おすすめ銘柄も公開!アルトコインとは何なのか?1から解説します。

アルトコインとは

ビットコインなど仮想通貨のニュースで
よく見かけるアルトコインとは
どういうものかご存知ですか?

ビットコインに比べると、
まだまだ知名度も低いし、

アルトコインって何なのかも
わからないという方が
多いのではないでしょうか?

この記事では、

アルトコインが

  • どうしてそんな名前なのか
  • なぜ作られたのか
  • メリット、デメリット

を、1から紹介して、

あなたもちょっとした
アルトコイン通に
なれるように解説してみました。

1:なぜアルトコインと呼ばれているの?

ビットコインのように、
アルトコインという名前の仮想通貨が
あると思っている方も多いのでは
ないでしょうか?

私もそう思っていました。

でも、アルトコインとは、
仮想通貨の1つのブランドの名前では
ありません。

では、何なのか?

アルトコインとは、

alternative coinの省略形である
altcoinを日本語で表記して
アルトコインと呼ばれています。

そのまま直訳すると
代わりになる硬貨(コイン)
という意味になります。

一般的に使われている意味は、

仮想通貨の代表である
ビットコイン以外の仮想通貨の事です。

別名でオルトコインとも呼ばれています。

つまりは、イーサリアムやリップルなど
あなたも耳にしたことのある仮想通貨が
アルトコインということになるのです。

多くのアルトコインは、
仮想通貨の代表であるビットコインを
お手本にして、

ブロックチェーンの技術を
基本にして作られています。

2:アルトコインが生まれた理由は、

もう既に仮想通貨で広く認められている
ビットコインがあるのに、

その他の仮想通貨(アルトコイン)が
作られているのには、
どんな事情があるのでしょうか?

2-1:ビットコインの弱点を解消した仮想通貨を作りたいから

ビットコインは、初めての仮想通貨です。
ですから、

運用を始めて、

  • こうしたら良かったのに
  • ここが使いにくいな

という意見が出てきました。

なので、

ビットコインでは、自分たちは、
ちょっと不便を感じるだから、

自分たちが使うのに、
便利な新しい仮想通貨を作りたい

というのが、
アルトコインが
発行されている大きな要因です。

2-2:アルトコインを発行する人が儲かる

自分たちが作った仮想通貨が

ビットコインのように
値段が高騰したら

多額の利益を手に入れられるから
というヨコシマな理由も
新規参入をする人が多い理由です。

ですから、どんなアルトコインでも
買えば儲かる訳ではありませんし、

場合によっては、

なんにも使えないコインになることも
あるので、

アルトコインを選ぶ時には、
注意が必要です。

3:ビットコインの弱点

では、アルトコインが次々と発行される
原因となったビットコインの弱点とは、
何なのでしょうか?

コインの上限が決められている

2100万枚までと決められています。

将来足りなくなった時にも
新規発行ができない仕組みです。

採掘がどんどん困難になっていく仕組み

具体的に言うと、
マイニングの設備にもお金がかかるし、
運営するための電気代が多額になっていく。

ある中国のマイナー業者は、
月900万円以上の電気代を
払っているそうです。

承認に時間がかかる10分間

お店でのショッピングなどには
使いにくい。

コンビニでガムを買って、
レジでお金を払って、
支払い完了に10分間かかったら
不便を感じますよね。

※現在解消されている、
将来解消される点も含めて記載しました。

4:アルトコインが人気の理由

では、アルトコインが人気の理由や
強みとは、
どんなところにあるでしょうか?
紹介していきます。

4-1:ビットコインの弱点を補っている

仮想通貨の王者のビットコインも
実際に取引をしていくのに

弱点が存在していました。

その弱点を補えるように
設計されて発行されたのが
アルトコインとも言えます。

現在進行形で、ビットコインも
様式を進化させています。

なので、現在では、
ビットコインも弱点を補完している点も
あります。

4-2:アルトコインの方が使いやすい

自社のサービスの決済専用の
アルトコインもありますので、

当然使いやすくなります。

4-3:価格が低い。将来への期待が大きい

ビットコインは、
10月13日現在では、1コインで、60万円以上
します。

しかし、まだ無名なころは、
2枚のビザと10,000ビットコインで
交換されたという事実があります。

つまりは、1ビットコインが1円未満だった
時代もあるわけです。

と考えると、単純に価値が60万倍以上に
なっているわけです。

ビットコインの後追いをして、
同じような価格高騰が
期待できるのが、

アルトコインなのです。

5:アルトコインの弱点

では、アルトコインには、
どのような弱点があるのでしょうか?

