1年以内に社内で即導入できる易しい3つのマーケティング戦略とは?

マーケティング戦略

おめでとうございます!

あなたは、ついに社内で
マーケティング担当に
なることが決まりました!

しかし…

「正直マーケティングは難しい」
と心の中で感じてはいませんか?

何をどう勉強したらいいのか
右も左もわからず、
悩んではいませんか?

実は、巷に溢れているマーケティングの中で
本当にあなたの企業で実践できる戦略というのは、
そんなに多くはありません。

今回の記事では、
そんなあなたに向けて

「1年以内に社内で即導入できる
易しい3つのマーケティング戦略」

についてお伝えします。

この戦略さえ知れば、

あなたが実際に、マーケティングを
担当し始めても、上司の期待に問題なく
応えられるようになるでしょう。

そして、同時に他の社員にも感謝され、
かつ売上の実績を残せるような、会社注目の
キーパーソンにすぐ成長できるでしょう。

目次

1:あなたの会社に認められる、易しいマーケティング戦略とは?
2:上司の期待に応える、たった3つのマーケティング戦略「3C」
3:他の社員から感謝されてしまう、3つの実践活用フレームワーク
4:まとめ

1:あなたの会社に認められる、易しいマーケティング戦略とは?

あなたが会社でマーケティングを実践し、
最短で結果を出していくためには、
どんなマーケティング戦略が最適だと思いますか?

実は、

一流大学の講義やMBAで習うような、
アカデミックで難しいマーケティング戦略は
正直、今のあなたに不適切かもしれません。

なぜなら、もっと

「シンプルでわかりやすいマーケティング」

が、実際に理解できて、活用できる
ので、一番効果的だからです。

この章では、そんな

「易しいマーケティング戦略」

について、
あなたにわかりやすく解説します。

この章を理解すれば、

もうあなたは難しいマーケティング理論の本を
必死に凝視して、長々と読み込む必要も
なくなることでしょう。

1-1:マーケティング=売上を伸ばすための仕組みづくり

あなたはマーケティングの意味を
正確に理解していますか?

マーケティングとは、

「売上を伸ばすための仕組みづくり」

のことです。

*もっと細かく言えば売れる商品を
作るところから
マーケティングは
スタートしています。

つまり、

「売れる・儲かるための仕組みづくり」
ということです。

ビジネスをやる上で、売上は
絶対に必要不可欠です。

なので、この

「売れる・儲かるための仕組みづくり」

=「マーケティング」が必要なのです。

全ての戦略は、
最終的にはここに行き着きます。

いくら良い商品があっても、
凄い営業マンがいたとしても、
マーケティングがなければ、終わりなのです。

なぜなら、

それは大工が骨組みのない家を
建てるようなものだからです。

腕のいい大工でも、
骨組みのない家を建てれば、家はいつか
確実に崩れてしまうことになります。

なので、会社にとって
ここが最も重要な存在なのです。

「マーケティング=売上を伸ばすための仕組みづくり」

というのを、まずはあなたが
頭の中心に入れておいてください。

1-2:たった2つの大事な要素「価値」と「差別化」

あなたはマーケティングを考える上で
最も大事な要素は何だと思いますか?

実は、

このマーケティングで
重要な要素は2つあります。

それが、

「価値」と「差別化」

です。

ちなみに「価値」とは、

その事物がどのくらい役に立つかの度合い。値打ち。

引用先:デジタル大辞泉

です。

そして「差別化」とは、

差別化とは競合他社に対して自社のポジションを確立するために意味のある違いを打ち出す活動のことをいう。

出典先:(株)日本ブランド戦略研究所

です。

なぜ、この2つが大事なのか?

というと、そもそも会社の商品やサービスに
「価値」がなければ、いくら頑張っても
それはお客様には売れないからです。

砂漠では、砂を売っても
価値がないので、砂は売れません。

逆に、水は価値があるので
砂漠では飛ぶように売れます。

なので、あなたは
「売る場所」や「売る相手」を
間違えないようにしなければならないのです。

同時に、

「差別化」も出来ていなければ、
競合他社の商品やサービスに、お客様が
流れていってしまいます。

たとえば、
普通の八百屋さんの隣に、普通の八百屋さん
を開いても、こちらに魅力は全くありません。

つまり、

有機野菜専門の八百屋さん、のように
良い意味での「他社との違い」
作る必要があるのです。

なので、このマーケティングを
考える上では、「価値」と「差別化」
の2つが基本として必要になります。

マーケティングで重要な要素は、

「価値」と「差別化」

これらをしっかり
覚えておいてください。

1-3:難しい戦略<簡単な戦略

あなたはMBAなどの難しいマーケティング戦略に
挑戦しようとしてはいませんか?

実は、MBAなどで習う
高度なマーケティング戦略は

多くの場合、あなたの会社では
使えないかもしれません。

実際のところ、効果は

難しい戦略<簡単な戦略

なのです。

なぜなら、前者は
大企業のやり方だからです。

大企業は上場していて、
自分の会社のビッグデータや

大資本を使った
大規模なマーケティング戦略をします。

つまり、かなりのお金持ちなのです。

なので、前提としてマーケティングに
何億円、何十億円というお金を
平気で投資できるのです。

あなたの会社は同じように
莫大な資金を持っていますか?

