己発送ならば出品して商品が売れたら
自分で梱包して発送します。

FBAを使うなら、アマゾンの倉庫に
送って終了です。

あとはアマゾンがやってくれます。

FBAとは、出品した商品を
アマゾンの倉庫で預かって

商品が売れたらアマゾンが送ってくれ、
その後の顧客対応までやってくれる
有料サービスです。

FBAについてはこちら

6:アマゾンFBAを使うべきか。

私は、家電に関しては
使った方が良いと思います。

まず、FBAと自己発送を比べた場合、
アマゾンの信用や利便性で

FBA出品の方が売れやすい
傾向があるからです。

また、売上を拡大させるためには
ある程度数を売らなくてはなりません。

例えば
1日100個発送しなくてはならなくなった場合

物にもよりますが、
普通は自己発送では対応出来なくなります。

しかしFBAであれば一人でも
数を売る事が出来てしまうのです。

先に述べた新品商品のメリット
(一度に沢山の商品を何度でも売れる)を
生かすためにも利用した方が良いと思います。

次に、送料の問題。

自己発送ですと
商品をお客様に発送する時
自分で送料を払わなくてはなりません。

個人的に運送会社と契約でもしない限り
結構送料というのは痛い出費です。

アマゾンから配送料がもらえますが、
足りない事もよくありますし、

引かれる手数料の高さを考えたら
出ていないのと同じです。

時と場合によっては
利益が送料で飛んでしまう事も
あります。

このような理由で
FBAを利用することを
おすすめします。

ただ、FBAというのは
有料のサービスですので

売れ足の遅いものだと
かえって高くつく場合もあります。

回転の悪いものは
自己発送にするのが
良いでしょう。

とは言っても、
家電は仕入金額が高いので

回転の悪いものばかり仕入れていると
仕入資金が足りなくなります。

ということは
「FBAが使えないものは仕入れるべきではない」
ということにもなります。

特にはじめのうちは
多少利益率は低くても
早く売れるものを仕入れるように
したほうが良いです。

そして商品はアマゾンの倉庫に送って
あなたはリサーチと仕入だけに
専念するのがコツです。

このようにしていけば
リスク少なく資金を
膨らましていけると思います。

資金に余裕が出来たら
利益率が高くて回転の悪いものに
挑戦してみるのも面白いでしょう。

7:まとめ

いろいろ話して来ましたが、

  1. アマゾン家電せどりの流れは
    家電量販店などでセール品や型落ち品の家電を仕入れる
    (現場でモノレート見てリサーチ)
  2. アマゾンに出品する(自己発送の場合はこれで終り)
  3. アマゾンの倉庫に送る(FBAの場合)

たったこれだけの超単純なビジネスモデルです。
何も難しい事はありません。

モノレートの見方とFBA納品の仕方に
慣れが必要かもしれませんが。

ポイントは

  1. 「回転の良いものを」
  2. 「いかに安く仕入れられるか」

です。

家電の場合は仕入金額が高いので
この視点が特に大切になってきます。

家電量販店にある商品を
全頭検査しようと思うと

日が暮れてしまいますので、
おすすめ出来ません。

セール品に絞って
効率よく仕入していきましょう。

物販は、儲かる商品を
仕入れることさえ出来てしまえば
誰でも売上を上げることが出来ます。

難しいスキルも必要ありません。
仕入が全てと言っても過言ではありません。

あなたもきっとできると思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!