5-1:知名度が低い

仮想通貨がいくら話題になってきた
といっても、

多くの人は、ビットコインの名前は
知っていても、

その他のアルトコインの名前は
知っている人は少ないので

価値(値段)が
上がりにくい要因になります。

5-2:流動性が低い

知名度が低いということにも
関係しているのですが、

知名度がないということは、
人気がないということで、

人気がないということは、
売ったり買ったりする人や回数や金額も
少ないということです。

これが、何が問題かと言うと、

自分が持っているアルトコインを
売りに出してみると、

  • 買い手が見つからなかったり
  • 売却するのに、時間がかかったり
  • アルトコインの価格が自分が売ったことで、急落して
    想定していた値段より安い値段でしか売れないこともあります。

5-3:取り扱う取引所が限られている

認知度が少ないと、
出てくるデメリットが

アルトコインを売買できる場所が
少なくなるということです。

ビットコインなら、
国内の取引所で売買ができますから、

簡単に取引もできるのですが、

まだ知名度が低いアルトコインの場合は、
国内の取引所では、
取り扱いがされていないケースが
ほとんどです。

なにせ現在では、
アルトコインの種類は、
数百、数千種類とも言われていますので、

欲しいアルトコインを
手に入れるためには、

海外の取引所を探す必要がありますし、

海外の取引書なら、
口座の開設や、売買なども
全て外国語を理解しないといけませんし、

翻訳を使えば、できる程度ですが、

言語の問題がクリアできても、

利用可能な通貨に日本円が
入っていない取引所がほとんどです。

なので、

送金のために、
国内の取引所で、ビットコインを買って
そのビットコインを海外の取引所の口座に
送金して、

アルトコインを買ったりする必要が
出てきます。

海外の取引所だと、
法律も日本とは違いますし、

中国のように、
取引所は、全部閉鎖だ
と急に変わったりすることも
あるので、

国内の取引所で、売買の経験を
積んで、

言語の問題だけが問題という状態に
なってから、

マイナーなアルトコインを
参加するように心がけたいです。

5-4:アルトコインを使える場所が少ない

仮想通貨の代表のビットコインでも

国内で、
利用できる店舗はまだ数万店舗です。

知名度の低いアルトコインになると、
国内で利用できる店舗がないケースも
あり、

通貨として機能していない
アルトコインもあります。

6:代表的な5つのアルトコイン!押さえるならコレ!

アルトコインは、現時点でも数千種類が
存在しているといわれています。

どれを選べばいいのかわかりませんよね。

今回は、アルトコインを選ぶ方法として、
時価総額を基準にしました。

時価総額とは、
現在のアルトコインの時価×発行枚数で、
この額は大きければ、大きいほど
価値が高いアルトコインをいう目安に
なる指標です。

ちなみに、
時価総額1位は、ビットコインです。

では、2位以下の5つのアルトコインを
紹介します。

6-1:Ethereum(イーサリアム)

時価総額2位 Ethereum(イーサリアム)
通貨単位は、ETH

通貨単位とは、
円やドル、ユーロのように
仮想通貨の量を表すのに使う単位です。
ちなみに、ビットコインは、BTCです。

取引所でアルトコインを表示するのに
この通貨単位が、使われています。

ビットコインに次いで2位の時価総額を
持つイーサリアムですが、

通貨の名前は、イーサ(ETH)です。

ビットコインとの違いは、

発行通貨量の制限を設けていません。

スマートコントラクトができます。

決済にかかる時間も1分以内です。

イーサリアムとは、
システムの名前です。

6-2:Ripple(リップル)