もし、そうではないのであれば、
なるべくお金のかからない

シンプルで取り組みやすい
マーケティング戦略を選びましょう。

おすすめは後述する、3Cです。

難しい戦略<簡単な戦略

とにかく、このルールを
最後まで忘れないでください。

2:上司の期待に応える、たった3つのマーケティング戦略「3C」

あなたは、
「3C」という言葉を
聞いたことがありますか?

実は、この3Cというのは、

  1. 顧客(Customer)
  2. 会社(Company)
  3. 競合(Competitor)

の略になります。

マーケティングの世界では、
このたった3つを知ることで
戦略を作れる分析法として知られています。

しかし

この基本を押さえなければ、
あなたが社内のマーケティング業務で、
上司の期待に応えるのは
逆に難しくなります。

この章では、そんな3Cについて
順番に解説します。

2-1:1つ目のC=顧客(Customer)

1つ目は、
顧客(Customer-カスタマー)です。

つまり、お客様についてです。

このCには、お客様が集合している
市場も含まれます。

もし、あなたが魚を釣る釣り人なら
魚とその魚がいる場所についてです。

つまり、お客様自身についてと
そのお客様の集まる場所になります。

あなたの顧客はどんなお客様ですか?

あなたの顧客はどこに集まっていますか?

3Cの1つ目は
顧客(Customer-カスタマー)。

これを覚えておいてください。

2-2:2つ目のC=会社(Company)

2つ目は、
会社(Company-カンパニー)です。

つまり、あなたの会社についてです。

これはあなたの会社の
商品・サービスも含まれます。

もし、あなたが魚を釣る釣り人なら
あなたとその釣り道具・餌についてです。

つまり、あなたの会社自身についてと
その会社の商品・サービスそのものになります。

あなたの会社はどんな会社ですか?

どんな商品・サービスを持っていますか?

3Cの2つ目は
会社(Company-カンパニー)。

これを覚えておいてください。

2-3:3つ目のC=競合(Competitor)

3つ目は、
競合(Competitor-コンペティター)です。

つまり、あなたのライバルについてです。

これには競合他社の
商品・サービスも含まれます。

もし、あなたが魚を釣る釣り人なら
他の釣り人やその釣り道具・餌
についてです。

つまり、競合他社自身についてと
その商品やサービスそのものになります。

あなたの競合はどんな会社ですか?

あなたの競合はどんな商品・サービス
を持っていますか?

3Cの3つ目は
競合(Competitor-コンペティター)。

これを覚えておいてください。

3:他の社員から感謝されてしまう、3つの実践活用フレームワーク

あなたは社内のみんなも活用できて、しっかり
受け止めてくれる、そんなマーケティングの
実践フレームワークを知りたいですか?

実は、

「3C分析」がその答えになるのです。

この章では、

そんな3C分析を使った、実践的な
戦略設計のステップを説明します。

この3つを順番に分析することで、あなたは
バランスのとれたマーケティング戦略を、いつ誰とでも
簡単に組み立てることができるようになるでしょう。

3-1:実践フレームワークその①「顧客・市場編」

1つ目のフレームワークは

「顧客」と「市場」

についての分析です。

まず、これは

・見込み客がどんな人か?
(年齢・性別・住所・ライフスタイルなど)

を調べます。

つまり、「ターゲット」にしたい人たち
のことを調べるのです。

これは、あなたの会社が
ターゲットにしたい人でも、
すでにターゲットにしている人でも、
どちらでも構いません。

とにかく、一人の人物を
詳細にリサーチするのです。

たとえば、

  • その見込み客の年齢は、いくつなのか?
  • その見込み客の性別は、男性なのか?女性なのか?
  • その見込み客は、どこに住んでいるのか?
  • その見込み客は、誰と住んでいるのか?
  • その見込み客は、どんな1日を送っているのか?

などを明確にします。

そして次に、

・その見込み客が求めているニーズは何か?
(商品性・価格帯・結果・感情)

を調べます。

これは見込み客にアンケートを取るなり、
電話やメールをするなりして、直接話を
聞いてみましょう。

たとえば、

  • その見込み客は、どんな商品を欲しがっているのか?
  • その見込み客は、いくらで買いたいと思っているのか?
  • その見込み客は、どんな結果を望んでいるのか?
  • その見込み客は、最終的にどういう感情を欲しているのか?

などを明確にします。

そして次に、

・現状の顧客数と、
その購入頻度はどうなっているか?

を調べます。

これはあなたの会社の顧客リストや購買データを
調べながら、詳細をリサーチします。

たとえば、

  • 今すでにいるお客様の数は、何人なのか?
  • そのお客様は、毎月どのくらい商品を買っているか?
  • 顧客一人当たり、どのくらいの売上をもたらしているか?