時価総額3位Ripple(リップル)
通貨単位は、XRP

リップルもイーサリアムと同様に
システムの名前です。

Google社がリップルに出資。
三菱東京UFJ銀行がリップルの仕組みを
導入することを発表したことで

世界的な銀行にも注目されている
アルトコインです。

特徴は、ブリッジ通貨がある。
なので、海外決済などに強みを持ちます。

決済が数秒で行うことができる。
スケーラビリティー、消費電力の問題を
解決している。

与沢翼氏が1億円をリップルに
投資したことでも話題になりました。

6-3:BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)

時価総額4位BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)
通貨単位はBCH

2017年8月1日に
ビットコインから分裂してできました。

ビットコインがSegwit(セグウィット)が
導入されるのをキッカケにして、

導入反対派と導入賛成派にわかれたので
ビットコインを2つに分裂してできたのが
ビットコインキャッシュです。

誰が分裂をさせたのかというと、

マイナーと呼ばれる

ビットコインの取引の手伝いをしている
巨大なグループが

仕様変化によって、
自分たちが不利になるで、
分裂したといわれています。

ビットコインは、11月にも分裂する
可能性が噂されています。

6-4:Litecoin(ライトコイン)

時価総額5位Litecoin(ライトコイン)
通貨単位は、LTC

ビットコインを金とするなら
ライトコインは銀だ。

ということで始まったのがライトコインです

ライトコインでは、ビットコインに
実装されるよりも早くにセグウィットが導入され、

ビットコインよりも決済の時間が短く
利用者にとって、便利であるということで
話題になりました。

6-5:Dash(ダッシュ)

時価総額6位:Dash(ダッシュ)
通貨単位は、DASH

ビットコインのブロック生成時間を
短縮してできたのが、
このアルトコインのダッシュです。

もう1つ大きな特徴として、
匿名性が高いと言われています。

ビットコインなど仮想通貨は
匿名性が高いと言われていますが、

ビットコインは、
取引を調べるが難しいながら可能です。

それをより難しくしたのが、
このDASHです。

この匿名性の高さから、
マネーロンダリングの温床になるのでは、
との指摘もあります。

このように代表的なアルトコイン5つを
紹介してきましたが、

そもそもは、ビットコインの弱点を補完した
ことが売りで注目を集めたのですが、

ビットコインも継続的に改良されて
発行当時にあった弱点を
補う動きがあることも要注意です。

7:アルトコインを購入可能な取引所

ここまでご紹介したように、
アルトコイン(仮想通貨)の種類は、
数多くあります。

しかしながら、
実際にあなたが手に入れようと思えば、

仮想通貨の取引所で、
購入(交換)しなければなりません。

でも、

全ての取引所が全てのアルトコインを
扱っているわけではありません。

株式で例えると、
一般的な証券会社で口座を開いても、

フィリピンの株などマイナーな株は、
買うことができません。

では、フィリピンの株を買うには、
フィリピンの株に強い証券会社で
買う必要があるわけです。

仮に、国内に無ければ、
海外の証券会社を利用する必要が
ありますよね。

アルトコインもそれと同じです。

アルトコインを扱っている取引所を
利用する(口座を開く)必要があります。

時価総額が大きい(人気・知名度)のある
アルトコインならば、

以下の国内取引所で
購入可能な通貨もあります。

7-1:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

仮想通貨交換業者

※仮想通貨交換業者とは、
金融庁が認可した仮想通貨の取引所だと
いうことです。

現在国内最大手の取引所です。

扱っているアルトコインは、

  • イーサリアム、
  • イーサリアムクラッシック
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン

の4種類です。

詳しい内容は、こちらの記事で解説しております。

bitFlyer(ビットフライヤー)取引所の登録方法と使い方を解説
仮想通貨の現在の社会的な位置とは「法律で認められた通貨」円等「電子マネー」suica「仮想通貨」bitcoinと並び、物品購入の支払いに使える通貨として認められています...