などを明確にします。

そして最後に、

・現状の市場の大きさと、
これからの将来性はどうなのか?

を調べます。

つまり、「マーケット」
についてのリサーチです。

たとえば、

市場にいる新規の見込み客は、何人いるのか?

  • 今、見込み客がいる市場は、年にいくらのお金が動いているのか?
  • 今、見込み客がいる市場の成長率は、右肩上がりなのかどうか?
  • その市場は、最終的にどのくらいの規模・期間まで成長しそうなのか?

などを明確にします。

そして、それぞれで出た答えを
組み合わせて、あなたの会社の目標を
計算で確実に上回れば、OKです。

これで、「顧客」と「市場」を使って
マーケティング戦略の基礎を作ることができます。

3-2:実践フレームワークその②「自社編」

2つ目のフレームワークは

「自社」

についてです。

これは、たとえば、

  • 自社のビジョンや方針は何なのか?
  • 自社の業績はどうなのか?(売上高・収益性・市場シェア・顧客数・販促ルート)
  • 自社の資源は何か?(営業人員・生産能力)
  • 自社(商品・サービス含)の強み・弱みは何なのか?
  • 自社の進出している地域・未進出の地域はどこなのか?

などを、全て調べます。

そして、それぞれで出た答えを
3-1で挙げた「顧客」や「市場」の
ニーズとマッチさせていけばOKです。

たとえば、

  • 自社の経営方針は徹底した社員教育です
    ⇒なので、長くご愛好下さるお客様だけが変化を楽しむことができます
  • 自社の売上高は業界ナンバー3です
    ⇒なので、トップを目指して常に1位、2位よりも高品質で頑張ります
  • 自社の商品は全てハンドメイドです
    ⇒なので、一つ一つが心を込めて丁寧に作られています

など、になります。

顧客や市場にとってのメリットになるような
メッセージやコンセプトづくりにシフトさせます。

これで、「自社」に「価値」を持たせて
強いマーケティング戦略を作ることができます。

3-3:フレームワークその③「競合編」

3つ目のフレームワークは

「競合」

についてです。

最後に、あなたのライバルを
リサーチします。

これはたとえば、

  • ライバルはどの企業なのか?何社いるのか?
  • ライバルのビジョンや経営方針は何なのか?
  • ライバルの業績はどうなのか?(売上高・収益性・市場シェア・顧客数・販促ルート)
  • ライバルの顧客属性は何か?(年代・地域・志向)
  • ライバルの資源は何か?(営業人員・生産能力)
  • ライバルの強い地域・未進出の地域はどこなのか?
  • ライバルの今後の動向はどうなっているのか?

などを調べます。

そして、その競合の弱みと強みを
それぞれリストアップします。

たとえば、

  • 競合は商品の価格が安いが、品質が低い
  • 競合は商品の価格が高いが、返金保証がない
  • 競合は営業マンを使っているが、インターネットは使っていない

などを明確にするのです。

そして、その現状に対する
こちらの対抗策を考えます。

  • 自社は商品の価格を高くして、品質を高くする
  • 自社は商品の価格は高いが、返金保証をつける
  • 自社は営業マンも使いつつ、インターネットも効率的に使う

など、です。

これで、「競合」に対して「差別化」しながら
強いマーケティング戦略を作ることができます。

そうすると、あなたが
「売上を伸ばす仕組み」
最終的に作ることができます。

4:まとめ

今回の記事では、

これから社内でマーケティング担当
になることが決まった、勉強熱心な
あなたに向けて

「1年以内に社内で即導入できる
易しい3つのマーケティング戦略」

についてお伝えしました。

まず1つ目が、
あなたの会社に認められる、
易しいマーケティング戦略
について、

  • マーケティング=売上を伸ばすための仕組みづくりであること
  • たった2つの大事な要素は「価値」と「差別化」であること
  • 難しい戦略<簡単な戦略であること

をお伝えしました。

次に2つ目が、
上司の期待に応える、たった3つの
マーケティング戦略「3C」について、

  • 1つ目のC=顧客(Customer)であること
  • 2つ目のC=会社(Company)であること
  • 3つ目のC=競合(Competitor)であること

をお伝えしました。

最後に3つ目が、
他の社員から感謝されてしまう、
3つの実践活用フレームワークについて、

  • 実践フレームワークその③「顧客・市場」を分析すること
  • 実践フレームワークその③「自社」を分析すること
  • 実践フレームワークその③「競合」を分析すること

をお伝えしました。

以上が、マーケティングのわからない
新人担当者でも、365日以内に儲かる戦略を
簡単に作る方法の全てなのです。

あなたはこの記事を通して

「マーケティング戦略で、
ちゃんと上司の期待に応えられる!」

という気持ちが、より一層
強くなったのではないしょうか?

この方法を使って、

あなたが新しい社内の
マーケティング担当者として、

他の社員から感謝され、
同時にこれから会社注目の
キーパーソンに成長してもらえれば幸いです。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でzero_bizをフォローしよう!

コメントを書いてお友達と情報を共有しましょう!