7-2:Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)

仮想通貨交換業者

ビットコインの取扱高3位
扱っているアルトコインは、

  • ネム
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • モナ

の4種類です。

7-3:coincheck(コインチェック)

coincheck(コインチェック)

みなし仮想通貨交換業者

※みなし仮想通貨交換業者とは、
金融庁に認可申請中ということを
表します。

ビットコインの取扱高2位
扱っているアルトコインは、

  1. イーサリアム
  2. イーサリアムクラッシック、
  3. ビットコインキャッシュ
  4. リップル
  5. ゼットキャッシュ
  6. リスク
  7. ファクトム
  8. モネロ
  9. ライトコイン
  10. ダッシュ
  11. ビットコインキャッシュ
  12. オーガー

の12種類です。

詳細の内容は、こちらの記事で解説しております。

coincheck(コインチェック)の口座開設・登録方法3つのステップ
仮想通貨として初心者でも利用しやすい取引サイトとして有名なのがコインチェックになります。仮想通貨で有名なビットコインを始め数多くの種類のコインを売買できる口...
コインチェック(coincheck )入金方法と種類を徹底解説!
今回は複数存在するコインチェック(coincheck )の入金方法についての紹介です。各入金における手続きの手順や各種手続きのメリット、デメリットなどを詳しく解説しま...

7-4:アルトコインを扱う海外の取引所

世界には、国内にない程の種類の
アルトコインを扱う取引所が
あります。

その一部を紹介します。

※英語のサイトになりますので、
ご注意ください。

Poloniex(ポロニエックス)

取扱いアルトコインは、60種類以上
世界有数のアルトコインの取引所です。

詳しい口座開設方法はこちらの記事をご覧ください。

ポロニエックスの登録方法を図解でわかりやすく解説!
近年、ようやく日本でも仮想通貨(暗号通貨)が浸透してきたものの、まだまだメジャーではなく認識されていない人や仮想通貨に対して抵抗があるという人も多いのではな...

Bittrex(ビットレックス)

取扱いアルトコインは、100種類以上
世界有数の取引量のある取引所です。

8:この記事のまとめ

この記事でも紹介してきたように

アルトコインとは、

ビットコイン以外の仮想通貨の事を
表す言葉です。

作られてきた経緯には、

ビットコインの弱点を
自分たちが使う時に便利なように
ビットコインのブロックチェーンの技術を
用いながら作られています。

ビットコインも弱点を補完するように
マイナーチェンジを繰り返して、
絶対的な存在なのかというと

そうではありません。

1度大きな分裂をして、
再度大きな分裂をしようとしています。

ですから、今までは、
仮想通貨=ビットコイン

が、これからは、

個性あるアルトコインにも
注目が集まってくることでしょう。

しかし、アルトコインの中には、

発行されたものの、
誰の注目もあびることなく、

取引にもほとんど使われずに、
値段もあってないような

泡沫なアルトコインも
多数存在しますし、

最近では、
アルトコインを流通させて、
世の中を便利にしていこう
という考えではなく、

アルトコインを発行することで、
自分たちが儲けてやろうという

開発者や販売者も増えている点には、
注意が必要です。

と、問題点は、ありますが、

ビットコインのように、
1コインが60万円を超えるような価格に
なっては、

以前のように、
購入価格の10倍とか、100倍とかの
夢が見にくい状況になっています。

しかし、

発行され、上場して間もない
未来にビットコインにとってかわれる
アルトコインには、
投資先として、夢が見られるでしょう。

ですから、

アルトコインには、数多くの種類が
ありますが、

きちんと下調べをしてから
あなたにとって、

使いやすい、便利な
アルトコインを探すのも楽しみの1つでは
ないでしょうか?

最後までご覧頂きまして、
ありがとうございました。

時間とお金も手に入れシンプルに成功する方法

個人でビジネスを始める方、小さい会社でも大きな利益を出したい方、自由な人生を勝ち取りたい方向けに 合計5本のビデオをプレゼントしております。 さらに期間限定ビデオもプレゼントしておりますので、今すぐ下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ビジネスZEROでは、0からビジネスを作り会社や国に頼らなくても自身で稼ぎ続ける起業、副業、WEBマーケティングノウハウを徹底的に追求し、個人でも稼ぐことが出来るビジネスモデルの作り方やマネタイズの方法等、具体的なノウハウを1から10まで可能な限り、トコトン提供していきます。